20090920大合奏会finish!!!!

~前回のあらすじ~
FOURTOMORROWのライブは佳境。そんな中、僕は猛烈な尿意に負け、グッドマンを飛び出しトイレへ走ったのだ。


用を足し、体力の限りを尽くし走った。
まだFOURTOMOROWのライブは終わっていないはずだ。淡い期待が疲労困憊の僕の体を突き動かした。
僕は、瞬時にしてリボレに辿り着き、中へと入った。中に入り、愕然とした。FOURTOMORROWがやっていたのは『people I love against the world』。間違いなく最後の曲であろう。それももしかしたら、アンコールかもしれない。
盛り上がる会場の後方で、僕はぼうっと立っていた。もしかしたら尿意とともに興奮が体内から出てしまったのかもしれない。僕は、自分の猛烈な尿意を恨んだ。何故今なのだ、と。
そんな事を考えているうちに、『people I love against the world』は終わり、FOURTOMORROWはステージから姿を消した。それと同時にお客さん達がゾロゾロと会場を出ていく。やっぱり最後の曲だったのだ。尿意を恨みつつ、呆然と立ち尽くしていると、ステージ上に再びFOURTOMORROWが現れた。アンコールらしい。どうやら、これからがアンコールの始まりだったのだ。
僕は、双眸に暗い炎を灯し、ステージ上を睨みつけていた。

再びFOURTOMORROWのライブが始まった。ギターの音が鳴り響いた瞬間、僕の中の獣が騒ぎ始めた。
このギターの感じ、間違いない。間違いなく『THE CITY WAS FILLED WITH SO MANY FUCKIN'LIGHTS
FROM THAT HILL WHERE I COULD LOOK DOWN ALL THAT ONE』だ。
僕は人の合間を掻き分け、ギターの音が鳴る方へとグイグイと進んだ。進むにつれ、僕の中の獣はざわざわと騒ぎ出した。気がつくと僕は、ほとんど最前列にいた。いた、というよりもむしろ、つんのめっていた。つんのめってつんのめって、気がつくと何故か人々の上にいた。

気配を感じた時には遅かった。気配を感じた瞬間に、ふわり、と僕の体は何者かに持ち上げられていた。僕を持ち上げたのは何者なのか。後方を振り向くと、鬼がいた。鬼野澤が僕の体を軽々と持ち上げていたのだ。
「ぬわわわわわーっ!」
僕は、声にならない声で叫び、人々の上に浮いた。
別に高所恐怖症というわけではない。ないのだが、
「ぬおーっ!こわいー!!」
そう叫びながら、人々の上で浮いていた。
前から気付いていたのだが、ダメなのだ。僕はダイブがどうしてもダメなのだ。人々の上に浮いた瞬間、興奮が冷め、正気に戻る。恐くて恐くてたまらなくなり、「いやだー」だとか、「こわいー」だとか、そんな事を叫び散らす。毎回そうなのだ。
十数秒後、僕は地面に着地した。僕の中にいたはずの獣はすっかり影を潜め、僕はほとんど意気消沈状態だった。にもかかわらず、再び僕は持ち上げられた。持ち上げたのは言うまでもない。鬼の野澤…人呼んであの「鬼野澤」である。僕は再び人々の上に浮き、「うぎゃああー」だとか「こわいー」だとかわめき散らしていた。

そんな事をしているうちに、アンコールは二曲目に突入していた。
何をやっていたのか覚えていない。それくらいに二度にもわたるダイブが恐怖だったのだ。僕は出来るだけ鬼から離れて、最前線から一歩引い位置で見ることにした。ここならば安全だろう、と思っていると、またも何者かに体を持ち上げられた。いったい何なんだ…。僕は大合奏会の最後の最後で地獄のような苦しみを味わっていた。僕の記憶が確かならば、最後に僕を持ち上げたのはアイカワくんともう一人誰かだ。もう、本当に勘弁してください。


そんなこんなで、大合奏会の話、以上!!
殆ど大合奏会の話してない気もするけど…笑
スポンサーサイト

六年

昨日、朝3時に起きて、東京に行きました。
僕とショウコさんが付き合い始めて六年目に突入する、ということで、月曜日に代休取って。
行きのバスの中、寝通してやる!という意気込みでいたのですが、意気込みすぎて全く眠れず、ただただぼうっとしていました。

9時前にショウコさん宅に着いて、寝なきゃなあダメだ…と思いつつも吉祥寺へ。でもやっぱり小一時間で切り上げて、ショウコさん宅で仮眠。三時起きが完全に仇となりました。
そんなこんなでウダウダして夕方。完全に朝三時起きのせいです。
せっかくなので東京タワーでも行きますか、なんてぶらりと東京タワーへ。
もう六年も経つんだね、なんてカップルらしい会話をしようにも、物凄い混んでいたので、ウダウダして帰ることに。が、帰ろうにもエレベーター待ちに長蛇の列。
これはちょっと待ってられないね、と階段で降りることに。約600段。効いた。地上に着いた頃には、脚ガクガク。特にショウコさん。「膝が笑ってるー」ですって。ちゃんと運動してください。本当に。

そんなわけで、六年。
僕もそろそろ26歳。
しっかりしないとダメですね。しっかりしなさい、僕。本当に。

TT333

久しぶりにキャップを買いました。
わかる人にはわかるキャップを。笑
僕とショウコさんも六年目。つまりそういうことです。
キャップちゃんとかぶります。笑

おさけをのみすぎてしまたきんようび

お祭りの忘年会で、しこたま飲んでしまった。

お祭りの忘年会という事で、少ないメンバーが揃うのかな、と思いきや、蓋を開けてみたら僕を含め三人とだけという出席率。
「8人で予約していたのに、ドタキャンが相次ぎ、3人になってしまった。」とは、幹事の方の嘆き。
こういう時に限って、飲み放題で料理はコースというパターンが多いのは何故なのか。
さすがに3人で8人分の料理に挑んでも、多量の残飯を残す事になるのは目に見えていたので、幹事の方が一つ提案をした。
「僕の友人夫妻を呼んでもいいか?子供二人いるし、来てくれれば全部で7人になる。」
そんなこんなで、幹事の方の友人家族もやってきて、何とか7人揃う。お祭りの忘年会なのに、お祭りに関係ない人の方が多いというていたらく。これが東京なら、仕事で時間に来れない人も、遅れて来よう、という気になるが、田舎ではなかなかそういう気にはならない。そこに行くまでの時間とか、代行代とか、そういうのを考えると、飲む気も失せてしまうのだ。
とにかく、そんな感じで、忘年会。言うまでもないが、おさけをのみすぎてしまた!


