忘れられない。

大学を卒業してそろそろ二年が経つ。
二年も経つのに、僕は未だにあの頃の思い出にしがみついている。
恐いんだよ。忘れてしまうのが。
たまに、大学時分の記憶が唐突に蘇ることがある。蘇った瞬間、そんな事もあったなと、ニヤリとするのだが、程なくしてそれは悲しみに変わる。
忘れてしまってたんだな、と。
きっと大学時分の事など八割くらい忘れてしまっているだろう。

昨日、仕事から帰ると、母と妹がやたらと牛角の事を訊いてきた。
一体何なんだよ、と冷たくあしらっていたのだが、テレビを見てすぐに答えが出た。
牛角の事が流されていたのだ。
母と妹の言葉、そしてテレビに映し出された牛角の映像。それらが、僕の脳の奥深くに埋まっていた記憶を掘り起こした。
僕は、ご飯を素早く平らげ、急いで大学時分のブログを見た。
掘り起こされた記憶が確かならば、今からちょうど二年前の今日(一月三十日)がバイト最後の日のはずだ、と。
しかし、僕の記憶は僅かに外れた。

実際は、二年前のちょうど今日だった。二年前の一月三十一日の今頃、僕は炭場にこもり、肉で汚れ(潤的に言うとうま味?)焦げた網を洗っていたはずだ。

炭場は僕の一番落ち着く場所だった。
店がドタバタし、焦りが生じた時は、一度炭場にこもり、精神統一したり、
非常に腹立たしい客がいた時は、その怒りの矛先を七輪に向け、熱く真っ赤に燃え盛る炭を厳選し、とびきり火力の強い七輪を作ったりしたり(店長、ごめんなさい笑。)、
心が迷いや不安でいっぱいになった夜は、しゃにむに網を洗い、網の汚れとともに心にこびり付いたそれらを洗い流したもんだ。
炭場はいつだって僕を独りにしてくれた。人見知りの僕にはまるで楽園のような場所だったんだ。

…へへ、接客業向いてねえぜ。泣

それはともかく、辞めてから二年経つわけだが、丸二年、店には顔を出していない。
行きたい、という気持ちはあるのだが、東武練馬という場所故、なかなかどうして足を運ぶタイミングが掴めないのだ。
仮に池袋まで行ったとしよう。そこから十数分で東武練馬へは行けるのだが、旨い鳥屋がある西川口にも十数分で行けてしまうのだ。
同じ十数分ならば…後者(店長ごめんなさい!笑)!
そんなわけで、なかなか行けないのだ。
しかし、最近、ちょっと行きたいな、と思い始めている。
いるのだが、供に働いた友人の日記を読んだところ、辞めておこうと思った。
その友人が店に行った際、三月は人が少ないので、バイトに入って欲しい、と言われたそうなのだ。
よし。こりゃあ、来年度までお預けだな!笑

そんなこんなで、僕はいつだって必死だ。
忘れないように、必死に思い出しているのだ。
ああ、今日も思い出せて良かった。

冬眠なんかしてられっか!眠っていたら忘れちまうぜ。

しかし、『君は今』最高だわ。
と言いつつ、
BGM:SISSIES『EVERYTHING IN THE WORLD』
買ってから全く聴いていなかったのだが、最高だぜ。
今日、ハイパーイナフさんにWHAT THE KIDS WANTの音源を頼もうと思ったら売り切れてた。畜生!
悔しいのでアペイジのレコ発二日間に行くことに決めた。チケット予約しなきゃなあ。
スポンサーサイト

皆ーっ!大変だー!

な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な、な…

なんとっ!!


タテタカコさんのmy spaceがあったぞー!!

し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し、し…

しかもっ!!

『君は今』が聴けてしまうぞ!!
うおおおっ!

しかもしかも、シングル三部作のジャケットを手がけるのが、吉野有里子さんらしいぞ!
こりゃあ、部長大興奮間違いなし!イエスッ!


タテタカコmy space
さあ、僕同様発売まで我慢できないやつは今すぐ聴いてしまえ!『道程(みちのりと読むらしい。)』や『しあわせのうた』とかも聴けちゃうぜ!!

しかしだ、『君は今』の最後のフレーズがヤバイ!

すがさんに朗報

今週、東京行くのやめました。そんなわけで、今週末はハイパーイナフさんにパンクをお願いしようかなあ。

それはさておき、最近、職場で凄く気になることが一つある。

事の発端は、今週の月曜日。
職場の方が非常に気になる会話をしていたのだ。

男性:犬の漫画だよ。
女性:読みたい。
男性:でも、話が進むにつれ話が複雑になるんだよ。
女性:そんな複雑な話なの?
男性:いや、犬が沢山出てきて、どれがどれなのかわからなくなるんだよ。

この会話を聞いた時、まさか…と一つの予感が僕の頭をよぎった。
漫画…
犬…
沢山…
まさか『白い戦士ヤマト』の話なのか?!と。

かつのちからをコンスタントに読まれている方はご存知かもしれないが、かつのちから上で『白い戦士ヤマト』は、FourTomorrow岩手ツアーの際に、その頭角をメキメキとあらわし、その頭角をあらわし過ぎた結果、いつの間にかネタとして扱われているのだ。
そんなわけで僕は、その二人の会話が気になってしょうがなかったのだ。
しかし、それが『白い戦士ヤマト』である、と断言できる証拠はなく、僕の思い過ごしだろう、と思ったその時!

男性:もう古くて日焼けしてるよ。

その発言を聞き、確信した。間違いなく『白い戦士ヤマト』だ!と。
ちなみにここで言う日焼けとは、漫画自体が茶色っぽく変色してしまっている状態を言う。
ちなみに、漫画が日焼けなんかするかよ、と思われがちだが、漫画だって日焼けをするのだ。試しに漫画をベランダに放置してみて欲しい。いつの間にか、日に焼けて→雨に打たれ→日に焼けて→雨に打たれ…を繰り返し、ボロボロかつフニャフニャでばっちくなるから(日焼けの話じゃねえな。笑)。
それはともかく、
漫画…
犬…
沢山…
ボロい…
ときたら、百人中三人は、『白い戦士ヤマト』だ!と思うはずだ。ちなみに、百人中三人の一人は、僕だから、正確に言うと九十九人中二人だな(どうでもいいな。笑)。

そんなこんなで、『白い戦士ヤマト』である事を確信したのだが、二人の会話はそこで終わってしまい、結局、真相は分からなかった。
しかし、その日の夕方、事態は急変する!

