スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけの一つであることは間違いない

先週、4泊5日でシンガポールへ行ってきました。
山岡さんがシンガポールに転勤になってから、「いつ来るんだ?」と言われていて、RVIVRのアジアツアーや今の職場が比較的休みやすい環境であったりして、一ヶ月前に行くことを決め、行ってきました。
いやー、良かった。本当に行って良かったです。僕が描いていた東南アジアとは大きく違い、シンガポールのイメージが180度変わりました。
本当に山岡さん達にはお世話になりました。ありがとうございました。

話は変わりまして、今朝方。
谷口ジロー大先生の訃報をインターネットで知りました。個人的に大好きな漫画家で、残念でなりません。『欅の木』、『父の暦』、『晴れゆく空』、『遥かな町へ』などなど。好きな作品を挙げればキリがありません。『神々の山嶺』や『K』など他の追随を許さない圧倒的山作品も本当に最高です。
でもやっぱり『孤独のグルメ』。この作品がなければ、谷口ジロー大先生にのめり込むこともなかったし、もしかすると山岡さんに会いにシンガポールへ行っていなかったかも、わかりません。
それくらい『孤独のグルメ』は、僕にとって大切な作品なのです。
『孤独のグルメ』が流行る少し前。8年前くらいでしょうか。当時の僕は、ショウコさんと遠距離恋愛の真っ只中であり、東京へ行く度に帰りのバスの中で読む本を新宿で買っていました。
そんな時に、何となく手に取った『孤独のグルメ』。これはちょっと面白いぞ、なんて思い、当時そこそこ仲の良かったと思う山岡さんに『孤独のグルメ』を薦めました。
結果、互いにどハマり。
西荻窪、吉祥寺でfourtomorrowのライブがある時は大体「天下寿司行こうぜ。」と山岡さんに連れられ、天下寿司へ行くようになりました。
思えば、『孤独のグルメ』で天下寿司の存在を知り、山岡さんと行くようになってから、度々飯の話をし、飯を食べに行くような仲になったのではなかろうか、と。
それを考えると、『孤独のグルメ』なくして今の山岡さんとの仲はありえない訳で、先週のシンガポール行きもなかった、ということになります。
谷口ジロー大先生、沢山の素晴らしい作品と出会いをありがとうございました。

今日は、昨年買ってまだ読んでいなかった『千年の翼、百年の夢』を読もうと思います。
スポンサーサイト

猛烈に天丼が食べたくて

念願だったシンガポールへ行ってきました。
2月2日から6日の4泊5日。
ほんの数時間前に日本に着いて、浜松町行きのモノレールに乗ったのですが、その車中で猛烈に天丼が食べたくなりました。
何故、天丼なのか?と言えば、2月1日に遡ります。せっかくなので、仕事終わりに東京行って水田さん宅に泊まってしまおう!と数日前に思い立ち、水田さん宅に泊めさせてもらったのです。
ということで、仕事終わりに新幹線に乗って、東京へ行きました。その時に水田さんと一緒に行ったのが、てんやだったのです。
てんやへ行く前にラーメン屋でラーメンを食べたのですが、500円ちょっとのチョイ飲みセットがあるんです、なんて話からてんやへ。
で、そのチョイ飲みセットを頼んだのですが、食べられませんよね。ラーメン食べてるんですから。だけど、シンガポールへ行く前の貴重な日本食だったので、何とか無理をして食べ切りました。

…そんなことがありまして、猛烈に天丼を食べたくなったのです。で、てんやと言えば水田さんなわけで(そんなことありません)、仕事終わりの水田さんと東京駅のてんやへ行ってきました。
ちょうど良くテーブル席が空いていたので、テーブル席に座りました。僕らが座るとすぐに店員が来てくれまして、日本の接客は素晴らしいな、とつくづく思ったのですが、その直後、明らかに日本語でない言語が耳に飛び込んで来ました。
「Do you need English menu?」と。
さすがに耳を疑いましたが、店員は明らかに僕を見て、そう言っているのです。
それを聞いて、すぐにピンときましたね。
こいつ、僕を東南アジア系外国人と間違えているな、と。というか、東南アジア系外国人に見えているんだな、と。
この店員の反応を見て、手応えを感じましたよ。現地(シンガポールのリトルインディアというエリア)で髪を切ったから、とにかくもう現地感がとんでもないことになっているんだな、と。
悪くない。成果物としては、最も素晴らしい成果物かもしれない。だから、店員のその反応だって全然悪くない。
ただ、明日から仕事ということがよろしくない。この完全なる現地感をどう消してくれようか…。
とりあえず、とても疲れているので、考えるのはやめて、家着いたらすぐに寝よう。そうしよう。
時間が解決してくれるさ。というか、それしか解決手段はないな。うん。