話は変わるが、昨晩、eager beaverさんに久しぶりにパンクを注文してしまった。
ずーっと我慢していたんだけど、songs for momsがどうしても欲しくて注文してしまった。そりゃあ注文しちゃいますよ!笑
songs for moms


忘年会の帰り道、コンビニに寄った。
そこでトマトジュースを買い、店を出ようとした時、一冊の漫画が目にとまり、すぐに買ってしまった。
風呂入って歯磨いて、すぐに読まなきゃ『リアル』9巻!!
たまに入るコンビニだから起きる嬉しい出来事。コンビニだらけの東京じゃわからねーだろ!!はははーバーカ!!!!

※おさけをのみすぎてしまてるからこんなことかいてますあしからず

むむむむむ…っ

最近、母と妹がやたらと嵐が出る番組を見ている。
「ああ!今日は嵐の○×だ~!」などと、嵐の番組の前には決まってそう叫んでいる。何がいいのか。どこがいいのか。僕にはまるでわからない。
しかし、今日は十時からの嵐の番組は見ずに、別の番組を見て、二人でワイワイやっている。
見ているのは、みのもんたがやっている県民ショウなる番組。何でも長野県の事を放送するから、だと。長野に住んでいるのに、何故長野の事など見たいのか。僕にはまるでわからない。しかも、それを見て大爆笑しているのだ。うるさい。特に妹。あいつはテレビを見て、本当にデカい声で笑う。うるさい。意味がわからない。何だっていうんだ。やめてくれ。
どうでもいいけど、長野県のことを「信州」っていうやつ、あんまり見たことないから。

…まあ、僕も見てるよ。テレビついてるからさ。
しかし、妹はうるさい。
「松本城にパルコ?!ぶわはははははーっ!!」
何なの?うるさい。馬鹿じゃないの。本当にやめてくれない。
どうでもいいけど、長野県の万歳にはどうも馴染めない。飲み会の度に万歳するの、本当に意味がわからない。
「宴もたけなわではありますがうんぬん…バンザーイ!バンザーイ!!バンザーイ!!!」
「…うんぬんに万歳返しを。バンザーイ!バンザーイ!!バンザーイ!!!」
何なの、あれ。意味がわからない。

はい、今、嵐の番組に変わりました。
長野県のこと終わったから。
嵐の番組に変わった瞬間、「ぶわはははははーっ!」と妹。
何なの?うるさい。意味がわからない。やめてくれ。


それはともかく、負けそう。物欲に負けそう。どうしよう。うううーっ。

忘年会の話をした話

例の後輩と久しぶりに話をした話。

僕:18日(忘年会の日)、何か食べたい物ない?
彼:…特にないですね。
僕:じゃあ、何か飲みたい物は?
彼:コーヒーですね。
僕:(忘年会でコーヒーって…)焼き鳥とか食べるかもしれないけど、大丈夫?
彼:ええっ?!それならお酒でいいです。
僕:じゃあ、今一番食べたい物は?
彼:…寿司ですね。
僕:(忘年会で寿司って…)寿司か。ならかっぱ寿司だな。でも、寿司とコーヒー合うかな…
彼:ええっ?!お茶にします!!
僕:(忘年会で寿司って…)かっぱ寿司で二時間潰せる?
彼:はい。二時間くらいならダラダラ食べていられるので。
僕:(二時間食べ続けられるのかよ?!)ふうん。

彼、結構大食いみたいね。

すげえ退屈

日常が本当に退屈すぎる。すでに僕はその事に慣れてしまっている。
仕事終わって家帰って飯食べてパソコンしてギターちょっと触って走って風呂入って歯磨いて寝て。これは退屈すぎるな。
最近は、C→F→Gの繰り返し。全然上達しない。ギターの話ね。

三連休、くりぃむナントカのDVDを購入して、それを見た。
やっぱりくりぃむナントカは面白かった。ビンカン選手権もナンバー2選手権も大木アナと前田アナの対決もとても面白かった。が、それ以上に面白かったのが、特典の堀越のりと小阪ナントカの対決。小阪ナントカはぶっ飛びすぎでついていけなかったが、堀越のりはとても面白かった。もっとバラエティー番組出ればいいのに。またDVD買って見よう。東京で。

今日はもう寝ます。おやすみなさい。

ますくしてるのぼくだけだった

この間、高円寺で買ったDEAR LANDLORDの12吋がとんでもなくヤバい予感がしている。とりあえず4曲程聴いて、ヤバい予感がしている。むふふ。

今朝、寝ぼけ眼でテレビを見ていると、朝っぱらからこってりとした司会者が番組を進めていた。
「ファッショナブルなマスクが発売されている!」と。
どんなもんが出たのかと見ていると、とんでもなくくだらないマスク。付けるとチンパンジーみたいな口になるだとか、付けると綺麗になるだとか。誰がそんなもん買うんだよ、と。
それに続いて、マスクを付けて出勤する人々の映像が流れて、「嘘付けぃっ!」なんて突っ込んでみたりして。
いったい何処の映像を流していたんだろうか。この三連休、控えめに東京で過ごしたけど、マスクしている人なんてほとんどいなかった。新宿歩いてても、吉祥寺歩いてても、高円寺歩いてても、マスクしてるの僕ばっか。僕ってば、完全に騙されてる田舎者じゃないですか。えっ?テレビでは皆マスクしているようなそんな雰囲気だったよ?なんつって。
でもやっぱり僕はしちゃうんです。マスクなんて効果ないから!なんて言われてもしちゃうんです。心のより所とでもいいましょうか。マスクしてるだけで、体調がすこぶる良いような、そんな気が、してるんです。完全に思い込みの力です。そのうちに、バキみたいに、思い込みの力が凄過ぎて、見えないはずのインフルエンザウイルスやらスギ花粉やらが見えるようになっちゃって、それをかわすようになっちゃったりして。ま、そんなわけないから。

