スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田~ホルモン~

~前回のあらすじ~
飯田にも兼八があったよ。


ビールを飲み終えた僕は、兼八ロックを飲んでいた。“こりゃあ、旨いぜ!”と苦悶の表情を浮かべつつ。いや、旨かったんだぜ?

兼八も旨かったのだが、信州牛ホルモンの塩焼きも旨かった。
その証拠に、部長が、やってきた信州牛ホルモンの塩焼きを口腔内に放り込んだ瞬間、「これ、旨いな。」と言っていたのだ。すっかりグルメ且つお洒落なキャラとして定着しつつある部長が言うんだ。絶対に旨いに決まっている。
ただ、頼んでおいてこんな事を言うのもあれだが、実はホルモンとか内臓系ってあんまり好きじゃないのだ。

話は変わるが、内臓系の話で忘れられないのが、潤の話だ(笑)。
大学時分、潤やガワラなんかとよく焼肉に行ったのだが、そこで潤が頼むわけだ。内臓系の肉、ミノを。
潤が、「これがうめえんだよ。」と言うもんだから、食べてみたのだが、全然噛み切れず、しかも噛めば噛むほど口に広がるレバーのような味。レバーは好きなはずなのだが、ミノのそれは許せない。噛んでも噛んでも飲み込めない。噛めば噛むだけ口腔内に広がるレバー風味。まるで拷問のようだった。レバー味のガムじゃないんだからよ。
そんな僕とは対照的に、潤はガムのようにミノを噛み、「これうまいわ。ガムみたいに噛んでも噛んでも減らないからさ、ずっと楽しめるんだよ。減らないからご飯が進むんだよ。」
ちょっと待て。それ、旨いっていうのか!?爆笑
どうやら、あいつの旨さの基準は、ご飯の進み具合で決まるらしいな。…それ、旨いっていうのか!?爆笑

話を元に戻そう。
運ばれてきたホルモンは、潤と一緒に食べた内臓系のソレとは全然違った。まず見た目が全然違う。
DSC_1802.jpg
脂がのってて旨そうだろ?
脂がのりにのり、多分ぷりぷりであるはずのホルモンに、柚子胡椒(最高!)と七味を少しつけ、一口。
これが旨いのだ。
潤と食べた内臓系とは雲泥の差。噛めば噛むだけ広がる旨み。噛めば噛むだけ溢れ出る肉汁。ガムで例えるならば、溶けて消えるチューイングガム(間違えて溶けて消えてしまうタイプのガムを買って食べた時、あれ?このガム、ずっと噛んでいられないタイプの子供向けのあのアレだったのかよ?という気持ちになるよね。)。この例え、全然ダメだな。笑

これは旨いぜ、ともう一切れ口に運ぶ。
旨い。
更に、兼八ロック。完璧。これに勝るものはないぜ!
と言いつつ、苦悶の表情を浮かべているのであった。笑

ちなみに僕の焼酎の旨さの基準は、苦悶の表情で決まるぜ。兼八の苦悶指数、79苦悶。相当旨い証拠さ。
つーか、それ、旨いっていうのか?(本日三度目!笑)
スポンサーサイト

僕の夏合宿2007・助走

夏合宿前日の火曜日。
僕は、夏合宿に行ける、という喜びにより、落ち着かない夜を過ごしていた。
去年は行きたかったのに、選挙で行けなかった。その反動で、今年は初日から参加することに決めていたのだ。夏休みの全てを夏合宿に注ぎ込んで。

ワクワクして、どうにも眠れそうも眠れそうもない僕は、リュックに目一杯詰め込んだ荷物を再確認する事に決めた。
下着×4
高校の時のジャージ短パン×3
お気に入りのバンドTシャツ少々
衣類に関してはこんなもんか。
それから…
夏合宿の会場となる新潟Noahの僕のお気に入りの窓際で様々な曲を聴いて聴いて踊り明かしてやるぜ!i-pod。
畜生。今回こそ潤に勝ってやる。スピード&二人ババ抜きで絶対に勝ってやる!!キティーちゃんトランプ。
フハハハハ、お前等のオモロ写真をこっそり撮ってやるぜ!そして、ブログ上に載せてやるぜ!カメラ。
グヘヘヘヘ、お前等が寝静まったその時から、俺様のショータイムが始まるのだ!快眠発寝苦しい夜経由悶絶行き、ワサビ。
その他もろもろ。

既に荷物の確認であまりにも楽しく、時の流れを忘れてしまっていた。
ふと時間が気になり、時計に目をやった。
深夜二時過ぎ。日付が変わり、水曜日になっていた。
うおおっ、出発の時間じゃないか!と、僕は慌てて荷物をリュックに詰め込み、車へと走った。

さあ、集合場所(埼玉)に向けて出発だぜ!!

