スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の予定。

風呂入って、
歯磨いて、
寝る。

あ、ビール飲もうかしら。


BGM:SCHOOL JACKETS『Too Much Pressure』ヘコヘコからのドカドカがたまらないよね。


そんなわけで、おやすみなさい~
スポンサーサイト

答えはもう出ている。

今日、昼頃に潤にメールをしてみた。
と言うのも、上手くいっていれば今日で退職のはずだからだ。

「今日で退職?!」

我ながらド直球なメールだ。惚れ惚れする。
しばらくして潤から返信が。

「いや、まだだな。今度の月曜日で決まる!いや、決める!」

案の定な返信に、ちょっと笑ってしまった。
一筋縄じゃあいかないのだ。それがウンコと呼ばれる所以でもあるのだけど。
というか、普通に考えておかしいのだ。
「11月いっぱいは頑張れ!」と言われて、答えが出るのが12月に入ってから。どう考えても辞めさせる気ないだろ?笑
その事に潤も気づいていたらしく、再度メールがきた。

「このままだと続けちゃう流れ。オレの力量で変わってくるんだな!」

やっぱりな。そう簡単に辞めさせてくれるわけないんだよ。ウンコがさ。
つーか、変えろよ!その力量で!!笑
更に、潤からメールが。

「月曜日楽しみにしててよ!いや、月曜日、震えて待て!退職祝いお願いします。」

目に浮かぶんだよなあ。月曜日に潤と電話してる姿が。
で、僕が言うんだ。
「やっぱりな。絶対辞められないと思ったぜ!」
って。
これが現実にならない事を祈るばかりだ。
つーか、退職祝いって何だよ!笑
定年退職ってわけじゃないのに、お祝いするの??しねえだろ!笑


まあ、待とうじゃないか。
潤からの報せを。ウンコにピリオドを打て…ウンコを水に流せるかをさ。
9割9分9厘ダメだとわかっていてもさ、待とうぜ。僕らに出来る事は待つことだけなんだから。


きっと、ダメなんだろうけど…笑

寿司食いたい

今日は、午前午後と飯田で用事があるので飯田に来ています。

午前中の用事が早めに終わったので、寿司でも食べよう、と思い、飯田市街をブラブラしていたのですが、結局見つからず、デパートに入っていたパン屋でパンを買い、車の中で食べています。
あー畜生、なんて思いながら。
と言うのも、パンを購入し、車の置いてある場所まで歩いたのですが、その間にあったんですよ。寿司屋が。
でもまあ、カフェオレも買って、すっかりパン気分だし、まあいいや、と気を取り直して歩きだしたわけです。
その直後ですよ。
デパートのパン屋よりも美味しそうなパン屋が僕の目の前に!
コレにはさすがの僕も、shit!と怒りを露わにしてしまいました。
自分が買ったパンより美味しそうなパンを見つけると、何であんなに悔しいんですかね?(僕だけ?)

そんなわけで、畜生、なんて思いながらパンを食べていたのですが、パンを食べているとき…まあついさっきですね。更に、ド畜生ー!と怒りを露わにしてしまいました。
白いクリーム(生クリーム)だと思ってたのに、黄色いクリーム(カスタード)だった時のあの苛立ち?
計り知れませんよね?(僕だけ?)

さて、まだ時間あるし、『リアル』でも読もう。

影響されやすいんです

20071129232715
寝る前に漫画を読んでいたらショウコさんから電話がかかってきた。

「『雲出づるところ』って、しろーが持ってるんだっけ?」

“ははーん。さては、『日々徒然』を見て読みたくなったんだな?ぷぷぷーっ、影響受けすぎでしょ~ウケるー”
と思いつつ、
「そうだよ。」
と僕。

「読みたくなっちゃった。あれ、もう売ってないんだっけ?」

“あらら、そりゃあ残念。
あれ、なかなか売ってないよ?
僕も下赤塚と西台のブックオフをはしごし続けて、ようやく見つけたんだから。まあ、見落としてただけなんだけどね~”
と思いつつ、
「あれ、なかなかないねー」
と僕。

「読みたい読みたい!今すぐ送って!」

“ええっ!?今すぐ送れだって?そいつは無理な話だよ…だって”
「今読んでるから無理。」

僕が寝る前に読んでいた漫画?
うふふ、『雲出づるところ』さ。

僕って、ショウコさん以上に影響受けやすいんだよねーぷぷぷーっ、ウケるー!

本当に、寝よ。
『雲出づるところ』読んでから。
ぷぷぷーっ、ウケるー!

※『雲出づるところ』はヤバいので気をつけてください。

激動。

いや、特に何かがあったってわけじゃないんですが、気づけば明日で金曜日。気づけば明日で11月最後。早い~。

早い、と言えば、若槻千夏、明日からブログ通常営業らしいです。
そんな気はしていたんですよね。
わかるんです。ブログ中毒気味の僕には。
辞められないんですよ。とどのつまり。若槻千夏なんか完璧なブログ中毒者ですもん。ブログ本出す=末期ですからね?笑(そうなの?)
多分、僕も「辞める。」なんて言っても、一日置いてまた書き出しちゃうんじゃないか、と。本気でそう思ってますからね。

兎にも角にも、これで若槻千夏をオフ会に呼べますね。一安心です(呼べねえよっ!)。
ただ、芸能界引退は、マスコミのでっち上げだったみたいなので(?)、呼ぶのは相変わらず難しそうですね(だから、呼べねえよっ!!)。


はあ~、くだらない事言ってないで寝よ。
おやすみなさい~


















あれで終わりだと思った?
へへ、まだ終わらなーい。

今週末、久々に何も予定がありません。
出来れば東京へ行きたかった。
カクバリズムかFOURTOMORROWかLINKを観に。あー畜生。

ただ、やりたい事は沢山あります。
本を買う(ジョジョの小説とリアルとワイルドマウンテン)。
携帯を変える(WIN。機種変更ってどれくらいお金かかりましたっけ?)。
現像する(300枚。)
車を洗う。
ハイパーイナフさんから送られてくるPUNKを聴く。
ぴっちゃんと戯れる。
餓狼伝Ⅱを読み返す。
ちょっと早めの(ブログ)年末大放出。
等等。

多分、確実にやるのは、ハイパーイナフさんから送られてくるPUNKを聴くのみだろうなあ。笑
上の中で何かして欲しい事ありました??
『餓狼伝Ⅱ』を読み終えて欲しいって言うなら、読みますけど??(読みたいだけじゃねえか!笑)