話は変わりますが、餓狼伝24巻読みました?
あの流れ、どう思います?急に丹波文七が大暴れしだして、こいつすげえ強いよ!って思ってたやつをバタバタと倒し始めちゃって。やめてほしいですね。バキみたいな流れにするの。原作通りだと、時代的に厳しい物があるのかもしれませんが、原作通りに行ってほしかった。残念ですね。オリバとかピクルみたいなやつが出てこない事を祈るばかりです。そういうのが出てきたら、僕は今持っている餓狼伝を全て売ります。もしくは、水田さんに送ります。笑


しかし、朝のニュースで見たマスクしている人々の映像は、何処で撮ったんだろうな。
新宿西口のバスターミナル近辺なら頷けない事ないな。マスクしてる人、すげえいっぱいいたから。その人たちの気持ちが、凄く良くわかる。当り前ですけど。笑

キラーチューンが多すぎるよ

昨晩のneko!企画で、neko!を観ている際にノギオさんが呟いた一言。
全くもってその通りで、僕も思わずつんのめったりしちゃったりして。それを見たショウコさんが笑っちゃったりして。いやいや、笑い事じゃないんだから!
現在のライブスケジュールを見る限り、今後のライブは行けそうもないのですが(shit!)、またすぐに観たいです。ショウコさんも「neko!はカッコいいね!」なんて気に入ってたから!

昨晩、部長に言われた事が頭をぐるぐる回っている。
勢いだけで決めてしまう癖を治さないとなー。
どうしようどうしようどうしようどうしよう、なんてぼうっとしているうちに、長野に突入。ううー、早いっ!

話は変わりますが、最近七味唐辛子にハマっております。どこにでも売っているやつじゃなくて、長野県の家庭の大半は持っているであろう(知らないけど)善光寺の七味唐辛子。マイ七味を持ち歩こうかな、なんて思ったりしてます。もう冬だしね。
欲しい人すぐ言って!お土産に買ってくから!!

声が小さくて滑舌悪くて人見知り

小岩にいる。
お金が千円くらいしかない。
とりあえずコロナを飲もうと思い、コロナを注文した。
注文を受けてくれた店員の女性は、グラスを取り出した。
僕は、はてなと思った。
店員の女性は、グラスに氷を入れた。
僕は、はてなと思った。
店員の女性は、コーラを注ぎ始めた。
僕は、はうあっと思った。
店員の女性は、僕にコーラを差し出した。
僕は、コーラを受け入れた。
所持金僅か千円の僕に、この注文は悲しすぎた。唯一の救いは、コーラがそこそこ旨かった事か。
僕は、ショウコさんにコロナを頼んでくるようお願いした。
ショウコさんは、しばらくしてコロナ片手にやって来た。

僕の発音がいけなかったんだな、と僕は納得した。
でも、悲しかった。
だけど、ながさわさんがコロナをおごってくれて嬉しかった。

終わり。

何やってんだろうな感が増した

ビールを呑み始めた。
東京まで来て一人でビール呑みながら、つまらないテレビ見て、いったい何やってんだろうな。と思った。でも、土曜日のこの時間帯にテレビ見るのも久しぶりだから新鮮と言えば新鮮なんだけど、いかんせん流れている内容がつまらなすぎる。あーあ、土曜日を何て無為に過ごしているんだ。
渋谷にFOURTOMORROWを観に行こうかとも思ったけど、インフルエンザが怖い田舎者としては、何な盛り場に近寄ってはいけない、と思い、やめた。
今頃、スネイルランプとやっているんでしょうか。僕は、断然ポットショットが好きで(高校時分。)、スネイルランプは、一番有名な曲しか知らない。一緒にやるのが、スネイルランプじゃなくてポットショットだったら行ってかもな。そういえば、従兄弟の姉ちゃんが、スネイルランプ好きだったような、そんな思い出があるぞ。スネイルランプの音はまだまだ続いているけど、姉ちゃんはまだ好きなのかな。好きだったら僕はあがっちゃうな。よくわからんけど。

話は変わるけど、二年前くらいにながさわさんが、ショウコさんの誕生日プレゼントに、とくれた『食いしん坊』(土山しげる)第四巻を、今更ながら読んでみた。読んだ結果、とても面白い事が判明。内容は、どっちがより多く喰えるのか!?という、刃牙の大食い版みたいな感じでしょうか。さあ、どっちが凄いんだ、みたいな漫画、僕大好きなんですよね。これは続きが気になるぞ、とパソコンで調べた結果、全24巻であることが判明。僕は、すぐに読むことをやめた。全10巻くらいだったら、今日にも全巻揃えて、三回読み返しているところだろう。

ああ、酔っぱらった。缶ビール一杯で酔っぱらった。酒屋で買った「にごり白生」なるベルギーのビール一杯で酔っぱらった。あんまり好きじゃなかった。どうしよう、ハートランド(小瓶)とレッド・アイ(という名のよくわからんビール)も買ったんだけど、それも呑もうかしら。でも、ショウコさんが帰ってきたらモカフェさんで久しぶりにハートランド呑むのもありなんだよね~。うふふー。

やっぱり都会はいいわね。選択肢がいくつもあって。
とりあえず、ハートランド(小瓶)呑みながら、upstairs聴きます。これ(upstairs)ね、めちゃくちゃいいから!!ホントね、すぐ買って、すぐ聴いて!!!

