明日を追いかけて、アメリカ95

無事、OPERATION IVYになりきり満足したナオキさん。
写真撮ってくれ、と言われて、写真撮ったんですけど、本当の話をするとOPERATION IVYのあれだと気付くのにかなりの時間を要しました。茂っていたせい、なんですけどね。

とにかく、写真を撮り終え、ギルマン周辺をウロウロしていると、茂っていない場所を見つけました。
茂ってないぞ!
絶対にこっちでしょ!
ということで、ナオキさんに報告すると、「完全にこっちだな!」と再び写真を撮ることに。
撮って確信。
カッコいいな!
こっちだな、と。
カッコいいな。
絶対こっちだな!と。
カッコいい!
モノクロにしたら、普通にカッコいいしね。
というか、
OPERATION IVY!
こっちダサすぎです。笑

そんなこんなで、OPERATION IVYな写真を撮っていると、ペイペイちゃんのお姉ちゃんのユミコさんがふらりと歩いてきました。
ユミコさんを見ると、今の僕らにとって一番欲しいものを着ていました。
OPERATION IVYのパーカー。背中に、OPERATION IVYのあのキャラクターみたいなやつがプリントされたパーカー!
このパーカーを逃す手はないな、ということで、ユミコさんに話しかけるナオキさん。
ナオキさん「いいパーカー着てますね。いいなあ。」
ユミコさん「ボブのやつなんですよ。」
ナオキさん「いいなあ。」
ユミコさん「ヨーロッパ行ったとき、これ着てたら向こうのマニアの人に話しかけられましたよー。」
ナオキさん「いいなあ。」

結論を申し上げますと、パーカー借りることできませんでした。
というか、「貸してください。」という言葉が出てこなかったのですが。笑

しかし、ナオキさん一人だけズルいなー。
ちなみに、アメリカツアー一番の後悔は、ここでFOURTOMORROWの写真を撮らなかったことです。
しつこく言って撮らせてもらえば良かったな。shit!!
スポンサーサイト

何だかんだで、毎日飲んでます。

結婚してから、毎晩飲んでいます。缶ビール一本程度なんですけどね。
最近のお気に入りは、プレミアムモルツです。多少高いんですけど、多量に飲むわけじゃないし、いいでしょ。
で、缶に張り付いているシールを、ショウコさんが集めています。
そうなんです。狙ってるんです。ありがとうのプレモル。
何だか当たるような気がします。他にやってるやついねえだろ、と僕は思っているので。まあ、僕が絶対にやらないだけって話ですけど。
当たれー!飲んでるぞ!ほとんど毎日飲んでるぞ!!
ありがたいだろ!だから、当たれー!!
そうそう。今日、飯田に買い物行ったら、プレミアムモルツの黒が売っていたので、買ってしまいました。
美味いです。ギネス超えました。おめでとうございます。
どうだ、褒めたぞ!ありがたいだろ!!当たれー!!!

そんなわけで、皆さん。
ありがとうのプレモル狙わないでください。カツオカ家が狙っていますので。
用意してるやつ、全部当たれー!!!

飯田でパエリア。


スペインっぽくはないな。やっぱり。

結婚式前夜。

9月30日。結婚式前日。
この日は仕事を休み、一人で一足早く東京へ。
バスの中で、スピーチやら何やらを考えて、それらを頭に叩き込む。予定だったのですが、ぼうっとしている間に東京に到着。
新宿をフラフラした後、浜松町へ。式場に一度行き、CD等渡した後ホテルへ。
何だか落ち着かず、ホテルの部屋の中で無駄にウロウロしていると、剛さんから電話があった。まあ、会う約束をしたのは僕なのだが。
仕事終わりの剛さんと浜松町で落ち合い、飲みに行くことに。前夜だというのに飲んでいていいのか、という気もしたが、金曜日の夜に大学の先輩と飲めることなどほとんどないので、喜んで飲むことにした。
ビールで乾杯し、他愛ない話をした後に、余興の打ち合わせに入った。
「俺、本当に読むのか?」
「読んでください。」
と言った塩梅に。
当初、渋っていた剛さんも、経緯などを話すと、何とか納得してくれた。
ちなみに流れとしてはこんな感じになるであろう、と僕は思っていたし、剛さんにもそう伝えていた。
「潤が用意した映像関係とおぼしき余興→剛さんからショウコさんへ宛てた手紙→その手紙は僕が書いていたもので、僕が読む。」
流れを把握した剛さんは、「重要な部分は手紙どおり読むけど、それ以外のところは変えるかもしれない。」と言って、了承してくれた。僕はこれで百人力である、とマジで思った。
そんなこんなで、僕らは(剛さんはどうか知らないが)翌日の成功を確信し、その後、二、三杯ビールを飲んだのだった。

結果を言ってしまえば、当日は全く流れどおりにいかなかった。剛さんが吟じ始めたときは、完全にヤバい方向に行っているな、と物凄い汗かいたし。(笑)
原因は、司会の方と全く打ち合わせをしていなかったことと、潤の映像の内容を全く知らなかったことか。
これから式やるって人で、何かやろうって思ってる人は、あれだ。打ち合わせしっかりした方がいいぞ!

