スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度ベスト④

大丈夫だ。まだ何とかやれそうな、そんな気がしています2011年度ベスト。

2011年度ベスト④
SPRAYNARD『FUNTITLED』
入れると思ったでしょ?そうですよね。僕、SPRAYNARD大好きですもんね。
いわゆるLATTERMANフォロワーと言われそうなバンドの一つですが、それらの中でも群を抜いてカッコいいのがSPRAYNARDなわけです。何が違うのか?と問われれば、SPRAYNARDは潔いんですよ。
LATTERMANのエモエモした部分は少なからず、聴いたことのある方ならば感じていたと思うのですが、SPRAYNARDにはそれがないのです。と思っていたのですが、二枚目のアルバムのジャケ。あれはエモいですね。
spraynard!
これ、なんですけどね。
いや、誰ですか?と思わず問いたくなるジャケなのです。これが誰なのか、調べようとは思わないのですが、間違いなくSPRAYNARDに縁のある方でしょう。
さておき、問題はこの方の頭部にあるのです。何故かザックリと切られてしまった頭部。気になりますよね。これはどんな髪型なのか、物凄く気になります。気になる方は裏ジャケを見ましょう。答えは一発でわかります。ネタバレは避けたいところですが言いましょう。ハゲです。ハゲなのです。
ハゲが悪いとかそういうわけじゃないんですけど、ハゲた頭部をざっくりと切っているそのジャケに、えも言えぬエモ感を僕は感じたのです。
僕はこれを、ベストエモーショナルジャケ大賞にしたいくらいです。

と言うわけで、今回も内容の全くのわからない内容になってしまいましたね。
知りたい方は動画見てください。百聞は一見にしかず、とか言いますしね。

一番好きな曲!
スポンサーサイト

そう言えば行ったんだった。

藤子・F・不二雄ミュージアムに。
部長がこの藤子・F・不二雄ミュージアムの存在を知らなくて、衝撃受けたんだった。

というわけで、藤子・F・不二雄ミュージアムに行ったのです。
場所は川崎市という、長野県の最果てから行くには何かちょっと遠いかな、という位置にそれはあります。遠いかな、と思っていましたが、意外と近かったです。近さの基準がぶっ壊れている僕が言っても説得力に欠けますが。
今回は、ショウコさんがどうしても行きたいというので、行ったのですが、藤子・F・不二雄好きにはたまらない空間でしたよ。
子供が多すぎて騒々しいのがちょっと悲しいですが、まあ可愛いですからね。子供は。
とにかく、藤子・F・不二雄好きにはたまらな空間になっていますので、一度は行った方がいいと思います。作りとしては、ミロ美術館みたいな感じもするので、なかなかいい感じですね。ちゃんとオブジェ的なものもありましたしね。
ジャイアン!
ね?

ちなみに、先々週のライブの前に行ったので、ハンクとボブにお土産を買っていこうと思いまして、ハンクにはのび太のピンズ、ボブにはジャイアンのピンズを購入しました。
これがね、予想以上に反応が悪くて、ちょっとショックでしたよ。ええ。
アメリカじゃ人気ないのかね?まあ、いいか。笑

買いでしょう。


何故かAmazonで800円だったので買ってしまいました。
800円って何で?
超面白いのに。小学生の頃から見てます。笑

やっぱりナオキさんだな、と。

先週のFOURTOMORROW企画。
珍しく写真なんぞを撮ったので、せっかくですし、アップしようと思います。
fourtomorrow!
いやー盛り上がってます!ナオキさんが若干、僕のカメラの方を向いているのが気になりますね。もしかすると…
ライブ写真としては…
こっちの方がライブ写真としてはいいのかもしれませんが、僕はナオキさん大好きですから、やっぱり…
fourtomorrow!
こっち。俄然、こっち!!
今考えてみるとですね、僕だとかモティさん(does it float)だとかがナオキさんのマイクを奪って歌っていたりしたので、僕らの歌えるスペースを空けておくためにこっちを向いている、可能性がありますね。うん。
ただね、次の画像はどうでしょうか。
カメラ気にしてる臭いな
ズレてる?
いや、ズラしてる??
カメラを意識して、わざとズラしているのか???
まあ、偶然と言う可能性もありますからね。…と言いたいところなのですが、
ズラしてるな。確信犯的に!
ズラしてるな。これは完全に、わざとマイクからズレて歌っているぞ。うん。たぶん、カメラを意識して、確信犯的に!笑

