スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがき的駄文。

いや~遂に終わりました。
岩手の旅。
若干急いで終わらせた感じも否めませんが、我慢できなかった!
どうしても早く載せたい写真があるんだよ!笑

今でもすげぇ面白いもん。
仕事とかしてる時もさ、たまに思い出し笑いしちゃうもん。爆笑
というか、アレ本当に載せていいんですか?ナオキさん??笑


ってなわけで、お楽しみに!
(早く載せたいぜ!ちなみに期待を裏切らない自慢の写真ですので、思う存分期待してください!爆笑)
スポンサーサイト

明日を追いかけて、岩手-完結-

運転手は山岡部長。
助手席にナオキ氏。
僕の左隣にみつやす氏。
後部座席にPKながさわさんと濱北翼氏。
そんでもって、僕の右隣はショウコさん。
何?このおかしな車内!笑
それはともかく…

ありがとう、岩手。
また来たいよ、岩手。


僕らは、(Renta)carTOMORROWに乗り岩手を後にした。
新しい明日に向かって!笑


終わり。



ってなわけで、次回から岩手の旅後編をお届けします~笑

明日を追いかけて、岩手⑯

山岡部長の電話を切った後、僕らは購入した宮沢賢治手ぬぐいを広げ眺めた。
するとショウコさんが、こんなことを言った。

「ポケットに忍ばせて、汗を拭け。お前は手ぬぐい王子か。」

この野郎!
と思ったが、
「丁度青い手ぬぐいだしね。」
と即実践。笑


当然、そんな事をやる度胸はないんだけどね…。



続く!

※画像は、注文の多い料理店で、(写真の撮り方の)注文の多いショウコさん。
注文の多いショウコさん

明日を追いかけて、岩手⑮

20060927173436
注文の多い料理店の中に入った僕らはお土産を見て回った。

宮沢賢治記念館に売っていなかった、例のブツがすぐに目に飛び込んできてあがる。
あがったせいで、例のブツを三つ購入(僕とショウコさんと野間さんの分)!

それ以外にも、上の妹が欲しいと言っていたツモリチサトの猫の財布を彷彿させるキーケースとか、魅力的なモノが沢山売っていたが、我慢我慢!
だって僕は無一文だから!笑

そんなこんなでお土産を購入した僕らは、注文の多い料理店の料理を食べる事なく外へ。
完璧にネタが尽きた僕らは、外にあったベンチに座り込む。
電話は全然なりそうもない…(何度でも言うよ、鳴らないと帰れない)
途方に暮れた僕は、重松清『きよしこ』を読み始める。笑
途方に暮れたショウコさんはipodでaikoを聴き始める。

と、その時!
見知らぬ番号から電話が!!
僕は迷わずに出た。
電話の相手は山岡部長だった。
山岡部長の電話によると、あと二十分後くらいに迎えに行く、との事!
僕らは待った。
待って待って二十分経った頃に再び鳴る電話。
山岡部長だ。

「あと二十分くらいで行くから!別れが辛くてさ…」

そんなわけで再び二十分程待つ僕ら。
待って待って二十分経った頃に再び鳴る電話。
またまた山岡部長だ!

「今から行くから!あと十五分か二十分で!!」

…山岡部長の二十分って長ぇな。

果たして僕らは本当に帰れるのか!?笑

※画像は購入した例のブツ(手ぬぐい)。fourtomorrowも濱北翼氏もショウコさんも僕も持ってるぜ~いいだろ?笑

明日を追いかけて、岩手⑭

新花巻に着いたのが10時過ぎ。
盛岡とのあまりの差に愕然とする僕らは、ひとまず駅の休憩所でやっていた『サンデージャポン』を見ながら時間を潰した。

が、一向に鳴る気配のない携帯電話。(鳴らないと帰れない)
このまま『サンデージャポン』を見て時間を潰すのもどうかと思い、僕らは奮い立ちタクシーに乗った。

タクシーに乗り行った場所…それは宮沢賢治記念館なる場所。
ちなみに宮沢賢治作品を未読な僕と宮沢賢治作品をギリギリ読んでいたショウコさんが入っていいものか、かなり不安だったが、すんなり入れた。
宮沢賢治の字がお世辞にも上手いといえない字で、字の下手な僕はなんだか嬉しかった。笑
ちなみに僕らはここにとあるものを買いにきたのだが、宮沢賢治記念館に売っておらず下がる。

そんなこんなで、僕らは一時間ほど宮沢賢治記念館楽しみ、外へ出た。
が、鳴る気配のない携帯電話(何度も言うが鳴らないと帰れない)

しょうがないので、近くにあった注文の多い料理店へ。

僕らは本当に帰れるのか?
ぶっちゃけ、かなり不安だった笑

そろそろアレなので続く!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。