残業している時に、その女性がおもむろに本を取り出したのだ。
まさか…と思った僕は、仕事とその女性の隙を縫って、何の本を読んでいるのか確かめてみることにした。
パッと見、ボロすぎる本。
ああ、絶対にそうだ。
ジャケットには犬。
ああ、もう間違いないぞ。
チラリと見える『高橋』という文字。
ああ、もう揺るぎない。
まさか『白い戦士ヤマト』を読んでいる人を目の当たりにできる日が来るとは…こみ上げてくる笑いを抑えるのが大変だった。
しかし、僕は懲りず、再度その本を見た。
すると、今度はその全体を見ることができた。
やはりジャケットは、犬。
毛の色は、銀色。

って、『銀牙』の方かよっ!

すがさん…やっぱり『白い戦士ヤマト』売れそうもないっすよ~笑

楽しみだなー

タテタカコさんのホームページ見ました?
やばくないですか??メチャクチャあがりません??
なんでも三ヶ月連続リリースの三部作シングルらしいっすよ!その一枚目が『君は今』!!
2月6日にリリースだそうです。むむぅっ、メチャクチャあがるぜ~。

で、ネット限定販売ってどうやって買えばいいの??
…わからんぜ。キィーッ!!


そんなわけで、以上!

いたやに行きたい

書かない、と言いつつ三連続更新。

西荻窪~吉祥寺の狭間にある水炊き屋が気になり、今日の昼に調べてみた。
調べたのだが、そのアクセスの悪さ故か、少量の情報しか出てこなかったのだが、その僅かな情報の中にいくかの共通項があった。

・焼酎の種類が豊富
・立地条件故、空いている
・二人前2800円で物凄いボリューム
・主人は博多出身
・水炊きに入っているプチトマトが旨い
・締めは、沖縄そば

焼酎の種類が豊富って時点で、十中八九間違いないのだが、僕が気になったのは、締めが沖縄そば、ってところ。
水炊きに沖縄そばって、全く想像つかないけど、絶対に大正解でしょ。
そんな情報を知ってしまい、昼からその水炊き屋の事が頭から離れない。
ああ食べたい。今週、本当に東京に行こうか迷ってしまう程食べたい。
とりあえず、部長が吉祥寺に来る日(アペイジのレコ発の日)までに行っておきたいのだが、やはり厳しいなあ…。

それはともかく、モーニングで『へうげもの』を連載している山田芳裕さんの『デカスロン』がくそばかおもしろす。
僕がこの本を手にしたきっかけは、「くそばかおもしろす」という言い回しからも(わかる人には)わかるように、ハマケンのブログで、くそばかおもしろす、と紹介されているのを見たからだ。
何せ、ハマケンのブログを見るまで、“何だ、この漫画?つまんなそ。”と実際に思っていたくらいだからね。
ちなみに現在、文庫本で11巻まで出ているのだが、最新刊の11巻では、続きが非常に気になる終わり方をしている。
もしかしたら、僕のこのブログきっかけで、読もうと思う人がいるかもしれないから、内容については触れないが、本当に気になる。本当に気になるんだよ。12巻どうなるんだろ?うわーっ、気になる!


今、気になったろ?
11巻がどんな終わり方だったか、気になったろ?
へへ、教えないぜ~笑
とにかく、それくらい気になるのだ。
まあ、陸上競技が好きな人は読めば(投げやり!notやり投げ)?

しかし、何故こうして更新作業に没頭している間は、嫌なことを忘れられるのだろうか。
嫌なことが山積している現状を、ブログは忘れさせてくれる。
コメントでながさわさんも言っていたが、皆、もっと更新してくれればいいのに。
絶対に面白いはずなんだよ。
僕のこんなクソ長くてクソつまらない文なんか読んでないで、更新すべきなんだよ!
どう考えたって、過疎地で僻地で限界集落の恐怖が迫ってきている場所に住む僕のブログなんかより、都会に住む皆が書いた方が面白いんだから!

えっ?僕(私)都会に住んでないよ?

って少しでも思ったあなた。悔い改めなさい。
コンビニまで徒歩で行ければ立派な都会ですから。僕の都会レベルなんてそんなもんです。
だから、皆さんお書きなさいっ!
こんな何もないような田舎に住んでいる僕でさえ、アホみたいに更新してるんですよ?
物は考えようなんですから!
面白くなかったら面白くすればいいんだし。つーか、面白くなかったら面白くないでいいんですよ。
あー聞きたいなあ。君の面白くない話。
よし、じゃあこうしよう。僕は今から寝るから、明日の朝…そうだな僕が目覚める頃までに更新しておいてくれよ。
約束だぜ?

どうでもいいけど、水炊き屋、本当に行きてえな。誰か行きません?

BGM:コケストラ『三十秒頂戴』

草加煎餅が旨すぎて

意外にも隼人(後輩)が楽しみに待っていてくれたようなので、今日も更新。

昨日、サービスエリアに寄った際に、煎餅が猛烈に食べたくなり、16枚入りの草加煎餅を買ってしまった。
車に戻り、早速バリボリと音を立てながら海苔せんべいを食べたのだが、これがめちゃくちゃ旨く、「うめえ、うめえ」とすぐに平らげてしまった。すぐにでも胡麻せんべい辺りを食べたかったのだが、幸か不幸か運転中だったため、その一枚に止まった。生憎、運転しながら物を食らえるほど運転技術に余裕がなかったのだ。いや、もし仮に僕しか車に乗っていなかったら、何の躊躇いもなく食べるのだろうが、僕以外に五人も乗っており、もしせんべいがきっかけで事故になったら嫌だな、と思い止めたのだ。杞憂に過ぎなかったわけだが。
しかし、海苔は本当に素晴らしい食べ物だとは思わないかい(劇的に話変えたぜ)?
せんべいに海苔が一枚乗るだけで、何故あそこまで劇的に旨くなるのか、24年生きてきたが、未だにその謎が解けずにいる。思うのだが、せんべいにおける海苔は、せんべいの引き立て役では決してなく、その逆。海苔を引き立てるためのせんべいなのだ。
主役をも喰らう程、海苔には圧倒的な存在感があるのだ。あんなにも薄い形状なのに存在感が圧倒的って、やっぱり海苔ってすげえよ。
この間、水炊き屋へ行った際、メニューにとりわさがあったので頼んでみたのだが、運ばれてきたソレを見たときに僕は、目を疑った。
いないのだ。絶対薬味であるはずの刻み海苔が!
旨い鳥屋のとりわさに慣れてしまっていた僕には、信じがたい…そして許しがたい光景だった。
ただ、食べてみないことにはわからない。海苔がないとりわさが、とりわさとしての資格があるかどうかが。逆に海苔がない方が旨い、と言う可能性も、万が一…否ッ!兆が一、あるかもしれない。そう考えると食べずにはいられない。
気づくと僕の箸は、海苔がないとりわさ目掛け走っていた。