終わった…

選挙行きましたか?
結果はよく知りませんが、僕は帰って寝ます。

でわ~

僕の夏合宿2007・序章

去年の僕は、ブログでこんなような事を言っていた。

「夏合宿の終わりと共に夏が終わる。しかし、今年夏合宿に行ってない僕の夏は、来年まで終わらないのだ。」
夏合宿に参加しない限り、僕の夏は終わらないわけだ。つまり、今年の夏は夏・2006-2007なわけだ。
長い夏だったぜ。ようやくこの長い夏に終止符を打てるチャンス―夏合宿がやってくるのだ。へへ、待ち焦がれていたぜ。
しかし、今年も僕は夏合宿に行けない。という事は、昨年から続く長い長い夏を終えることが出来ない、つまり、長い長い夏が更に長くなってしまう、と言うことなのだ。
僕ってば、ストイックだぜ。惚れ惚れするほどストイックだぜ。
ただ、あまりにもストイック過ぎるので、ルール変更しようじゃないか(ルール??)。
夏合宿の終わりと共に夏が終わる→(妄想による)夏合宿をブログ上で完結させるのと同時に夏が終わる

出来る…出来るゾ!これなら夏を終わらせることが出来るゾ!!

そんなわけで、近々『僕の夏合宿2007』を始めようと思うので、アールの奴らは夏合宿の準備をして待て!!

ただ、昨年も妄想による夏合宿を書いたのだが、あまりにも虚しく、あまりにもアホらしいので途中で投げ出してしまった。
行ってないのに、行ったかのように書く。考えただけで悲しくなり、書きたくなくなる。

このまま来年の夏を待つってのもありだな。僕ってば、ストイックだからよ(どこがだよ?)。

そんなわけだから、アールの奴らはあんまり期待しないように!
とにもかくにも、乞うご期待(どっちだよ?笑)!!

飯田~番外編タテタカコ~

昨日、翼さんゴリ押しのくるりのアルバムを買おうか迷った末に、タテタカコの『イキモノタチ』というアルバムを買った。
飯田市を中心に活動している、っていうのと、部長が以前「いいぜ」と言っていた、っていうのが決め手になり購入に至ったわけだ。
ただ、一昨日、部長と飲んだとき、部長はこんな名言を残している。
「俺、(音楽は)大概好きだぜ。」
ニュアンス的には、潤が何食っても「うめえ!」と言うのとほぼ一緒?笑

それはともかく、タテタカコいいぜ(かく言う僕も、大概好きだったりする。笑)?
僕が小学生(高学年)~中学生初期の頃のみんなの歌(季節的には秋。時間帯的には夕方)が好きな人には、たまらないんじゃないでしょうか?
ライブ見たいな、と思いホームページを見たら、8月2日に急遽、飯田市中央公園でタテタカコのライブが決まったらしい!!仕事後に行ってしまおうか。

ちなみに、飯田界隈ではかなりの有名人らしく、何と母親(キセルを聴かせたところ、「曲が変わったね…ああ、ケムリの間違いか」というくらいの音楽の知識。ケムリ知ってるのには驚き!笑)もタテタカコの存在をしており、
「へーんな歌だよね~」
と言っていた。
変な歌もあるのは確かだ。でも、僕は好きだけどね(何せ、大概好きだからね。笑)。

ああ、何としても善光寺での原田郁子とタテタカコのライブのチケットを購入しておくべきだった…。場所(国宝!)がズルいもんな~。国宝で原田郁子とタテタカコ。いいに決まってるよ。

そんなわけで、善光寺ライブはともかく、8月2日のタテタカコライブ、無料らしいので誰か一緒に行きませんか?どうせ行きませんよね?
ふんっ、そんな事は知ってるぜいっ!百も承知だわいっ!
何せ、ブログでこうして誘って実現したのって旨い鳥屋with部長くらいのものだもの(部長に声をかけたら何とFourTomorrowが全員集合してしまったというアレ(笑)。「今日、練習出来たな。」という、部長の言葉が忘れられない。笑)。

そもそもブログで誘うのが間違ってんだよなあ…笑。

飯田~まさかの兼八~

~前回のあらすじ~
御通しの梅が旨かったのだ。


部長は、ペロリ、とビールと御通しを平らげてしまった。
部長の手が自然とメニューへと伸びてゆく。部長が手にしたのは、焼酎のメニューだった。
「すいません~。中々ロックで~。」
出たーっ!部長の十八番「すいません~。中々ロックで~。」がっ!!
早くも出された部長の十八番に、店内にどよめきが沸き起こった。“噂の「すいません~。中々ロックで~。」が出たぞっ!”と。
飯田、という長野の南の方まで知れ渡る部長の十八番「すいません~。中々ロックで~。」、恐るべし(アホか)!