しかしね、最高のライブでしたよ。やっぱりスタジオライブが大好きだ、と再確認することができた最高の夜でした。はい。

怒っている

三月頭からしばらく更新を止めていたのですが、更新再開を待ち望んでくれた人の一人にショーン君がいます。
ショーン君本人から、そんなようなことを聞いたので、間違いないでしょう。ありがとう。笑

3月13日ですか、僕がやっぱりやるぞ、と宣言したのは。
たぶんその日だと思うんですけど、ショーン君がかつのちから復活祝いに、仕事帰りに飲みに行こうと思ったらしいのです。嬉しいですね。僕が東京に住んでいたならば、間違いなく一緒に飲みに行ったでしょう。ただ、僕は長野に住んでいますから。というわけ(かどうかはわかりませんが)で、ルルド君を飲みに誘ったらしいのです。
ルルド君と言えば、長野出身で、僕の住む町にそこそこ近い住人ですからね。ただ、ショーン君とルルド君って、そういう仲だったの?と驚きました。殆ど接点ないもんだと思っていましたから。
とにかく、ルルド君を誘ってかつのちから復活祝い飲み会を開催しようと試みたらしいのです。
それを聞いていて、超羨ましいな!東京の平日、超羨ましいな!と思ったのですが、ショーン君断られたそうです。何でも、仕事に追われいるとかなんとかで。
僕としては、復活祝いに飲んで欲しかったので、非常に残念でした。ただ、僕以上に残念がっていたのがショーン君でした。
「僕は怒っている、とかつのちからに書いてくれ。」と言われましたから。笑

と言うわけで、書かせていただきました。
ルルド君よ、ショーン君は怒っているらしいぞ!
でも、ルルド君は今日もきっと仕事に追われているんだろうなあ。今日も頑張ってね。家で飲みすぎないでね。

2011年度ベスト③

大変にブルーな気分です。だから、文章も書く気になれません。
が、やりますよ。最低でも三つくらい挙げないと、ベストって言えないもんね。

2011年度ベスト③
THE SLOW DEATH『TURNSTILE COMIX』(7吋)
ブルーな気分、ということで、これです。内容は全く持ってブルーな気持ちとは無縁なんですけどね、何しろ…
THE SLOW DEATH
クリアブルーヴァイナルですから。どうですか、ショーン君。これはもう買うしかないでしょう。ということで、急いで買ってください。よろしくお願いします。

さておき、肝心の内容はと言いますと、一言でいうならば「最高。」これに尽きるでしょう。PRETTY BOY THORSON & THE FALLING ANGELSからカントリー要素を抜き出して、そこに更なる男気を入れればTHE SLOW DEATH!とでもいえばわかるでしょうか?
この7吋には、4曲収録されているのですが、4曲全て最高!という最高盤です。ちなみに、2011年にはアルバムも出しているのですが、アルバムとは一曲も被っていません。この4曲をアルバムに入れないなんてどうかしてるぜ!と言いたくなるくらい素晴らしい四曲ですので、THE SLOW DEATH好きはマストバイでしょう。むしろ、これを買わずに「THE SLOW DEATH最高だぜ!」とか言っている人がいるならば、僕がパンチをお見舞いしてやりたいくらいです。いや、四曲目が『PUNCHLINES』って曲で、それがクソカッコいいので、パンチとか言っただけです。しませんよ、パンチなんて!
とにかく、アルバムもいいんですけど、僕は断然この7吋が好きなんですよ(アキヒロさんごめんなさい。笑)。
ちなみに、アルバムのCDR盤は、我らがEAGER BEAVER RECORDSとアメリカのKISS OF DEATHによる共同リリースとなっています。
しかし、今回も全く内容のわからない文章ですね。笑
詳しく知りたい人は、EAGER BEAVER RECORDSのページを見てください。そんでもって、アルバムと7吋を買っちゃいましょう。いいね!