そんなわけで、今度こそ寝ます。
おやすみなさーい

銀杏。

この間、後輩のブログを見ていて驚いた。
銀杏BOYZが、明日の筑紫哲也の何とかってニュースでスタジオライブするんだと。
まあ、不思議じゃない。人気あるしね。

大学三年の時だったか?
銀杏BOYZを観たの。
その前に、高円寺でも観たんだよ。大学二年だっけな。DASHBOARDとか、IDOL PUNCHとかと一緒にツアー回ってたアレ。
あの時の、DASHBOARDのライブテープ、バカウケなんだよなあ。笑

それはともかく、大学二年~大学三年の間の一年で、随分変わってしまったな、と思った。場所柄もあるのかもしれないけど。高円寺20000Vと恵比寿リキッドルーム。雰囲気がまるで違うもんな。
大学二年の時に観た時はもうびびった。
銀杏BOYZに、というか、客に。『青春時代』という曲の時、ダイブの上にダイブが重なり、人で山が出来上がっていた。結構、ライブに足を運んでいる方だと思うんだけど、あそこまで盛り上がったライブはあの時初めて見た。そんな盛り上がっている風景を見て、コレってそんなに盛り上がる曲だったんだ、とポカーンとしてしまった。僕的にはあれじゃフィンガーポイント出来ないのだが…。

その一年後…というか、半年後くらいか。
恵比寿リキッドルームで再び銀杏BOYZを観た。
いきなり『人間』という展開であがったのを覚えている。
僕があがった話はさておき、その時にまたビビッタ。
もうアイドルのようだった。
MCの間に響く黄色い声援。
「ミネター、好きー。」
と何とも破廉恥な発言まで飛び出していた。
マイクで自分の頭を殴ったり、体中を掻き毟ったり、地面に体を叩きつけたり、松葉杖をぶん回したり。
そんな姿を見て「キャーッ」。
なんかもう自由奔放なアイドルだった。


話は飛んで、この間の事。
部長宅で昔の写真を見ていたら、ながさわさんが写真を指差しこんな事を言ってきた。
「ふふ。これミネタ君だぜ。うふふー。」
更に酔っぱらった部長が酔っぱらいながら、
「それ、SIDE GORI企画に出た時のゴーイングステディだぜ。確かまだ三人だった頃の。」
そう言った。
ながさわさんと部長の言うとおり、そこには若かりし頃のミネタ氏が写っていた。ゴーイングステディのファーストアルバムに写っていそうなザンバラ坊主頭だった。
それを見た僕とショウコさんは、思わず
「すげえー!」
と驚いた。
僕が、長野でゴーイングステディを聴いているときに、部長はゴーイングステディとライブしてたんだもんな。本当にすげえ。
高校生の頃の僕が知ったら驚くぜ。僕、ゴーイングステディとライブしてるバンドの人と知り合いのなの!?すげえっ!!ってさ。
で、SIDEGORI聴いてこういうんだよ。
「こっちの方がカッコいい!」
ってさ。

とにかく、高校の頃大好きだったな、って後輩のブログを見てふと思い出した。
明日、覚えていたら見てみよう。
『人間』やったらあがるなー。


話は戻るが、部長宅で写真を見ていた時に一番驚いたのが、その企画の時の部長の姿。
短パンにTHRASHERのTシャツ。
もし今、その姿でライブやってくれたら、すげえあがる(笑)。


BGM:SIDEGORI『FORGET YOU NOT』。ワデュセーイッ♪(笑)

あれから四年。
もう四年。
あれ以来、蚊の鳴くような声で何かを言ったことはない。
感情をズバズバ言える人間だったらいいのにな、と時たま思う。ここで言う感情は、勿論、良い感情。

「好き」は恥ずかしいけど、「スキー」はいつ何時でも言える。
語尾を伸ばすだけで何故こうも違うのか。考えたところで、僕なんかには到底わからないので、考えないが(笑)。

例えばだ。
誰かに愛の告白するときにだ。
絶対に外せない言葉があるわけだ。
「好き」。
それがそれなわけだ。
まあ、「愛している」なんて言う、ザンギエフのスーパーコンボ並に出すのが難しい上級者向けの言葉も、あることはあるが、僕的には論外なわけだ。
ザンギエフより、断然リュウでしょ?
真空竜巻旋風脚とか、惚れ惚れするもんな。

…何の話だ??笑

とにかく、「好き」という言葉に、何故だかわからないが非常に抵抗がある。
いや、ある食べ物が「好き」とか、ある音楽が「好き」とか、そう言った「好き」には、無抵抗だよ?むしろ、声を大にして言いたいね。「好き。」と。
例えばだ。
こんなやつがいたらどう思う?
こんなやつが言うわけだ。蚊の鳴くような声で、「その食べ物が好き。」と。
そんな蚊の鳴くような声で言われたら誰だって思うわな?
いや、僕の方が多分好きだよ、って。
仮に。あくまで仮にだ。
もしソイツが、蚊の鳴くような声で「椎茸が好き」とか、言ったとしよう。
僕、この世で一番嫌いな食べ物が椎茸だけど、そんな蚊の鳴くような声で言われたら思わざるを得ないよな。僕の方が多分好きだよ、って。
…いや、食べないよ?
やだなあ。仮の話だって言ってるじゃない。
もし本当に君が蚊の鳴くような声で、椎茸好き、とか言ったら、僕は、
“あっそう”
ってな具合に軽く流すよ?
それくらい嫌いだからね?
前にも書いたけど、小学生の頃好きだった子が、給食でメチャクチャデカい椎茸を食べながら笑顔で僕に話しかけてきたとき、ふってやったからね?心の中で。いや、多分片思いなんだけどさ、こっちから願い下げだーっ、なんつってさ。何様だよ。
とにかく、それくらい椎茸が嫌いなんだよ。
だのに、旨い鳥屋でとりしゃぶ頼むと、いっつも椎茸のある位置と僕の位置が合致するんだよなあ。
何?あいつ、もしかして好きなの?僕のこと。もしそうだとしても、こっちから願い下げっすわ。

あれ?何の話だ??笑

そんなこんなで(どんな?)前置きはさておき、ショウコさんと付き合い始めて四年目突入です。
これからも、僕及び食いしん坊をよろしくお願いしま~す。
ショウコさん、また何か食べてる写真撮らせてね??笑
(これが言いたかっただけです。まさか意味のなさ過ぎる前置きなんて読んでませんよね??笑)

続々続々続々・11月3日

~前回のあらすじ~
翼さんの弾き語りライブまで25分しかないのに、居酒屋に飛び込んでしまった僕とショウコさんとアスカさん。果たして弾き語りに間に合うのか?!


