スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫、駄。

いよいよです。十時間後には始まったてます。
これから謝辞を簡単に覚えて寝ます。
あー、ヤバいー。
ただ、昨年の大合奏会の方が7000倍緊張しました。そう考えると、大合奏会でやってよかったなー、と。

はい。

謝辞を簡単に覚えるので、以上。
うわーん
スポンサーサイト

もう明後日だなー

明後日、結婚式なのです。きゃーっ
謝辞考えねえと、と思いながら、結局何もやっていないという現状。ふざけんなよー。今日だ。今日、絶対に終わらせる!!
って、毎日思ってんだけどなー。

さておき、天気予報が大変なことになっております!
昨日まであった雨マークが消えました!
スーパー晴れ男旦那さんの山岡さんによるものだと信じたい!笑
このままスカーッと日本晴れにしちゃってください、スーパー旦那さん晴れ男さん!!
そんなわけで、今週はもうアメリカの話しません。してる場合じゃありません。このままアメリカの話しながら、謝辞考えてたら、本番で間違ってアメリカの話をしてしまう可能性ありますからね。危ない。超危ないよ、それ!
まあ、大合奏会までには帰国させますから!最悪、箇条書きで一発で終わらせます!!笑
写真を楽しみにしてたのに!って人は、大合奏会来てください。何枚か写真飾っときますんで。何枚かと言っても、200枚以上現像しちゃったんですけど…。今のところ、どんな感じで写真出すのか、僕もわかっていないので、保険かけて200枚以上やっときました。笑
とりあえず、大合奏会以降、写真を見せる場はなくなるので、その200枚の写真は、クリスに全部あげようと思います。データも渡さないと…と思っていたので、大合奏会の時に渡せればいいなーと思ってます。遅くなってごめんねー、クリス&たっちゃん。
しかし、200枚以上の写真が壁に貼られてるのとか面白そうだよね。アメリカ行きてえよ!ってさせたいところですが、ふざけた写真ばかりなので無理でしょう。はい。

そんなことより、謝辞だーっ!
すぐやらないと!すぐすぐすぐすぐすぐ!!
今日は、ミッチーさんとゆんちゃんからいただいたハートランドビール飲みながら謝辞だー!!!ありがとうございます!超嬉しいーっ!

明日を追いかけて、アメリカ75

しばし休憩の後、出発!
出発はいいのですが、問題は運転手。
この日のために、国際免許の手続きをしてきたというナオキさんがハンドルを握っていたのです。
日本って左側通行じゃないですか。でも、アメリカは右側通行で。左が右になっただけなんですけど、左に慣れているともうわけがわからなくて。それはどうやらナオキさんも一緒みたいで、運転してすぐに左車線を走ろうとして、全員から「ちゃんと運転しろよ!」と怒られていました。マジで、超恐かったから!!笑
ただ、クリスだけはニヤニヤしながらビデオを回していました。いつか形になったら爆笑だろうなあ。
ナオキさん
真剣な眼差しで運転するナオキさん。
しばらくは真剣だったんですけど、段々と調子に乗り始めて…。
出国前にアスカさんから言われた「調子に乗らせないでね。」という言葉が脳内でリフレインし始めて…。
それは僕だけじゃなく、長澤さんも一緒だったようで、「あいつ調子に乗らせんなよ!」とマジで注意していました。笑
注意したんですけどね、車内にOPERATION IVYの『SOUND SYSTEM』が流れた瞬間に、ナオキさんが最高潮に調子に乗ってしまい、運転席でまさかのスカダンス!
『SOUND SYSTEM』のリズムに合わせ、両手を振るナオキさん。両手を振るってことは、ハンドルから手が離れているわけで、当然蛇行するバン(笑)。
「だからナオキの運転嫌なんだよ!」と長澤さんがマジで怒っていました。笑

しかしね、本当に恐かったから。
完全に事故を覚悟してたから。笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ74

毒々しいアイス
すげー毒々しいアイスを、
がぶーっ!
がぶーっ!!