あっ、そう。結婚しました。ありがとうございます。

10月1日に、結婚式しました。
知ってるって?うるせー!

当初、結婚式の流れに身を任せて、のほほんと過ごそうかな、などと考えていました。
ところが、僕ときたら大学の友人の余興の時間をいただいて、ショウコさんに宛てた手紙を朗読したのです。思いもかけないハプニングがあり、協力いただいた剛さんには多大なる迷惑をおかけしました。ごめんなさい。しかし、いきなり吟じ始めたときは焦りましたよ。これ、ヤバい流れじゃねえか、って。
そんなわけで、今回は手紙を読みに至ったその経緯でも。

結婚式の二、三週間前だったかな。
あの当時の僕は、そんなに真剣に考えていなかったわけです。その、結婚式というやつについて。それよりも、FOURTOMORROWのアメリカツアーの続きを書かないと、という妙な使命感が僕の体の裡で渦巻いておりまして、とにかくブログの更新に熱意を注いでいたわけです。
そんなある日、FOURTOMORROWのナオキさんから電話がありました。というのも、結婚式のブーケをナオキさんの友人が始めるという花屋さんにお願いしていたからなのです。
「早くあの写真(頭裸岡破毛樹等)を載せてよ。」などというブログの話から始まったのですが、話は段々と結婚式の話になりまして、いつの間にかナオキさんの奥さんである明日香さんと電話が変わっていたのです。
明日香さんに変わった瞬間の話は、今でも忘れられません。
「サプライズ考えてるんでしょ?楽しみにしてるから。」
「お嫁に貰うんだからね、号泣させなきゃダメだよ!楽しみにしてるから。」
この明日香さんの言葉が、ブログにばかり熱意を注いでいた僕に、良いお灸となりました。しかし、ほとんど考えていなかったため、どうしたもんか、とその後に電話を変わったナオキさんに相談をしたのですが、「スピーチしかないな。」とのこと。
ナオキさんから「スピーチ」という言葉を聞いた時にはドキッとしましたが(笑)、よくよく考えてみると、僕にスピーチをする時間などあってないようなものなのです。ド頭のスピーチと締めのスピーチ。つまり、サプライズも何もないじゃないか、と。
そこで考えた結果、余興の時間をいただくしかないな、と。そう決めた瞬間に、手紙の冒頭は決まりました。
「言わずもがな、ショウコへ」と剛さんに刃牙風に読んでいただくしかないな、と。
ちなみに、当初の僕の考えでは、剛さんに手紙を全て読んでもらう予定だったのですが、式の司会の方との打ち合わせの時に、「自分で読みましょうよー。」と言われたので、自分で読むことにしたのです。
ショウコさんがトイレに行っている間に、そんな話したんですけどね。危なかった…。剛さんに、吟じられながら最後まで読まれていたら…そう考えただけで震えが来ます。と言うのも、あの「吟じます」ってやつ。僕、大嫌いなんですよ。あの、マジで!
結果的にグダグダだったけど(笑)、楽しかったので良しとしましょう。

内容は恥ずかしいので書きませんが、気が向いたら、結婚前夜の話でもしようと思います。剛さんと飲んだ夜~当日のその瞬間まで。
しかし、本当に楽しい一日だったような、そんな気がしています。
協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

シイタケのやろう

今日、名古屋行きました。
昼、会食みたいなやつで中華料理屋でした。
コースだったので、料理を選ぶことができず、座ってると料理が運ばれてきたんですけど、料理の8割にシイタケが入っていました。
ふざけんなよ。
シイタケが入っているだけで(シイタケの存在を確認した時点で)、その料理がシイタケにしか見えなくなる僕にとって、本当に地獄のような時間でした。よりにもよって、シイタケがいちいちデカくて、運ばれてきた時点で気付いてしまうわけです。シイタケ入ってんじゃねえか!と。その時点で、中華料理じゃなくなりますから。ただのシイタケ。中華フレーバーのシイタケ。中華シイタケですね。また、中華フレーバーのシイタケって、シイタケの中で1、2を争うくらい嫌いなので、本当に生きた心地がしませんでしたよ。
隣に座っていたご高齢の方に「エビチリいけるよ、君。」なんて言われたので、エビだけを抜き取ってそれを口へと運んだんですけど、口に入れた瞬間吐き出しそうになりました。あれはエビじゃない。シイタケだ。
そんなわけで、昼飯は、キュウリの漬物みたいなやつ少しと、デザートの杏仁豆腐しか食べられませんでした。
こういうのすっごく久しぶりだったので、懐かしいような気分になりました。
小学校の頃の、給食の、あの苦い、想い出の、ような…。
ふざけんなよ。

明日を追いかけて、アメリカ94

とにかく、僕らは遂にギルマンに到着したのです!
ギルマン!!
わおっ!!
まあ、僕はそんなに思い入れがないんですけど、他の皆が異常なまでにテンションが上がっており、僕もそれに便乗してテンションあがってしまいました。笑
中でも一番あがっていたのはナオキさんかな。ギルマンストリートに突入した瞬間に、おもむろにバックからニット帽を取り出して、「そろそろこれ被らないと。マットが…ティムが…」とニット帽被り出しましたからね。
最初は意味がわからなかったのですが、ギルマン924に到着した時にようやくその意味がわかりました。
詳しくは、OPERATION IVYの音源買ってください。笑