海苔なしとりわさを口の中に入れた瞬間、僕の胸はやるせない気持ちでいっぱいになった。
やはり足りないのだ。とりわさたる資格が欠けているのだ。
まさかここまで海苔の存在が偉大だとは、思いもしなかった。
海苔がいないだけで、喧嘩をしてしまっているのだ。“とり”と“わさ”が。
まるで街中で本気の喧嘩をしているカップルを見たときのようなガッカリ感が口の中に広がるのだ。街中で本気の喧嘩をしてしまうカップルに足りないのは、愛という名の海苔。いや、もしかしたら海苔は、愛すらも凌駕するかもしれない。
そう考えると、旨い鳥屋のとりわさが旨いのは必然なわけだ。
“とり”と“わさ”が運命の赤い糸ならぬ運命の黒い海苔で結ばれているんだから。

なるほど。だからか。だから僕は、長澤さんと旨い鳥屋に行った際に、
僕「長澤さん、信じられないかもしれませんが、海苔ととりわさめちゃくちゃ合いますよ!」
長澤さん「嘘つけよ!海苔ととりわさが合うわけ…」
とりわさを食べるながさわさん。そして間髪入れずに、
長澤さん「合う!海苔ととりわさ合う!」
というくだりを長澤さんにねだってしまうのか!
よし、今度から長澤さんの事、海苔(典)明さんって呼ぶことにしよう。
いや、「海苔、明さん」って呼ぶことにしよう。
つーか、旨い鳥屋行きてえな。今年はお金に厳しくいくぜ!

それはさておき、今週の土曜日に、隼人達が集まり池袋(だよな?)で飲むらしい。卒業間近のあいつらが一堂に会するのは、これを逃したらもうないかもしれない。
ちなみに何故僕が、あいつらが飲むことを知っているのかといえば、ユウスケが教えてくれたのだ。

ユ:しろーさん、俺言い忘れてたことがあって電話したんだよね。
ユ:あけましておめでとう。
僕:おせえな。
ユ:2月2日に、俺らの代全員で飲むから来ればいいじゃん。
僕:いや、無理だろ(行きてえなあ)。
ユ:まあ、来れたら来てよ。

今週は東京に行くつもりはないのだが、行けるもんなら行きたい。
池袋に行って、あいつらの住所訊いて、西荻窪に戻り、西荻窪と吉祥寺の狭間にあるという水炊き屋へ行きたい。
さすがに飲み会に顔を出す程野暮じゃない、というか、普通に水炊き屋に行きたい。
もしそこが旨い水炊き屋だったなら、部長を連れていかないとな。
部長曰く、水炊き屋はヘルシー、らしいから太ることはないはずだぜ!

話は変わるが、僕がブログを休んでいる最中、ショウコさんがやたらと「かつちかを書け」と僕に言ってきた。
ショウコさんの催促は日に日に病的になっていき、昨日なんて酷いもんだった。
昨晩、電話に出るなり、
「長澤さんが可哀想だ。」
と意味深な発言をするショウコさん。
いったい何が可哀想なんだ?と、僕がわからないでいると、
「今日のヒビツレ(日々徒然)見た?そこに書いてあったぞ!『かつのちから』が読めなくて悲しい、って。」
とわけの分からない事を言い始めた。
念のため、すぐに日々徒然を見たのだが、そこには『かつのちから』の“か”の字さえ書かれていなかった。
何を寝ぼけてんだ、と思っていると、
「書いてあるだろ。ツトムさん(アペイジ)のブログの事が。」
確かに書いてあるのだが、何故そこから『かつのちから』が出てくるのか、僕には、全然わからなかった。
「そこには、“ツトムさんのブログは更新されているのに、『かつのちから』は更新されなくて悲しい”って意味が含まれてるんだ!」
って、日々徒然を深読みし過ぎだろ!確実に読めてねえし!笑

ちなみに、僕がこうしてダラダラと書いてきた理由は、ショウコさんが病的だから、という理由では決してない。
草加に煎餅食いに行きてえな、ってのを書きたくて、ここまでダラダラ書いてきたのだ。
草加の煎餅って絶対旨いよな。長野のサービスエリアの草加煎餅があれだけ旨いんだもん。

それにしても、草加煎餅が食いてえ、って話にたどり着くまでよくここまで遠回りしたもんだ。
僕の道草ならぬブログ草を食う余裕があるうちは、まだまだ行けるって事だな!

ただ、昨日今日とブログ草を食い過ぎてしまったため、またしばらく冬眠します。そうだな…タテタカコさんの『君は今』の発売日が発表される日が来るまで、眠ろう。

それでは、おやすみなさい~

眠りすぎた冬の昼

昨日、白馬に行ってきた。
人生五度目のスノーボードをしに、だ。
大学一年の時に、自分の運動神経の無さに絶望し、度重なる転倒によりレンタルウェアを磨耗させ、穴を空けることに成功させた。
穴と言えば、とある転倒条件を満たすと、某門が激痛と共に開門するのだが、あれが本当に痛くて、開門した瞬間に全てが嫌になる。僕は、初めてのスノーボードで幾度となく、その開門に成功し、その度に全てが嫌になった。
そう…あれ以来、もう二度とやりたくない、と思いながら、今回、五度目のスノーボード。
五度目にして(うち三回は地獄の二泊三日。)、ようやく滑れるようになったのだが、やはりあまり行きたいもんじゃない。
その理由は、体中をう筋肉痛と疲労。
昨日もスノーボードで極度の疲労に襲われ、夜、ホテルで職場の皆さんと飲み、更なる疲労に襲われた。そのため今日は家に着くなり眠った。眠って眠って眠りすぎて、なかなか眠れそうもないので、こうして久々に重い指を動かし更新作業に勤しんでいるわけだ。今までサボってたのに、勤しんでいるってのもおかしな話だが。

ブログを休止し始めて、早くも一週間以上経過した。
この一週間、ブログ更新のために携帯電話を弄んだり、パソコン上の更新画面とにらめっこするなどといった作業を一切せず過ごしてきた。
毎日していた事を止めただけで、時間の流れが遅くなった気がする。
ブログ更新のための空白時間(更新したいのだが、ネタが思い浮かばず、パソコンもしくは携帯電話の前で、ぼやっとしている時間)がいかに無駄で、いかに早く過ぎていたのか、思い知らされた。
しかし、時間の経過が多少遅くなった日常と引き替えに失った物は予想以上にデカかった。
楽しみが一つ減る。たったそれだけの事なのだが、それが重要だったりするという事か。
ブログを休止する事で、パソコンに向かう時間が減るかと期待したのだが、結局全然減らなかった。
YouTubeばかり見ていた。
AJJ(Andrew Jackson Jihad)のライブ映像が想像以上に凄まじく、あがった。
アコースティックギターやウッドベースやマンドリンやヴァイオリンなんかで、大合唱するアメリカのシーンに触れたい、そんな事を考えながら食い入るようにAJJのライブ映像を見た。名曲『people』の盛り上がりに何度も爆笑した。アレずるいわ(笑)。AJJのライブ映像からDefiance,Ohioのライブ映像にたどり着き、燃えた。
今度上京したら、Defiance,OhioのCDをしこたま…そうだな二枚くらい買おう。