味は普通らしいです。
サイダー自体は青っぽいイメージありますけど、それがラムネになると緑っぽいイメージになるじゃないですか。その両方を兼ね備えたアイス、ってことでいいんだと思います。
で、サイダー味でいいんですよね?笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ73

とんでもなく長距離だったため、途中で休憩を挟むことに。この休憩の後、車中が地獄と化すのですが、それはまた後ほど(笑)。
広い!
広いっ!デカイッ!!
すげえ日差しが強くて暑かったけど、カラッとしていたので、許せる暑さでした。爽やかな暑さって言うのかな。日本みたいにジトッとした暑さじゃなくてさ。
休憩中です
このカラフルな場所で休憩しました。ナオキさんが、何故か地図を買って、それを皆で見てる図。
今この辺りだな~なんつって
「今、この辺りまできたのか。」
「まだまだ遠いなー。」
なんつって。

そう、この店でとんでもない物を見つけました。
これ燃料だろ。
燃料。
じゃなくて、Arizonaの緑茶だ!!まさかのガロン売りでございます。3.7リットルくらいですか。
これには爆笑しましたよ。こんなもん完全に燃料でしょ!つーか、何も燃料みたいな形にしなくてもいいのに。
これを買って帰らなかったことが、今一番の後悔です。笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ72

昼飯を終え、ようやくサンフランシスコに向けて出発。
今までの疲れからか、車が走り出してほとんどすぐに全員爆睡。
そんな中、起きて運転をしてくれていたクリスとたっちゃん。クール過ぎるぜ!ありがとう!!

そんなわけで、眠ってしまったのだが、目覚めた時にビックリ!
荒野だぞ!
何もねえぞ!さっきまで街だったのに!!
僕、田舎に住んでるんですけどね、これには感動してしまいました。長野の田舎とは全く違う開放感に!
何よりも、アメリカ、スケールデカすぎんだろ!と。
駒ヶ根辺りを彷彿させるけど、まあ全然及ばないね。
とにかく、こんな道を何時間も走ったのですが、地平線が見えたり、何キロにも渡るトウモロコシ畑を見ることができたり、その広過ぎる畑で農業をする人の姿が見えたり、と本当にniceだった!
途中、家畜が多量にいるエリアを走ったんだけど、すげー臭かった。車の窓は完全に閉めていたのに、車内に臭いが入りこんできて、“誰かウ○コ漏らしてる臭いな…”なんて思ったりして(笑)。本当に臭かった。例えるなら、超臭いウ○コ!例えになってないな。
あまりの激臭に、寝ていた全員起きたから。笑
まあ、ミッチーさんはほとんど寝てたけど。寝ていて景色が観れないなんて可哀想だったので、記念写真撮っておきました。
ミッチーさんと山
ミッチーさんとアメリカの禿げ散らかり山。これ、禿げ散らかってんな。いや、山と言うより岡か。禿げ散らかり岡か!笑
ミッチーさんとトラック
ミッチーさんとアメリカのトラックとアメリカの禿げ散らかり山。
ミッチーさんと禿げ散らかり丘
ミッチーさんと荒野。

ミッチーさんズルいな。
何せアメリカのこういった風景をバックに撮った写真、これくらいだから!笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ71

LA
LA!!!
YOSHINOYA
YOSHINOYA!!!


Cooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooool!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

明日を追いかけて、アメリカ70

cool

coool

シイナくんのアー写

cooool

green brew MC'sのアー写
Cooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooool!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

明日を追いかけて、アメリカ69

続いて、腹ごしらえをすることに。ここまで、一向にサンフランシスコに近づいている感じがしませんでした。笑
ショッピングモールみたいな場所で、色々な店があったのですが、まず目に入ったのがここ。
YOSHINOYA
皆さんご存知だと思います。あの牛丼のチェーン店です。ただ、やっぱりちょっとだけおかしいんですよ。
gyoza
「Gyoza」。
それも、「New Gyoza」。
しかも、写真を見る限り、揚げてるんだよな。ポテトを揚げる感覚で揚げてるんだよな。
それから、
OPEN
「OPEN」。
田舎で、オシャレだよねと言われているお店が使っていそうなやつ。
YOSHINOYAって24時間営業だったよね?いらなくね?ちょっとおしゃれなOPENいらなくねえ?