中々ロックを頼んで数秒後、部長は「あっ!」と声を上げた。何事か、と店内の視線全てが部長に集中する。
「やべえ。」
ごくりっ、店内にいた全員が一斉に生唾を飲み込んだ。
「この店、兼八あるゾ!」
(説明しよう。兼八とは、翼さんのブログでお馴染みの旨いと噂の焼酎なのだ。僕も飲みたいと思っていた。)
兼八があることを知った部長は、
「中々キャンセルで兼八ロックでお願いします。」
とまさかの十八番撤回!!
その場にいた全員が、ズコーッという音と共にずっこけたのは言うまでもない(そんなわけあるかよ?)!

運ばれてきた兼八ロック。
兼八の表面すれすれまで鼻を近づける部長。
「麦の香りが広がるぜ。」
どうやら香りを楽しんでいるらしかった。
ぐびり、と兼八を一口飲む部長。
「麦の香りが広がるぜ。」
どうやら再び香りを楽しんでいるらしかった。
そんな部長のコメントに触発された僕は、兼八を頼もう、と思ったのは言うまでもない。ビールがまだ半分以上残っていたのも言うまでもないがね。


DSC_1803.jpg
赤鶏セセリ肉の唐揚げが非常に旨かった。
部長も「旨い」と言ってたぜ。

飯田~まずは生ビールだ~

~前回のあらすじ~
あらすじも何もないのだ。


店に入ると、丁度席が空いていた。ラッキー。
椅子に座り一息ついた瞬間、部長の仕事用のけたたましく鳴り響いた。
「はい、山岡です。」
電話に出る部長の顔は紛れもない営業マンの顔だった。
そんな部長をよそに、僕はメニューとにらめっこ。
もつ鍋。
信州牛のホルモン塩焼き。う、旨そう。
赤鶏セセリ肉の唐揚げ。う、旨そう。
プチトマトをベーコンで巻き、それを焼いたやつ。う、旨そう。
とにかく、旨そうなメニューのオンパレードで目のやり場に困ったぜ(笑)。
それから、焼酎のメニューともにらめっこ。
本当に飯田なの?と疑ってしまうほどの品揃え。ま、僕の場合、中々がある時点で良いわけですが。笑

そうこうしているうちに、店員さんが来たので、とりあえず生ビールを。大学一年の時は、社会に出てもビールなんて飲むもんか、なんて思ってたんですけどね。今じゃあ、間違いなく「とりあえず、生。」です。笑

ビールが運ばれてきた瞬間、「お疲れ~。」という声とともに、ジョッキをカツンッ。
念のため言っておくけど、飯田でね?こんなシチュエーション普通考えられないぜ。そんな最高なシチュエーションが手伝って(?)、僕はビールを一口啜るのと共に、酔うことに成功したぜ。
御通しの梅が非常に旨かった。

タイピング困難。

今日、左手の人差し指と中指を挟んだ。左手の人差し指と中指は、かつのちからを書く上で外せない大事なファクターだ。それが使えないとなると、更新が困難になる。その証拠に、ここまで書くのも一苦労だもの。

それはともかく、痛い。
特に人差し指がヤバイ。爪の半分が青黒く滲んでいる。
爪、剥がれるかもね、とは母の言葉なのだが、願わくば剥がれて欲しくない。考えただけで痛すぎる。
今年は、妙に左手を負傷することが多い。薬指も引き出しに挟んで爪の部分で軽い内出血。それが治りかけた矢先…これさ。
ちなみに左手って、僕の数ある部位の中で、一、二を争うベストオブ部位だ。チャームポイントは、左手です。なんて言ってしまうかもしれない。だから、爪が剥がれたらかなり悲しい。というか、痛そうで嫌。
あーあ、本当についてねえし、痛い。もう本当に痛い。


これから、選挙の関係で仕事なので、以上!!
お前ら、選挙行けっ!

飯田~旨そう~

~前回のあらすじ~
予約すればよかった。


「なかなか旨そう(な佇まい)だな。」
店の前に着くなり、部長がそう言った。
果たしてここにして正解だったのだろうか?
いや、その前に席は空いているのか!?



DSC_1809.jpg
中々も貼ってあったのだ。


続く!

飯田~無理だ~

~前回のあらすじ~
部長がそれはもうクールだった。


車を無事停めた僕らは(部長が停めたわけだが)、夜の飯田に繰り出した。
飯田の街を歩き出して数秒経った頃、部長がポロッとこんな事を言った。
「本当にやばいな。これよりもやばいところに住んでるんだろ?こりゃあショウコさん、無理だな。住めないぜ?松本なら全然住んでもいいけどな。」
僕もそれはずっと思っていた。ただ、無理だ、という事をわかってくれる人がいなかったのでやきもきしていた。やはり来ればわかるのだ。ショウコさんは、住める住める!と気楽に言っているが、そんな気楽なもんじゃあない。本当にヤバイのだ。まあ、来ればわかるぜ。

それはともかく、再び部長の口からポロッと零れた言葉が僕を不安にさせた。
「予約してあるのか?」
やはり必要だったろうか。飯田だし予約しなくてもいけるだろう、という考えは浅はかだったろうか。でもまあ、多分大丈夫だろう。という妙な自信が不安をすぐにかき消した。
不安がかき消されたのと同時に、僕らは店の前に着いた。
『食遊酒房 善』
それがそこだ(何処だ?)。


続く!