居酒屋に入るなり、アスカさんがこんな事を言った。
「時間ないから、ちゃちゃっと頼んじゃおう!」
そのアスカさんの発言を妨げるかのように、賑わっている店内。
牛角で働いていた僕には嫌な予感がした。
“25分じゃ絶対に揃わないだろうなあ。”と。
しかし、そんな無駄口を叩いている暇があるのなら、早く頼んだ方がいい、と思い、メニューを見た。

う…
う~ん。
う~~~~ん。

しかし、なかなか決められない僕及びショウコさん。
二人とも優柔不断なのだ。
そんな二人を見かねて、アスカさんが店員さんを呼びつけた。
そして、店員さんが来るなり、ズバズバと注文するアスカさん。
きゃーっ、頼もしい~(笑)。

そんなこんなで、以下、頼んだもの。
○おでん各種…あらかじめ煮込んであるため、すぐに出てくるはずだ。
○から揚げ…まあ、10分あれば来るよね?
○ラーメン二人前…店員さん曰く、ちょっと時間かかります。うん、かかりそう(笑)。
○イカの塩辛…下手したら飲み物と一緒に来てもおかしくない。が、25分という限られた時間の中で頼む代物じゃあ、ない!笑

とにもかくにも、アスカさんの活躍により、無事注文が出来た僕ら。
残り22分。
果たして、間に合うのだろうか!?笑


BGM:タテタカコ『しあわせのうた』

上田市に行った。

ハイパーイナフさんの大量入荷にテンションがあがって、早速注文してしまったしろーです。待ってました、今年度ベストパンク候補THE MEASURE (SA)の7インチ。やったね。


それはともかく、今日、出張で上田市へ行ってきました。
いつだったか、部長が上田市に出張にやってきた時、仕事後に会いに行こうか、なんて思った事があります。
行かなくて正解(笑)。
片道三時間ちょっと。予想以上にに遠すぎた。

それはともかく、上田市に入る前に坂城町を通った。
坂城町、と言えば、言わずもがなミッチーさん(notFOURTOMORROWbut高校及び大学の先輩)の故郷。
ミッチーさんは、今何をやっているんだろうか、そんなことを坂城町を通り過ぎる瞬間にふと思った。
相変わらず毒舌なのだろうか。
僕は、ミッチーさんから結構な影響を受けている。多分、僕だけじゃないはずだ。サトシ君や瑛ちゃんだって、きっと影響を受けているはずだ。
あの独特な毒舌に、僕らは憧れ、そして真似た。
僕がたまーに毒を吐くのは、確実にミッチーさんの影響だろうなあ(まさかの責任転嫁?笑)。

それはともかく、今日、小学校6年生の女の子が壇上で物凄くいい事を言っていた。


「選挙は、一人一人に与えられた未来を開く鍵。」


僕よりも何十倍も立派で、心の中で“俺のクソダメ野郎!”と自分に毒を吐き、そして落ち込んだ。
これ、ミッチーさんのせいだ(責任転嫁!笑)。

年末写真大厳選

20071128124930
来月で一年。
ああ、今のカメラを使い始めてって事ですよ?
週末、無駄に写真の枚数を重ね、三千枚突破!
ただ、やはり説明書は未読なため不手際続出!笑
未だに、ISO200じゃダメだろ、と部長に言われてようやく気がつくという、ていたらくぶり(笑)。
誰か、(説明書を)読んで聞かせてください~笑

それはともかく、一昨日寝る前に、やはり現像すべきだろう、と毎度お馴染み急な思いつき(笑)が、脳天を貫きまして、早速、現像候補の写真を厳選することに。

三千枚なんて言っても、まともな写真は二百枚くらいだろう、なんて思っていたのですが、なかなかどうして厳選できない!
例えブレていたとしても、そのブレが良いスパイスになってバカウケなものになっている、なんてものも多々ありまして…。
切り捨て御免!スタイルを貫こうと思ったのですが、早くも切り捨て?御免、やっぱ無理だわ…スタイルにシフトチェンジしようかな、と(笑)。

ちなみに、fourtomorrow界隈@旨い鳥屋の写真と食いしん坊(ショウコさんが何かを食べている)の写真がほとんど(笑)。勿論、ショウコさんに目隠しは入ってません(当たり前!笑)。
こうやって写真を見ながら一年を振り返ると、確かにfourtomorrow界隈かショウコさんと過ごすことが多かったな、と。
写真、嘘つかない。笑

そんなわけで、昨晩も引き続き大厳選しようかな、と思いついさっきまで大厳選中でした。
いや~絞れない!
何とか300枚以内に抑えたい、と思ったのですが、軽く超えそう…。現像代、馬鹿になりませんからね~本当に…。ただ、やっぱり楽しいんですよね。これが写真になるのか!と思うと。

そんなわけで、今年度ベストバカウケ写真の可能性大!な『ながさわさん・オン・ザ・カートゥモロー』は三枚くらい現像しよう笑。あれ、本当に面白いよなあ(未だに見る度笑える笑)。

※そんなわけで、画像は、今年度バカウケベストになりそうなソレをデスクトップにした、の図。
今宵も大厳選しよう。うふふ

かつ的西荻窪3

是非今度行ってみたい飲み屋…
DSC_3004.jpg
の壁に貼られた貼紙。(また貼紙かよ!笑)

高田渡、今度聴いてみよう。

かつ的西荻窪2

僕が、その前を通る度に見たくなってしまう歯医者が西荻窪にあります。

「おおこし歯科クリニック」

それがそこの名前です。
今まで、特に気にせず通り過ぎていたのですが、ある日、たまたま見てしまったんです。入り口に貼ってある貼紙を(また貼紙かよ!笑)。
そこに書いてある字が、僕の心を鷲掴みにしまして、以来、通ったら見ずにいられないのです。

ちなみに、一昨日通った時にも貼紙が貼ってあり、思わず写真に撮ってしまいました。
DSC_3007.jpg
この通り、学会出席率が異様に高いのです。笑
一体、どんな事を学会で発表しているのか…学会に憧れる僕にとって、気になるのはその事ばかりです。

一体、何学会なんだろう??
早いところ僕も、ショウコさんの空じゅるり。学会(食べ物を見せるだけ見せて、じゅるり。とさせるアレ。どれだよ!笑)を開きたいなあ。笑

本当に気になるので、今度行ってみようかと思っています。
歯医者なんてしばらく行ってないし、多分虫歯あると思うし、丁度良いでしょ?
ただ、ああいう所って、住所書かなきゃいけないでしょ?
アレが苦で…
住所に長野って書いた時点で、何だか凄くテンション下がるし、恥ずかしいんですよね。
“こいつ、長野から来てんのかよ!?”
って思われそうで。笑