EAGER BEAVER RECORDS(のTHE SLOW DEATHのアルバムのページ。飛んで、ポチれば買えちゃいますよ。笑)

5%の方だったか…

4月にちょっと異動がありまして、大変にブルーな気分になっています。ええ。

土曜日に、大学時分の友人から電話がありました。
その友人と言うのが5月に結婚式を挙げるのですが、僕は受付をお願いされていました。もちろん、快く引き受けましたよ。超楽しみでしたからね。
ちなみに電話の内容と言うのが、卒業以来なかなか姿を現さなかった先輩も式に来ることになった、という大変喜ばしいものでした。それを聞いて、俄然楽しみになりました。
ところが、冒頭の異動というやつがどうにも気になる存在でして、「もしかしたら行けなくなるかもしれない。」旨を伝えました。ただ、超行きたいし、受付頼まれているので、「95%の確率で行くから!」と豪語しておいたのですが、今日、確定しました。
行けません。仕事になりました。ふざけんなよ。ええ。
そんなわけで、とても最低な気分で帰宅したんですけど、家に着いた瞬間に涙が出そうでした。
届くのかね。このタイミングで、招待状が届くのかね!

もう、どうしたらいいのかわかりません。
とりあえず、電話しなきゃね。何て話したらいいのかわかりませんが、しなきゃね。
はあ。

2011年度ベスト②

もはや面倒くさい感じになっていますが、やろうじゃないですか。はい。
やっぱね、こういうのやろうと思うと、久しぶりにレコードなんぞを聴いてみようじゃないか、という気持ちにもなりますし、いいですね。金曜日からすげー聴いてるしね。
さておき、二枚目です。

2011年度ベスト②
『CALVINBALL/RUMSPRINGER/MAYFLOWER/THE DAUNTLESS ELITE/4WAY SPLIT』
前回の「ネコサイコー」に対抗して、「イヌサイコー」と表記されていてもおかしくないジャケの一枚です。
言わずもがな、CALVINBALLとRUMSPRINGERとMAYFLOWERとTHE DAUNTLESS ELITEの4バンドによるスプリットです。7吋で各バンド1曲ずつ収録の全4曲。
これがですね、わかる人にはわかると思うのですが、ジャケの犬たちの可愛さを微塵も感じさせない、とんでもなく男臭い一枚となっております。何しろ、A面一曲目を担当しているのがCALVINBALLですからね、針を落とした瞬間に誰もが、「今年度一番の男臭盤だな。」と思ったことでしょう。そんなわけで、一曲目からCALVINBALLがミドルテンポで、クールな大人の男性的ナンバーを披露しております。クールなやつでもな、熱くなることがあるんだぞ!と。最後の最後で男気がほとばしる大名曲となっておりますので、CALVINBALL好きはもちろんのこと、メロディックパンクが好きな男は全員聴くべきでしょう。違うのか!
続いて、RUMSPRINGER。この4バンドの中で唯一と言っても過言でない爽やかな存在。というか、爽やかな存在になってしまっている、というか。こちらは、男で言うならば、モテ男ですね。モテてモテてしょうがないことでしょう。おめでとうございます。というわけで、CALVINBALLの後ということもあってか、非常に爽やかなナンバーを披露してくれています。ただ、ただ爽やかなだけじゃない、というところがRUMSPRINGERのいいところですよね。時折感じさせるイーストベイ風味で、ダメな男の感じも表現されております。まあ、結局モテるんでしょうけど。

えーっと、大丈夫?このレビューとは呼べないレビューみたいな駄文…大丈夫?

まあ、気を取り直してB面です。B面もB面でヤバいですよ。B面の一曲目がMAYFLOWERですから。兄貴です。親分です。つまり、男なのです。というわけで、MAYFLOWER兄貴が、「お前ら歌え!」と言わんばかりの親分ナンバーを披露しており、サビで大合唱したくなること間違いないでしょう。近いでしょうね。MAYFLOWER兄貴が、MAYFLOWER親分になる日が。何せ、既に親分ナンバーやってますからね(つーか、何の話ですか?)。
このまま話を進めていても、何も生まれそうもないので、最後のTHE DAUNTLESS ELITEに移りましょうか。と言っても、僕はこのバンドを全くチェックしていなかったので殆ど知らないのですが、久しぶりの音源だったみたいです(解散だかしてたのかな)。これまた男を、というか、男の哀愁を感じさせるパンクロックナンバーで非常に燃え上がります。ストリートファイターで言うと、リュウですね。リュウの放つ波動拳みたいな哀愁を曲中でビシバシ感じることができます。はい。