飯田~僕の運転下手ぶりが露呈~

~前回のあらすじ~
法定速度ギリギリだったぜ。


今日、泊まる予定のホテルの前に着いた。本当にやばそうだ。概観からもわかるその雰囲気。
そして、何よりも駐車場がやばかった。地下へ潜るタイプの駐車場だったのだが、入り口の時点で早速つまづいた。説明するのも面倒なのだが、壁に擦るの覚悟だった。
何とか、冷や汗をダラダラと掻き、駐車場の内部に入ることができたのだが、入った瞬間、気が遠くなった。僕のテクニックじゃあ停められねえよ…と。
何とか、ねじ込んだのだが、隣の車との隙間が20センチくらいしかない。
“オイオイ、これ車の中から出れねえじゃん!!”と思ったのだが、助手席から脱出。発想の転換ってやつだよね。
車から出て、駐車状態を見たのだが、もう目も当てられない。僕の運転技術じゃ確実に隣の車に擦るぜ、という状態だった。
とりあえず車はそのままで、ホテルにチェックイン。

ホテルに入ると、杖を突きながらおばあちゃんが歩いてきた。どうやらホテルの経営者らしかった。もしかして、部長が言ってたおじいちゃんってこのおばあちゃんの事なのだろうか?などと思いつつ、手続きを済ませた。
それにしてもボロいホテルだ。このホテルで5,500円って高いな、とホテルの宿泊料金の設定に疑問を抱きつつ、僕は部屋へ急いだ。

部屋に着くと同時に、僕は荷物を放り投げ、部長に電話をした。部屋の前で待ち合わせする事になり、僕は、一瞬で部屋から飛び出した。
ドアノブに鍵を挿し、ガチャガチャと鍵をかけようとしていると、僕の部屋の目の前の扉が開いた。
「それ、内側から鍵かけるタイプだぜ。」
部長だった。本当に飯田に来てたんだ。
僕は、ドアノブから鍵を抜き、部長の言われたとおりに鍵をかけた。そして、矢継ぎ早に「車がやばいんです!」、「ちょっと停め直したいんで見ててください!」「本当にやばいんですよ!」「もう駐車場が…」などと部長に言った。
そんな焦っている僕とは対照的に部長は、「何がやばいんだよ。」と、かなりクールに言ってのけた。ガクトかと思った(芸能人知らないんだよな。クールって言うと誰?)。

駐車場へ着くと部長は、「さては運転下手だな?」と僕に問いかけてきた。
そうなのだ。僕は本当に運転が下手なのだ。

そんなこんなで、部長が綺麗に停めてくれました。
僕の車を操る部長、すげえクールだった。


続く!!

飯田~部長が来る!~

仕事が終わったら一目散に退散しよう、そう思っていた。
今日野球出られないの?という同僚の誘いも、「無理です!」と断った。
しかし、突如悪くなる雲行き。
こういう日に限って、なかなか帰れないのはどうしてなのだろうか。
17時40分過ぎ。部長からの着信にも出れず、下がり行くテンション。
「今日は特別だ。今日は特別だ。『SPECIAL TODAY』(NUTS&MILKの名曲)だ。」と自分に言い聞かせ、18時を過ぎた頃、ようやく職場を出た。その瞬間に、僕の携帯から部長へ向けた電磁波が放たれていた。

僕:今、何処ですか?
部:もう飯田にいるんだけどさ、飯田やばいな。
僕:(ヤバイヤバイ、とブログで警鐘を鳴らし続けているはずなんだけど、それをも軽く凌駕するほど)やっぱりやばいですか?笑
部:駅前何もないし。何よりも、今日泊まるホテルがやばいぞ!漫画に出てきそうな程ヨボヨボなおじいちゃんがいるから。笑
僕:笑(お年寄りに囲まれた地で生活しているので、大してびびらない。)。
部:何時ごろに着きそう?
僕:19時過ぎちゃいますね…。
部:オッケイ。じゃあ着いたら教えてくれ~。

この時点で、僕はまだ信じていなかった。
“部長が飯田に?はは、そんなまさか。”半以下信半以上疑だった。半以下信半以上疑だったにもかかわらず、僕は、何故か逸る気持ちを抑えつつ、アクセルを思い切り、そう、55~60キロのスピードで車が走るくらいの塩梅で踏んだ。
ブロロロ~ン。
うなる車のエンジン。
高まる僕の気持ち。
ブロロロロ~ン。
叫ぶ車のエンジン。
揚がる僕の気持ち。
ブロロロロロ~ン。
もう限界だ、と泣き叫ぶエンジン。
燃え上がる僕の気持ち。
スピードメーターは、丁度50キロを指していた。


僕ってば、思い切り思い切れてねえぜ。へへ。



法定(かつのちから更新)速度で続く!!