とりあえず、学会探りデビューは、かなり遠い…多分実現しない未来。笑

僕の夢

夢を持てないことが悩みのしろーです。

それはともかく、ビックリしましたね。
何にって、若槻千夏のブログ休止→芸能界引退へ、という流れにですよ。
朝のYahoo!ニュースじゃ、「ブログ休止」ってことのみだったのに(ブログ休止しただけでニュースになっちゃうって、僕だったら嫌だな。笑)、ついさっき見たら「年内にも引退へ」ですって。
別に若槻千夏が特別に好きってわけではないんですが、(kanakoさん的)ブログ三大柱の同士として(笑)やはり悲しいですね。

話は変わりますが、実は、夢があったんです。最近出来たんですけどね。
潤が、若槻千夏を“アイツ”とか呼んでたあの辺りから。
本当に些細な事なんですけど、旨い鳥屋でオフ会をやりたいな、って思ってたんです。ええ、若槻千夏を交えて。
いや、これ本気ですよ?
その証拠に、「若槻千夏を交えて(笑)」ってなってないでしょ??ただ、この補足説明が本気さを薄れさせてますけど…(笑)

それはともかく、若槻千夏がブログ休止しちゃうんじゃあ、オフ会に呼べないもんなあ。
ただ、休止って事は復活もあり得ますから、気長に待つことにしますわ。

まあ、待ったところで呼べませんがね(笑)。

グイズ。

グイズのブログをリンクに追加しました~笑
パソコンからご覧になっている方は、是非一度グイズのブログへ足を運んでみてください。笑

ちなみに、グイズとは、ショウコさんと付き合う頃に知り合った、ショウコさんの友達です。
福島出身と言うことで、その当時は、なかなかの訛りを僕に披露してくれたのですが、今も変わらず訛りを披露してくれます。ありがとうございます。
ちなみにちなみに、中国に留学していたため、中国語も話せます。さすがグイズ!

そんなわけで、画像は、
DSC_2952.jpg
今年で24歳になってしまったショウコさんとグイズ。

初めて会ったのは二十歳前。
あれから4年ですか??
は、早い…


しっかし、グイズって呼び方、慣れないぜ(笑)

かつ的西荻窪

週末の事は、整理整頓してから、じっくりねっとり書いてやろうと思ってますので、しばし…そうだなあ、週末までお待ちを(待たせるぜ~笑)!

そんなわけで、週末の話には一切触れず、今回は、西荻窪でも紹介しようかな、と。
と言っても、ショウコさんが西荻窪に住み始めるまで、西荻窪と言ったら、WATTSか大戸屋しか知らなかったので、紹介する、なんて言っても皆さんが知ってるくらいのあれなんでしょうけどね?笑

そんな忠告は(見なかったことにして)さておき(笑)、西荻窪駅から旨いベーグル屋へ向かう道中、非常に気になるスポットがあります。
多分、中華料理屋なのですが、その店の前には、かなりの確率で“物”が置かれているのです。
再利用っていうんでしょうか?とにかく、地球に優しいのです。

ちなみに、週末に通った際は(やべっ、早速、週末の話に触れてる笑)、こんなものが置かれていました。
DSC_2834.jpg
不完全すぎる椅子と草臥れ気味の写真。
ちなみに、それぞれに貼紙が貼られており、不完全すぎる椅子には、
「スタンドの腰掛部分です よければ(本革張り)御利用下さい。数はまだあります。」
と言う貼紙。
いや、腰掛部分を何に使うんですか(爆笑)!?仮に腰掛部分だけで座るとなると、かなりのバランス感覚が必要だよなあ(笑)。しっかし、どれだけ数あるんだろう??
それから、草臥れ気味の写真には、
「紅葉とみどりの写真です おへやにどうぞ!! 場所は蓼科(たてしな)です。」
という貼紙。
いや、だったら自分で撮りいくだろ(爆笑)!
しかも、「どうぞ!!」って部分?エクスクラメーションマーク二つも付けちゃってるからね?相当、激押しな品だぜ??笑


気になった貴方は、西荻窪へ急げ!!
椅子の腰掛部分は、まだ数があるみたいだから大丈夫だけど、紅葉とみどりの写真は、一点物だから気をつけろ!

頭ぐっちゃぐちゃ。

脳―
震―
盪!

そんなわけで、イントロは、あまりにも有名な君川京一と工藤健介の決着ですよね?
知らない方は、餓狼伝16巻を読みましょう。まあ、読まなくてもいいですが。


それはともかく、週末があまりにも内容の濃い物だったため、何から書けば良いのか、若干混乱しております。
とりあえず11月3日の話を終わらせろ~、と言う声が聞こえてきそうですが…(笑)
しかし、こんな日が来るとは思いもしませんでしたね。…ちなみに、ここで言う「こんな日」とは、書く事がありすぎてヤバイ、というそういうニュアンスです。
大学時代はネタで溢れかえっている、なんて思い込んでたけど、案外沿うでもないみたい(笑)。あの頃に比べると、やべえ~書くことない~、なんて思う事なくなったもんなー。というか、伸ばし方を覚えてしまった、というべき??


そんな話はさておき、とりあえず、昨日のライブでの出来事でも。
フィンガーポイント、って知ってます?
『かつのちから』で最近やたらと出てきたアレです。
特に何の気なしに世界フィンガーポイントとか書いたんですが、あれが極一部で結構な影響を与えていまして…笑
まず、OUT OF STYLeのライブの時なんですが、僕の隣に、ナオキさんがいたわけです。で、僕らの右斜め前にすがさんがいました。
何の曲だったか忘れましたが、何かの曲で、すがさんがそれはもう見事なフィンガーポイントをブチかましたわけです。
それを見て、
“やべえ、今の(フィンガーポイント)凄かったな。”
と思っていると、ナオキさんが僕の肩を叩き促すわけです、

“すがさん、すげえのやってるけど、しろーはいいの?”