あの…もうやめていいですか?笑
イヌサイコー
全く内容がわからないと思いますが、気になる方はどうぞ。ちなみに、限定500枚のクリアブルーヴァイナルらしいので、ショーン君は急いで買ってください。よろしくお願いします。

鮨は諦めました


アイカワくんに振られたので、ギネス飲んでます。
美味いぜ!!

2011年度ベスト①

早いもので、今年も年度末が近づいております。ということで、今年良かった音源でも紹介しようと思います。
2011年度ベスト10とかにしないのが、ミソ。面倒くさくなったらいいわけできますから。「ベスト10じゃねえし、ベストだし。」って。
というわけで、やるにしても一枚ずつ更新して、更新回数を稼いでいこうと思います。それが秘訣ですね。毎日ブログを更新する、いわば命綱です。面倒にならないといいんですけどね。笑

2011年度ベスト①
『CAT MUSIC FOR CAT PEOPLE(10吋)』
アメリカツアーで大変お世話になったクリスが作った10吋オムニバス。10バンドで10曲収録されています。
日本からはFOURTOMORROWとSEVENTEEN AGAINが参加しております。共にクリスが大好きなバンドですね。KITSHY GUYZも日本のバンドってことでいいんですかね?噂のぺいぺいちゃんも参加してるし、大合奏会にも出てたしね。ただ、大合奏会で観たあれはもはや「ぺいぺいちゃん」だったような気もしますが(笑)。個人的には、こっちの路線でもバンド始めた方がいいと思います。インディーロックみたいなやつ。MADELINEみたいなやつ。
さておき、この10吋で特筆すべきはやはりFOURTOMORROWでしょう。(僕の記憶が確かならば)FOURTOMORROW初の高速ナンバー『SBD vs LBH』ぶりの新曲『MILES』が収録されています。
この『MILES』が、「これぞ僕の思うFOURTOMORROWの曲だ!」感がこれでもかと詰め込まれた大名曲に仕上がっております。あのショウコさんもすぐに「この曲FOURTOMORROWだ!」とわかったくらいですから。
『MILES』については、以前も書いているので、そこはもうコピペでいいですね。
以下、コピペ。

長野のクソ田舎で何度も何度も聴いた『BVLGARIA』や、ショウコさんにお願いしてBASEで購入して送ってもらい何度も何度も聴いた『THE CITY WAS FILLED WITH SO MANY FUCKIN'LIGHTS FROM THAT HILL WHERE I COULD LOOK DOWN ALL THAT ONE』。
何度も何度も聴いているのに、「もう一回だ!」なんて本当に何度も何度も聴いたあの感じ。
それが僕にとって一番重要だったりする。
『MILES』は、その一番重要な感じを完全に網羅している大名曲です。

どうですか。全くどんな曲かわからないでしょう?笑
とにかく、FOURTOMORROW好きなら無視して通れない一枚ということです。「レコードだし…」とか言っている人は、レコードプレイヤー買えばいいと思います。
歌詞もすげーいいしさ。“そんなことの本当に簡単なぶっこわしかた”を早く長野でも観たいですね。笑
ネコサイコー
個人的には、「イヌサイコー」であることは揺るがないわけですが。

どうしたらいいんだ…

明日、アイカワくん夜勤だって。
食えないじゃん、鮨。
どうすればいいの?
ねえ、どうすればいいの??