全国の事を書けたらクソ面白いよな~と前から思っていた。

カテゴリーに「岩手」だとか、「三重・名古屋」だと県名やら地名のものがある。
「岩手」というカテゴリーを作った時点で、とあることが頭に浮かんだが、あまりにも馬鹿げていたのでやめた。ちなみに、その浮かんだもの…

“47都道府県全てのカテゴリー作っちゃおうかな~えへへ。”

というもの。

ただ、いきなり47個ものカテゴリーを作っても、その8割はカテゴリーの機能を果たさないだろう。だって、行った事ねえ所ばかりだもん。
とりあえず、「長野」というカテゴリーを作ろう。それから、「東京」。ただ、そうなると「かつの日常」というカテゴリーが要らなくなっちまうんだよなー。ちなみに「かつの日常」というカテゴリーには、“1152”という膨大と言っても過言じゃない僕の日常的記事(かどうか定かではないが)が詰っている。それらを整理する、なんて事は、暇だとしてもとてもやる気にはなれない。というか、絶対にやりたくねえ。

ま、面倒臭いんで、その辺りは臨機応変にやりますわ(どうでもいいわ、って思ってんだろ?)。
とりあえず、「長野」と「東京」を追加するぜ!旨い鳥屋のある「埼玉」も追加しておこう。我ながら名案だぜ。うふふ。


多分、飽きてすぐにやめるんだろうなー笑

扉に鍵かけてたら部長いた

20070727190715
昨晩、部長と飲んだ。
非常に楽しかった。
きっと細かく書くことになると思うので(笑)、乞うご期待!
その前に、ゴールデンウイークの話もしないとなあ…

それはともかく、昨晩部長に、
「名古屋の話早く終わらせろよ!」
と言われました。
あの終わり方はわかりづらかったんでしょうか?ならば、念のため再度言っておきますか!

ってなわけで、画像は三重・名古屋編を締めくくるにふさわしい一枚。
味噌煮込みうどんの汁と格闘する部長。(最終的にリーサルウエポン(半ライス)を駆使し、部長が圧勝!)

そんなこんなで、三重・名古屋編、完結!!

~fin~

そのバスに

多分、かつちか関連の人達(誰?笑)の中で、1,2を争うバスの乗車率を誇る僕。多分、高速バスの乗車率ならばダントツの一位だろう。
しろーに乗れない高速バスはない、とまで言われているような気がしている僕としては(完璧に気のせい)、乗れる高速バスがあるならば乗りたいのだ(どんなだよ?笑)!

話は変わって、九月某日。
何でもバスを駆使した面白そうな企画があるらしいのだ。
これは、僕としては外せない間違いない企画なのだ。

と思っていたら、行けない…大泣
町の避難訓練の日と被ってしまっているのだ!畜生。
多分、その企画中、
「しろーが今日来れない理由知ってる?避難訓練だってよ~ワハハ~」
なんて言われるんだろうな…。そんな事言われているとも知らず、僕は真剣に訓練に取り組むわけだ。
何やってんだよ…

僕にもあったんだ。乗れないバスがさ。

朝からテンション下がるぜ。

明日の事ばかり考えている。

いや~楽しみです。笑

そんなわけで、明日は部長と共に飯田市へ繰り出すわけなんですが、どの店が良いのか、仕事から帰ってきてからずっと模索しております。ネットでね。
中々が飲める店も良いのですが、
部長、こことかどうですか?
もつ鍋ですって。疲労困憊の部長には丁度いいんじゃないか、と。
ただ、飛んだ先の文章を見る限り、結構人気あるっぽいですね~。木曜日の飯田ってどうなんだろうな…。
それにしても焼きトマトうまそ~。

いや~本当に楽しみです。うひひーっ(今日、ブログどころじゃない。)

明日、どうする

明日、部長が本当に飯田に来る!

地元で誰かと遊ぶ、っていうの?社会に出て初だぜ!しかも、遊ぶ相手が部長(fromNK!)。ちょっと、否ッ!かなり嬉しいぜ。笑
まあ、正確に言うと、地元じゃあないわけだが。

金曜の夜だったらもっと良かったのにな~選挙fuck!

それはともかく、今日は飯田で仕事なので、昼休みを利用して飯田を闊歩しているわけですが、何もねえ!
明日、どうしようか…笑

ただ、部長が疲労困憊らしいので、そこら辺で飲んで寝ることにします(ひでえな笑)!