髪を切った

西荻窪で髪を切る場合、僕は決まってある床屋へ行く。
ショウコさんが西荻窪に住み始めてから行っているから、もう三年行っていることなる。まあ、長野で切る事もあるから、三年も行ってないことにもなるけど。
そこへ行き始めたきっかけは、『楽しい中央線』という雑誌で、SAKEROCKのサインがあるぞ!的な記事を読み、その真偽を確かめるために行ったのだ。そこには確かにSAKEROCKのサインがあり、当時の僕は、本当だったんだ、と店主に髪を切られながら思ったものだ。

今日、久しぶりにその床屋へ行った。
行ってまず気がついたのは、SAKEROCKのサインがなくなっていた事。もしかしたらいつもサインが置いてあった位置に置いてあるのだが、積み重ねられた荷物に遮られ見えないだけなのかもしれない。
三年前の僕ならば、サインがないじゃないか!などと怒髪点を衝いているところであるが(勿論、嘘だ。)、今の僕はその事に対し、何も感じなかった。
もしかしたら店主は僕の心変わりに気付いていたのかもしれない。僕がもう全くSAKEROCKを聴かなくなっている事を知っていたのかもしれない。
僕は、早く家に帰って今日買った音源を聴きながらビールを呑みたいなあ、などと思いながら髪を切られていた。

話は変わるが、髪の毛を切っている最中に、「今くらいの感じがいいからもう切らないで!」と思うことはないだろうか?
僕はある。髪を切る度にある。つまり毎回ある。だけど、僕は「これくらいでいいです。」などという事は言わない。言えないというのもあるけど、言わない。僕は髪を切ってもらう前に意思表示をしてしまっているのだ。「じゃあ、短くしてください。」と。そう注文を受けた瞬間から、切り手にはある程度のイメージが出来ているだろう(知らないけど)。だから、僕は言わないのだ。その切り手の行き着く先に委ねようじゃないか、と言わないのだ。まあ、「今くらいの感じが良いから!」っていうのは常思っているわけなんだけど。

そんなこんなで、髪を切った。髪だけじゃなく、顔も剃ってもらった。あの顔を剃るという行為は、床屋の醍醐味だと思う。泡みたいの付けられて、すげえ切れそうな剃刀で顔を剃られて。考えてみれば、何と無防備な姿で僕は身を委ねているのだろう。もし切り手が極悪非道な鬼のようなやつであったら、僕の首の頚動脈は一刀両断されているところであろう。が、僕は信じてしまっているのだ。何度も会っている床屋の店主も、初めて会う床屋の店主も。今日なんて、顔を剃られている時に猛烈な睡魔に襲われ居眠りをしてしまった。これは非常に危ういぞ。そもそも僕は別に顔を剃ってほしいと思った事は一度としてない。断れるものならば断ってもいいと思っているけど、そのやりとりをしたくないので、僕は剃られているのだ。
おかげで顔がツルツルになったから良かったんだけど。


お金を使いすぎているので、家でビール呑んでショウコさんの帰りを待つ事にします。
東京で何やってんだろうか…。

土曜日をつぶす

20091121141323
やっぱりさ、クージーって、こう使うべきだよな。こう(画像参照)!あったかい缶って、持っていられないもの。

とてもヒマだったので、ショウコさん(仕事)を見送りがてら、高円寺はBASEへ行ってきました。
3000円以内ならいいよね?と自分に言い聞かせ入店。入った瞬間に、RVIVRの新しい7インチが目に飛び込んできて、「はうあっ!」。更にMEASURE(SA)の新しいスプリット(ERGS!)。他にも欲しい物がごーろごろ。
何なんでしょう。いつから僕はこんなになってしまったんでしょう。
初めてBASEに行ったのは18歳の夏だったか。まだ中央線と総武線の違いがわからなかったあの頃。僕は、ドキドキしながらBASEの前にいた。この扉は開けちゃいけない扉なんじゃないか、なんて己と格闘して、勇気を出して中に入った。狭い店内いっぱいに詰め込まれたCDやらレコードやら。店内にけたたましく鳴るハードコアには、恐怖すら感じた。僕はその異様な空間に耐えきれず、NAVELとpiggiesのCDを買ってすぐに出た。
そんな空間に、今では30分以上いられるようになってしまった。あれも欲しいこれも欲しい、などと物欲丸出しで。
結局僕は物欲に負け、予定の3000円を遥かに超え、約6000円の買い物をしてしまった(RVIVRは諦めました。)。
ダメだ…己に勝たねば、ダメだ…。
パソコンの前ならば何とか勝てる。が、物を前にしてしまうとダメ。涎ダラダラ。ダメだ…

そんなわけで、今から髪を切りに行こうと思っているので、ほとんど素寒貧に近い状態になりそうです。あーあ。


今のBGM:upstairs
ながさわさん、めちゃくちゃいいんですけど!!

さっき読んだ漫画:食いしん坊4巻
ながさわさん、めちゃくちゃいいんですけど!!!