と。
ええ、しましたよ?
やっぱりOUT OF STYLeに、フィンガーポイントはつき物ですよね。これホントに。


話は飛びまして、FOURTOMORROWのライブ前。
FOURTOMORROWのライブが始まる前に、ぼーっとしていると、タクヤさん(JAY VEE、『猫背を背負う』)にこんな事を言われました。

「ちょっと今日、フィンガーポイントしてないんじゃない??」

えっ?見てたんですか??と(笑)。
更に、

「フィンガーポイントしてるところ撮るから、前いきなよ。」

ぼ、僕のでいいんですか??と(笑)。
確かに、世界フィンガーポイントがどうとか書きましたけど、僕、実際は全然ですよ??と(笑)。

そんなわけで、前に数歩(笑)。
前に数歩出た時点で、今度はアスカさんが、

「しろー、フィンガーポイントしなよ!!私が、ポイント数えておくから!」

やべえ、思いもかけず審判が身近にっ!爆笑


そんなわけで、昨日は、最前列でFOURTOMORROWを観る事が出来ました(初めて最初から最後まで最前列で観たな。)。
ライブ後、タクヤさんが一言。

「俺、フィンガーポイントの写真ばっか撮ってて、FOURTOMORROW全然観れなかった世。なかなかフィンガーポイントしないんだもんなあ。」

そうなんですよ。
僕、実際は、なかなかしないんですよ(笑)。

DSC_3002.jpg
ただ、この時はしてたんだろうなあ。

すげえリーダーにあったんだ

11月17日、土曜日。
西荻窪で行われたライブの打ち上げに、参加させてもらった。
そこにすげえ人がいたんだ。

僕は、ながさわさんの隣に座っていた。
ながさわさんの隣には、タチハラ帝国氏(SHORT STORYでギターと牛角を担当している方。帝国、と言うのが本名らしい。)。
僕は知っていた。SHORT STORYの事は二回くらいしか観たことないのに、帝国氏が牛角で働いている、という事を。僕は、基本的にFOUR TOMORROWのホームページから飛べるブログは毎日欠かさずチェックしているから気をつけた方がいいぜ(誰に言ってんだ?)?

そんな牛角のパートナー(notアルバイトbutパートナー。牛角ではこう!)である帝国氏が、ながさわさんに何やらボヤいていた。
「牛角のバイト辞めたいんですよ~」
そのボヤきを聞き逃さなかった僕は、
“うおお…その気持ち、痛いほどわかるぜえ~”
と、ながさわさんの陰でニヤリとしていた。
そんな帝国氏の「牛角」という言葉を聞き逃さなかった僕の右隣の人は、
「あ、牛角でやってんだ。今度行くよ~。」
と帝国氏に告げていた。
僕はその発言を聞いたとき、帝国氏に、
“今度行くよ、って人は、八割型来ないから期待しちゃダメですよ。”
とテレパシーを送ったのだが、どうやら届いていないらしかった。
もし、僕と帝国氏が同じ店舗のパートナーならば、確実に届いていたであろうそのテレパシーは、行き場を失い、僕の下へと戻ってきた。

そんなテレパシーのくだりはさておき(笑)、帝国氏は僕の右隣の人の発言に、
「来てくださいよ!でも、閉店間際はやめてくださいよ?締め作業が…」
と右隣の人に忠告していた。
その忠告を聞いた僕は、
“やっぱり?やっぱりそうだよね?俺も締め作業やってる最中は、“もう来ないでくれ!”って願いながらやってたもんなあ~”
妙な親近感を感じ、更に感動すら覚えた。

そんなこんなで、陰でコソコソとニヤニヤしていると、
「こいつ知ってる?しろーって言うんだけど。『かつのちから』のさ。」
不意にながさわさんがそう言った。
“ながさわさんは何を言い出すんだ。”
と、急にソワソワし始める僕。『かつのちから』なんて、極一部で生活の軸になっている激マイナーブログを、一国の主である帝国氏が知っているわけがないのだ。仮に『かつのちから』を知っていてもその管理者である僕のことなんか知っているわけがないのだ。
―と。
「ええ、知ってます。」
信じがたい言葉が帝国氏の口から放たれた。
地方、しかも田舎にまで目を向けているとは…恐るべし一国の主こと帝国氏!!

しかし、本当に恐ろしいのは帝国氏じゃなく、ながさわさんだったのだ。
「しろーも牛角でバイトしてたんだぜ!」
今まで秘密にしていたはずなのに(少なくとも『かつのちから』には書いたことない…はずなんだけど)何故知っているんだ?!
ながさわさん、恐るべし!

ってなわけで、続く~

簡単にこの二日間。

○金曜日
・旨い鳥屋へ行きたくなり旨い鳥屋へ
・確定メンバーは、ショウコさん、貴ちゃん、南雲さん、みっちーさん、部長(4ネタはいける)
・南雲さんが帰るのと入れ替わりにながさわさん合流(2ネタはいける)
・22時過ぎに、kanakoさん、aibaさん合流(3ネタはいける)
・バカウケ(12ネタはいける)

○土曜日
・fourtomorrow企画『大合奏会』@秋葉原
・OUT OF STYLeに貴ちゃんが来る(2ネタはいける)
・TONBOTORI(ビール2缶はいける)
・翼さんバンド(オシャレ4割増)
・BROWNTROUT前にkanakoさんとaibaさんが来る(3ネタはいける)
・バカウケ(16ネタはいける)

ざっとこんな感じです。
可笑しな点がいくつかありましたけど、気づきました??笑
ま、詳しくは伸ばし伸ばしって事で~笑
しっかし、バカウケだったよな~笑

二日連続でしこたま呑んだ。

しこたま、と言っても、弱いのでそんなに呑めないわけですが。


それはともかく、この二日間は、『かつのちから』的に非常に濃い二日間でした。
何があったのかは、また後日。うふふ~。

それはともかく、潤から電話がありました。
何でも遂に言ったそうです。
「辞める」
という言葉を。
しかし、上司から返ってきた言葉は、
「11月いっぱいは頑張れ。」
と何とも信用に欠けるもの。
そんな事を潤から聞いた僕は、
「ああ、それ多分辞められないアレだな。」
と潤に教えてあげました。だてに潤の電話ネタでブログの更新を繋いでませんからね?ウンコ(潤の会社の意。)の事なら大概わかります。
しかし、潤も僕以上にウンコのことがよーくわかっているらしく、
「ぞうなんだよ。絶対に辞められないアレなんだよ。」
と、既に諦めムードを漂わせていました。笑
そもそも「11月いっぱい。」って言葉が引っかかるよなあ。今年の11月とは限らないもんなー。もしかしたら来年の11月いっぱいって意味かもしれないし、定年の年の11月いっぱいかもしれないしなあ。笑

そんなこんなで、潤と電話をしていたわけなんですが、わけあってその場にkanakoさんとaibaさんがいたんです(爆笑!)。
で、僕の電話してる姿を見て一言。
「え?クソ潤さんですか??」
面識ないのに「クソ」って!!爆笑


さて、もう限界なので、おやすみなさい…眠い~

飲んだら乗るな。

昨晩、バカウケなメンバーで飲みました。
ちなみに、さっき西荻窪に帰ってきました。眠い~。
そんなわけで、その飲みの詳細は、また今度って事で。

それはともかく、昨晩の写真を見ていたらバカウケな一枚が撮れていました。
昨晩は、泥酔だったためそんなに可笑しくなかったのですが、素面で見たらそれはもう(笑)。
一人で笑ってしまう程でしたもん。