明日こそ鮨を食べる

先週、東京行っておいて良かったな。
仕事の関係で、これからはなかなか行けなくなりそうです。ふざけんなよーっ!
そんなわけで、鮨を食べながらサッポロを飲みたい気持ち最高潮です。20日に、アイカワくんのメールに気付くことができず、鮨屋へ行けなかったんですよ。行きたかった…マジで!!
この一週間、ずっと鮨を食べたい気持ちと共に過ごしてきて、明日こそ絶対に行くぞ!と今日ずっと考えていたんですよ。大袈裟じゃなくね。
で、さっきですよ。鮨食いたくて職場にいたくない!と思いまして、帰ることにしました。その帰り際に、「これあげるよ。」って、寿司折をくれました。
違うんだよ。これじゃないんだよ。でも、貰っちゃったし、食べないわけにはいかないよな。だから、鮨食べてます。美味いね。鮨、美味いね。

アイカワくん、明日、鮨行く?
僕は今日食べてるから、どっちでもいいんだけどさ。笑
何なら、ウチで下伊那パンクパーティしようか?でも、鮨も捨てがたいよね。何より、家まで遠いしさ。

ホントにね、メールでしろよ!って内容ですね。

糖質とお菓子とラーメンがヤバい臭いぞ

金曜日に久しぶりにショーンくんに出会ったのですが、ショーンくんの激痩せぶりに驚かされました。
7キロ。以前も決して太っているように見えなかったのですが、何でも着やせするタイプなんだとか。
ちなみに、食事制限と筋トレでそこまで落としたらしいです。ショーンくんの話を聞き、糖質とお菓子がヤバい、ということがわかりました。ショウコさんにも見習ってもらいたいものですね。

同じく金曜日でしたか。ライブで超くんにも久しぶりに出会いました。
驚いたことに、超くんも激やせしており、ショウコさん曰く「OUT OF STYLeのトモさんと見分けがつかない。」らしいです。その日、OUT OF STYLeのトモさんも来ていて、超くんと同じような色の服を着ていたせいもあると思うんですけどね。
超くんが痩せた理由は詳しく聞いていないのでよくわかりませんが、仕事を変えたことが大きいんじゃないでしょうか。全然、ラーメン食べなくなったらしいですから。田町で働いていた頃に、田町ラーメンマップを作ろうとしていた、あの超くんが全然ラーメンを食べないなんて。たぶん、ラーメンでしょうね。超くんが痩せた理由、ラーメンだと思います。
ただ、その数日後、ツイッター上で「ぺヤングの辛いやつを三個食べた」とかツイートしていたので、相変わらず麺は好きな様子です。
ラーメンの話はさておき、その日のライブに、噂のぺいぺいちゃんが出演していました。初めて見たんですけど、物凄い盛り上がり方にただただ驚きました。ぺいぺいちゃんには申し訳ないのですが、超くんと長澤さんが非常に印象的でした。特に超くんですか。というか、超くんとトモさんですか。上にも書いたとおり、この日の超くんとトモさんは物凄く似ておりまして、暗い中でパッと見ただけじゃ、どっちがどっちかわからないわけです。
で、ぺいぺいちゃんのライブの時、どういうわけか超くんとトモさんが並んで見ておりまして、どっちが超くんのその動きをしているのかまるでわからないわけです。
声は確かに超くんなのですが、暗い中で激しく動いているのが超くんなのかトモさんなのか。今考えてみても、わかりません。まあ、間違いなく超くんだと思いますが。