やる気でないなー

こんなにもやる気が出ないのに、毎日更新をする意味があるのだろうか、という疑問を抱いてしまったが、そもそも更新する事に意味を求めていること事態馬鹿げた話なので、僕は考えるのをやめた。
はい。

昨晩のアメトークはめちゃくちゃ面白かった。
人見知り芸人という括り。中学の時イケてない芸人もそうなんだけど、ああいう感じには凄く共感してしまう。
高校時分、部活ばっかしてイケてなかったなあ。思春期だかなんだ知らないけど、あの当時、とんでもない人見知りで、クラスの中で話したことない人がわんさかいたな。

昨晩、有吉が不動産屋が苦手って言ってたけど、あれは凄くわかる。僕も適当に住む場所決めてたもんな。言えないんだよね。あれがほしいとかこれがほしいとか。僕が望んでいる家賃の範囲じゃ、とても希望なんて言えません、なんて。どうでもいいけど。

それはともかく、昨晩のアンタッチャブルはめちゃくちゃ面白かったな。
「ザキヤマおもろいな」なんてショウコさんにメール送っちゃったもん。

はい。さよなら。

僕はと言えばバスで眠っていた

今日は、長野へ出張。
行きのバスも帰りのバスも何かやろうと思っていたのに、結局、ウトウト。
この時期のバスは、ちょうど眠くなる温度。気をつけないと風邪を引く湿度。マスクしてたから大丈夫。マスク意味ないって言う人いるけど、絶対にした方がいい。特にバスとか電車で居眠りしている人。口開けて間抜けな顔で寝てたとしても、マスクしてればバレないから。

今日、吉祥寺では風呂ロックだったみたい。タテタカコさんが出たやつ。そんなこと、すっかり忘れていた。というか、長野で生きる僕にとって、平日の木曜日の東京なんて、関わりようもない場所なんだけど。行きたかったなあ。
21時過ぎに、部長から画像付きでメールが来た。画像を見ると、「やまおかさん☆」と盤面に書かれたタテタカコさんの写真DVD。確実に、風呂ロックの帰りだ。
いいないいな~なんて思いながら、僕は自分の部屋へと走り、携帯のカメラで一枚の写真を撮り、それを部長に送った。僕だって持ってるんだ。「かつさん☆」と盤面に書かれたソレを。
行きたかったなあ。まあ、12月に観るから我慢だ。

バスの中、僕は延々とFashanuを聴いていた。まあ、寝ていた時間の方が長いんだけど。
昨晩、バスの中で聴こうと思い、ようやくi-podに入れたのだ。入れて正解だった。一ヶ月くらい前に3回くらい聴いて、ポイッと置いておいたFashanu。それを久しぶりに聴いたら、あれこんなにカッコよかったっけ!?なんつってさ。シンガロングパート多すぎて困っちゃうわ!なんつってさ。
前も書いたけど、LATTERMAN好きは勿論、FOURTOMORROW好きにもぜひ聴いていただきたい。特に、FOURTOMORROWのアルバムの6曲目とか、a page of punkとのスプリットに入ってるFOURTOMORROWの一曲目とか、ああいう感じが好きな人は絶対すぐ!
a page of punkとのスプリットと言えば、僕は『Vangvieng』がとても好きなんだけど、あれライブで観た事ないな。

BGM:Fashanu『Yoko Ono vs Bob Hoskins...Go!』

高校

そう言えばさ、何年か前に、僕の通っていた高校が統合して廃校になる、なんて話だった。
あの話はなくなったのかね。たまに高速バスで長野市に行くと、僕の通っていた高校が嫌でも目に入る。たぶんまだ健在だって事だろう。

しかしさ、テレビの力って凄いよな。
高校時分、部活でよく走った川中島の古戦場。今じゃ平日でも観光バスが停まったりしているみたいだけど、あの当時は、観光客なんてほとんどいなくて、僕らは自由に走り回った。鬼ごっこもしたっけな。勿論、練習で。止まっちゃいけない、歩いちゃいけない、っていう鬼ごっこ。あれは楽しかったような辛かったような…。
鬼ごっこと言えば、春頃に高校に泊まり込んで合宿をした時に、校舎の周りでその鬼ごっこをやった。当時、部の顧問は、陸上なんてものを一切知らなくて、大学までずっとテニスをやり続けたって人だった。ちなみに、僕の担任でもあった。
その先生に、物凄い勢いで怒られた。「お前らは、合宿で何を遊んでいるんだ!」と。「ちゃんとした練習です!」と反論する者は誰もいなかった。あの時、僕らは純粋に鬼ごっこを楽しんでいたのかもな。
鬼ごっこ、またしたいな。12月29日か30日にやるっていう陸上部の忘年会、鬼ごっこにならないかな。
まあ、やっぱり行けそうもないんだけど…。

今週末は久しぶりに東京だ

そればかりを唱えて生活している。
できることならneko!企画へ行きたいのだが、インフルエンザが恐ろしくて迷っている。ライブハウスなんて、絶対に菌が蔓延するしなあ。
ショウコさん、インフルエンザになってないかなあ。心配だなあ。長野に絶対に持ち帰りたくないなあ。あーあ。

話は変わって、昨日の夕方。衝撃!12月は熊谷へ行こうかと迷っている。遠そうだなあ。インフルエンザに流行ってたらいやだなあ。長野に持ち帰りたくないなあ。あーあ。

とりあえず、マスクして眼鏡をかけようと思っている。
長野に絶対持ち帰りたくないからなあ。あーあ。

かつのちから企画【合小会】!

決まりました。もう揺るぎません。あとはワクワクして待つのみです。ははは。

-----
2010/02/13(SAT)
かつのちから企画【合小会】BONJOUR/LOST CHILD splitレコ発&タイム4周年記念パーティ@三重県タイムカフェ
●OPEN・START/16:00・16:30
●チャージ/500円(ワンドリンク!)
●出てくれる方々
BONJOUR/LOST CHILD/Bankart Lesion/HONEYMOON HONEYMOON/THE ICECREAMMAN/やきもち/やまおかひろき/
問い合わせ→katsu-no-chikara@live.jp
-----
40人くらいがお店の大きさ的に限界ですので、もう絶対に行くんだから!って方はメールください。お願いします。