CDと言えば、この間…先週か?池袋のディスクユニオンへ行ったら、COME BACK MY DOUGHTERSのシングルが中古で4000円で売っており驚いた(もしかしたら目の錯覚かもしれない。)。
もう聴かないだろう、と妹達にあげてしまったあのCDが4000円で売られているとは。何がどうなるかまったくわからんぜ。しかし、4000円って高過ぎじゃねえか?4000円あったら、東京行けるもんなあ。

東京と言えば、先週久々に渋谷に行った。
ショウコさんがどうしても見たい映画がある、という事で行ったのだが、初日&舞台挨拶という不幸が重なり、結局見ずに渋谷を後にした。
渋谷って行くだけで疲れてしまうのだけど、そんな事ない?
僕らが渋谷を後にする頃、偶然にも部長と画伯も渋谷にいたらしい。
僕らと違い、緻密に練られた渋谷だったため大満足だったらしい。やはり何事も準備は大事なのだ。

部長と画伯と言えば、渋谷に行った後、王子で水炊きを食べた。
部長以外、初炊き。
昆布だしの鍋みたいな、湯豆腐みたいな、そんな物かと思っていたのだが、全然違った。
時間が経つ度に仲間が増え、その仲間達が鍋…ううん、そのパーティに、実にいい味わいを出してくれる、そんな鍋…まるでドラクエ4の馬車みたいな、そんなバラエティーに富んだ鍋…ううん、あれは馬車ね(何キャラだよ!)。
それはともかく、画伯が仕切りにバカウケフレーズ「なるほどね。」を連発していた。確実に部長の「なるほどね(これは旨いわ)。」がうつったんだろうな。かく言う僕も、最近「なるほどね。」づいているわけだが。
水炊きの帰り際に、部長から福岡土産の昆布を引き連れた明太子を頂く。潤の分も買ってきてくれたのだが、潤が来れなかったため、僕らが二つ頂く事に。
しかし、帰りにケーキを買うために寄ったモ*カッフェにて、お店の方から長野土産を頂き、お返しに部長が潤のために買ってきた『昆布を従えた明太子』をあげる。僕の、旨い物をお裾分けしたい、という衝動の賜物。
ショウコさんが、その『昆布と仲良しな明太子』を僅か2日で平らげる。
曰く、おいしくてもうなくなた。
部長、ありがとうございました。

むむう、約一週間抑えてきた書きたい衝動が止まらない。

先週の半ば、タテタカコさんのホームページを見て、激しくあがる。
二月上旬に『君は今』がネット上で限定販売されるらしい。詳細は今週中に発表されるとか。やったぜ。

今、テレビを見ていて驚いたのだが、2月9日に長野市の千歳公園に加藤ローサがやって来るらしい。つーか、何しに来るんだ?!
まあ、その日は断然、渋谷だけどね。久しぶりにLINKが見たいぜ。行けるのかわからんが…。

加藤ローサと言えば、宮崎あおいの写真ブログが羨ましい。あんなもんズルいぜ。
それと関係あるのかわからないが、宮崎あおいが写真本を出していた。あんなもんズルいぜ。

しかし、今テレビで見てるんだが、エレファントカシマシやばいな。
こりゃあブログなんかしてる場合じゃないぜ!

keepon keepon keepon

電話をすると音楽が流れる。
あの機能を考えたやつは、一体何を考えてやがんだ。
相手が出るまで、ループする“トゥルルルー”という音。あれがあってこその電話だろうが。
あの“トゥルルルー”が目安になんだよ。何“トゥルルルー”目で電話を切ろうか、という目安に。
だのに、あの音楽が流れる機能と来たら、一体何コール目なのか、全くわかりゃしない。
ふざけやがって。


そんなわけで、今日から『かつのちから』は冬眠に入ります。
深い理由なんてないです。まあ、一番大きな理由をあげるとするならば、時間が勿体無い、ということでしょうか。
前から自問自答してましたし。
“書くことも思い浮かばないのに、パソコンの前にいるこの時間が凄く勿体無い。でも、離れられない。この悪循環を断ち切るにはどうすれば良いのだ?”
“わからねえ!”
なんつって。
答えは簡単でした。ブログをやめちまえばいいんだ、と。

でも、あれか。やめるなんて言うと、あれだよな。
よし、じゃあ不定期冬眠で(何それ?笑)。

ただ、アレだよな。僕って、潤と全く逆の感じだからさ。
潤が、毎日更新するぜ、なんて言った矢先に、全く更新しなくなるように、僕は僕で、不定期更新にするぜ、なんて言った矢先に爆発的に更新するようになる、って事もあり得るわけだ(意味がよく分からんな)。
とにかく、僅かな自由時間をダラダラと過ごす事をやめるのだ!!

ちなみに、『かつのちから写真展』はほぼ毎日更新しますので、あしからず~笑


さて、風呂入ってさっさと寝よ。

ふごーっ

しかしだ、DRUNKEN BOATやば過ぎるな。


僕は何でこんなにもブログに時間を費やしてしまうんだろうか。
自分で言うのもなんだが、常軌を逸している。ホントに病的だ。
今日もこうしてパソコンの前。特に載せるべきことはないのに。

最近、とある後輩のブログの更新が止まった。
非常に気になる止まり方だった。
内容が気になるという訳では決してなく(ここ重要)、その後輩がどうなったのか非常に心配だ。と言いつつ、連絡を取らない僕は、非常に薄情な奴だ。
その後輩のブログは、日常の事を綴った、言わば日記のようなものであった。日記なのに、「続きを読む」という機能が、搭載されており、非常に煩わしかった。あの「続きを読む」って機能、読みたくなるもん。ただ、その後輩のブログでは、その機能が全くうまい事機能していなかった。
その後輩のブログは、最後を大体「では、また~。」で締めくくるだが、「続きを読む」をクリックしても、その続きが「では、また~。」だけの事が多々あった。
内心、いらねえだろ、と思ったが、そんな事を言うのは野暮だし、別にどうでも良かった。僕は、非常に薄情な奴だからね。
そんな絶対に「続きを読む」がいらなかったその後輩のブログで、初めて「続きを読む」が生きた日があった。以下、適当にコピペ