そんなわけで、「糖質」と「お菓子」と「ラーメン」。どうもこの三つがダイエットのキーワード臭いです。

髪切りました。

もう何度も言っているかと思いますが、嫌いなんですよ。床屋にしろ美容院にしろ、髪を切ってくれるお店が。
話させられたり、読みたくもない雑誌読まされたり。じゃあ、何もしなきゃいいだろ、って話なんですけど、そうなると話は別なんですよ。今度は手持無沙汰と言うかなんというか。実際の話、何もしないなんてことできないですから。
ただ、切らないわけにはいかないじゃないですか。切りたくて切りたくてたまらなくなったら、切るしかないじゃないですか。で、昨日ですよ。もう切りたくて切りたくてたまらなくなったわけです。そこで、行くことにしたのです。駅前にある1,500円で髪を切ってくれる店に。どうせ嫌いなところに行くんだから、安い方がいいじゃないですか!というわけで、初めてそういった類の安い店に行ったのです。店の中を外から眺めると待っている人もいて、行くの面倒だな、という気にもなったのですが、入ったのです。
店に入って、数秒後でしたか。
「今来られた方、8番の席へどうぞ。」と店の人が言ったのは。その命令に従い、8番の席に座ること数秒後。少しいかつい感じの男性が僕のもとへとやってきました。やって来るなり、僕の頭を撫で回し、「長さどうしますか?」と聞いてくるではありませんか。
何でだ。撫でられたの、何でだ!
それはさておき、「じゃあ、4cmくらい切ってください。」と注文をつけると、「耳は?耳は出す?」と男性の店員。僕、かなり髪の毛伸びていて、4cm切ったくらいじゃ耳でないくらいだったので、「耳は出さないでください。」と伝えました。
僕の想いが伝わったのかどうかわかりませんが、男性の店員は少し頷き、僕の頭に霧吹きで水をかけ始めました。その直後だったと思います。僕の目の前に、軽く8cmはあるであろう髪の毛の束が、バサリと落ちてきたのは。
何でだ。長さ聞いてきておいて、注文の倍以上切るの、何でだ!
その後も、バッサバッサと髪の毛を切られ、数分後に、「こんな感じでいいですか?」と男性の店員。
完全に耳も出る長さにされましたけど、「ああ、いいですね。」と僕。もういいんです。短くなりさえすれば、それでいいんです。ただ、早すぎるし雑すぎるんですよ。だから、「ジャンプーしますか?」と尋ねられたのですが、「いいです。」とキッパリと断りました。
そんなこんなで、わずか数分で床屋から出ることができる、という事実に思わず笑いを堪えてしまったのですが、まだでした。まだ終わってませんでした。何でも剃ってくれるらしいんですよ、顔を。1,500円で顔も剃ってくれるなんて、革命ですね。というわけで、喜んで…というか断れずに、顔を剃られることに。先ほどの男性の店員から女性の店員に代わったのですが、やっぱり早すぎるし雑なんですよね。つまり、非常にスリリングなんですよね。ちょっと間違えば出ますから、血が。結果、出ませんでしたけどね。言ってもプロですから。そうそう鮮血で染めるようなことしませんよね。

というわけで、入店から僅か十数分で解放され、買い物をしていたショウコさんを「もう終わったの?!嘘でしょう!?」と驚かせることに成功しました。いいですよ、サプライズには持って来いですよ。ええ。
髪は短くなったけど顔はほとんど剃れてねえな、というのが行った感想です。また行けたら行きたいですね。はい。

川口パンクパーティ!

土曜日、山岡さん宅で開催されたパンクパーティに行ってきました。
何をするか、と言えば、レコードを聴きながら飲む、それだけなんですけどね、非常に魅力的なパーティでした。
参加者は、山岡夫妻にショーン君に僕ら。パンクパーティと呼ぶには人数が少ない気もしますが、クリアヴァイナルジャンキーのショーン君がいる時点で、パンクパーティは成立しますから。
ちなみにパンクパーティのルールは一つだけです。それぞれ2011年に聴いたレコードを持参する。それだけ。ただ、僕が東京行きのバスに乗っている時にそのルールが決定したため、僕は2011年に聴いたレコードを持っていくことができませんでした。悔しいですね。次回はちゃんと持って行かなくちゃ。

というわけで、土曜日は、ビール飲みながらハンバーガー食って、それでレコード聴いてました。
それだけなんですけど、クソ楽しかったです。
しかし、ショーン君のカラーヴァイナルジャンキーっぷりには驚かされましたね(アメリカで聞いたときも驚いたけど。笑)。僕も山岡さんもカラーにはほとんど興味がなく、レコードの色が黒じゃなかったりすると、「黒じゃないな。」くらいの感想だったんですけどね、ショーン君の話を聞いているうちに、カラー買わないと!という気持ちになりましたよ。笑
カラーヴァイナルについて語る二人
たぶんカラーヴァイナルについて語る二人。この時、僕寝てましたから。笑

金曜日。超楽しかった金曜日。

久しぶりの東京。しかも、金曜日。しかもしかも、久しぶりのライブ。しかもしかもしかも、スタジオライブ。
ということで、クソ楽しんでしまいました。その反動で、同じ日本なのにこうも違うのか、と思いながら、今です。