この外観から、「俺は絶対に行かない。」という部長を筆頭に半数以上が別の店に流れたのですが、アメリカの吉野家がどんなもんか気になったので、僕は行くことにしました。
店に入って、目に飛び込んできたのが↓
BBQ
「BBQ STYLE PLATES」
アメリカにおけるBBQの概念が、僕にはまるでわからん!BBQである必要があるのか!?YOSHINOYA STYLE PLATESとかにした方がいいような気がするけど…。
前日の日食の店のメニューにもBBQって書いてあったけど、日食の店にも吉野家にもBBQいらなくねえ?
しかし、凄いボリュームだよなあ。
勿論、頼みませんでした。量が凄そうだったので。というか、どうせ吉野家に来てるんだから、頼むなら牛丼でしょ!とんでもない量のやつが来るんだろうな、と思ったんですけどね。
ぎゅうどん
完全なる並でした。期待外れだけど、僕的には嬉しいサイズだ。
とか言って、最後は「もう食えねえ。」なんて言いながら食ってましたけど。笑

さておき、僕ら以外に数組の客がいたのですが、当り前なんですけど周りの人は全員アメリカの方なんですよ。
その方々が揃いも揃ってソフトドリンクを持っていまして、それが何だかすげえ羨ましくなっちゃって…
これ欲しかった!
注文しちゃいました。cooooooooooooooooooooooooooooool!!!!!!!!!!!
牛丼残り僅かなのに。笑
これを手に入れることができただけでも、吉野家へ行った甲斐があったってもんです。
というか、吉野家は凄く良かったです。土地柄かわかりませんが、店員の方もとても優しくて、何よりトイレが空いていてグレイト!!!
今まであえて触れてきませんでしたが、ウ○コには対しては毎日不安でいましたから。笑
もしもう一度アメリカへ行く機会があったなら、僕は絶対に吉野家へ行くぞ!下痢腹抱えてな!!

ただ、牛丼はいまいちだったな。笑

明日を追いかけて、アメリカ68

真っ直ぐサンフランシスコへ行かず、まずはBURGER RECORDSへ。
前日、テープを持っていなかったため、二度目の訪問。
バーガー

今回は、ばっちりテープを持っていたため、FOURTOMORROWのテープを取り扱ってもらうことに。
ちゃんと買い取ってくれたみたいです。ブラボー!
更に、鯖ビアさんがELMOCのアルバムを渡すことに成功!
ヤバいね。BURGER RECORDSからELMOCのテープ出ちゃうんじゃない!?僕も、先日の名古屋でようやくELMOCのアルバムを購入しましたが、内容素晴らしいです。あれBURGER RECORDSからテープで出たら、絶対にアレでしょ。素晴らしいでしょ!
オーナー
よろしくお願いしまーす。
この方が、「毎週何かしらをリリースしている。」とか何とか言ってたみたいです。すげー。
ちなみに、前日と完全に同じTシャツを着ていたので、ナオキさんと密かに「前日と同じTシャツじゃね?」と盛り上がっていました。マジで、意味わかんねえわ。笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ67

さて、このままじゃ、大合奏会までに帰国できないので、パッと!
急げー!
三人「急がないと間に合わねーぞ、おめー!急げー!!」

そんなわけで、アメリカ三日目。
三日目は、ロスアンゼルスからサンフランシスコへ移動してライブをする、というのがメインの一日。
チェックアウトギリギリまでダラダラして、11時過ぎに集合。
ビーチボーイズ!
西海岸ということで(?)、やたらとBeach Boysをアピールしてくるナオキさん。荷物を積めるナオキさん
荷物を詰めてからの…
ビーチボーイズ!
ビーチボーイズ!!

そんなこんなで、出発だ!!
出発!
たっちゃんの運転だぜ!!!!


続く!

いよいよ来週だぞ!

何か、焦ってきてます。
やることたくさんあるような気がしてきて、焦ってきてます。

そんなわけで、いよいよ結婚式なわけですが、一番心配なのが、天気。
何よりも天気。今年、台風すげえ来るしさ、もうドキドキしてるんですけどね。
昨晩、週間天気予報見てたら、土曜日の天気も出ていました。
曇り後雨ですありがとうございます。
って、テメーふざけんなっ!!