ちなみに、その店員に対しては、「え?普通に日本語のメニューで大丈夫です。」としか返すことができませんでした。
そんなこと想定してなかったし、そもそも自らの現地感をそこまで認識してませんでしたから。何ならね、その店員の方が東南アジア系の顔してたし、最初、東南アジア系の人だと思ってたんだから(日本人で、新人でした)。
まあ、お互い頑張りましょう。はい。

勢いだよ、勢い。

西日本に行ったことがなかったんですよ。
九州と四国へは、いつか行きたいなあとずっと思っていました。
それが、年末に福岡県から愛媛県にかけて行くことができました。駆け抜けるような日程でしたが。
行きたいなあ、よりも先に進むことのなかった約10年。降って湧いたような話を断ることもせず、ああそうですか、なんてスタンスでいたら、福岡県に上陸していました。上陸したのはいいのですが、滞在時間はほんの僅か。あっという間に山口県へ。
何なんだろうかこれは、と思いながら、最終的に愛媛県。
辛かったけど、楽しかったね。

よくわかりませんが、今年度はそういう一年なんだろう、と思いまして、だいぶ勢いがついています。
楽しみなことがすぐそこに迫っています。楽しみだなあ。ふふふ。
詳細は追って…更新は多分しませんね。ふふふ。

勢いだよな。僕は、勢いに任せないと迷っちまうんだ。ふふふ。

震えてますか、ハート。くうーっ!


新年です。
2017年です。
皆さん、どうですか?
震えてますか、ハート。
僕、震えて来ました。
新年早々、仕事面倒臭いなあ、なんてやる気のない仕事始めだったのですが、20時頃から震えて来ました、ハート。
この震え、絶対に止めたくない!
2017年もマイペースにやって行く予定ですが、どうかよろしくお願いします。
とりあえず、この震えを止めたくない!絶対に!!

画像は、息子がリンゴにアンパンマンシールを貼ったよー!の図。可愛いね。



慣れてるんだよ、僕はね。

先日、カツタさんと呼ばれました。
「岡」が「田」に見えたのかな?よくあるよね、「岡」と「田」を間違えることって。

な?ないよな?どう考えたって「岡」と「田」は別物だろうが。
ただ、返事しましたけどね。
「カツタさん?」
「はい。」
って。
もう慣れてますから、名前間違えられるの。だから訂正しない。訂正したところで、どうせ二度と会わないだろうし、僕は「岡」すら読めない馬鹿野郎と蔑んだ目で見ることのできる圧倒的な優位な立場に立つことができるからね。ふん。
まあ、指摘した後の相手との微妙な空気。あれ面倒くさいから、もうやめたんですよ。
ただね、慣れていない人にはやはり辛いものがあるんだな、と。

先日、ショウコさんが息子を1歳半健診に連れていきました。
そこで、「フジオカユウくーん」と声高らかに息子が呼ばれたそうです。
息子、号泣。
名前間違えられて、号泣。
泣くんじゃない。この先、何度もあることなのだから。

しかしだ。
「勝」を「藤」と読み間違えるやつの多さよ。
100人中35人はいるんじゃないかな。「勝」を「かつ」と読むことができないやつ。
知ってるか?「勝」に草冠つけても「藤」にならないこと。「勝」に草冠で何て読むんだよ?教えてくれよ。わからないからさ。仮にその感じがあったとしても、どうせ「ふじ」って読まれるんだろうなあ。

一生取り上げるからな。僕がこのブログを続ける限り、「藤」と間違えられた度に取り上げてやる!
今に見てろよ、藤岡!絶対に勝ってやる、藤岡に!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。