そんなこんなで、ギルマンで見事ニット帽を被ることに成功したナオキさん。
ギルマンでブラックアウト!
ヤバいな…完全にOPERATION IVYの人だよっ!!!笑
更に、「ああ、ここだここだ。」と何故か茂みに向かって歩き出すナオキさん。
完全に不審者です
完全に不審者です。勘の良い人ならたぶんもうお気づきだと思いますが、アレです。アレをやる気なんです。ただ、アレをやる過程で不審者になってしまっているので、カッコよさには程遠いんですけどね。
ちなみにアレって言うのは…
OPERATION IVY!
これだーっ!
OPERATION IVY好きにはたまらない真似ですね。
ただ、絶対にこんなに生い茂ってないんだよなあ。生い茂っているせいか、本家に比べるとクソダサいんだよなあ。
まあ、ナオキさんは植物好きなので、生い茂っていた方がそれっぽいですけどね。それっぽいんですけど、茂み効果でただ覗いている不審者にしか見えないな…。

分からない人は、OPERATION IVYのベストみたいなやつ買いましょう。買って、CDケース開いた瞬間に、全てがわかると思います。内容もクソカッコいいので、持ってない方はすぐ買いましょう!!!

明日を追いかけて、アメリカ93

どうもお久しぶりです。ワープのことは忘れてください。あれ、ただの悪ふざけですから。
しかし、大合奏会までに帰国するように!と言われて、ヒイヒイ言っていたのに、実際に帰国したの僕だけってどういうことなんでしょうか?笑
まあ、いいんですけど、そんなことは。

さておき、いつもであれば、こういうシリーズは途中で投げ出すのが通常なのですが、アメリカの話は頑張ります。絶対に帰国してみせる!!
で、どこまでいったんでしたっけ?(笑)
途中からぶっ飛ばしまくったのでもうわけがわからないので、今回は、バークレーに向かう前の話。その話をする前に、土曜日の話を少々。
土曜日、ショーン君から電話がありました。「THE MEASURE[SA]の7吋付LPのオーダー開始したけど、かつ君の分も頼んでおこうか?」と。何と嬉しいことをしてくれるのでしょうか。もちろん、お願いしました!
で、今日NO IDEAのホームページを見て知ったのですが、GOOD LUCKもLP出すんですね。ショーン君には言えませんが、GOOD LUCKの方が欲しかった!(笑)
そんな、ショーン君に愛を込めて。

アメリカ四日目。
ソフィアちゃん宅を後にし、たっちゃん宅へ向かう道中、昼飯用にとブリート屋へ寄りました。時間がなかったので、もちろんテイクアウトで。ただ、数が数なだけに、テイクアウトの物をもらうのにも時間がかかるわけです。その時間を有効活用して、トイレを借りることにしました。そういうの、大事ですから。もしかしたら、一番大事なことかもしれませんから。トイレってのは、勿論、小ではなく大の方なんですけどね。大事でしょ?ちなみに、僕を含め三人がトイレを利用しました。それくらい大事ってことなのです。
三人共に大だったわけなのですが、僕の後にショーン君が入り、僕が車中に戻るとちょうどブリートを受け取るか受け取らないかのタイミングとなっていました。
それのせいか、トイレに入ったばかりのショーン君がなかなか来ねえな、という不条理な流れに。そんな中で、山岡さんがこんなことを言い放ちました。
「ベイビーフェイスだけど、ビックシットかもしれないぞ。ベイビーフェイスビックシット!」と。
何の根拠もないんですけどね、いい大人が言うセリフではないのは確かです。ただ、そのベイビーフェイスビックシットが、ショーン君のいないところでスマッシュヒットしまして、皆口々に言うわけです。ベイビーフェイスビックシットと。「ベイビーフェイスビックシット」をただ言いたいだけだろ、ってな具合に。
仕舞には、「ベイビーフェイスビックシット」を「BFBS」など略したりして。マジで意味がわからないんですけどね。
たぶん、そんなことがあったことはショーン君は知らないと思うので、ここで初耳というわけです。ショーン君、超面白かったよ。(笑)

とにかく、「ベイビーフェイスビックシット」などという言葉が生まれたわけなのですが、最終日の夜だったかな。
その「ベイビーフェイスビックシット」というワードが何度か出たんですけど、酔っぱらったクリスが最終的にいいとこなしのあだ名へと退化させていました。
「ビックフェイスビックシット」と。略せば「BFBS」になるんだけどね。(笑)


そんなわけで、ショーン君ありがとう!!!!!!!

カメラ欲しいなーレンズ欲しいなー

久しぶりに、物欲が湧いてきています。
レンズ欲しいー。ボディ欲しいー。我慢だーっ!