いやまあ、何となくそうなるんじゃないかという気がしてたんですよね。
いつだったか、過去の10月1日の気温ってどうなの?とふと疑問に思いまして、調べたんですよ。
そしたら、過去5年の天気も見ることができまして、ラッキーなんて思ったんですけど。結果、それを見て愕然としたわけです。
過去五年間、ほとんど天気悪いんだもん!なんだよ!笑
式をした方ならわかると思うんですけど、9月と10月じゃあ、式にかかるお金が変わってくるんですよ。雨っぽいし、9月の料金にしてくれないかなあ。10月1日ってさ、まだギリギリ9月みたいなところあるでしょ?…ないか。

そんなわけで、天気があまり芳しくなさそうなのですが、最強の雨女であるショウコさんが、「てるてる坊主100個作るしかない…」と絶望の面持ちで言っていたので、まだ可能性はあると思います。笑
ex.最強の晴れ男ヤマオカヒロキさんもお見えになるので、まだ可能性はあると思います。笑

そんなことよりも、やらなきゃいけないことやります。
アメリカの話、厳しいなあ…。笑

明日を追いかけて、アメリカ66

ホテルでしこたま飲んで騒いで、そろそろ迷惑だろう、ということで、寝ることに。
僕は、山岡さんとナオキさんとみっちーさんと同じ部屋だったのだが、一つだけ不安な点があった。
噂によると、みっちーさんと同じ部屋になるのは地獄らしい、のだ。FOURTOMORROWで一番常識人っぽい風貌のみっちーさんがそんなわけないだろう、と思っていたのだが、実際は地獄だった。
とにかくうるさいのである。
何故か、YELLOW GANG復活ライブでのFOURTOMORROWのライブの音を自分のi-podに入れていて、それをとんでもない爆音で流し始めるのである。あまりにうるさいので、それを止めようとすると暴れ出すのである。
部屋にいる四人のうち三人がFOURTOMOROWだというのに、何故FOURTOMORROWのライブを流すのか、意味がわからない。というか、とにかくうるさい。
それだけならいいのだが、細かいいたずらを沢山してくるのである。
いたずらするみっちーさん
靴ね。
靴
意味わかんないから。
靴ね
マジで意味わかんないから。

そんなこんなで、いたずらされまくったのですが、ミッチーさんがシャワーを浴びている隙にナオキさんと仕返しをすることに。
枕にミッチーさんのメガネを詰めるとか、本当にかわいらしいいたずらなんですけどね。
で、シャワーから戻ってきた瞬間に、
「What did you いたずら for me?」
と叫び出すミッチーさん。
もう文字にするのも面倒なくらいひどかったです。笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ65

二日目のセットリストだ!

1.Million Days, Knife With
2.BVLGARIA
3.a long distance trancefar
4.OPERATION IVYカバー
5. There're So Much Fuckin' Coffee Shop,No Guiness Beer
(ミッチーさんの暴走により)
6.East Tenth Article On Fire

どうだーっ!
とりあえず、この日でFOURTOMORROWは一本のマイクでもライブができることが証明されました。
環境なんて関係ないぞ、おめー!


続く!

Cooooool!!!!!!


TURKISH TECHNOのアルバム、超カッコいいぞ!!!

neko!のアルバムが超良いから


つい名古屋まで見に来てしまった。
超良かった!みっちーさんがダイブしてたぞ!笑

明日を追いかけて、アメリカ64

ホテルに戻り、ホテルの一室で打ち上げ開始。
部屋で打ち上げ
皆でテカテを飲みまくった。ちなみに、シイナ君は爆睡していた。
二日目の夜に、色々な話をして、僕らの距離は一気に縮まったのではないか、と思う。僕は写真撮ってばっかだたけど。
オペレーションアイヴィーばっかりじゃなくて、クリンプシュラインの『TOMORROW』をやってくれ!とか。
クリスと初めて会った日に、クリスがクリンプシュラインのTシャツを着ていたから、クリンプシュラインの『TOMORROW』をやったんだ!とか。
主に、僕とクリスで、明日はクリンプシュラインにしてくれ!!と山岡さんにお願いしたのだが、クリンプシュラインの方はあーだこーだと言われ、却下された。チクショー!
そんな話をしているうちに、
テカテの山!
いつのまにかテカテの山ができていた。わおっ。皆さん、よく飲みますねー。否ッ!アメリカがそうさせるのだ!!これだけ飲んだからかわかりませんが、
ブラックアウト
ナオキさん、ブラックアウト気味でした。笑

そう言えば、この日にFOURTOMORROWの次回のリリース作品の話が出ていました。
音源のタイトルは全員一致で『Black Out ep』です。笑
詳細は忘れましたが、四曲入りの7吋レコードがいいと思います。限定500枚で、全500色。そうしたら、ショーンくんが買い占めちゃってダメか。笑

そんなわけで、『Black Out ep』に期待しましょう!!