お医者さんは、
『顔面神経麻痺は脳腫瘍や脳神経障害の疑いもあるので、明日詳しく検査しましょう』と言いました。

続きを読む



これを読んだ僕は、不謹慎にも、
“そうだよ!そう使うんだよ!「続きを読む」はさあ!”
と思ったわけです。
気にするところ、そこじゃねえだろ!笑

ちなみに、その後輩は、その日の日記をこう締めくくっている。
以下、適当にコピペ。


明日、良い結果をきけることように祈りながら。
では、また~。


これを読んだ僕は、不謹慎にも、
“わかってねえな!そこは「では、また~。」じゃなくて「続きを読む」だろうが!”
と思ったわけです。


わかっていただけだろうか?事ブログに関して、僕がどれほど常軌を逸し、どれほど病的なのかを。


ちなみに、その後輩の結果がどうなのか知らない。僕は非常に薄情な奴だから。
だから、発信を止めないでくれ。
頼むから発信を止めないでくれ。


BGM:DRUNKEN BOAT『Keepon keepon keepon』

寒い夜に。

思考が止まる。
書く事がまったく思い浮かばない。

ニュースを見ていたら、合格祈願する受験生達が写っていた。
6年前、僕もああだった。
6年。単純計算で2190日。
2190日のうち、僕の脳のシワとなって残っている日は、一体何日あるだろう。
そのほとんどが滑り落ちてる気がする。

6年前、高校三年。
高校三年間で記憶に残っている事といえば、部活と受験が主。
ビックリするほど、その二つ以外思い浮かばない。
陸上部の隣がラグビー部だったんだけど、ラグビー部のお陰でかなりドラマッチクな(?)高校生活になったな。今となっちゃ笑い話だけど、ラグビー部の一部とその取り巻き、恐かったよな~。
そんな取り巻きと仲の良かった陸上部の先輩がいたんだけど(途中で辞めちゃったけど)、何でだか僕気に入られてたな。つーか、クラスのその手の人(ヤンキーっぽい人)にも気に入られてた気がするな。
煙草吸うから教室の外で見張っててくれ、なんて言われて、教室の外で『グラップラー刃牙』とか読んで時間潰したんだよ。
で、肝心のその人は、教室のカーテンの陰で煙草を吸ってたんだけど、あんなもん残り香でバレるっつーんだよな。笑
ちなみに、その人にはよく漫画を貸したぜ。『グラップラー刃牙』を筆頭に。

元気かな。

話がずれたけど、その陸上部のヤンキー寄りの先輩をたまたまインターネット上で発見した(爆笑)。
普通に働いているようだったな。
ペット系の仕事で、ペットのシャンプー紹介してたよ。あんなにギラギラしてた先輩がさ。
覚えてるのかな。僕らの事や、陸上部の事。
僕は結構好きだったんだよな、あの先輩。その先輩がSOBUTのCD持ってるの見てさ、今度聴いてみよう、なんて思いつつ、未だに聴いたことねえや。あの頃、根っからのPOTSHOT好きだったからさ。

6年。
6年の月日は、人を変える。
僕は何か変わっただろうか。
あの頃に比べると、多少アグレッシブになったのかな?



相変わらず思考は止まっている。
目を閉じれば今にも眠ってしまいそうだ。
そんなわけだから、おやすみなさい~。


BGM:タテタカコ『秘密の物語』

あのカッコいい新曲

fourtomorrowを観たい。

昨晩の反動は、予想以上にデカく、帰りのバスに僕以外乗っていなかったため、車中fourtomorrowを聴きながらエアシンガロング&フィンガーポイントをかましていた。
かましているうちに、調子が良くなってきて、危うく、つんのめって運転手さんにダイブするところだった。
危なかったぜ。運転手さんの安全運転を妨げるところだったぜ。
ただ、エアつんのめりからのエアダイブをエア運転手さんに幾度となく、エアかましましたけどね(エアつんのめり&エアダイブ&エア運転手さん&エアかましってどんな?笑)?

今頃、秋葉原でやってんのかな。
目を閉じると浮かぶぜ…つんめるスタジオリボレの姿が。
知ってたか?リボレがつんめるって事。
別に耐震強度偽装物件とか、欠陥住宅とか、そういう事じゃねえぜ?
ぐわーっ、ってつんのめるんだよ。リボレがさ。
fourtomorrowの時はずば抜けてのめるんだよ。あ、ごめん。のめる、ってつんのめるの略だから。
特に、『ブルガリア』とか、『ぴぽーあらあ~』の時は顕著で、ダントツにのめってるから。あ、ごめん。のめってるって、つんのめってるの略だから。

うふふ、建物がつんのめるわけないじゃーん!バカだな~笑(ヒドいな!笑)

気を取り直して、今週もがんばろ(笑)。

BGM:fourtomorrow『あのカッコいい新曲』

イースタンユース

昨日、僕が松本でブチ切れそうになっている時、翼さんから電話があった。

翼さん「何やってんの?俺、イースタンユース観てさ、今から綱島でパーティーやるからさ~来なよ!」
僕「いや~僕、松本なんですよ。」
翼さん「おっ!タテタカコ!?じゃあ観終わったら車で来なよ。四時間くらいで来れんだろ?」

僕、すっかりタクシー(車)で来いよキャラになってる気が…笑

その後、しばらくして今度は部長から電話が。

「イースタンユース、良かったよー。」

畜生。昨日の正解なライブはイースタンユースだったか!笑

fuck off!

ブチ切レンゾ!
クソニモ程ガアルッテンダ!!

shit

クソスギル…

舐めてたぜ…

キツすぎる…
それしか言えない…

生命線

ブログの生命線である携帯の充電器を忘れてきてしまいました。
そんなわけで、更新を控えさせていただきます。悪しからず。

それはともかく、大学の後輩で、つい最近長旅から帰ってきた人物がいる。
ピースボート(?)とかいう船で世界各国を回る、という旅(?)だと思うのだが(詳しくはわからん!笑)、そこから帰ってきたのだ。
で、帰ってきて早速このブログにコメントをしてくれた。

「世界は、広くて、ちっちゃくて…」

そんなコメントを見て、スケールのでかさを思い知らされた。
僕なんか、長野でさえ広すぎると思ってんのに。
まあ、考え方はひとそれぞれ。何より学生と社会人、という差が大きい気がする。

でも、部長は言う。
「僕らは何処へだって行ける。」
同じ社会人なのに、だ。

きっとアレだな。二人とも器がデカいんだ。例えるなら…
ドームッ!(最強伝説黒澤参照。)

そんなわけで、書きたかった事(ドームッ!のくだり)も書いたので、この話は以上!

それはともかく、今、松本行きのバスに乗っているのだが、乗客が僕含めて二名。
寛大すぎるぜ高速バス!