とても楽しみです。
水田さん、来てください。ははは。

生きておくれ

土曜日、僕が三重~名古屋にいる間、ぴっちゃん(愛犬)に重大な事件が起きていたらしい。
何でも、猫が盗み食いした(?)トンカツの一部をぴっちゃん(愛犬)が食べてしまったらしいのだ。
老犬には重すぎるトンカツ。それを食べた後、しばらくして嘔吐。繰り返し嘔吐。
焦った母、すぐに動物病院へ直行。先生に診てもらい、大事には至らず。が、帰宅後、水を飲む度に嘔吐。焦った母、またも動物病院へ直行。ちなみに動物病院まで行くには車で40分かかる。二度目の診察でレントゲンを撮ってもらい、異常がないことを確認し、安堵。
しかし、先生、最後にこんな事言ったらしい。
「心臓が肥大化しています。覚悟はしておいてくださいね。」
覚悟、つまり、いつその時が来てもおかしくないという事。
嫌っ!逝かないで!!
あんなに可愛いのに!だのに、体はご老体。
あんなにキュートに動き回るのに!だのに、心臓は肥大化。
わかってます。永遠なんてものがないって事は。だけど、受け止めたくない事実。考えたら悲しくなっちゃうわ。

だから僕は、今日も可愛がるのです。
「ぴっちゃんいい子だねー。」
そう可愛がるのです。
そうやって、ぴっちゃん(愛犬)の生を感じねば、と思うのです。

と思っていたら飲み会になってしまった…shiiiit!

続々・ハイボールが効いている

僕は迷っていた。
17時のバスにすべきか19時のバスにすべきか。…否ッ!飲むべきか飲まないべきかを!
が、さっき我慢したのに、今飲んでしまったら、先の我慢は水泡と帰す。というか、飲んでしまったら長野に帰れなくなってしまう。
いくら悩んでも進展がなさそうだったので、水田さんに訊いてみることにした。
「飲んでいいですかね?」
「飲んじゃえ飲んじゃえ。」
メニューを見る僕。
「じゃあ、レーベンブロイ(ノンアルコール)で…。」
「…ダメッ!」
「じゃあ、コロナにしようかな。でもやっぱり…レーベンブロイ(ノンアルコール)で。」
「…ダメッ!」
これを延々繰り返した挙句…
コロナ!
飲んじゃいました。はは。
長野に帰るのを諦めました。
「水田さん、家に寝袋あるんですよね?」
「あるけど…家来る気?」
「はい。」
というわけで、飲んじゃいました。ポテトをつまみに、コロナとギネスを。それでほろ酔い。あはは。

話は変わりますが、企画では飲もうかどうしようか真剣に悩んでいます。飲んだら絶対にグダグダになるっていうのわかってるからなー。でも、飲みたいなー。どうしようかなー。あー迷うー。どうでもいい悩みね。笑

そんなこんなで、ほろ酔いになった頃に19時前になったので、タイムを後にしました。
また行きたいです。二月が楽しみで仕方ない!
水田さん、来てくださいね。うふふ。

続・ハイボールが効いている

僕はタイムカレー。
タイムカレー
じゅるり。

水田さんはカルボナーラ。
カルボナーラ
ずるり。
それから、タルトタタンも。
タルトタタン!
じゅるり。

その男、超くんもいたよ。
その男!
飾られてたから。笑

ハイボールが効いている

急な思いつきと急な行動に付き合ってくれた水田さんに、感謝を。

土曜日、一瞬の思いつきと一瞬の決断力で三重県のタイムへ行った。
名古屋行きのバスの中、独りじゃあ名古屋で心が折れてしまいそうだ、と思い、水田さんにメールを送ってみた。
僕「今日、何か予定ありますか?」
水田さん「予定はない」
僕「では、行きますか。」
水田さん「そうですね。」
特に行先は告げていなかったが、上記のやりとりを経て、水田さんも三重県へ行くことになった。
僕ら相変わらず大学生みたいだ、と思った。

そんなわけで、名古屋と水田さんと会い、名古屋の地下街をウロウロ。バスの乗り継ぎに失敗したからこそできる芸当。名古屋の地下街は何度歩いても迷路。自分が何処にいるのか、いや、名古屋にいるという事はわかるのだが、何処にいるのかわからなくなる。
ちなみに、地下街をウロウロすることになった経緯は、僕が「天むす食べたいですね。」と言ったからだ。それを真に受けた水田さんが、「旨い天むすがあるから。」と名古屋の地下街へと僕を誘ったのだ。
が、いくら歩いても水田さんが目指している天むす屋が見つからない。
水田さんは、なかなか見つからない天むす屋に呼び掛けるように「三年前の記憶だと確かこの辺りなんだけどな…。」と言った。
まさか三年前の記憶を頼りに歩いてとは…このままでは、次のバスも逃してしまいそうだったので、「もう天むすはいいです。僕はあのパン屋でパンを買います。」と、天むす屋探索を強引に切り上げた。僕は、広末涼子も好きだと言っていたベーコンエピを購入した。別に広末涼子は好きじゃないけど、ベーコンエピは大好きだ。

そんなこんなで、地下街で時間を潰し、時間になったので三重行きのバスに乗った。
一ヶ月前も二人で乗った黄色いバス。一ヶ月前には思いもしなかった。まさか一ヶ月後に再び乗ることになるなんて。
バスの中でウダウダと話していると、あっという間に三重県に着いた。時刻は14時30分前。何処かに寄っている時間などなく、上野城も忍者の里も素通り。突発的な思い付きだったが、目的はひとつ。だから素通りでいいのだ。が、途中にある古本屋には立ち寄った。そこで、水田さんに『最強伝説黒沢』を買うべきだ!と説得したのだが、説得できず。残念。それから、HOLiDAYSのCDを探すも見つからず、残念(HOLiDAYSのCDがとても欲しいんです。売ってたら教えて!すぐ!!)。
「おれ、本屋にだったら三時間くらい余裕で時間潰せるけど?」という水田さんの一言にぞっとし、すぐに本屋から出た。
15時過ぎ、タイム着。
タイム!
今日こそはちゃんと写真撮るぞ!と思ったのだが、写りたがり水田さんの写りたがりの血が騒ぎ、ことごとく写ってくる。で、何とか一枚撮れたのがこれ。ホント、邪魔しないでください。
撮影後、すぐにタイムに入る。
タイムに入ると、「今回は来ないと思ってた!」とどどさん。僕も行かないんじゃないか、と朝8時40分まで思っていました。
僕はタイムカレー、水田さんはカルボナーラとタルトタタンを注文し、しばし歓談。
歓談していると、水田さんが頼んだギネスと僕が頼んだジンジャーエールがやってきました。
ひとまず乾杯し、乾杯した瞬間に、ギネスをグビグビ飲み始める水田さん。僕は運転があるから、と我慢してジンジャーエールをチビチビ。
ギネス!
「あ~~~っ、うまい!」と水田さん。
我慢している僕の前で、だ。チクショウチクショウチクショウ!とジンジャーエールをチビチビ。辛口のジンジャーエールも美味いな、なんて。