ってなわけで、画像は、
DSC_2944.jpg
CAR TOMORROWに乗るながさわさん。
気付いていると思うが、完璧に車の乗り方を履き違えている(爆笑)。
この写真を参考に皆も覚えておいて欲しいと思う。
飲んだら乗るな。飲んでなくても乗るな!笑

※ちなみに、車は駐車場に置きっぱなしです(笑)。
飲酒運転?FUCK OFF!!ですからね~

世界フィンガーポイント

『THE CITY WAS FILLED WITH SO MANY FUCKIN'LIGHTS FROM THAT HILL WHERE I COULD LOOK DOWN ALL THAT ONE』
それが一番最初に鳴り響いた音だった。
世界記録を出すに恥じぬ名曲だ。
イントロから早くもフィンガーポイントを放ちそうになるが、イントロでのフィンガーポイントは、大体の場合マイナスポイントとなる事が多い。何故なら、イントロでのフィンガーポイントは、やるものがなかなかいない為、非常に目立ってしまうのだ。
すなわち、他にポイントを点ける対象がいないため、審判に物凄く見られてしまうのだ。
だから、最高のフィンガーポイントを出さない限り、大体の場合マイナスポイントをつけられてしまうのだ。しかし、それを逆手に取る者もいるのも事実。勝負を仕掛けるのならイントロからなのだ。
しかし、僕は耐えた。何故なら、フィンガーポイントポイントを既に自分で決めていたからだ。
あそこでビシッと決められたなら、僕の勝ちだ。
僕は、そう信じて止まなかった。

来る。
来る!
来る!!
遂に来るぞ!僕が狙っていたフィンガーポイントポイントが。あそこでビシッと決められたなら、今世紀初の73フィンガーポインティングポイントを叩きだせるはずだ。
来る!!
来る!!
―来たーっ!!
と、その時、僕の左2メートルくらい所で、光の筋が走った!
ま、まさかっ!!
僕は思わず左を見た。
するとそこには、見事なまでのフィンガーポイントを決めていた女子がいた。
すがさん。それがその女子の名前だった。

スピードと角度。
腕の伸びと角度。
人差し指の伸びと角度。
そのどれもが、余裕で世界標準を超えていた。
いや、むしろ世界を超えていた。
あの時のすがさんのフィンガーポインティングポイントは、前代未聞の89とも、95とも言われていたが、僕はもう考えるのをやめた。
すがさんの世界最高峰のフィンガーポイントが僕に火を点けたのだ。

放った。
放った。
放った。
僕はもう遮二無二放った。
あれのどこが遮二無二放ったんだ、と言われてしまうかもしれないが、僕にしてみればアレは遮二無二だ。
ライブが終わると、僕の腕に妙な違和感がある事に気がついた。
僕の腕は、物凄い疲労感と熱で覆われていた。
僕は、熱くなった体を冷ますため、FLATの外に出た。
夜の風が気持ちいい。
―と。
すがさんが僕の前に現れた。
「世界最高のフィンガーポイントでしたよ。」
すがさんは確かにそう言った。
“いや、そんな事はないですよ。すがさんには負けましたよ。”
心の中で僕はそう言った。
そして―
24日は絶対に負けませんよ?
と思った。

本当の勝負は、明日。
今度こそ世界記録を出してやるぜ!

世界フィンガーポイント

ながさわさんだ。
ながさわさんがベースの用意をしている。
ああ、ミッチーさんだ。
ミッチーさんが、スティックを愛でている。
おお、部長だ。
部長が、音の確認をしている。
むうっ、ナオキさんだ。
ナオキさんがニット帽を被ってる。

あがる。
これだけであがる。
これだけで既に世界記録が出せそうな気がしたが、我慢した。ポイントのカウントは、ライブが始まってから始まるのだ。
―ああ!
音を出し始めた。四人が、音を出し始めた!!
僕は、フィンガーポイントしたい気持ちを押し殺した。
もし、ここでフィンガーポイントをしてしまったなら、フライングとみなされてしまうからだ。
1回までのフライングは許容されるが、2回目が厳しい。昨今の陸上競技の短距離張りに厳しいのだ。というか、世界陸上のソレと同様、2回目のフライングは、誰彼構わず失格となってしまうのだ。
だから、周りの猛者共からもひしひしと感じる事が出来た。
ううっ、フィンガーポイントしたい、その気持ちを押し殺している事を。
そんな猛者共が押し殺した行き場のないフィンガーポイントが、形となって僕の目の前に現れた気がした。ソレを見た僕は思わず、
むうっ!
思わず呻ってしまった。
そのどれもが世界記録を出しかねないフィンガーポイントだったからだ。
ぐぐうっ、と自然とめくりあがってくる上唇。
どくんどくんっ、と高鳴る胸の鼓動。
ざわざわっ、と騒ぎ出す血達。
ぎりぎりっ、と軋む歯達。
もう駄目だ。出しちまうぜ?フライングだろうがなんだろうが。お前達がいけないんだぜ?本当に放つぜ?この獣を!
僕の体の内にいつしか棲みついた獣。フィンガーポイントチャンスが訪れると、ムズムズと騒ぎ出す事が今まで何度かあった。
しかし、今日はムズムズなんて物じゃあなかった。今にも僕の心の檻から這い出しそうな程、強烈なまでに蠢いていたのだ。
見せてやるぜ―。

と、その時!!
始まった。
遂にFOURTOMORROWのライブが始まったのだ!!


続く!

世界フィンガーポイント

先週の土曜日。
11月17日。
西荻窪某所で、とある世界大会が開かれていた。
その大会に出場するものは、5万とも10万とも言われていたが、蓋を開けてみれば、その参加者は20人も満たなかったのではないだろうか?
これを小規模と思うのは、アナタの自由だけど、間違いなく言える事は、その20人全員は世界フィンガーポイントランキング50位に食い込んでくる猛者共の集まりだったのだから。
チーズケーキで例えるなら、この間、ナオキさんが目黒のコンビニで買っていたチーズケーキだろう。
「むうっ、このチーズケーキ濃厚だ!」
言ってみてば、そんな大会なのだ。

世界フィンガーポイントは、静かに始まった。
僕は、最初から見ていたわけじゃなく、二番目のsegweiから見ていたため、もしかしたら1番のバンドで物凄いフィンガーポインティングポイントを叩き出したやつがいたかもしれないが、周りの雰囲気から察するに、12フィンガーポインティングが関の山だろう、と僕は、虎視眈々と狙う事にした。何をって、逆ポイント…わかりやすく言うと逆転?(無理矢理だな!笑)
それはともかく、segweiにすがさんのブログでお馴染み『けんたさん』がいるらしく、初対面…否ッ!初オフ会!
最近、ブログ関連の人に会った時、何でもかんでもオフ会としてしまう、というおかしな雰囲気になっているが、まあいいよね?