昨晩、地元でライブを観ました。
ワカメさんからフライヤーの画像が送られてきて、羅列されているバンド名を見るとどうもちゃんとバンドやってる臭いな、と思い、ライブに行きました。
結果、ですか?
言わずもがなです。言わずもがなでしたよ。
本当にもう、ガッカリしました。ライブ行く前に、鮨食いに行きたい、って思っていたんですけどね、鮨食いに行けば良かったな、と。
結果から言えば、コピーバンドの応酬でした。僕は一曲もわからなかったんですけどね。でも、何か違うんだよな、と。
二番目にやった人たちはまあまあ惜しかったんですけどね、ボーカルがしきりに照れていて、そこが残念でしたね。僕じゃねえんだから!照れてやるくらいならさ、自分の曲やれよ、って感じですよ。たぶん上手いんだからさ。少なくとも僕の2,000倍は上手いんだから、LATTERMANやれよ!
とにかく、不完全燃焼です。完全に不完全燃焼です。明日、アイカワくんが暇なら、鮨食いに行きたいくらい、不完全燃焼です。アイカワくん、連絡待ってます。笑
とにかく、本当にガッカリしたんですけど、一番ガッカリしたのが最後のバンドでの客の発言。
「モッシュしてもいいですか?」
僕、モッシュ大嫌いなんですけどね、モッシュって、そういうもんじゃないでしょう?って。
出ました。すぐに出ました。出て、外でミルクティー飲んでました。

ああいうの目の当たりにしちゃうと、本当に悔しくなりますよね。
逆に、やったるわいっ!って気持ちにもなるんですけどね。
そんなわけで、ちょっと変われば、ガラリと変わるんじゃないかな、なんて。そんな気もしなくもないな、と。そんなことも感じましたよ。

とにかく、金曜日、最高だった!
これ、そのうち消すかもしれません。松本さん次第です。笑

東京


久しぶりに東京へ行ってきました。
金曜日から今日にかけて東京にいたわけなのですが、すげー疲れました。バスの中で、そんなに眠れるのかと言わんばかりに寝てしまいました。
何なの?歳なの?
いや、そんなことはないはずですね。木曜日の夜からオールナイトを繰り返しているショーン君と同じ歳なんですから。しかし、木曜日の夜からオールナイトを繰り返すって、ちょっとした長期休暇の最中にいる気分ですよね。いいな。笑

さておき、今回の上京は、アメリカからやってきたボブとハンクに会うというのが、最大の目的だったはずなのですが、その目的を忘れ、しっかりライブを楽しんでしまいました。笑
ライブの様子は、後日アップします。もうバカウケですから。笑
それから、昨晩は昨晩でパンクパーティーを楽しみました。缶ビール飲んでる寝てただけなんですけどね。
ああいう夜を長野でもやりたいもんです。

そんなわけで、大変に楽しい週末でした。
ちなみにこれから飯田で飯田のバンド見てきます。RAD COMPANYみたいなバンドだったらクソあがるなー。笑

僕らの中で生きている

土曜日、ワカメさんとアイカワくんとショウコさんとで飲みました。
ルルドくんは滅多にいないので、新・下伊那パンク四天王として頑張っていきたいです。ショウコさん全然パンク聴かないんですけどね。パンクについて一番詳しいような風貌のルルドくんがいないのは寂しいですが、仕方ないですね。

ちなみに、飲み会での話の三割はルルドくんの話題です。
土曜日も不意にワカメさんが、「ルルドくん髪長いの?」なんて言うもんだから、そこからはずっとルルドくんの話題で持ちきりでした。
端的に述べるなら、ルルドくんの髪型の話発焼き芋話経由ルルドくん自慢の焼き芋パーマ話着、ですか。
本人不在で、もはや陰口みたいになっていますが、こうしてインターネットに公開し全世界の人に発信していますので、陰口なんていう陰湿なものではないです。言うならば、愛です。ビッグラブです!
大変に清々しい気分です。全世界の人に愛…否ッ!ビッグラブを垂れ流すと言うのは。

ルルドくん大丈夫だぜ。
僕らは君のことを忘れちゃいない。
いつだって、僕らの話題の中にいるぜ。
今日も頑張ってね。

ゲーリー・グッドリッジ

確かK-1だったかな?いましたよね、ゲーリー・グッドリッジ。
どんな選手だったのかいまいち思い出せませんが、ゲーリー・グッドリッジと言えば、グッドリッジ親善大使ことルルドくんですよね。