そんなわけで、写真たくさん撮ろーっと。

目黒抱腹絶倒ポイント。

今宵、どうやら目黒がヤバイみたいだ。
抱腹絶倒必至のようだ。

ちなみに僕は、何も出来ずパソコンとにらめっこ。
この差はなんだ。
格差社会なんて今に始まったもんじゃねえだろ。つくづくそう思う。


そんなふてくされた僕をニヤリとさせる出来事が起こった。
携帯電話が鳴ったのだ。
大体誰か予想はつく。
ショウコさんか、潤か、部長かだ。
大体この三人からしか電話が来ないからね(別に寂しくねえよ。電話好きじゃねえし。電話って何話したらいいかわからねえじゃん。)。

そんなわけで、携帯を開き画面を見た。
携帯の画面には、船に乗ってピースを決める男の画像と共に、「山岡部長」と表示されていた。
やっぱり!笑

部長「おうおう、何やってんの?」
僕「何もしてないですよ。」
部長の第一声でわかった。もう出来上がってるな、と。
部長「早く来いよ!」
僕「行きたいですね…」
部長「タクシーでさ。むふふふふ…」
部長の不敵な笑いでわかった。かなり飲んでいるな、と。部長が「むふふ。」と笑い出すと程なくして眠るから、悪戯チャンスだぜ!
部長「そう言えば、タテタカコのアルバム買ったよ。」
僕「ライブ盤ですか!?」
部長「違うぜ。『イキモノタチ』だぜ。」
なるほど、なかなか良い判断だな、と思った。
『道程』、『やわらかい風』とか名曲多数だし、キラーチューン『雷』も入ってるし。
ちなみに、僕は『イキモノタチ』から聴き始めたのだが、5曲目『押し問答』を聴いて震えた。
何だこれ、と。他の曲と比べると、物凄くぶっ飛んでいるのだ。

…その話はともかく、部長と話していると、突如部長が誰か別の人に電話を渡した。
まさか、この流れは…
「小林です。」
やっぱり画伯だー笑
画伯「早く来たほうが良いですよ。タクシーで。」
部長「むふふふふーっ。」

部長、あのくだり好きだよな~笑

YSIG

言わずもがな、ユアソングイズグッドの略。
ユアソン、なんて略す方もいますが、僕は断然ワイエスアイジー(8文字)派です。口に出すとわかるんですが、全然略せてないんですよね。笑

そんなYSIGの楽曲が、長野のクソローカル番組『これダネッ!』という、平日の八時からやってるワイドショー的ニュースの番組名もろパクリな番組でBGMに使われています!
まあ、よく耳にするので別にどうって事ないのですが、思い出せないんです。
何て曲名だったか…
もうしばらく見ていないので、現在はどうなのか定かじゃありませんが、ライブで、
パ~ラ~ラ~ラ~ラ~♪
なんて口ずさまれていたあの曲です(どれ?笑)。

あーダメだ。思い出せないー。

話は変わりますが、昨年の忘年会の二次会にカラオケに行ったのですが、思いもしない事態にドキッとしてしまいました。
「しろー、これ歌えるだろ~」
という南雲さんの声と共に耳に入ってきた聞き覚えのないメロディー。
“んんっ?!”
と、あたふたしていると、画面上に映し出された曲名。
『あいつによろしく』
やべえ、知らねえ。これ見よがしにYSIGのTシャツ着てるのに、聴いたことねえ!笑
そうなんです。すっかり聴いてなかったんです。『FEVER』辺りから、全然聴いてなかったんです。

そんなわけで、当然歌えず(泣)、「YSIGのTシャツ着てるのに歌えないの~?」と、盛り上がる南雲さん達に全然ついていけませんでした…。

YSIGのTシャツ、結構持ってるんですが、とりあえず『あいつによろしく』をちゃんと聴くまではこれ見よがしに着るのやめます(笑)。

(こんなこと書いておきながら)BGM:ghost mice『Please Quit Smoking MOM』

あした、僕は

準備万端。
チケットも、バスも、ホテルも、全部取りました。
あとは松本でコロナを探すだけだ。
そんなわけで、明日は、長野の音に埋もれてきます。気になる音と出会えればいいけど。つーか、やっぱり15バンドも見てられねえなあ…。

今日、ハイパーイナフさんにパンクをお願いした。
AMBITION MISSIONが非常に楽しみ。
それから、観たいけど観れない、という理由で手を出さなかったDRUNKEN BOATも。
うふふ、月曜日が楽しみ楽しみ~。

明日、そんな音を出すバンドがいればいいのだけど…いるわけねえよなあ。


しっかし、暇だぜ。
暇すぎて、更新する気も起きやしねえ。

今日、本当にやっちゃおうかな。ネット新年会。
ちなみに、ネット新年会とは、ブログなどのコメント欄を駆使して、まるで共に飲んでいるような気分を味わう、という非常に寂しい新年会なのだ。
そんなわけで、僕と同じくらい暇だって人は、飲みましょう。パソコンの前で。笑
参加者待ってます(笑)。
ただ、盛り上がることはないので、その点注意してください。いや、ホントに。


BGM:タテタカコ『秘密の物語』

偶然…否ッ!必然!

僕、家にいるときは基本的に暇で、パソコンで検索ばかりしてるんです。
しかも、その検索内容がfourtomorrowとか、かつのちからとか、滅茶苦茶狭いので(笑)、偶然見つけてしまうものが多々あるんです。

その代表例が、『し○○らむ』!(諸事情により伏せ字!笑)
いや~、こっそり見てますよー(爆笑)
いつ、ネタにしようかニヤニヤしてたのですが、今日、某雲氏とメールのやりとりをして、今だな!と思い、ネタにしてしまいました~笑

いや~すいません&ありがとうございます!笑

ちなみに、見つけたきっかけは、『し○○○む』の昨年の夏のHi-Fatネタで。笑
不用意に「かつのちから」なんて入れちゃうからバレたんですよ~むふふー(もう酔ってるんで笑)
僕、一日に一回はやりますからね?『かつのちから』検索。気持ち悪いでしょ?うふふーだ(笑)。

そんなわけで、今後ともお願いします~笑
ただ、某雲氏曰く、こっそりやっている、って事なんで、偶然見つけた方は、くれぐれもこっそりでお願いします!
ホント、『かつのちから』みたいにこっそり載せないと、ヤバいからな(何が?&全然こっそりじゃない)?

よし、今度こそ寝る!

のまさんの分からず屋!

西荻窪在住のショウコさんの友人のまさん。
のまさんは、ショウコさんと同じ茨城は鹿島の出身。ショウコさんの数少ない友人の一人だ。

そんなのまさんに、かつのCD-R、という、キセルとタテタカコの素晴らしさを伝えるためのCD-Rを渡した。
僕的に、文句のつけようのない名盤。
タテタカコの『あした、僕は~道程』が入っている時点で名盤にならざるを得ないわけだが。

そんな名盤を聴いたのまさんの感想は、
「暗いね」
というものだった。

のまさんの分からず屋!
暗くない。全然暗くない!
確かにキセルの名曲『春』は暗めだけど、聴いた後のあの、じわ~ん、という感じは、決して暗くない。何より『春』には、悲しみの中に光があるのだ。

確かに、タテタカコの名曲『宝石』は、どちらかと言えば暗めだけど、聴いた後のあの、ぐわーっ、という感じは、決して暗くない。
静かで、綺麗で、だけどあがる。そんな音なのだ。

畜生。のまさんだけは、4月のfoodstockに連れてくんだ!
畜生。のまさんだけは、いつかのタテタカコのライブに連れてくんだ!