segweiの次が、KENNY BAKERというバンドだった。
以前、観た事があったのだが、僕の記憶と大分違う音だったので、ビックリした。何故かあま~いメロディのバンドだと思っていたのだ。しかし、ライブが始まって度肝を抜かされた。
ドラムが凄いのだ。鬼が叩いているのだ。物凄くぎらついた目で、淡々とリズムを刻む鬼がいるのだ。
そんな鬼のドラムが僕を否応なしに揚げた。21フィンガーポインティングポイントくらいは叩き出せそうな、そんな気さえした。
ただ、ドラムばかり見ていて音は全然覚えていない(笑)。

とにもかくにも、鬼のようなドラムのおかげで完全に体が温まってしまった僕。
あとは待つだけだ。FOURTOMORROWのライブが始まるのを。


続く!

仕事、辞めちまいたい

今日、仕事の最中にショウコさんからメールが来た。
仕事中にメールしてくるなんて事は滅多にないので、仕事を中断してメールを見てみた。
見て、すぐに笑いを噛み殺した。

「長澤さん今、ジャンボカットなの??」

多分、fourtomorrow日々徒然を見てのメールだろうな、と容易に予想がついた。
詳しくは、今回のヒビツレ(※日々徒然の略。)を見て欲しいし、書くの面倒だから割愛するけど、ショウコさんって長澤さんの髪型に対して異常に厳しいよな(笑)。
以前も書いたけど、長澤さんが、ソフトモヒカンにした時は、「出川みたいだね」ってライブ観ながら言ってたし。
で、今回はまさかのジャンボカット(爆笑)!
確かに、ヒビツレに襟足が長め、みたいな事書いてあったけどさ…つーか、オシャレ美容院モッズヘアでジャンボカットって…(笑)

そんなわけで、仕事中ジャンボカットの長澤さんの顔ばかり思い描いていました。

長澤さん、幸か不幸か、僕のイメージの中じゃ全然似合ってないですよ?笑

しっかし、ショウコさんにしろ僕にしろ、本当にfourtomorrow好きなのか疑わしくなってくるよな(笑)。

パスハンター。

最近のハンターハンターがヤバイ。
ヤバイのだが、今週の作者の言葉に不安を感じた。
ちなみにこんな様なことを書いていた。
「そろそろ体に悪そうなものが食べたくなってきました…」
そろそろ10週連続連載。
またか?また長期休載突入か??
しっかし、あの敵強すぎだろ。笑

それはともかく、土曜日に西荻窪でFOURTOMORROWを観た。
もっと詳しく書きたいのだが、書いてる暇がない。畜生~。まあ、かいつまんで書くけどね?
そのライブ後に、3TOMORROW&画伯からパスをいただいた。
つーか、いつの間にか貼られてた。笑

その日、ショウコさん宅に着き、まずした事が、
DSC_2829.jpg
(壁に)パス貼り。
僕の夢は、ショウコさん宅の壁をFOURTOMORROWのパスで覆うことだ。敷金?そんなの知らね。笑

ちなみに、もう二枚持っているのだが、短パンに貼ったままだ(笑)。
今度、壁に貼ろ~っと。

続々続々続・11月3日

文化祭で疲れてしまった僕らは(笑)、一度西荻窪のショウコさん宅へ帰宅。そこでペヤングを喰らう。旨い!笑

そんなわけで腹ごしらえを終えた僕らは、今度こそ下北沢へ。
久しぶりな気がする下北沢。大学の頃はよくシェルターなんかに行ったもんだけど、もう全然行ってないな。
久しぶりな気がする下北沢は相変わらず人でごった返していた。
学生の頃は、下北沢が好きだったが、今は西荻窪が一番いいぜ、と下北沢を歩きながら思った。長野在住だけどね(悲)。
ちなみに僕らが目指す場所は、下北沢lete。何処にあるのって感じで、下北沢をブラブラするも全然見つからず。家を出る前に軽く見た地図を頭に思い描きながら迷った挙句、何とか到着。
DSC_2751.jpg
入り口からいきなりオシャレ。

う~ん、オシャレだ…と、入りあぐねていると、僕らに気づいた翼さんが、お店から出てきた。
「すげえ、オシャレでしょ?今日は、オシャレに歌い上げるからさ。アスカちゃんもいるから入りなよ。」
と、非常にオシャレな口ぶりで翼さんは僕らをエスコートしてくれた。
う~ん、オシャレだ…。

そんなオシャレな店内に入った僕とショウコさん。
落ち着かない…と思いきや、お店の薄暗い照明と眠くなりそうなBGMの効果で、今にも寝てしまいそうだった(笑)。
そんな空気をブチ破ったのがアスカさんだった。

「お腹すいたから、餃子の王将でご飯食べてくるね。しろー達も行く??」

明日香さんの「餃子の王将」という言葉さえ、オシャレに聞こえた。凄いぜ、下北沢lete。笑
そんなわけで、ペヤングでお腹を満たしていたはずの僕らは、アスカさんと共に餃子の王将へ。
しかし、餃子の王将が満員御礼状態だったため、渋々居酒屋へ。

ちなみに、居酒屋に入った時間が19時35分。
翼さんの弾き語りまで25分しかない。
絶対に間に合わないよなあ、と思っていると、
「すぐ飲んですぐ食べてすぐ行けば、間に合うでしょ」
とアスカさんが言った。
何て心強い根拠のない発言だろうか。
僕とショウコさんは、そんなアスカさんに全てを任せることに決めた。

果たして間に合うのか!?笑


BGM:敏感少年隊『サウンドオブ下北沢』

続々続々・11月3日

バーミヤンに入ると、本当に直人さんとキムアキさんがいた。
ちなみに直人さんは、僕が大学一年の時、四年生。キムアキさんは、三年生。久しぶりに会ったのだが、あの頃と全然変わっていなかった。
直人さん曰く、二人は現在チンピラをやっているんだと。
チンピラって(笑)。

そんなこんなでコーヤンもやって来て、バーミヤンで色々と話した。
あの頃は、直人さんの話をニヤニヤ聴いていたような感じだったが、久しぶりに会ったら、やたらと直人さんが笑っていた。
僕もあの頃に比べると話すようになったもんな。
そんでもって、キムアキさんがやたら『かつのちから』の内容を知っていた。「旨い鳥屋」だとか「部長」だとか、そんな単語が出る度に『かつのちから』を知らない直人さんは“?”という顔をしていた。
そんなキムアキさんの『かつのちから』話から、今度「旨い鳥屋」へ行く約束をした。ちなみにコーヤン以外地方在住のため、実現する可能性は限りなく低いけど!笑