続く!

明日を追いかけて、アメリカ63

ライブ後、やはり打ち上げはなく、スーパーへ行きビールやらスナック菓子やらを購入した。
CVS
この後も、何度もスーパーへ行くのだが、その度にクリスが車のカギをかけないもんだから、僕は凄くドキドキしていた。笑
レッドブル
ここでもやっぱり撮ってしまうレッドブル。デカいんだよ。デカいだけなんだけど、それが衝撃的なんだよ。レッドブル以外にも全部デカい!
と思っていたら、
コピー機小さいな
コピー機だけは、日本のものより小さかった。
これを見て、
「ナオキさん、コピー機小さいですね。」
「ホントだ、小さいな。」
なんてくだらねー話をしたりした。

僕らがスーパーで買い物をしている頃、シイナ君は車中で完全に寝ていた。
この日からかな。シイナ君が寝まくるようになるのは。笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ62

FOURTOMORROWのライブが終わり、外でタイゾーさんと「やばかったねー。」などと話しつつ、次はJYOCE MANOR。
FOURTOMORROWのライブで消耗しきっていたので、後ろの方で見ていたが、とんでもない盛り上がりだった。
初期AGAINST ME!の盛り上がりと一緒だ、と部長は興奮していたが、とにかくすげーライブだった。
ライブ後に流血している少年とかいたしな。笑
JOYCE MANOR
駄!写真!でごめんなさい。

トリのshinobuは、限界だったため、物販のソファーに座り漏れてくる音を聞いていた。
部長曰く、shinobuのライブも凄かったらしい。階段の手すり壊したりして、バカウケだった、と。笑

二日目は、物販もなかなか賑わっていたが、やはりレコードなのか、と痛感した。


続く!

明日を追いかけて、アメリカ61

いよいよ時間なさそうなので、ぶっ飛ばします。
手元にメモがないので、セットリストはまた今度ということで。

YOU TUBEにあがっている動画を見た方ならわかると思うが、二日目のライブは、本当に物凄い盛り上がりだったと思う。
一日目の76倍は盛り上がっていた、と思う。
見ていて、震えたもの。
FOURTOMORROWの音で、アメリカがうごめいていやがる!なんてさ。
特にOPREATION IVYのカバーをやってからの盛り上がりは、本当に凄くて、写真撮ってる場合じゃねえよ!と何度も思った。何とかしてアメリカのモッシュに突っ込んみたかったけど、ちょっと恐くてやめといた(笑)。
とにかく、本当にすげえライブだった。今まで何度もFOURTOMORROW見てきたけど、一番良いライブだったんじゃないかな。まあ、僕が一本でやるライブが好きってのもあるんだけど。
クリスが、マイク一本はアメリカンスタイル、なんて言ってたけど、アメリカンスタイルで大正解だったよ。マジでさ。
fourtomorow!
アメリカンスタイル。危険過ぎる距離感でマイクをシェアする山岡さんと長澤さん。

FOURTOMORROW
それを見て、「ちけえよ!」と笑うミッチーさん。

fourtomorrow!
盛り上がってます。

fourtomorrow
かなり盛り上がってます!

fourtomorrow
長澤さんの髪形が、かなり盛り上がってます!!!

ライブ後にミッチーさんが言っていた言葉が印象的だった。
「(歌う必要がなく)ドラムに専念できた。」と。
そのくせ、やる予定じゃなかった『東十条』をミッチーさんが暴走してドラム叩き出して、ミッチーさんのボーカル抜きでやったりして。
たぶん歌いたかったんだろうなあ。笑


続く!!

用意してます!


写真!
デカくするとヤバいね!

