fc2ブログ

ただただタイピングしたいだけです

昨年末、何となく静音キーボードを買いまして、仕事でそれを使っています。
今までキーボードなんて何でもいいやと思っていたのですが、そのキーボードを使ってからというものタイピングしたくてたまらないのです。キーボードを打った時の感覚(打鍵感)が全然違う。打ちたくて打ちたくてたまらないのです。生産性があがっているとかなんとか、そんなことを言うつもりはないのですが(あがってない)、こんなにも感覚が違うのならもっと早く買うべきであったと思いました。
その時買ったものが3,000円くらいのもので、それで充分満足だったのですが、調べると10,000円を超えるものもあるではないですか。今の仕事を続ける限り、キーボードは切っても切り離せない。であれば、打鍵感で満足感を得たい。そんな気持ちになってしまい、ロジクールのMx Keys Sというキーボードを勢いで購入してしまいました。
で、それでこの文章を打っています。特に更新したかったというわけではないので、試し打ちするための更新。数分触ってみての感想は、3,000円のやつの打鍵感の方が好き。3,000円のやつよりも色々できるんでしょうが、打鍵感以外は特に求めていなかったので、そこは評価に値しません(しろよ!という話なんですけど)。まあ、数分触った程度ではわからないところもありますし。ただ、これを明日から仕事に使うかと言うと悩ましいところ。3,000円のやつの方がやっぱり打鍵感が好き。
とりあえず、しばらくは家で使おうかなあ、と思っています。まあ、家でパソコン触る機会ほぼないんですけど。
しかし、キーボード一つで仕事に少し楽しみができるなんて幸せなことですね。毎日のことなので、楽しい方がいいよね。
スポンサーサイト



10年前

10年前の4月19日土曜日。
言わずもがな、RVIVRとWORTHWHILE WAYのJAPAN TOURが飯田で行われた日。
あれからほぼ10年後の4月20日土曜日に企画をやる。調整する中で、たまたまこの日程になったのだが、この日にして良かったと10年前を思い出しながら、思う。
10年前はWORTHWHILE WAYのアキヒロさんにお声がけいただき、実現した。電話が来た時の興奮は未だに忘れられない。出演バンドはアキヒロさんが決めてくれていて、FOUR TOMORROWとRAIN MAKERが出演すると聞いた時はこれまた興奮したものだ。今思い返してみても、とんでもないメンツだ。
当時、「タテタカコさんに声をかけていいですか」と聞いた記憶がある。そして、「任せる」と言われた記憶がある。しかし、実現には至らなかった。タテさんのライブ日程が埋まっていたからだ。
あの当時から、タテタカコさんとメロディックパンクを組み合わせた企画をやりたい、と思っていた。
そう思っていた時に、徳島県でタテタカコさんがサースティコーズと対バンした。これもほぼ10年前、2014年5月の話だ。
これには大いに嫉妬させられ、その嫉妬は10年経つ今も私の心で燻っている。その燻りが、今回の原動力となっているのは言わずもがな。そして、4月20日に実現する。

当日まで、不安と楽しみを抱えて生きていこう。不安が勝らないことを祈る。

10年

2024年4月20日土曜日。企画やるぞ。
wearestillalive2.jpg
2014年4月19日土曜日RVIVR/WORTHWHILE WAY JAPAN TOUR@飯田のほぼ10年後だ!
この日を狙っていたわけではなくて、いくつかある候補日の一つだった。
が、調整する中で、この日になった。
ほぼ10年後に企画ができるなんて胸が熱くなります。10年前に大興奮したあの時の僕はまだまだ僕の中で生きています。10年前みたいな一日にしたい。
あと、地元の人にたくさん来てほしい。これが一番の願い。
書きたいこと色々あるけど、まとまらないので以上。

危険

年末にニンテンドースイッチのゼルダの伝説を購入しました。
ゲーム内の自由度が高くて、寄り道ばかりしてしまい全然ストーリーが進みません。
ストーリーが進まないのはまあいいんですけど、問題はついついやってしまうという点。
気付けばゼルダ。平日は、仕事行って帰宅後にゼルダ(子供たちにやってくれとせがまれる)。休日は、寝ても覚めてもゼルダ。とにかく仕事ゼルダ仕事ゼルダ仕事ゼルダ仕事ゼルダ仕事ゼルダゼルダゼルダゼルダ…と、あっと言う間に一週間が過ぎていくのです。
毎週毎週そんなことを繰り返し、気付けば2月。1月の記憶は、仕事とゼルダしかない。これ冗談抜きで。
マジでこのままではまずいだろう…と思っていまして、やるべきことをやらねばいかん!と奮い立ち、とりあえずブログを更新しています。勿論、ゼルダの合間に。
本当は告知したいこともあるのですが、ゼルダの続きをやらないといけないので、以上。さようなら。

10年ってあっと言う間だな

最近、10年前のRVIVRの動画がYouTubeにアップされていることに気付き、それを見て思いました。
10年ってあっと言う間だな。
RVIVRが日本に来たのはつい最近のような感覚でいるのですが、10年と言う数字で見ると、もうそんなに経ったのか、と震えています。いや、この震えはRVIVRの動画が最高だから、というのもありますね。
ずーっと思っているんですけど、RVIVR/WORTHWHILE WAYのJAPAN TOURに飯田入ってたの奇跡だし飯田であれを超える一日はない!と。いつまで思うんだろうとふと疑問に思ったのですが、生きている限りずっと思うんだろうなあ、というのが答えでしょう。

さておき、10年前のRVIVR/WORTHWHILE WAYのJAPAN TOURですが、飯田、名古屋、西荻窪の三か所へ行きました。私の体感からすると、名古屋が一番でした。そこは飯田じゃないのか!って話なんですけど、飯田は企画者側ということもあり、終わるまで気が気でなかったので。
そんな一番だった名古屋の動画がアップされていまして、マジで最高じゃねえか!というわけなのです。

何回でも言います。マジで最高じゃねえか!