そんなわけでバーミヤンで小一時間、時間を潰し、外へ。
バーミヤンの外観をみて、“このバーミヤン、すげえ懐かしいよなあ。”と思い、「集合写真撮りましょうよ。」と僕。
バーミヤンの集合写真…普通撮らないよね?笑
コーヤン以外、社会人だったため、周りの目が非常に気になったので、ショウコさんにサクサク撮ってもらった。その結果、直人さんの写真上手く撮れず(爆笑)!どうも広角仕様のデジカメらしく、僕らが小さすぎた!笑
DSC_2730.jpg
画像は、そんな広角仕様のデジカメで何かを撮ろうとする直人さん。あの奥にあるビデオ屋がすげえ懐かしい。行った事ないけど。笑


そんなこんなで、直人さんとキムアキさんとコーヤンと別れ、僕とショウコさんは下北沢へと向かった。西荻~東松山~下北って、すげえ移動してるな。笑


続く(?)

DRUNKEN BIRD

明日、東京にDRUNKEN BOATがやって来る。アメリカ(?)からだ(?)!
別に観たくねえよ。音源も持ってねえし。持ってねえっていうか、買ってねえし。この間、高円寺BASE行ったとき、買っちゃいそうだったけどね。あー観てえ(笑)。
しかし、明日の終バスには乗れそうだぜ。バスが取れたぜ。へへ。すげえ。

それはともかく、さっき帰ってきて、テレビを点けたら所ジョージの番組がやっていた。その番組で清内路村の祭りの様子が流されてた。
ちなみに清内路村は僕の住む町からまあそこそこ近いと思う場所なんだけど(行った事ねえから分からないけど)、あそこの祭りすげえな!
見た??ちょっと観に行こうかと思うほどの祭りだったぜ?
まあ、行かないだろうけど。

祭り、と言えばさ、明日のDRUNKEN BOATのライブ行きてえよなあ。
実際、聴いたことないぜ?DRUNKEN BOATの音はさ。でも、絶対いいんだよ。いいのはわかってんだよ。部長が「良い!」って言うんだもん、そんなの9割方良いに決まってんじゃん。
って、よく考えたらBLOTTOとのスプリット持ってたわ。って事は、聴いてるってことだな。覚えてねえや。笑
覚えてないし、思い出す前にもう忘れよう。

この悔しさ、金曜にぶつけるぜ。
金曜はDRUNKEN BIRDだぜ。うふふ。


BGM:THIS IS MY FIST『FIFTH HOUR HEROとのスプリットのあの曲』

続々続・11月3日

直人さんにメールを送ってから数分後、直人さんから電話がかかってきた。

ナ:何?文化祭行ってるの?
僕:そうなんですよ~。誰も知ってるやついなくて…
ナ:いや、実はさ…
僕:え?まさか来てるんですか!?笑
ナ:バーミヤンにいるんだよね。
僕:バーミヤンって、まさかあそこの??
ナ:そう、高坂の。

ってなわけで、大学を後にした僕らは、急いで駅に向かうバスへ。
バスの外で流れ行く景色が凄く懐かしかった。相変わらず剛さんに激似なあの銅像が健在で、思わずニヤリとした。
バスが駅に着くと、僕らは勇み足でバーミヤンを目指した。
すると、潤から着信が。

潤:おう。何?文化祭行ってんの?
僕:ああ。つーか、潤も早くバーミヤン来いよ!
潤:無理だよ。牛久だし。つーか、バーミヤンに何かあるの?
僕:いや、直人さんとキムアキさんがいるらしいぜ?
潤:マジかよ?何か、羨ましいな。
僕:だろ~?笑

そんなこんなで、潤と話しているうちにバーミヤンに着いた。
これから、直人さんとキムアキさんに会う。
電話の向こうじゃ潤。
何だか学生一年にに戻った気分だった。


勿論、続く。


DSC_2733.jpg
懐かしい高坂駅近辺。色んな事が合ったよなあ。
ちなみに、スミさん宅は、もう少し奥だぜ。

続々・11月3日

ソーキそばを食べた後、折角だから、と僕が大学時分に所属していたサークルのラーメン屋へ行くことに。
ちなみに、ユースケに電話して、僕の知っているやつが皆無なのは確認済み。だけど、行きたい。この抑えられない気持ちは、いつまで持っていられるんだろう?

そんな抑えきれない気持ちを胸いっぱいに、ラーメン屋の前まで到着。
R.jpg
これ、ちょっと無理っぽいな、と僕の顔がそう物語っている。目隠ししているにもかかわらず。

そんなわけで、僕の知っているアールじゃあなかった。
すげえ若々しい感じで満ちていて、何より、調理している姿を段ボールをつなぎ合わせた汚い壁で隠していたあの頃とは違い、物凄くクリーンだった(笑)。
随分変わったなあ、と物思いにふけっていると、アールのラーメン屋の前に見たことのある顔が二つ。
僕が一年だった時に、四年生だった先輩のような…というか、紛れもなく先輩の顔だった。
シュウさんとヒロユキさんだったろうか?名前も定かじゃないほどあまり関わる事が出来なかったのだが、顔だけは覚えていた。
先輩も僕の事を見ていた気がしたので、もしかしたら覚えていてくれたのだろうか?
意気地なしの僕は、結局、先輩に話しかける事が出来ず、先輩はいつの間にかいなくなっていた。
意気地がないって言うのは、人生を損させるぜ。

その先輩との一件により、損はしたくない!と思い、勇気を出してラーメンを購入。
当然のことながら僕のことなんか誰も知らない。
“俺、OBだぜ?”なんて思いながら、「醤油ラーメンください。」と受付の男子に話しかけた。
「50円でトッピング出来ますよ?」とその男子。
“ねえ?俺、OBだぜ?”そう強く思いながら、「結構です。」と僕。
そんなやり取りが、僕の知っているアールじゃないんだな、と痛感させた。

DSC_2712.jpg
僕の知っているアールのラーメンじゃなかった。悔しいけど、あの頃よりも旨かった(笑)。

ラーメンを食べ終え、何だか昔が懐かしくなった僕は、シュウさんとヒロユキさんと同年代で、仲良くしてもらった直人さんに、メールを送ってみることにした。
「シュウさんとヒロユキさんが文化祭にいましたよ。」と。


このメールが、僕を意外な展開へと誘うのだった。
まだまだ11月3日の話は続く~。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。