さておき、先日の大合奏会で写真沢山貼り出させてもらいました。
果たしてあれをじっくり見た人がいるのか疑問ですが、アメリカから来たクリスとアメリカ行った組がとても喜んでくれたのと、画伯(スーパーお嫁さん)がスーパー褒めてくれたので、それだけで僕は満足です。
事の発端を簡単に説明しますと(アメリカの話の中でしたような気もしますが、アメリカの話し過ぎて、自分でもどれやってどれやってないのかわからなくなっています(笑)。続きはちゃんとやりますから。本当ですから。)、確かロスからサンフランシスコへ向かっている車中だったか、サンフランシスコだったか…ちょっと定かではないのですが、僕とナオキさんとで、僕のカメラで撮った写真を見ていたのです。例のごとく、アップにして、バカウケな点を探しつつ。その時にナオキさんがポロリとこんなようなことを言ったのです。
「大合奏会で、修学旅行みたいに写真貼り出して買えるようにしなよ。わはは。」
それを聞いて僕は、超面倒くさそうだから絶対に嫌だな、と思いました。貼るだけじゃなく、買えるようにするだなんて…。
その瞬間です。隣で寝ていたかと思っていた山岡さんの目が、カッと見開き、「いいね。それやろう。」と。
完全なるボケだと思ったので、「冗談ですよね?」と聞き返すと、「いいや、やる!」と山岡さん。

そんなわけで、僕の写真展が決まったわけです。笑
大合奏会当日は、超面白い写真(笑)を沢山貼り付けておいたのですが、反応全くなかったなー。FOURTOMORROWってさ、ライブだけじゃないんだぜ?オフが一番面白いんだからな!!
悔しかったので、打ち上げの去り際に、頭裸岡破毛樹(ずらおかはげき)の写真を打ち上げ会場出入り口に貼っておいたのですが、あれどうなったんだろう…。クリス、持って帰ってくれたかな。スリルハウスレコーズに貼ってくれるかな。頭裸岡破毛樹(ずらおかはげき)のブロマイド。笑
JUST LIKE A AMERICA!
とにかく、あのようなチャンスを与えてくださり、FOURTOMORROWには感謝しかないです。お礼に、早いところ頭裸岡破毛樹(ずらおかはげき)で更新しまくろと思います。本当にありがとうございました。

ごめんなさい、ありがとう

大合奏会で嬉しかったことの一つにBONJOURのライブがあります。
BONJOURとは、LOST CHILDのスプリットCDで、解説みたいなものを書かせてもらった時からの仲なのですが(実際はもう少し前かな)、僕はそのスプリットのBONJOUR側の一曲目(正確には二曲目)の『A WALK IN THE PARK』という曲が大好きなのです。確か、昨年の二月の三重でのライブくらいだったと思うのですが、『A WALK IN THE PARK』をやった時に、僕も一緒に歌ってしまったんですね。歌ったというか、邪魔したというか(笑)。それが病みつきになってしまいまして、以来、『A WALK IN THE PARK』に直面した時は、ほとんど歌うというか、邪魔しているわけです。

先日の大合奏会。
THE DUDOOSのライブを見終えて、あわててカプチーノへ行くと、BONJOURのライブがすでに始まっていました。
僕は入り口付近で、「しまった、間に合わなかったか!」などと思っていたのですが、ちょうど入り口付近にいたLOST CHILDの長田くんが、まだ始まったばかりだ、ということを教えてくれて、それでホッとしていました。
そこに突如、超君がMCで「シローくん、結婚おめでとうございます。」なんてことを言ってくれて、更に例の『A WALK IN THE PARK』をやってくれたわけです。
そんなもん、あがらないわけがないんですよ。ただ、一人というのはどうにも心細かったので、長田君の横にしっかり座り込み、BONJOURの邪魔をすることに成功しました。邪魔して、ごめんなさい。
いやー、楽しかった!そんでもって、嬉しかった!!

その時の映像を、南雲さんがYOU TUBEにアップしてくれました。BONJOURというか、僕なんですけどね。僕のカラオケ映像(笑)。
やっぱり超楽しかったし、超嬉しかった!ショウコさん、なんでいないの!

BONJOUR、本当にありがとう!大好きです!!

レインメーカーよかた!


只今、帰宅中!
遠いんだよね。笑

スペイン懐かしいな…


一週間前は、スペインのいいホテルに泊まっていたのですが、今日は宿直室です。
天と地の差ですよ…。
言いたいことはそれだけです。スマートフォンでの更新は無理だとわかったので、もうやめます。
画像は、シッチェスの路上にクージー!なんだこれ、バカウケだな!笑

横田川くんは見逃した

大合奏会当日。
写真の準備があったため、オープンよりも早く秋葉原に着いた。秋葉原駅から出ると、T.V.not januaryの横田川くんと咲ちゃんに出会った。その時に横田川くんから「今日、どのバンド観た方がいいですか?」と問われたので、僕は迷わずに「THE DUDOOSだよ、横田川くん!」と答えた。それに対して、横田川くんは「観ます!」と答えてくれた。
とにかく、僕は横田川くんに迷わず勧めてしまうほどTHE DUDOOSのことが大好きなのだ。