毎度毎度、同じ内容で申し訳ないですが、それくらい好きなんすよ。

明後日、絶対にタテタカコ観るんだ。
観ればわかるぜ。CDで聴くだけじゃわからない。観なきゃ。
願わくば、キーボードじゃなく、ピアノでのライブが観たいぜ。

よし、寝る!笑

朝、ニュース見てると下がる。

何て危うい国に住んでいるんだろうか、と思う。
朝から下がるぜ。

両親を殺す少年。
介護疲れ→殺人、もしくは心中。
自殺する親子。
高齢化社会。
過疎化。
限界集落。
等々。

僕的に後半の言葉達が恐い。
長生きはしたくない、と思ってしまう。

よし、明後日はタテタカコ観に行こ。
(今日は飲む雰囲気なので以上!)

くいっと一杯

今日、ショウコさんは西荻窪でくいっと一杯やっているんだと。
俺もソレ西荻窪でやりてえ~っ!
今週末、東京に行けないのが悲しすぎる…

そんなわけで、週末の予定を立てるべく、タテタカコのホームページを穴が開くほど見ました。
日曜日、松本でライブやるんですよね。これに行こうか迷ってて…
というのも、全15バンドも出るんですよね。好きなバンドならともかく、知らないバンドをそんな観てらんないっすよ!しかも独りで…くううっ、友達欲しい~。
そんなわけで、当然松本に友達などいないので、行くとしたら独りでホテルに泊まるんですが…ちょっとこれ、寂しすぎやしない?
独りで15バンドも観て、独りでホテル泊まって…どうするよ?晩御飯。やっちゃう?独りでくいっと一杯。
やったらバカウケだよなあ。
スタバとかにも独りで入るの躊躇して、結局入らないような奴が、独り居酒屋でくいっと一杯だぜ?

へへっ、無理だぜ(笑)。

つーか、車で日帰りしろよ!って話だよな(笑)。
ま、泊まるけどね。
とどのつまり、泊まるけどね(行くかわからないけど笑)。

郎。

今日、ちょいと遅めの年賀状、というかもはや寒中見舞い、が届きました。
遅めだろうが、もはや寒中見舞いだろうが、当然こないよりは嬉しいわけで。
やはり、何かしらの反応がないと、不安ですしね。
別の人に年賀状届いてんじゃねえか?とか、何か反応出来ない重大な事態が起きているのか?とかね。
確認する術はあるわけだけど、年賀状届いた?なんて訊くのも野暮だし、何より妙なプライドがそれを許さねえ(笑)。

そんなわけで、今日届いた年賀状、もはや寒中見舞いはかなり嬉しかったのですが…
違うんだわ。
漢字が。

しろう、ってくらいだから、当然「ろう」の部分は、「郎」か「朗」なわけで、僕の場合は前者なのだが、今日届いたそれだと、「郎」が「朗」なんだよ。
これ、僕じゃない他の誰か宛だったりしないよな?

ま、こないよりは来たほうが嬉しいから、どうでもいいんですけど。

執念の340円。

いつからだろうか。
ゲームの世界に、ベストなんてものが現れたのは。
ベストに選ばれたゲームは、新品2900円という低価格で再発されるわけだが、あのベスト、ゲームを売る人には凄く嫌らしいものだ。
何故なら、ベスト盤が発売される事で、2900円が基準となり、買い取り価格がガクーンと下がってしまうからなのだ。
いや、これはゲームの中古市場をぶち壊すためにゲーム業界が考え出した策なのかもしれないな。うん、絶対にそうだ。

そんなわけで、昨日の潤との電話の話(またかよ!笑)。

潤は、迷っていた。
『逆転裁判』ベスト(新品)の価格を前にし、迷っていた(中古が見つからなかった。)。
ちなみに、値段は2940円。潤の手持ち(というか、ドラクエ4を売った額)は2800円。
たった140円。
あの時のあのジュースを我慢していれば買えたのに…(どのどれ?笑)。

僕は、「買えよ!」と電話越しに潤の背中を押した。
というのも、ベストの場合、新品も中古もあまり値段が変わらない、という傾向がある、と僕は思っているからだ。
しかし潤は、僕の意見を聞かず、中古を探し始めた。

しばらくして、電話の向こうから嬉しそうな潤の声が聞こえてきた。
「やったぜ!中古あったわ!2600円!」

ほらな、あんま変わらねえだろ?笑

そんなこんなで、予算内で見事『逆転裁判』を購入した潤。
良かったね。笑

それはともかく、『逆転裁判』って面白いの?
潤に、「面白いからやった方がいいぜ!ゲームボーイアドバンスのやつやったんだろ?」とか言いつつ、やったことないんだよな…笑

さて、寝よ。

逆転。

昨日の潤との電話の話。

潤は、迷っていた。
潤は、とにかく迷っていた。
「やべえ、何のゲーム買おう。」
と。

あいつ、すっかりゲーマーじゃねえか。
ただ、僕もそういうのに付き合うの嫌いじゃないので、早速パソコンを開き、任天堂のホームページを見た。そして、潤が電話越しに伝えてくる任天堂のゲームのサイトを開き、個人的感想を述べていった。

つーか、暇すぎんだろ、俺よ!笑

ちなみに、潤が挙げていったゲームのタイトルといえば…
・マリオバスケ
・マリオオリンピック
・マリオカート
・ネプリーグ
・東京フレンドパーク

全部一人でやっても面白くなさそうなものばかり(笑)。
マリオオリンピックとか、面白そうだけどさ、やっぱ一人じゃなあ…。

そんなわけで、僕が気になった『くりきん』というキン(菌?)を育てて戦わせる、というゲームを勧めたのだが、それを勧めた瞬間、潤の口から信じ難い言葉がこぼれた。

「俺、『逆転裁判』買おうって決めてたんだよね。」

ええっー!?せっかく任天堂のホームページまで開いたのに、決めてたのかよ!
意味ねえな!笑
さすがに、今までの行為が水の泡となってしまいそうだったので、最後に念のため訊いてみた。

「逆転して『くりきん』って可能性はないの?」


「うん、ねえな。」


意味、ねえな。笑



そんなやり取りがあった事を、ショウコさんに伝えたところ、
「潤は、ニートの極みだね。」
と、潤をバッサリと切り捨てたのであった。笑

本当にDSが“出来ねえわ…社会復帰…”の略になりつつあるけど、何でもまだ就活できる状態じゃないんだと。あのウンコの関係で。
そんなわけだから潤!今度、DSで遊ぼうぜ。笑