ちょっと長くなってしまったので、続く!もしくは、終わり!!笑

やっぱりバスだよな

「何で車で来ないんだ。」

運転が嫌だとか、お金がかかるとか、そういうのもあるんだけど、一人なら断然バス。二人でもバスでいいと思う。
車で行っていれば運転に集中しなければならない。それをしないで、窓の外を眺めて、ぼうっとできる。本も読んだりするけど、気づくとぼうっとしている。
色々な事が頭を巡る。
昨日の事。ショウコさんの事。友人の事。企画の事。楽しい事。ghost miceの事。不思議と仕事の事はあまり考えない。ぼうっとしている僕に、そんなややこしい事を考える余地はないのかも。
ぼうっとして、いつの間にか寝ている。そうなったら最高。

だから僕はバスを使う。公共機関を使う。ぼうっとしているだけで目的地に着けるなんて、素晴らしいと思わない?
ショウコさんと水田さんには悪いけど、僕はバスを使います。一人で東京や名古屋まで運転なんて絶対に嫌です。はは。


BGM:ghost mice

アラーム後雨音時々母の声

朝6時。
僕の携帯がけたたましく鳴った。自分でアラームをセットしておいたのだから当たり前である。
その音で目覚め、起き上がろうとするも、激しい雨の音を聞き、即座に起きることを断念。
6時5分。
僕の携帯がけたたましく鳴った。自分でアラームをセットしておいたのだから当たり前である。
その音で目覚め、起き上がろうとするも、激しい雨の音を聞き、即座に起きることを断念。
6時10分。
僕の携帯がけたたましく鳴った。自分でアラームをセットしておいたのだから当たり前である。
その音で目覚め、起き上がろうとするも、激しい雨の音を聞き、即座に起きることを断念。
6時20分。
僕の携帯がけたたましく鳴った。自分でアラームをセットしておいたのだから当たり前である。
その音で目覚め、起き上がろうとするも、激しい雨の音を聞き、即座に起きることを断念。
計四回セットしたアラームをことごとく無視し、僕は睡眠を選択した。いや、雨がそれを選択させたのだ。

朝8時。
「大変なことになっている!」母のけたたましい声で目が覚めた。しかし、相変わらず外はざんざん降り。やはり僕は起き上がろうとするも、即座に起きることを断念した。
が、「大変なことになっている!」と母が繰り返し言うものだから、遂に僕も観念し起きることにした。
何事かと母の近くに寄ると、鼻が曲がりそうな異臭が僕の鼻腔に襲いかかってきた。
間違いなく猫の小便である。それもどうやら多量だ。
何で猫の小便はこんなに臭いんだ、とぼうっと見ていると、「ティーッシュッ!早くティーッシュッを持ってきて!!」と叫び散らす母。
あまりのうるささと臭さに僕の眠気は一気に吹っ飛んだ。

8時10分~40分。
眠気が吹っ飛んだとはいえ、雨が僕に何もやる気を起こさせない。だから、炬燵でゴロゴロとしていると、ふとえもいわれぬ不安に襲われた。
今日を逃したら二月までチャンスはないのではないか。
僕は、すぐさま炬燵から飛び出し、適当に荷物をまとめ家を飛び出した。

9時40分。
バス停着。財布には二千円。このままではチケットも買えない。バスの発車時刻は9時49分。それまでにお金を下ろし、チケットを買わねばならない。もし間に合わなければ、僕はバスに乗ることを諦め、家に帰るだろう。
僕は、すぐさまATMに走った。ATMの前には一人のおばちゃん。おばちゃんは、通帳を鞄から取り出した。通帳はまずい。時間がかかる可能性が大である。
僕は、おばちゃんがすぐ終わることを願いつつ、おばちゃんを見守った。

10時24分現在。
僕はバスに乗っている。つまり間に合ったという事。
行き先は言わずもがな。

しかし、僕の決断力と行動力と瞬発力もなかなかのものだ。段取り一切なし!段取り能力ゼロ!!笑
だから不安なんだよなあ…。

話は変わるが、阿智村の紅葉素晴らしい!!写真撮りに来たかった!!!

あっ、わかった。

大嫌いなんだ。
あいつの事が大嫌いなんだ。
何だろうな、今日も、すげえイライラした。
性根が腐ってるってのは、ああいうのを言うんだろうな。クソ!!

はい、愚痴はやめます。
とは言っても、あいつのせいでどっと疲れたのは事実なわけで…
あいつのせいで明日という日をグダグダにしてしまいそうな気がしているのも事実なわけで…
はい、もうやめます。なんか、イライラしてくる。
大嫌いな人とどう付き合うか。これが難しい。同じ組織にいる限り、付き合わないわけにはいかないわけだ。とりあえず、ビンタさせてほしい。思い切り。勢い余って往復になるくらいのやつ。そしたら、ちょっとだけ許せる気がする。だから、積年の色々と全体重を右手のひらに乗せて、ビンタさせてほしい。

明日、どうしようか。
何だかもう何もやりたくない気分になっている。
とりあえず…とりあえず…走ってくるから!走って、うっぷん晴らすから!!