明日を追いかけて、アメリカ60

そんなこんなで、始まったFOURTOMORROWのビートルズスタイルライブショウ。
ライブを始める前に、山岡さんが爆笑英語MCを炸裂させ、只でさえ暑いその場を更に暖める。
一本でやるぞーおめー
「マイク一本でのライブ観れるなんて、ラッキーだな、おめー!今日だけだぞ、おめー!」

ちなみに、マイク一本ライブについて、一番笑っていたのはナオキさん。
一番笑っていたのはナオキさん
↑ビートルズスタイルを決め込む山岡さんと長澤さん。そして、完全に笑っているナオキさん。
爆笑
ナオキさん、ライブ中に爆笑しすぎですよ!笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ59

三番目のBUST!の時に、僕は妙な違和感を感じた。
ライブ中に、マイクが、客によってマイクスタンドごと持ち上げられ、メインで歌っている人とは別の人のところへと向けられる光景を見たからだ。
それを見て、そんなことになるのなら、マイク一本じゃない方がいいだろう、と思った。

そんな違和感を感じ、遂にFOURTMORROWの出番となった。
昨晩と同様に、楽器を借り、準備を始めるメンバー。
準備が進むにつれ、明らかにおかしなことになっていることに気が付いた。
マイクが一本しかないのである。
ここを読んでいる方ならたぶん知っていると思うが、FOURTOMORROWは四人が全員歌ったりするバンドだ。つまり、少なく見積もっても、三本くらいのマイクは欲しいところなのだ。しかし、今あるマイクは一本。
まさかの状況に、山岡さんが「これじゃライブできねえな…」と普段なら吐かないであろう弱音のようなものを吐き出したのである。
大丈夫だろうか。シチュエーションとしては、昨晩のものとは比べ物にならない程良いというのに、マイクが一本。FOURTOMORROW試練の時である。
そんなわけで、急遽セットリストをチェンジすることとなった。
マイクが一本しかないので、ドラムのミッチーさんの曲は外すこととなったのだが、ミッチーさんの占めるウェイトが予想以上にでかく、なかなか決まらないのである。
「people I love~はどうだ?」
「ダメだ。」
と言った具合に。
ここだけの話だが、「people I love~はどうだ?」と誰かが行った時に、いいぞーやれやれーと僕は思っていた。
とにかく、なかなか進まない状況に、山岡さんが痺れを切らせた。
「このままじゃできねー。ボブ、他のバンドのメンバーはマイク持ってないのか?」と。後になって山岡さんが言っていたが、「あれは、そう言ったらマイクが出てくるんじゃないか、と思ってのこと。」らしい。それで出てきたら、逆に爆笑なんだけどな。笑
それに対してボブは、静かに首を横に振った。
それを確認いた山岡さんが、何かを決意したような、そんな顔になったような気がした。

こうして、FOURTOMORROW初のマイク一本showが決定したのである。
長澤さんが、「部長が切れてライブやらないんじゃないかとドキドキしてた。」と言っていたが、やるのである!!一本で!!!
マジで一本なのかよー笑
こんなにも弱気な山岡さんの横顔をあなたは見たことがあるか?僕は初めて見たぞ!!笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ58

せっかくなので、家の中の写真を何枚か。
完全に人の家なんですけどね。笑
中

中

中

中

中

nice!
nice!!

恵比寿にて


麦酒祭!
ガパオと麦酒じゃーっ!!

明日を追いかけて、アメリカ57

さて、本日も部長からケツを叩かれました。
「大合奏会までに帰国させるように!」と。
よーし、ぶっ飛ばすぜ!

そんなわけで、二日目のライブは以下のような感じ。

1.Tiny Lungs
2.????(バンド名わからず)
3.BUST!
4.FOURTOMORROW
5.JYOCE MANOR
6.shinobu

何だかんだで、Tiny lungsは見逃してしまった。
二バンド目は、隣の部屋越しで聴いていたのだが、なかなかカッコいい音を出していた。てっきりBUST!だと思っていたが、どうやら違うらしい。
その日の夜、クリスに二番目のバンドのことを聞いたのだが、クリスは、
「その時は、中にいなかった。外で、ハンク(shinobuでドラムを叩いていたハンサムガイ)と女の話をしていた。」
と言っていた。
「女の話なら、いつまでもできるぜ。」とも。

クリス、クールガイである!