明日お暇な方は、是非飯田へどうぞ!
まあ、暇でも誰も来ないわな。

もう二ヶ月過ぎてる。

ゴールデンウィークの話をぜーんぜんしていなかったのだ。
kaba.jpg
カバを見たり、


DSC_1056.jpg
カバを見たりしたのだ。


今気づいたけど、こいつ、サイだな。


ゴールデンウィークの話をするのも良いのだが、明後日には部長と長野県は飯田市(!)で飲むので、今からゴールデンウィークの事を書いても尻切れトンボ状態になること必至なのだ。
よーし、やめておこう。我ながらいい判断だぜ。

まあ、たまにはあるさ。手抜きな日もね。


話は変わるが、先ほどショウコさんと電話していた時のこと。
ショウコさんが帰宅の最中の事なのだが、

ショ:うひっ、うひっ、うひっ、うひっ…

突如、おかしくなるショウコさん。

ショ:今、まことちゃんの人とすれ違ったー!

まことちゃんの人=楳図かずお。
何でも日曜日にも吉祥寺で見たらしい。
すげえな。

どうでもいいけど、ショウコさん『まことちゃん』読んだことあんのかな?
僕的には、楳図かずおといえば『おろち』なんだけどなー。それ以外読んだことないわけだが…。

きゃーっ

可愛い~
DSC_1791.jpg
どこ見てるんですか~?

可愛い~~
DSC_1793.jpg
ゴリラのような鼻がたまらん~~


てめぇは消えうせろ!
DSC_1795.jpg
もう本当に猫が大嫌い。こいつが悪名名高いクロだ!そこら中を汚物で汚すから気をつけろ!!



ぶにゅうぅ~~ん。
DSC_1790.jpg
きゃーっ、可愛い~


DIEGOの音源が早く欲しいー 
(物凄い手抜きだぜ!笑)

続・週末のあれこれ。

ウダウダやってるヒマはねェ!を読み返している。アマギンは白髪になってからがヤバイのだ。
そんなこんなで、ウダヒマな(ウダウダやってるヒマはねェ!)わけなので、あれこれをサクッと。

18時過ぎ、シャキッと身支度を整え、新宿へ。真っ直ぐ高円寺へ向かいたかったのだが、バスのチケットを先に買ったほうがいいだろう、という事で新宿はバスセンターへ。僕の前に並んでいたギャルのような女性が、非常にダラダラしていてムカムカした。急いでんだよ!
急いでバスのチケットを購入し、急いで高円寺へ。
高円寺でショウコさんと合流し、bemchというお店へ。
DSC_1744.jpg
コケストラがライブをやる、という情報を南雲さんから教えていただいたのさ!!
お店に着くのと同時に、コケストラが始まりそうな感じ。
お店は早くも満員御礼状態で、僕らの入る隙間なし。というか、中まで入っている余裕がなかった(時間の)。
DSC_1745.jpg
そんなコケストラに目もくれず、メニューを激見し、ピクルス以外全部食べたい、とショウコさん。満員御礼状態のお店では注文などできるはずもなく、ごくりっ、とショウコさんが生唾を飲み込む音が店の外で鳴り響いた。そんなショウコさんの生唾ごくりっ音と同時にコケストラが始まった。
DSC_1741.jpg
アルバムの1~3曲目が聴けた。非常にビールが飲みたかったが、車の運転があるので断念。全4曲ほど聴いて終了。「4部のうち一部が終わったんだよ。」と僕の後ろにいた人が言っていた。畜生。見れねえぜ。
DSC_1749.jpg
僕らが帰った後も盛り上がったんだろうな。


コケストラを見終え、僕らは急いでフレッシュネスバーガーへ。ポテトいらなかったな。
フレッシュネスバーガーで、一足早い誕生日プレゼントを。
deppa.jpg
まずは扇子。使わないよー、と扇ぐショウコさん。だと思ったんだよ。(クーラーの代わりに使いなさい!)

それから、
tokei.jpg
ド本命のズッカの時計。欲しかったのコレじゃないよー、と時計を装着し微笑むショウコさん。だと思ったんだよ。(自分で買ってください!)