うう、うがあーっ

イライラしてしまう。だからイライラしている。イライラしてしまいイライラしている自分に、イライラしている。イライラがイライラを呼び。そのイライラが更なるイライラを呼ぶ。何という悪循環!悪循環という事実にまたイライラ。何より、このイライラで溢れた文にイライラ。イライラの沼にどっぷりだ。

今週末、特に予定がない。東京に行きたい。でも、雨っぽい。来週にも行くつもりだしなあ。
気がつけば11月も中旬。企画まで三ヶ月。三重県行こうかなあ。

とりあえず、イライラを吹っ切るため、ご飯食べて、走ってきます。

雨の水曜日の昼

今日は出張。
猛烈にカレーが食べたくて、近くにちょうどあったCoCo壱番屋に入った。
店に入り、ささっとカウンターに座る。一昔前の僕ならば、一人飲食店を避け、コンビニで済ませていただろう。
席に座るなり、メニューに手を伸ばす。いかにも社会人って感じ。
が、僕ときたら、迷わずハーフサイズメニューのページを開く。隣のスーツ着たおっさんは、腹が減ってはなんとやらと言わんばかりに、大盛のカツカレーを食らっている。
僕はそんなもの気にせず、やはりハーフサイズ。
小食の僕としては、ライス無料だとかライス大盛無料だとかを売りにしている店なんかより、断然ハーフサイズのある店だ。何だよ、無料って。最初から出せよ。大盛のラインから始めろよ。

程なくして、ハーフサイズのカレーがやってきた。隣のおっさんのカレーと比べると、本当に少ない。でも、僕にはちょうどいい。ハフハフと食らう。ハーフサイズにだけ何故かソフトドリンクが付くのも、嬉しいね。
それはともかく、ハーフのカレーを頼んだときに「ご飯の量とカレーの辛さはどうしますか?」と訊かれた。言わずもがな、ハーフだと思っていたので戸惑ってしまった。ハーフサイズでご飯を多めとかにできるのか?まあ、しないけど。ハーフサイズで腹八分目だから。ハーフサイズがちょうどいい。

そんなこんなで、完食し、オレンジジュースを飲み干し、店を出た。
ソフトドリンクが付くの、やっぱり嬉しいね。

今週既に疲れている

肩が…
背中が…
バリバリだ…

昨日、高速バスの中で、枡野浩一『僕は運動おんち』を読んだ。
よゆうでいちにちで読めちゃいました。884さん、面白い本を(紹介してくださって)ありがとうございます。

高校時分、僕はその殆どを陸上部に費やした。
万年ビリ争い、練習しても伸びるのは身長のみ、部員数激少、部室が隣だったラグビー部の先輩方による陰湿な嫌がらせ、貧血、挫折寸前。
何故僕がそんな環境で陸上を最後まで続けたのか。僕にもよくわからない。
好きだったのかもね。陸上部が。皆が。走る事が。
でも、もし高校生に戻れるなら、僕は走る気はない。絶対に走り幅跳びをやる。あのカッコいい跳び方をマスターするんだ。

なんて事思ったけど、最近、本気で走り始めようか悩んでいる。
今の方が、絶対に早くなれる。そんな気がしてならない。
とりあえず、ランニングシューズが欲しいなあ。高校から履いているミズノの靴も、そろそろ休ませてあげないとね。

あー、走りたい。
泊まり嫌すぎる…

何をやってんだかなあ…なんつって。

今日は、長野市に出張だった。
30分ほど時間が空いてしまい、どうしたもんか、と会場をフラフラしていると、誰もいない喫煙所を発見。僕は煙草は吸わないけど、目の前に(たぶん)大学のグラウンドが広がる喫煙所に何かを感じ、喫煙所へ入った。
中に入ると、案の定、脂の臭い。そこを抜け、外のベンチに腰掛けた。
誰もいないグラウンドを、ぼーっと眺め、何やってんだかなあ…なんつって。5分くらいぼーっとしていた。

最近、一日なんて人生単位で考えれば一瞬なんじゃないか、と思っている。
一瞬が積み重なれば、それは一瞬じゃなくなるわけだ。明日でいいや、なんて一瞬を段々に積み重ねている僕。ダメだな。絶対にダメだな。
すっかり止まってしまった事がある。明日来るんじゃないか、そんな事を考えて、もう一週間は経っている。一週間は一瞬ということでいいのかね?
やっぱり待ってちゃダメね。動かなきゃ。直接訊いてみなきゃ。

なんて事を考えて、何やってんだかなあ…なんつって。更に5分ほどぼーっとしていた。

そんな僕の下に、とある報せが届いた。ぼーっとしていた頭にガツンと来る、報せ。
一瞬が積み重なり、うやむやになる前に、その決断を下した事実。
僕はブラボー!と思ったんだけど、ブラボー!って事でいいんでしょうか?
久しぶりに旨い鳥屋に行きたいっすね。


BGM:O PIONEERS!!!の7吋(THIS IS HOW I FEEL)
久しぶりにO PIONEER!!!の音源を買った。一曲入りだったのか!と驚いた。聴いてみたらカッコよくて、その驚きを軽く凌駕するほど驚いた。だいぶ前に出たアルバムを買おうか悩んでいる。あれ、どうなの!?

ひどい更新した

先日、職場の方と一緒に乗った時に、こんな事を訊かれた?
「最近、パチンコやってる?」
本当に唐突に。
その質問に対し、はてなと思ったのだが、
「やってないですね。」
と答えた。
「やってない」というか、そもそも「やらない」のだ。何故パチンコをやっていると思ったのか、全然わからない。
が、特に話すこともなかったので、そう答えた。そこから話が広がるかもしれないし。ただ、全く「やらない」ため、何を話せばいいのかわからず、悩んだ末に、
「勝ってますか?」
と訊いておいた。
というか、それ以外に思い浮かばなかった。そう言えば、パチンコだとかをやる人は、勝った負けたと言っているな、と。
結果、
「あんまり勝てないね。大負けもしないけど。」
との事。


はい、終わり。

FC2Ad