続く!

明日を追いかけて、アメリカ56

ライブ会場の家の100m手前当たりだったと思う。
完全にライブやってんだろ、という音が僕らの耳に届いた。
わかっちゃいたが、やはり普通の家なのだ。防音など一切関係ない。だけど、それで通ってしまう。日本じゃ絶対に無理だろうな。
僕の住んでいる場所は田舎なのだが、田舎でも無理だと思う。というか、田舎だからこそ無理な気がする。そもそも、人来ないしな。可能性としては、やはりタイゾーさん宅なのかな。行ったことないけど。笑

そんなわけで、ライブはすでに始まってしまっていた。
漏れている音から察するに、一番目はTiny Lungsだ。
FOURTOMORROWは確か三番目か四番目だったはずだ。しかし、客の入りを考えると、入れなくなる可能性も大いにある気がした。これは急がないといけないな、と思ったが、simが全然急がなかったので、僕らもそれに倣うことにした。

ライブ会場に着くと、ライブ会場にまだ入れていない人で列ができていた。どんだけ入ってんだよ、と目を疑った。しかし、焦りはしなかった。何故なら、僕はパスを持っていたからだ。
クリスや山岡さんが主催者に交渉してくれたのだ。その際に、主催者が言っていたと思われる台詞が忘れられない。
「お前ら日本から来たんだろ。俺(私?)にまた呼ばせたいと思わせるようなライブを期待してるぜ。」
こんなようなことを山岡さんが言っていたんだっけな。
見た目からしてそうなのだが、非常にぶっ飛んでいる主催者だった、と僕は思っている。
男だか女だか、僕は未だにわかってないし。笑

そんなわけで、ようやくツアー二日目のライブが始まった。


続く!
山岡さんに、大合奏会までに帰国させてくれ、と言われました。このペースだと無理な気がしますので、ぶっ飛ばしていく感じでいいですか?いや、極力頑張りたいと思いますけど。笑

アメリカの皆様に


カンパイ!!!!

明日を追いかけて、アメリカ55

二日目にして、殆ど疲労困憊だった。
それはたぶん僕だけじゃなく、ショーンくんもシイナくんも。後発組の疲れは尋常じゃなかったように思う。
だから、夕飯を食べた後にも、スーパーでビールを買おうと思わなかった。代わりに、アメリカのレッドブルを飲んで、何かをチャージしたりして。結果的に言えば、効いたのかまるでわからないけど。

ライブのスタート時間が目前に迫った頃、やはりビール欲しいな、ということになり三人でビールを買いに行くことにした。
最寄りのスーパーは、歩いて5分と言ったところか。一番目のバンドに間に合わない可能性大だが、そんなことよりもビールだった。
スーパーに着くと、見慣れた人物がいた。shinobuでギターを弾いているsimだ。果敢にもsimに挨拶をすると、simは「ビール飲むだろ?」といった感じで、僕らをビールが売っている場所に引き連れて行ってくれた。
日本では見慣れないビールが沢山並んでいたが、僕は飲むビールを決めていた。それがテカテだ。スーパーでテカテを見かけた瞬間から、それにしようと思っていた。
僕は、テカテを飲みたいと、テカテを指さすと、simはテカテの24缶入りの箱を冷蔵庫から取り出し、「OK!」とレジへと向かった。
レジで精算を済ませ、外へ出て、お金はどうするんだ?という流れになったが、simは僕らからお金を受け取ることはしなかった。
「皆は、遠い日本から来ている。だから俺がビールを買う。俺が日本へ行った時は、今度は君らがビールを買ってくれ。」と。
くそー、何てcoolなんだ。僕は一気にsimが好きになった。

ビールを購入し、ライブ会場までの道すがら、拙すぎる英語でsimと話をした。
「皆は、楽器をやるのか?」
「僕は何も出来ない。」
「僕はギターが出来る。」
「僕はギターとドラム。」
なんて。
英語を話せないことがこんなに悔しいとは、そう思った瞬間でもある。
sim!
sim!

花水の予感しかない


Yeeeeeeessss!!!!
夜が待ち遠しいぜ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。