スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカボンへ行ったのだ

土曜日に飯田にある居酒屋バカボンへ行ってきました。
年始に、帰省ラッシュでごった返す飯田でたまたま辿り着いた(空いていた)お店。全く期待せずに入ったのですが、そこのメニューのネーミングセンスと名物だと豪語している手羽先とお店のおばちゃんのキャラに惚れ込みまして(ちょっと言い過ぎてるな)、ずっと行きたいなと思っていたのです。
(本当は、アスカさんがツイッターで多量の手羽先を揚げたとかつぶやいていたのを見て、猛烈に手羽先が食べたくなったからなのですが(いつの話だよ!))
とにかく、年始ぶりにバカボンへ行ってきました。
バカボン
↑ここです。手羽屋バカボンです。僕の記憶が正しければ、肝心の手羽は二種類しかなかったような気もしますが、そんなこと気にするのはバカなのでどうでもいいですね。
バカボン手羽
で、これね。飯田名物バカボン手羽!この店に来るまで知りませんでしたよ。バカボン手羽の存在を。飯田の名物なのに遺憾ね!正しくは「バカボン名物の手羽」なんだろうけど、そんなことを気にするのはもう大馬鹿野郎のすることなのでやめましょう。手羽先は本当に美味しいので食べる価値はあります。手羽先以外にもたくさんメニューがあるので、ちょっとだけ紹介しましょうか。
メニュー
信州ってことで、信州名物があります。
馬さし霜降りに馬おたぐり。この辺りは名物も名物ですね。信州と言っても、南信州の名物ですけど。それから、黒ぶたメンチ。これは…信州名物かどうかかなり疑わしいものがありますが、もしかすると飯田の千代幻豚のメンチカツなのかもしれません。それならギリギリ信州名物か。うん。
で、食べるラー油きゅうり(久しぶり)ね。たぶん、飯田のきゅうりなのかな。はい。
さておき(笑)
馬おたぐり
これが馬おたぐりですね。ちょっとぼかし過ぎている感がありますが、したたか飲んでいたので許してください。
わかりやすく言うと、馬のもつ煮ですね。ちょっと臭みがありますが、ここのはそんなに臭みはないので食べやすいですね。
バカボン手羽
それから、飯田名物のバカボン手羽。これがなかなか美味いのです。ちなみにスタンダードな味とカレー風味のやつがあります。カレー風味の食欲増進剤的な効果はかなりヤバいのですが、スタンダードなやつの方が美味いです。飯田に来た際は、ぜひこの名物を!(この店以外で食べることはできないと思いますが…笑)
番外編になりますが、
お好み焼き
ヘルシーが売りっぽいお好み焼き。これまたぼかし過ぎている感が仇となり、えげつなさを演出する結果となっていますが、したたか飲んでいたので許してください。ちなみに、肉の代わりにたくあんが入っています。この店好きなんですよね、たくあんが。笑

また行きたいですね。ルルドくん、お盆に帰って来るなら行きましょう。今のところお盆に帰ってくる予定がないようならば、すぐにバカボンに帰ってくる予定を立ててください。期待しています。
スポンサーサイト

続々続・松本20090530

~前回のあらすじ~
スターバックスに長居できず、バスターミナルへと向かった。
しかし、ああいうところのホットの飲み物って飲みにくいよね。何であんなに口が小さいのか、と。もっと口を大きくすれば回転率もあがって、僕がバスターミナルに行かなくても良かったんじゃないか?まあ、いいけど。


バスターミナルに着き、僕の目にある物が飛び込んできた。たぶん観光地にはよく置かれている、ご当地ピンズのガチャガチャだ。昨年も、ご当地ピンズガチャガチャをやったのだが、昨年のものと多少内容が違っている。
(内容が違うのならばやらねばなるまい。)僕はそう思い、すぐさま財布から百円を取り出し、ガチャガチャに突っ込んだ。

それは、百円玉を突っ込んだ瞬間であった。
下腹部に強烈な違和感がが訪れたのだ。…否ッ!違和感ではない、もはやそれは実感。わかりやすく言うならば、強烈な便意。
むうっ、
僕は、猛然とやってきた強烈な便意とそれを更に助長する腹痛に、思わず唸った。
(最後のスターバックスラテの一気飲み。あれが効いたか…だが、落ち着くのだ。ここのバスターミナルにはトイレがあったはずだそ。去年も使ったはずじゃないか。)
一年前の記憶が僕を落ち着かせる。
僕は、下腹部を抑えながら、バスターミナルを見渡した。勿論、ただ見渡したのではない、発達したトイレットアイ(トイレの位置を瞬時に見つけ出す必殺技。)を駆使し、見渡したのだ。結果、トイレのマークをすぐに発見することができた。
が、僕はすぐには動かなかった。(トイレがあるのならば安心だ。)と再びガチャガチャに百円を突っ込んだ。というのも、どうしても欲しいピンズがあったのだ。「川中島」と書かれたピンズ。それがどうしても欲しかったのだ。ちなみに、「川中島」とは、武田信玄と上杉謙信の合戦の舞台として有名だが、かつ(僕)が幼少期~高校卒業まで過ごした舞台としても、あまりにも有名なあの場所のことである。