帰りのバスの中、『まんが道』読了。
次は何を読もうか。

…とりあえず、ウダヒマだな!
ってなわけで、ウダヒマ読みながら寝ます~。

週末のあれこれ。

一昨日の土曜日を写真とともに綴ります。
知ってるよって方は、流してください。
DSC_1707.jpg
ショウコさんがすべり台を謳歌している姿を見て、

DSC_1721.jpg
僕も滑りました。ただ、写真が何がなんだか。写真部だったというショウコさんの腕、酷いもんだ。笑


DSC_1720.jpg
この公園に寄った際は、ついつい見てしまう“花咲かせ隊”の動向。ちなみに西荻窪駅南口を出てすぐの所でも花咲かせ隊の動向が垣間見れます。

公園で遊んだ後、ショウコさんは出社。僕は吉祥寺へ。
吉祥寺でショウコさんへのプレゼントを探す。とりあえず、にじ画廊へ行き、何かショウコさんへプレゼントはないものかと、色々と見る。
ちなみに、鍵となる言葉(キーワード笑)は「時計」。皮のベルトの「時計」が欲しいんだと。
DSC_1733.jpg
時計は見つからなかったが、鍵は見つけた。こっそりパシャリ。笑
その後、扇子が目に止まり、迷った挙句、購入。
DSC_1736.jpg
うさぎ。果たして使うのだろうか?という疑問を胸に抱きつつ店を後に。

にじ画廊を後にした僕は、SHIPS辺りへ行くも、すかさず出る。久しぶりにああいう店に一人で入ったけど、違和感を感じる。何よりもお洒落に興味があったあの頃の僕はもういない。
結局、パルコへ行き、
「ズッカの皮のベルトの時計が…」
というショウコさんの言葉を思い出し、ズッカの時計を見る。
皮のベルトを見つけ、20秒で購入を決める。お店の男性が包装をしている最中、時計を見る。そう言えばショウコさんから貰った時計どこやったけ?などと思いつつG-SHOCKを見る。半額で売っており買おうか迷ったが、時計しねえな、と思いやめる。
その後、予想よりも安くて、お金が結構余ったので、ディスクユニオンでCDを買う。

疲れたので、ショウコさん宅へ。
ショウコさん宅で懐かしいものを発見する。それについては、CATS NO POWERで載せます。
やる事がなかったので、ショウコさんの仕事が終わるまでグダグダと過ごした。

そう言えば駅で見つけた面白い物があった。

kire.jpg
新・キレ全開!笑


週末のあれこれはまだ続く。

普通、「俣」あるいは「又」、もしくは「野」とかが妥当だよね~

昨日の祭りの準備の後に、お祭りの方達(8人)と飲んだのですが、その時の話。

何度かお祭りの準備で飲んでいるので、東京に彼女がいる、という情報は伝わっているわけなんですが、やはり「地元の子がいいゾ!」と勧めてくる方がいるんです。

「東京に住んでる子だろ?東京から来る人は、住めないぞ。こんな所。地元の子がいいゾ~どうだい?勝野くん。」

僕としては、そんな事全く考えてないし、紹介されても困るので、毎回「いや~ですね~」なんて感じでお茶を濁すわけです。
その人とは対照的な考えの方も勿論いるわけで、

「いや、東京に帰りたいんだろ?勝野くん。」

なんて言ってくれたりするわけなんです。
以下、そんなお二方のやりとり。

「勝野くん、やはり長男という事を自覚してるのかい?」
「いや、そんな事にとらわれる様な勝野君じゃないだろ?」
「でも、やはり田舎の運命をわかってるんだろ?勝野君。」
「いや、そんな事にとらわれる様な勝野君じゃないだろ?」
「勝野君♪■∀з。」
「勝野君○△×☆。」
「勝野君ΘΣΠб。」


…。


僕、勝野じゃないんすけど。
引っ込み思案な僕は訂正ができないのだ!


「彼、勝野君じゃないっすよ?」
ようやく気づいてくれたのは、消防でお世話になったお方。
今しかないぞ!訂正するのは今しかない!!

けれど、僕は訂正できないのだ。引っ込み思案だからね。
というか、酔ってたのでどうでも良かった。笑

FAR AWAYするのか?

木曜日、遂に部長が長野の下の方へやって来そうだ。

飯田市に何か名物はあるのか?
そう問われたのだが、特に何も出てこなかった。隣の駒ケ根ならソースカツ丼、伊那市ならローメン、とすぐに出てきたのだが、飯田って何かあったけな?ちなみに、ソースカツ丼もローメンも食べたことないし、実態が良くわからん。
まあ、困ったら蕎麦でも食えばいいんじゃないか、と。長野といえば蕎麦、なのだから!笑。

そんなわけで、木曜の夜は飯田市で飲むことになりそうだ。
飯田で職場以外の人と飲むの初めてなので、今から楽しみだ。
良い店を知っていればいいのだが、実は4回ほどしか飯田市で飲んだことがないので、あまり知らない(笑)。中々が飲めたあの店でいいかな?それとも、魚メインのあの店にしようか。他には知らね。…あんまりこういうこと書くと、松本で飲むぞ!と部長が言い出しかねないので、自粛!笑

最近、写真を撮りたくてたまらない。木曜日は撮るぜ。
部長がFAR AWAYする様を。笑
まあ、僕はそこまで飲む気はないが…。車社会に生きる僕に、深酒は禁物なのだ。

さて『風が強く吹いている』でも読みながら寝よう。
予選会が終わり、非常にいいところなのだ。木曜日に部長に襷を繋げるようスパートをかけねば!まだ200ページ近くあるわけだが。

特に意味はない。

暑い。溶けてしまいそうなほど暑い。
そんなわけで、写真を撮りました。
DSC_1758.jpg
ナス。見た目が椎茸みたいで嫌い。
DSC_1762.jpg
ファンタグレープ。秀逸。
DSC_1768.jpg
子猫。逃げてうまく撮れない。


暑すぎるので、以上!