大学時分でしたか。
下痢気味である状態を「リネカー」と呼ぶことが流行っていました。
何でリネカーなのかと言えば、リネカーというサッカー選手がいたらしくて、その選手のフルネームがゲーリー・リネカーだったのです。だから、下痢=リネカー。
サッカー好きな人からすればふざけるな、という話なんでしょうけど、仕方ないです。それが流行っていたのだから。

時は流れ、昨年。
昨年の今頃、僕の中でツイッターを用いてルルドくんとやり取りする、ということが流行っていました。
やり取りをするというか、一方的にイジリ倒す、と言った方がいいのかな。笑
とにかく、ツイッターでやり取りをする中で、ルルドくんがかなりの下痢野郎であることが判明したのです。そこで、リネカーを思い出しまして、その流れから何故かゲーリー・グッドリッジの名前が出てきたのです。
ゲーリーと言ったら下痢だよね。じゃあ、ルルドくんはグッドリッジ親善大使だ、と。
ルルドくんがグッドリッジ親善大使に就任してから一年経ちますが、今のところグッドリッジ親善大使としての活動は皆無です。もう首だね、首!
大体、グッドリッジ親善大使って意味わかんねえし。

まあ、僕も人のことを言えないくらいの下痢野郎a.k.aグッドリッジ親善大使なんですけどね。
今日の昼もヤバかったぜー。マジで、漏れるかと思ったから。ホントに。笑

やるよ

ずっと思っていたことがありました。
ブログを更新するということは何と時間を無駄にしているのだろうか、と。
ここ最近(と言ってもかなり長い間ですが)、ブログに載せることがなく、パソコンの前に鎮座し続けていました。時間にすると一時間を軽く超えており、その一時間があればもっと他のことができるよなあ、とずっと思っていたのです。
だから、やめました。やめて、その時間で何か他のことをしようじゃないか、と思いました。
結果、何もしませんでした。
一日くらい何かしただろう!と自分自身を問いただしてみても、「何もしてません。」という答えしか出ないくらい、何もしませんでした。
じゃあさ、やった方がいいんじゃねえ?何もしないくらいなら、ブログした方がいいよね。例え内容がなくとも。内容がなくとも、ショウコさんに頼るようなことはしたくないです。ボンソワレ、とか書かれたくないんで。

ということで、やりますよ。
こんなもん読んでいる人がいるか謎ですが、水田さんが名古屋にいる限り、続けようと思います。
ところで水田さん、そろそろ異動で関東戻らないんですか??笑

俄然行きたくなった金曜日!

超カッコいいフライヤーできました。
俄然行きたくなったぞ!!!
同奏会!
ただ、出演者小さすぎるな。笑

久しぶりに東京へ

今週の金曜日、久しぶりに東京へ行けると思っていたのですが、行けるのかどうなのかわからなくなりました。行きたいんですけどね、親戚に不幸がありまして、ちょっとどうなんだろう、と。
でも、ボブとハンクには会いたいし。殆ど絡んでないんですけどね、絡んでるとか絡んでないとかそういう問題じゃないんですよ。
行けるにしろ行けないにしろ、せっかくなので告知しておきましょう。
詳細下記!
bobosomorrow
しばらくブログ更新せずに何やってたかって言うと、何もしてません。やったことと言えば↑のやつ作ったくらいです。つっても、今作ったんですけどね。
アメリカツアーって言ったら、僕の中でこの写真なので。結局のところ、これに行きつくんですよね。笑

とにかく金曜日。飲もうじゃないですか。
僕は行けるかどうかわかりませんけどね、平日にこういうライブってなんだか久しぶりな気がして、それだけでちょっと楽しくなっちゃいますね。

ネタ切れのかつのちからに代わって書かせていただきます。
最近の志郎の様子。
・wiiで巨人を斬りまくるゲームをする。
・髪が伸びてきて志村けんor最強伝説黒沢に似てきている。
・プレモルに飽きてきて黒ビールを欲している。
・花粉症の症状が出てきてつらそうにしている。
・AGAINST ME!ばかり何度も聴いてうるさい。




すみません、ネタ切れしました。それでは、皆さん、ボンソワレ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。