僕は、ガチャガチャのレバーをぐるりと回した。がちゃり、と百円玉がガチャガチャに飲みこまれた。それとほとんど同時にピンズの入ったころりとした玉状の容器が、ごろりと排出された。
その瞬間、突如、ビックウェーブがやってきて一気にピンチに陥った。
はふうはふう、
僕は、域を荒くし、トレイに駆け込んだ。その時に考えていたのは、(先客がいたらもう絶対に…ダメだっ!!)という事のみ。僕は、トイレに入り、先客がいない事を確認し、気を引き締めた。ここで気を緩めようものなら、トイレを目の前に大惨事になる可能性もある。あの状況下、緩めていいのはベルトのみなのだ!!!
が、幸運な事に僕はベルトをしていない。思いもかけず僥倖!ベルトがない、というマイナス事項が、思いもかけず僥倖!!
僕は、ユルユルの短パンをするりと脱ぎ、一瞬で事を済ませた。
非常に危なかった。もしこの場所が、激オシャレスポットPARCOだったなら、僕は負けていたかもしれない。あそこはオシャレな薄着マンが多いから、お腹が冷えているやつらばかりなのだ。一見オシャレスポットに見えるが、それは仮初めの姿。あそこは、腹痛激戦区なのだ!

とにもかくにも、僕は松本で一人でこんな事をしていたわけだ。馬鹿みたいだね。

続々・松本20090530

僕は、恐る恐るスターバックスに入り、席が空いている事を確認し、レジの前に立ちメニューを見た。そして、焦った。
(そう言えば、スターバックスって、カップのサイズをいちいいちお洒落に言わないといけないシステムじゃないか。)と。
僕は、メニューを見て、英単語の読み方を間違えたらどうしよう、という不安に駆られていた。SとかMとかLとか、それでいいじゃないか、と思った。何なら、大中小でもいいだろう、とも。
結局、僕は、「じゃあ、このこれください。」とメニューを指さし、店員にメニューを読んでもらった。
「スターバックスラテのグランデでよろしいですか?」と店員。
その店員の言葉を聞き、ハッとした。(グランデだと?よくわからんが、とてもつもなくデカそうな名前だぞ。よく見ると値段もそこそこ高いし、絶対にとてつもなくデカイやつじゃないか。)と。
僕は、一瞬固まり、「トオルで。」と注文をすり替えた。結局言うなら最初から言えよ、そう店員に思われていたのは間違いないはずである。更に、「あ、あとバウムクウヘンも。」と完璧に外れた間で注文した。店員は、それを業務的に受け入れ、業務的にバウムクウヘンを僕の前に差し出した。

スターバックスに入って2、3分。僕は早くも限界を感じていた。
駅前故に客の出入りが激しいというのもあるのだろうが、店員がドタバタと忙しいそうなのである。
(むむうっ、予想に反して全然落ち着かないじゃないか。もっとお洒落で優雅なひと時を過ごせると思っていたのに。)
店内があまりにもドタバタとしているので、読もうと思って持ってきた小説も全然読む気になれない。
店内のドタバタを気にしていないふりをしながら、バウムクウヘンを食らい、スターバックスラテを飲んでいたのだが、不意に耳にしてしまった店員の声が、僕に長期滞在を諦めさせた。
「申し訳ありません。只今、満席です。」
(ふざけんなよー!僕が入った時は結構席が空いていたのに何でだよー!)
僕は、急いでバウムクウヘンを食らい、熱いスターバックスラテを胃に流し込み、すぐにスターバックスを後にした。
(あー路頭に迷ってしまった。)と思いながら歩くこと数十秒。僕の目に飛び込んできたのは、ガラガラのドトール。
(そうか。正解はドトールだったのか。というか、あったのか。)そう思いながら、ドトールを素通りし、バスターミナルで待つことにした。
(こんな事ならば、最初からバスターミナルのベンチでも良かったな。)そう思ったのは言うまでもない。
【“続々・松本20090530”の続きを読む】

続・松本20090530

バスに乗る直前だった。
再び、なぐもさんから電話。
電話に出ると、「これから出発します。」となぐもさん。なぐもさんの後ろは何やらやかましい。寝起きでいきなりテンションマックスという勢いの部長の声が聴こえてくる。
(早く起きてほしかったから!)と思っていたのは言うまでもない。
僕は、部長が起きた事を確認して、松本行きのバスに乗った。

