スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿司を食いたい。

今日から数日の間、鮮魚を断つことにしました。
つっても、鮮魚なんてほとんど食べてないんだけど。だって、山ん中だぜ?鮮魚なんて、いないだろ。
そして、数日後に解禁した暁には、寿司を食べます。その未だ見ぬ寿司のことを思うと、お腹が鳴りそうになるぜ。えへへ。
金沢
早く食べたい!!
スポンサーサイト

何かいいのないですかね?

zineを作りたい熱がグングンと上昇してきております。
これはね、個人的に良い兆しだと思うんですよ。
今まで、三作ほど作ったのですが、そのいずれもエクセルで作ったんですよね。画像貼り付けて、テキストボックスで文章入れて、って。何か、他に方法が思いつかなくて、非常に非効率なやり方だとわかっていたのですが、それでやっていたのです。
いや、二作目まではまだよかったんですよ。画像が中心だったので、細かい部分を気にしなくて良かったので。ただ、三作目ですよ。あれ、かなり苦労しました。それ以上に楽しんでやっていたので、やっている最中は気にならなかったのですが、またゼロからあれをやるのか…と思うと、四作目に取り組むことに億劫になってしまうのです。前から書いてますけど、構想はあります。ただ、その構想の全てを四作目にぶち込むとなると、これはもう作業を超えて、もはや修行です。たぶんかなりの時間を要すると思います。絶対に一年かかるね(言い過ぎかね?笑)。
そんなわけなので、何かよいソフトあったら教えてください。マジでお願いします。ただ、お金かかるようなら諦めます。ごめんなさい。

でも、面倒なんですよね。ソフトの使い方を一から覚えたりするのって。あれって、結構時間かかるじゃないですか。それこそ一年くらい。じゃあ、エクセルでやるか、って気になるよね。
うーん、ならねえな…。

異色短編


最近、一番楽しみにしてる漫画。
宿直暇だし、これ読みながら寝よう。

何かさ、面白いことしたいよね

って、思った。
ふと思うことはある。
常に思うことだってある。
だけど、思うだけで終わってしまう。
それが今の僕。
どう?
ダメじゃない。
とりあえず、一年。
…いや、ちょっと待てよ。
とりあえず、ってのがよくない。
とっても都合良いから。その、とりあえず、ってやつ。
じゃあ、夏だ。
夏過ぎるまで我慢。
その我慢が、消えてなくなる可能性、大。

消えちまう。どうでもよくなってしまう。
それでいいのかね。
社会人だから?
おいおい、それでいいのかよ。
自問自答の日々は続くね。答えはいつも出ないけど。濁って濁って、うやむやだけど。

ああ、アイカワくん、悪いけど企画やろうとかそんなこと微塵も思ってないから。笑

ゴールデンウィーク!

全然ゴールデンじゃない。
今のところ、全然ゴールデンじゃない。
こんなにワクワクしないゴールデンウィークは初めてかもしれない。
今のところ、だけどね。ワクワクするようになるかもしれないし。
わかることは、何もしようとしていない僕にワクワクするゴールデンウィークはこないだろうってことか。

ちなみに、ショウコさんは明後日から30日まで茨城に帰省します。
地元の友人とその子供に会うんだとか。
いいね。僕の分まで楽しんできてください。僕はため息つきながら仕事でもしています。

うわっ…クソだね。
今のところ、完全にクソだね。
クソで終わらせねえー。とは思っている。
大事。心意気、大事。

丼三杯

食えないね。僕にはとても食えない。
丼に山盛りにされたご飯一杯も食えないかもしれない。
だから、ご飯をガツガツ食べる人に多少憧れを抱いている。いるでしょ、一口がデカくて、見る見るうちにご飯が減っていく人。

とても久しぶりなんだけど、例の後輩の話。
彼ももう働き出してたぶん四年目。四年も経てば隠していたものが出てきたっておかしくないんです。
彼が職場に入ってきた時、初めて絡んだのは歓迎会だった。焼肉を食べていたんだけど、遠慮しているのか全然箸を進めようとしない彼。
遠慮するなよ、と焼けた肉を彼の皿に乗せると、「いただきます。」と両手を合わせ拝む。感謝するのはいいことなのだが、拝んだままなかなか動かないのだ。その間に、肉は冷めていくし、皿の上でどんどん焼肉のタレを吸収していく、感謝しているんだか無駄にしているんだかよくわからない状態に。ようやく動き出したと思ったら、全然食べようとしない。「たぶんベジタリアンなんだな。焼肉でごめんよ。」と思いつつ、更に肉をガシガシ皿に乗せていくんだけど、その度に、「いただきます。」と拝む彼。
今思い出しても理解不能なんだけど、結局、彼はほとんど食べることなく帰っていった。
先日、新しく入ってきた人の歓迎会で彼と一緒になった。奇しくも焼肉。しかも、同じ鉄板。僕が肉を焼いていると、「焼きますよ。」と僕から肉を奪い、率先して肉を焼く彼。いつまでも後輩のままじゃない。彼ももう先輩なのだ。だから、焼く。入ってきた後輩に焼かせるわけにはいかんぞ!と思っているかどうかはわからないが、とにかく焼く。あの当時になかった積極性が彼に身に付いていることに、僕は感動を覚えたようで全く覚えていないのはここだけの話だ。
肉を一通り焼いた彼は、焼けた肉に箸を伸ばし始めた。あの当時の拝みは一体なんだったのか?と思わずにはいられないくらいに豪快に肉を食べていく。拝め。逆に拝めよ!思わず、そう思いたくなるような気にもなるが、僕は特段そんな気にはならなかった。気になったのは、ご飯。彼は自分で一杯ご飯を頼み、それを豪快に食らい、あっという間に平らげてしまったのだ。更に、ご飯がなかなか進んでいなかった後輩(歳は先輩)のご飯を奪い、それをもあっという間に平らげてしまったのだ。何なんだ。あの当時の、あの全然食べなかったあれは、ただ我慢していただけなのか。
その後彼は、更に丼物を頼み、それも簡単に食べてしまった。その癖、ビールは飲まないのだ。「尿酸値が高くて痛風になるかもしれない。」らしいので。
僕はご飯だと思うな。その尿酸値が高い原因、絶対にご飯だと思うな。