そんなわけで、大合奏会当日は、6年ぶりというTHE DUDOOSを観た。ほとんど最前列で、THE DUDOOSを観ていた当時よりもつんのめって、観た。
最高すぎだ。ライブ中に、「横田川くん、THE DUDOOSは最高だろ?」と何度となく思った。
THE DUDOOSを観た人ならわかると思うが、『FIT FOR YOU』をやってくれた。あれは、僕がTHE DUDOOSの掲示板でリクエストしたのだ!しかも、『初秋』からの『FIT FOR YOU』という流れ。あの流れには、本当にドキドキさせられた。
「『初秋』来たら、次にやる曲ってあれだよね?そうだよね!?」と。そうしたら、本当に『FIT FOR YOU』をやってくれたのだ。あの瞬間に、僕は初めて自分からダイブをしようかと思ったのだが、neko!の時に三品さんに持ち上げられて、見事に床に墜落しカメラを壊しかけたので、自制した。
とにかく、マジで、本当に、最高だったんだよ。
そんな最高だったTHE DUDOOSのライブを、ショウコさんがデジカメで撮ってくれていた。オーサムッ!!
だけど、僕がことごとく邪魔していて僕ばかり映ってるけど、最高だからさ。

THE DUDOOS『CRABB EUROPE』@大合奏会2011!
どうだーっ!!

ちなみに、THE DUDOOSのライブの後に、ガソリンスタンドの辺りで横田川くんに出会ったんだけど、横田川くん「あっ!見逃しました!」だって。
横田川くん、残念!!笑

口内炎がクソ痛い

スペインにいる時からできてたんですけどね、日本に帰ってきてから格段にでかくなった口内炎。
痛いです。超痛いです。
口内炎できる度に、その事をブログに綴っているけど、この痛みに慣れることはないのですね。僕ももうそろそろ28歳ですよ。28年間、あまたの口内炎と対峙してきたのですが、できる度に、もっとちゃんとした生活を送っていれば良かった、と後悔しています。あまたの口内炎と対峙してますからね、口内炎ができたことで後悔した回数も数知れず。口内炎ができている最中は、もう二度と繰り返すまい!と痛みを感じる度に思うのに…。
しかしさ、何もスペインにいる時にできなくてもよくない?って話ですよ。
大体からして、何もスペインにいる時に風邪ひかなくてもよくない?って話になるわけなんですけどね。
ただね、スペイン超良かったから。
風邪ひいてたのに超良かったからね。
口内炎できてたのに超よかったからね。
ただね、僕がスペインで熱心にやっていたことと言えばだ…
4T
クージーの写真をひたすら撮る!
これだったね。
マジでさ、何しに行ってんのかわかんねえよな…。
↑の写真は、シッチェスの砂浜で日焼けするクージー。この写真、クージーのアー写に使えるぜ。えへへ。

ちょっとおかしいな、これ

大合奏会終わったばっかなのに、なんだよ。
全然、盛り上がってねえじゃん!僕は今まさにピークなのに、全然盛り上がってねえじゃん!!
完全に時差ですよ。スペインで過ごしていたから、完全なる時差。大合奏会の勢いを持ったままスペインに行って、そのまま帰ってきてた僕としては、大合奏会が終わったのって、一昨日みたいなところあるんですよね。
だから、今まさに「大合奏会楽しかったよねー!」と言いたい時期なのに…全然盛り上がってねえじゃん!!!
僕なんかあれですよ。スペインで毎晩見てましたから、ANGRY NERDの動画。それ見て、大合奏会のモチベーション維持し続けてきたんですよ。しかしさ、あの動画、超ヤバいよね。笑
超ヤバいんで、もう一回貼っておきます。

やべー。これ、スペインのホテルで毎晩見たやつだよー。すげー体調悪かったんだけど、欠かさず見てたやつだよー!超ヤバくね?ANGRY NERDも僕も、超ヤバくね??

これも超ヤバいよね。ANGRY NERDのライブすげー良かったよなー。最高だったよ。
それから、これね。

四人のLOST CHILD。最高だよね。マジで、すげー楽しかったよ。
また今度、THE DUDOOSの動画アップします。ショウコさんが撮ってくれてたんですけど、僕が超邪魔していて、よくわからない感じですが、最高です。はい。

さて、いただいたハートランド飲みながら、ANGRY NERDのライブ見返そう。うふふ。

スペイン、クソ楽しかったぞ!

夏にアメリカに行って。
とりあえず他に行きたいところないから、ってハネムーンはショウコさんに全てを委ねて、それでスペインに行くことになったわけなんですけどね。
スペイン、クソ楽しかった!!
スペインの街をブラブラするくらいしかしなかったんですけど、とても楽しかった!!体調が良ければ、もっと良かったのに!
スペインに着いた初日に、ホテルの部屋に入ったら、シャンパンが用意されていまして。「Happy Honeymoon!」なんて書かれたメッセージカードと一緒にね。
「うおーっ!やべーっ!!飲まないと!!!」なんて、シャンパン開けて、ショウコさんと二人で飲んだわけなんですけど、僕が少々飲み過ぎてしまいまして…。笑
それが原因で、風邪ひいた臭いです。酔っぱらって、何もかけずにそのまま寝て、数時間後に腹痛で目が覚めて…。バカバカ!僕のバカ!!ですよ。マジでさ。
そんなわけで、翌日、スーパー辛かったんですけど、サグラダファミリア観た瞬間に「うおーっ!」ですよ。
どうだーっ!
どうだーっ!!!
ただ、サグラダファミリア以降は、超辛くて早くホテル帰りたかったんですけど…。