朝9時前。松本に到着した。
バスから降りると、短パンにして正解の陽気。何と清々しい気分だろうか。
駅前には、松本クラフトフェアのスタッフが何人もいて、続々と松本に集結していたクラフター達に、あがたの森公園までの道のりを説明していた。
(話を進める前に、松本行きの目的を語らねばなるまい。事の発端は、なぐもさんの電話。「今年も松本クラフトフェア行くけど、どう?部長と画伯とミッチーも行く予定。」そんな嬉しい電話を頂いて、断る理由があるだろうか。僕は二つ返事で参加を表明した。というわけだ。)
僕は、クラフター達に見向きもせず、どこで時間を潰すかを真剣に考えていた。パッと見る限り選択肢は三つ。スターバックスかモスバーガーかパン屋か。
僕の中での有力候補は、圧倒的にパン屋。パン屋には、飲み食いのスペースが設けられているらしく、パンを食べながら時間を潰せるなんて、夢のような空間だ。が、僕は生粋のテイクアウターであるため、中で食べるにはどんな手続きをすればいいのか?それがわからない。
店員の「持ち帰りですか」という言葉を、「…否ッ!!」と一蹴すれば事足りるのだろうが、店員が「持ち帰りですか?」と訊いてくれる保証はない。もし訊いてくれないとなると、僕は中で食べようと思って買ったパン片手に松本をさ迷う事になる。
(嫌だ!そんなのは絶対にいやだ!!絶対に中で食べたい!!!)結局僕は、パンを諦め、スターバックスを選択した。
簡単にパンを諦めてしまうとは、我ながらshit極まりない。

というわけで、僕はスターバックスの中へと入った。
【“続・松本20090530”の続きを読む】

松本20090530

こいつは、今更何の何の話をする気なのだ?!
タイトルを見て、そう思われても仕方のない事だと思う。
今年もそろそろ終わるというのに、5月の話をする。常軌を逸しているとしか思えない。
が、する。実は、携帯でせこせこと書き貯めていたのだ。とか書きつつ、松本クラフトフェアのところまで辿り着けていないので、貯めていたとか書くと語弊があるのだが…。
とにかくだ、確実に尻すぼみになる事は目に見えているのだが、僕はするのだ!!
する前に断言しておこう!
「この話、確実に途中でやめるだろう!!!」
読もうと思っている人は、それを踏まえて読んでほしいと思う。

----------------------------

5月30日、4時45分。
「ぴ…」
何者かの携帯のアラームが鳴った。
その瞬間に、バチンッ!と目を見開き、むくりっ!と上半身を起こし、ぐわわわわっ!と携帯に駆け寄り、ビタッ!とアラームを止める男一人。アラームを止めたのは、他ならぬ僕である。
アラームが鳴った時間は、もしかすると一秒にも満たないかもしれない。即座に止められたアラームは、「不完全燃焼だよ」と言わんばかりだ。僕は低血圧なのだが、寝起きだけはすこぶる良いのだ。その後の寝ぼけ時間は果てしなく長いのだが。

僕は、やっぱりまだ眠い目を擦り、松本への準備を始めた。
当初、短パンを穿いていこうと思っていたのだが、早朝と言う時間帯のせいか思った以上に寒い。
(今日は寒い日だわ。)と僕は、短パンを穿く事を諦め、ジーンズに脚を通した。が、やはり短パンへの未練を捨てきることが出来ず、穿こうと思っていたそれを小さくたたみ、リュックにねじ込んだ。荷物になる事はわかっていたのだが、翌日の恐竜公園を思うと、どうしても短パンは必須であった。
そんなこんなで、短パンの件で悩んでいるうちに、時刻は5時30分を過ぎていた。
僕は、結局、短パンをリュックにねじ込んだまま、車へと向かった。

車を順調に走らせていると、僕の携帯が鳴った。
時刻は6時30分。
携帯を見るよ、なぐもさんから着信。
何事だろうか、と車を停め、すぐに電話に出た。
「もうバスに乗っちゃった?」となぐもさん。
嫌な予感がする質問だ。「まだなんですが…」と僕。
「実はさ、山岡が起きないんだよ!ははは~!!!」電話の向こうで笑うなぐもさん。
何と言うことだろうか。僕の中では、もう山梨にいる算段であったのに、まだ出発前だというのだ。僕はその事実に絶望しかけたが、すでにバス停付近にいたため、「松本で待ちます。2、3時間なら何とか潰せるので。」と、そのまま予定通りバスに乗る事にした。
しかし、2、3時間を待ててしまう僕は、何て寛大な男だろうか!!ブラボー!!!(などと書いているが、実際は途方に暮れていた。)

数分後、バス停に着いた。
僕はバス停に着き、車から降りるなり、一つの決断を下した。
(この温度…短パンでいけるな!)
僕は再び車に乗り込み、リュックにねじ込んでおいた短パンをねじり出し、ジーンズを脱ぎ捨て、短パンに脚を通した。
(やっぱりこれでなくちゃな。)と。その短パンが、後々厄介事になるとも知らずに…。


【“松本20090530”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。