最近

20070722102908
ブーツインする機会が増えたぜ。
お洒落…だろっ?

叶わぬ願い、五万とある

バスに乗った瞬間から僕は、長野。
窓の外のショウコさんは、東京。
薄い窓ガラス一枚で隔てられた僕とショウコさん。目の前にいるのに、約250キロ程の距離がそこ(バスの窓)にはある。
例えば、バスの窓ガラスを割ったとしても距離は縮まらない。見えない距離が確かにあるのだ。

今日は終バスって事もあってか、ショウコさんがなかなかバスに乗ることを許してくれなかった。
今日は終バスって事もあってか、バスが発車するまでショウコさんが見送ってくれていた。
イヤホンから流れるキセル/柔らかな丘と窓にポツリと佇むショウコさん。それらが僕の心を締め付けて、普段はドライアイの僕の目を僅かに潤した。
畜生。キセルとショウコさんに負けるわけにはいかないぜ、と目頭をおさえ、潤んで零れ落ちな何かをおさえた。
慣れないもんだぜ。

これを書いている最中、僕の脳裏に浮かぶショウコさんとイヤホンから流れるキセルによって、再び僕の目は潤いを取り戻した。

こりゃあダメだ、とblotto/world todayのスプリットCDに変えた。ショウコさんとキセルの組み合わせに勝てそうもなかったから。
blottoが僕を燃え上がらせる。いいぞ。
でも、脳裏からショウコさんが消える事は、ない。

畜生。blottoとショウコさんの組み合わせでも僕の瞳は、十分に潤いそうだ。

bus.jpg
図.僕とショウコさんを隔てる目に見えぬソレ。な?見えないだろ?


BGM:blotto/JUST ANOTHER PUNK ROCK FOR A MAN WHO IS NOT SO YOUNG

ぬわわわわっ、早く帰らねば

20070721202303
ふらっと高円寺へ。
コケストラもわずかながら見れたし、あとは帰るだけだ!
ひいぃ~っ、時間ない~~

ではまた!

再・すべり台。

杉並区某所にある公園。
そこにはキリンのすべり台がある。
DSC_1701.jpg
これがそれ。

そんなキリンのすべり台に、ショウコさんが…
再度オン(再度、ライドオンの略。)!
DSC_1709.jpg
キリン「ふぐうっ!」
思わず呻るキリン。
今にもへばってしまいそうなか細い首。しかし、その実、驚異の首の筋力が首を支えている。


ショウコさんがキリンの首の付け根に足をかけたその刹那―



suberi.jpg
びゅう~んっ。
見よっ!このショウコさんの躍動感溢れる姿をっ!!
意外とスピード感が凄いぜ、キリンの首!

すべり台。

キリンのすべり台に果敢にも挑戦するショウコさん。
DSC_1702.jpg
どう見ても子供用のキリンすべり台にショウコさんがライドオン!!
キリン「むむうっ!!」
ショウコさんの重量感にキリンも思わず呻る!
しかし、キリンの首の筋力がソレを支える。こう見えて、なかなか凄いゾ、キリンの首!!


ショウコさんがキリンの首の付け根に足をかけたその刹那―


DSC_1707.jpg
びゅう~んっ。
見よっ!このショウコさんの躍動感溢れる姿をっ!!
意外とスピード感が凄いぜ、キリンの首!

終バスまで。

今日、長野へ帰るわけですが、初めて終バスに乗ります。21時新宿発!!到着は1時!!家に着くのは1時30分頃でしょうか?笑
今宵は高円寺へ行くのだ。ショウコさんの仕事が早く終わったらの話だけど…

そんなわけで、昼からショウコさんが出勤してしまうので、暇です。誰か遊びましょう。西荻窪の旨いベーグル屋へ行きましょう。
まあ、今から連絡取り合ってあーだこーだするの面倒なんでやっぱりいいです(ふふ、最低だろ?)。
しょうがないので渋谷にでも行こうかな。潤、本社(渋谷)にいねえかなあ。
今確認したら、いねえって。

あーあ、面倒だから吉祥寺でいいや。
吉祥寺でショウコさんのプレゼントでも探しますわ。


これ、終バスにした意味あんまりないな。笑

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。