とにかく、そのうちスペインの話もします。
つっても、僕が風邪ひいたこと以外、特筆すべきことないけどね。
ちなみに、というか、超どうでもいいことなんですけど、昨日までずっと大合奏会のパスつけてました。
何しろ、
僕の大合奏会はスペインからが本番だ!
僕のハネムーンは大合奏会込み、だからさ。
大合奏会のパスが、そのままハネムーンのパスになった、みたいな?笑
たぶん僕だけだろ!スペインで大合奏会のパスつけてたやつ!!
どうだーっ!!!!

ANGRY NERD@大合奏会2011!!!!


ライブ動画も載せちゃう!
途中で切れるのが悲しいっ!!
ショウコさんに、「こいつらどんだけ歌いたいんだ。」と言わすことに成功した最高のライブです。笑

大合奏会楽しかったぞ!

終わりました。僕の大合奏会ハネムーンも遂に。
ハネムーンに大合奏会を組み込むという暴挙。スペインから帰って来て、大合奏会組み込まないで、その分スペインにいたかったな、というのが今の感想です。スペインにもう二日くらいいたかったな、と。というか、まず体調が最悪でしたからね…。笑

さておき、大合奏会。楽しかったですね。
何だかんだで楽しんでしまいました。
カメラ持ってたんですけどね、全く使わず、ただただ楽しんでいたんですけど、ANGRY NERDの三品さんが「(写真)撮ってよ。」なんて言ってくれたので、ANGRY NERDのライブだけ最前線で写真を撮らせてもらいました。
すげーいいライブだったので、カッコいい写真沢山あるだろ!と思っていたのですが…三品さん、ごめんなさい。バカウケな写真しか撮れませんでした!あの…ライブ写真というか、何故か大勢でカラオケしてる写真なんですよね。笑
そんなわけで、いくつか載せます。
最初はね、うん。
最初はライブだったんですよ。ちゃんとしたね。
チューニングした辺りから…
ぐっちゃさんが、チューニングした辺りから何かが狂いだして…
完全にカラオケ
完全にカラオケと化しました。
しかも、何故かマイクが二本!どういうことだ!?笑
そんでもって、
ライブ中です
集合写真です。ライブ中に集合写真です!これ、本当にライブ中なんですから!!笑
とにかく、皆さん楽しそうなんですけど…
松本さんクソつまらなそう
松本さんだけ、クソつまらなそう!!
松本さん、つまらなそう
neko!の二人に、「もっと楽しそうにしろよ!」と言われてるような感じがしないでもないですね。
ノギオさんも来たぞ!
ノギオさんも来ちゃいました。
しかし、何なんでしょうか。この人間マイクスタンドシステム。まったく安定感がないので、歌うの大変そうでした。
どっちに歌わせるのか!?
松本さん「どっちに歌わせようかな~」
こっち~
松本さん「こっち~。ANGER NERDはこっち~!」
カラオケ集合写真
ライブ中なんですけどね、もう一回集合写真撮っておきました。笑

そんなわけで、neko!及びdoes it float界隈から絶大な人気を誇るANGRY NERDを、皆さんどうかよろしくお願いします。

とても疲れています


無事、日本に着きました。
これから長野に帰ります。辛い…。
大合奏会のパスはまだ外さないぜ!

明日を追いかけて、アメリカ…ワープ!&フィニッシュ!!

気づいたら僕は、高速バスの中にいた。
体がとてもダルい。
どうやら、僕は眠ってしまっていたらしい。
バスの窓の外に目をやると、あるのは暗闇のみ。その闇は、アメリカでは見ることができなかったほどの真っ暗闇で、それで、どうやら僕は日本にいるんだな、と気が付いた。
昨日までいたはずのアメリカが、既に懐かしくなっている。
ああ、楽しかったな。
楽しかったアメリカを思い返すため、目を閉じた瞬間に、僕は再び眠ってしまっていた。
夢?いや、違う。この体に残った疲労感は、間違いなくアメリカでため込んできた疲労に他ならない。
この疲労がいつまでもなくなればいい、などと思いつつ、僕は長野まで眠り続けた。

終わり。

いや…あの、ちゃんとやりたいんで、ひとまず終わりってことで許してください。
まだ出してないやつがな、たくさんあるんだよ!わかったか!!
ふう、これで大合奏会当日を迎えられるぜ。笑

明日を追いかけて、アメリカ…ワープ!

そんなこんなで、ギルマンに到着し、ライブ!
詳細は、ながさわさんのやつを見てください。もしくは、山岡さんが書いてくれるはずです。

FOURTOMORROWがギルマンでぶちかました、その事実だけ記せれば、僕は満足だ!
うむっ!!!!!
写真は明後日の大合奏会で見ればいいんだ!!生で、穴が開くほど!!!
どうだーっ!!!!!!