飛厄。

今年僕は、25歳になる。
どうやら厄年らしい。
さっき、母親に「厄年だから」と厄除けの豆を差し出され、それを食べた。効果はあるのだろうか。


それはともかく今日、松本へ出張だったのだが、帰りの車のラジオで、どこかの和尚さんがこんな事を言っていた。
「厄年は、人生の節目。人生の曲がり角。何かを決断する大事な時。」
だと。
つまり、厄年=病気になる、とかそんなイメージは間違っているんだと。
なるほど、さすが和尚さんだ。いい事言うぜ。

そんなラジオを真に受け、
“今年は、飛躍の年にしてやるぜ!”
なんて思うほど僕はポジティブじゃあない。
和尚さん、僕はどうしたらいいんだい?
お腹が痛いんだよ。

そんなわけで、只今、腹痛と闘っております。
うぅ…これ完璧に厄年によるアレだよ…。
厄年、怖いっ!


BGM:Bomb The Music Industry!『Bike Test 1 2 3』
スプロケの『Peace Of Bread』的スカコアアプローチでカッコいいよ。
ただ、僕の表現って、全然あてにならないから、真に受けないほうがいいけどね。

再び大きすぎる千円の差

ゲーム屋を出て10分後、潤は別のゲーム屋にいた。
何故僕がその事を知っているのかというと、潤のやつは、丁寧にも別のゲーム屋に着いた瞬間、僕に電話してきたのだ。
ったく、ありがとう(笑)。

そのゲーム屋に入るやいなや、
「ここはすげえ品揃えだ!」
と狂喜乱舞、したかどうか定かでない潤。
大体、買おうと思っていたものはあったらしいのだが、その品揃え故、迷い始め、様々なゲームの名前を挙げ、僕に面白いか訊いてきた。
知らねえよ!と思いつつ、ゲームの名前から適当に判断し、適当に答えた。

と、突如嬉しそうな声で潤がこう言った。
「ここのドラクエ4の買い取り価格2000円だってよ。ここ安いな。詐欺だわ、ここ。」
酷い言いぐさだ(笑)。

つーか、思うんだが、買い取り価格3800円って見間違いなんじゃねえか?
販売価格だったんじゃねえか?

何にせよ、ことゲームに関して、千円の差は大きいのだ。

大きすぎる千円の差。

たかが千円。
されど千円。
お金を稼ぐようになり、千円の扱いは前者である事が多くなった。
しかしそれは、時と場合によるのだ。

今日、久々に潤(誕生日おめでとう!)から電話があった。
アイツがウンコを辞めて以来、電話が来なくなっていたので、ちょっと嬉しかった(笑)。

「さっきDSのドラクエ4買ってさ。2800円で売れたから、今からゲーム買いに行くんだよ。」
潤は、ホクホクとそう言った(※何故ドラクエを売った店でゲームを買わなかったんだよ!というツッコミは受け付けません。)。
2800円で売れたならまずまずだろう。ゲームを売って2500円以上だと、何か嬉しいもんな。

「ただゲーム屋が遠くてさ、チャリで10分かかるんだよ。」
と、チャリを漕ぐ潤。
つーか、ドラクエ売ったゲーム屋で買えば良かったじゃん!と言いたかったが我慢した(笑)。

そんなわけで、10分後ゲーム屋に着いた潤。
「ちょっと、この店でドラクエ売ったらいくらなのか見てみるわ。」
と、ホクホクな潤は言った。
ex.ゲーマーの僕から言わせてもらえば、それは見てはいけない。それぞれのゲーム屋にそれぞれの機微があるのだ。だから、よっぽどの事がない限り見てはいけないのだ。

しかし、幸か不幸か潤はドラクエの買い取り価格を発見することが出来ず、渋々ゲームを選別し始めた。
潤は、様々なゲームの名を挙げ、僕に面白いか訊いてくる。
僕は、知らねえよ!と思いつつ、ゲームの名前から適当に判断し、適当に答えた。
と、突如、
「うおおっ!」
奇声をあげる潤。

何事か、と潤の言葉を待っていると、潤は、テンションがた落ちでこう言った。

「ここの店、3800円でドラクエ売れたわ…」

だから言ったのに…買い取り価格を見るなと!笑
世の中、大体そんなもんだからよ。しかし、1000円の差は、メチャクチャ大きいな。

「俺、ここで売ってたら3800円のゲーム買えなんだよな…」

潤の悲痛な叫びが、僕の携帯電話から鳴り響いたのだった(笑)。
その後潤は、しばらく店内を物色し、品揃えが悪い、という理由で別のゲーム屋に向かった。ちなみにそこもチャリで10分なんだと。

だから、ドラクエ売った店で買っときゃ(色んな意味で)良かったんだよ!笑

あいつ、やっぱ『かつのちから』ネタ持ってるわ~笑

まだギリギリ間に合うのか。

昨日の夜、某後輩からメールが来た。
年賀状くださいよ、という文と共に、住所が送られてきた。

アウトだろ。
さすがにもうアウトだろ。
今から書いて出したら、確実にダメだろ!笑

その後、何度かメールのやり取りをしたのだが、後輩のメールのある文章が僕を燃え上がらせた。

「ハガキ類は確実に親に見られてしまうので悪しからず。」

おいおい、そりゃあ下手なこと書けないな、と普通の人なら思うはずだ。現に昨日の僕は、そう思っていた。しかしだ、それを逆手にとってもいいんじゃないか、と今日思ったわけだ。
後輩への年賀状、というか、親…まあ、たぶん母親だろ?母親宛の年賀状にしてしまえばいいんじゃないか、と。

あけましておめでとう~
初めまして、大学でお世話になりました、しろーです。

みたいな?笑
これ思いついたとき、思わずニヤリとしたんだけど、問題は、後輩の母親がそういうのを許すのか?という点だ。
僕が、そんな年賀状を後輩に送って、家族間の空気が変な事になっても嫌だし。
もしかしたら、その年賀状がきっかけで、父親と喧嘩になっても嫌だし。
だって、「お前、浮気してんのかーっ!」なんて父親の口から聞きたくねえだろ?

また、その逆も考えられるわけだ。
後輩の母親が僕の年賀状を気に入ってしまい、僕宛に年賀状を出す。
その年賀状がきっかけで、ショウコさんが怒る。
「浮気だーっ!」
なんつってさ(笑)。


やっぱりアレだな。
普通に出すのが一番だ。
つーか、もうアウトだけどな?

ただ、書くよ?
とどのつまり、書くから(久しぶりに出たぜ!「とどのつまり」が!笑)。

ただ、送り返してこなくて良いから。
それこそ完璧にアウトだからよ。笑

FC2Ad