明日を追いかけて、アメリカ92

そろそろ行かないとヤバいだろ、ということで、出発。
ちなみに、ながさわさんとみっちーさんは僕らがスリルハウスにいる時に、車の中で死んでいました。
スリルハウスで四人の写真撮りたかったのにー!
さておき…
街になってきた!
街になってきたぞ!!
そんでもって!!
海だ!
海っぽいの見えてきたぞ!
今回、名目上、西海岸ツアーなんですけど、こういったものとは無縁でもっぱら山ばかりだったわけです。
「西海岸ツアーというか、西山岳ツアーですね。」となおきさんと盛り上がっていました。笑
さておき…
ギルマン!
ギルマン!
ギルマン!!!
ギルマン!!!!

ギルマン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


続く!!

明日を追いかけて、アメリカ91

たっちゃんと別れ、スリルハウスへ。
もう文章は面倒くさいので割愛!割愛!!
サンフランシスコ!
ミッション!なのか?
ミッション!
スリルハウス!
掘る掘る!
クリス!
ジン!
ギルマン!
ズラ岡ハゲ樹
SONGS FOR MOMS好きの僕にはたまらなかったぜ。

明日を追いかけて、アメリカ90

このペースだと帰国できないので、バシバシ行きます。
結局、僕らが起床したのは12時前。5時間後にはギルマンにいないと行けない、というハードスケジュール。
各自色々と準備を進め、出発!
出発!
何故か木に星条旗が。至る所に星条旗あったなー。
ひとまず、ブリートを購入し、たっちゃんの家へ。
ブリート!
たっちゃん宅でブリートを食いながら、一日の予定を立てる。と言っても、時間はないわけだが。
ちなみに、ながさわさんとみっちーさんは完全に死んでいた。笑
ブリートを食べ、ミッションへ行くことに。
その前に、集合写真を一枚。
集合写真!
僕のフェイバリットスタイルであるセルフタイマーで撮ったのだが、ピント全然合ってなかった。
この写真をなおきさんが例のごとくズームで隅々まで見たのだが、なおきさんはこんなことを言っていた。
「アキラ(鯖ビア!)の顔、親指に顔描いたみたな顔になってるなー。しろー、やったな!やっとアキラいじれるじゃん!」と。
別に、誰かをいじるために写真を撮っているわけではないのだけれど…なおきさんが言うならばいじらねばなるまい。
親指フェイス
これ、完全に親指に顔描いたやつだ。笑

あの…マジでいじるために写真撮ってるわけじゃないんで…。


続く!

明日を追いかけて、アメリカ89

そんなわけで、3時過ぎに就寝。
ただ、クリスやなおきさんは3時過ぎから爆発していて、ドラゴンボールごっこやストリートファイター2ごっこを繰り広げていた。
クリスの「しょーりゅーけん!」という声を聞いて、僕とながさわさんはクスクス笑っていた。つーか、超うるさかった。笑

そんなこんなで、朝。
寒くて目が覚める。辺りを見渡すと、案の定全員寝ている。
雑魚寝です
みっちーさん布団なしだけど、よく寝てられたなー。笑
死んだように寝てます。
なおきさんなんか、死んだように寝ています。完全にダウンしてる曙状態。笑

しかしね、今回のアメリカツアーで痛感したんですけど、こういった旅行で早起きって何の得もねえなあ、と。
誰も起きてこないので、家の外で日向ぼっこをしているとペイペイちゃんのお姉ちゃんがいて、ちょっと話をしたんですよ。
「今日って、何時からなんですか?」
「今日で夏休みが終わりなので、早く終わらせたいということで5時には集まる感じです。」
みたいな。
その話をしていた時が11時くらいだったので、6時間しかないわけです。
駆け足で話を進めているので、割愛してましたが、サンフランシスコへ移動する車中で、サンフランシスコのあそこへ行きたいねー、なんて話をしていたのです。
だのに、6時間しかないという事実。
「どこか行きたいところあるなら、起こした方がいいですよー。」とペイペイちゃんのお姉ちゃんが言うので、起こすことに。
とりあえず、山岡さんが起きれば他の人も起きるだろう、と山岡さんを起こすことに。
「山岡さん、そろそろ起きないと、昨日行きたいって言ってた場所に行けないですよ!」と。
それに山岡さんが反応し、目を開けたのだが、「行きたいところ、ない!」と再び寝てしまった。
再び寝る山岡氏
「えーマジかよーTHRILLHOUSE RECORDS行きたかったよー」と思いつつ、僕は再び外へ行き、日向ぼっこを続けた。笑
ハンク!
寝てるハンクの横を通ってね。

続く!

明日を追いかけて、アメリカ88

ピアノティーチャー!
これ、完全にピアノの先生だろっ!!!

明日を追いかけて、アメリカ87

ソフィアちゃんの家は、額を多用しており、とてもおしゃれな家であった。
そのソフィアちゃんの家で、名画を発見した。ソフィアちゃんの了解は得れていないが、絶世の名画であるため、こっそり載せてしまおうと思う。
ズラをおさえる男
『ズラをおさえる男』
なんと素晴らしい絵画であろうか。ズラを飛ばさないようにする意気込みと、その躍動感。それが見事なまでに表現された素晴らしい絵である。
この絵の何が凄いって、横から見たときにその真骨頂が発揮されるのである。
横から見るとまたいい
↑が横から見たときの『ズラをおさえる男』である。
言っておくが、これは絵である。「えっ?これって、生身の人間でしょ?」と思ったあなた。あなたは騙されているぞ!何故ならこの名画は、騙し絵でもあるからだ。
正面から見たときと比べると、ズラをおさえる手が逆になっているような気もするが、それも騙されているのだ。なぜなら、これは騙し絵だからだ!

そんなこんなで、やたらと額を多用するこの家で、僕と直樹さんは、額風のものを見る度に、「いい額だなー」などと盛り上がっていた。笑

明日を追いかけて、アメリカ86

と言いつつ、三日目の夜の話を少々。笑

三日目の夜に、ツアー中にshinobuでドラムを叩いていたハンクというナイスガイを囲む機会がありました。
山岡さんの、「ハンク少しだけ日本語話せるらしいから、日本人でハンクを囲もうぜ。」という鶴の一声で、ハンクの周りにぞろぞろと集まった日本勢。
ハンクと僕ら

ハンクcool!
ハンクを真ん中に座らせて、日本語講座スタートです。笑
まずはお手並み拝見というわけじゃないですが、ハンクが日本語で自己紹介。
「私は、ハンクです。よろしくおねがいします。」といった感じで。

それを聞いて、本当に日本語勉強してんだなー、と皆で関心していたのですが、そんなハンクに目を付けたのが、ながさわさんとなおきさんでした。
何を教えるのか、と思ったら、「パイオツモミモミ」などとジェスチャー付きで教える二人。ジェスチャー付なので、ハンクも「パイオツモミモミ」が何なのかを理解したようで、苦笑いを浮かべていました。
そんな苦笑いのハンクに、「パイオツモミモミ」と言わせようとする二人。
向こうでは、ベイビーハンク(だっけな?)とか呼ばれることがあるくらい恥ずかしがり屋のハンクに、そんな卑猥な日本語を言わせようなんて、酷過ぎます。笑
頭を抱えるシャイボーイハンク!
たまらず頭を抱え込むベイビーハンク!だけど、手に持ってんの、ウイスキーだから。全然ベイビーじゃねえぞ!
そんなハンクに痺れを切らせたのが、なおきさんでした。
「パイオツモミモミ」などと言いながら、ハンクの胸辺りを揉み、襲うなおきさん。それを受け、「きゃーっ!」とハンク。
いや、なんなのこれ?(笑)と言った感じでした。

翌日、ペイペイちゃんのお姉ちゃんに聞いたのですが、ここの家主のソフィアという女の子がなおきさんのことを「ハンサムだ。」と言っていたらしいのですが、ハンクとの一連の行動を見ていたらしく、「ハンサムなのに、ゲイなのね…。」と悲しんでいたようです。笑

ハンク、「パイオツモミモミ」は忘れたほういいよ。うん。


続く!

明日を追いかけて、アメリカ85

ライブ後、この日に泊めてもらうSHINOBUの友人のお宅へ。
人の家なので、写真など割愛しますけど、凄かった。完全に12時過ぎてるのに、その家に着いた途端にハウスパーティー。家の中に25人くらいいたんじゃないかな。笑
ビール飲んで、タコスみたいなやつ食って、話して…
とにかく、凄かった。あんな夜中に、あんだけ騒いでいいアメリカって、なんなの?すげーな。笑
ハウスパーティ
本当なら、ハウスパーティの話で7回くらい更新したいところですが、もう時間ないのでしません。笑


続く!

明日を追いかけて、アメリカ84

三日目のライブが終わった。
いよいよアメリカツアーの終わりも見えてきた。四日目は、ギルマン。はっきり言って、僕はショーン君に言われるまでギルマンがどこなのか全くわからなかった。
OPERATION IVYというバンド名を聞いて、何となくピンときた。その程度だった。
だから、四日目のギルマンに思い入れがあるのか?と言われれば、皆無と言っていいほどない。
ながさわさん、ごめんなさい。僕、ギルマンだからアメリカに行ったわけじゃないんです。僕は、ブログを更新したかったからアメリカに行ったのです!!!笑

さておき、三日間JYOCE MANORを見てきたわけだが、僕は物足りなさを感じていた。
やっていないのである。YOU TUBEで幾度となく見た名曲『FIVE BEER PLAN』を!
絶対にやるだろ!そう思っていたのに、やる気配さえなかった。
翌日は最終日。観たいよな。最後くらい、生で『FIVE BEER PLAN』を観たい。
僕は、その気持ちをMATTに伝えるべく、珍しく積極的にMATTに声をかけた。
「FIVE BEER PLAN!」
気持ちを伝える、とか言っておきながら、僕は曲名しかMATTに告げなかった。笑
しかし、それを聞いたMATTは、笑顔で親指を立てながら、「OK!Tomorrow!!」と言ってくれた。
やるやらないは別にして、それだけで最高だった。


続く!

FC2Ad