まあ、どうでもいいけどね。

祝電

忘れないようにメモ。

5月に友人が結婚する。僕のもとにも招待状が届いた。95パーセントに確率で行くと伝えながら、結局仕事になってしまい、泣く泣く「欠席」で返信ハガキを出した。
新年度早々、大変悲しい思いをしたんだ。
しかし、悲しんでいていいのだろうか。友人の目出度い門出に、悲しんでいていいのだろうか。
僕は気付いた。ダメだ、と。
リニアが走っていれば行けたのに、とかそんな無い物ねだりをして悲しんでいる暇があるならば、やることがあるだろう、と。
祝電。これだよ。これこれ。
僕とショウコさんの式にも祝電がいくつか届いていた。仕事関係のものばかりだったのだけれど、一つだけ違った。名古屋で活動しているANGRY NERDというバンドからの祝電だった。式が始まる前に司会の人に祝電を見せてもらったのだが、その中にANGRY NERDの祝電を見つけたときはとても嬉しかったし、何より緊張が解けた。解けて、噛んだ。最初にやる短いスピーチで噛んだ。

とにかく、それが嬉しかったのだ。
だから、やろうじゃないか!と。欠席が決まった瞬間にそう思った。
が、そのことを今日の今日まで忘れていた。
遺憾!五月はもうそこじゃないか!!忘れずに祝電を打たねば。
どんな内容がいいのかわからんし、何をどうすればいいのかまずわからんが、とにかくやらねば!

これはメモ。忘れないようにメモ。

早すぎるわ

一日が過ぎていくのが早いの。
やらなきゃいけないことがたくさんあるような気がするのに、全然進まない。そういう時って、イライラするし、不安になるし、もう嫌になるね。
ふぅ~。

dear punksの音源をようやく手にすることができました。
本当ならば三月のうちに手に入れているはずだったのですが、某ユニオンさんを探しても見当たらず、今日に至りました。待ったかいがあるってもんです。カッコいいのは知ってましたけど、凄くいいね。気になる人は、音源を扱っているサイトでレビュー見てください。僕はもう一刻も早く寝たいので勘弁してください。
さっき帰ってきて、ご飯食べながらdear punks聴いたんだけどさ、ご飯が進むね。いいね。

悔しいね

今日は町の駅伝大会でした。
二年ぶりに僕も走ったのですが、自分の走りの不甲斐なさにがっかりしました。
辛すぎた。久しぶりに辛すぎた。ちょっと、本腰入れて走ろうかな、という気持ちになりましたね。
やっぱりアレかね、毎晩やっていた晩酌。あれが効いたのかね。あれのお陰で、3キロくらい増えたし。
あと、日ごろの体調管理。これも大事ね。
昨晩、つい寿司屋へ行ってしまい、ついついビールを飲んでしまい…あの時点で負けは確定していたのかもしれません。いや、夕食的には勝利よ。もう、圧勝。初鰹がとても美味かったし、サッポロが相変わらず美味かったし、言うことないです。ただ、昨晩、ビールを二杯頼まず一杯でセーブしていたら、もうちょっと良かったかもしれない。そんな気がしてならないのですよ。あそこの生中、規格よりもちょっとデカいしね。でも、寿司とビールの美味さを知ってしまった僕には、一杯にとどめることなんて到底無理でした。その店は寿司の後に、味噌汁が出てくるんですけどね、その味噌汁も美味いし、何より合うんだ。サッポロに。それから、ガリ。あれもとっても美味いし、何より合うんだ。サッポロに。さながらシャンディガフですよ。口の中で、シャンディガフ。いやー、ガリの美味さに気付けて良かったですよ。超美味いもんね、あれ。それから、昨晩はちょっと奮発して、ウニを頼んじゃったんだよ。ほら、次の日が駅伝ってわかってるから。頑張るためにウニ食っとくか!なんてね。結果、ビールが進んじゃって、もう最高でしたよ。ええ。
もうやめらんねえよ。寿司とビール。最高だわ。
寿司の美味い県に早く行きたいです。誰か連れて行ってください。

わーい


きたぜ!

2011年度ベスト⑨

2011年度ベスト⑨
AGAINST ME!『RUSSIAN SPIES』
やっぱりね、これでしょ。というか、AGAINST ME!でしょ!!
2011年度は何かとAGAINST ME!とneko!に助けられた一年でしたね。特に下半期。もうやってらんねー、って毎日思っていたけど、AGAINST ME!とneko!が僕を奮い立たせてくれました。
AGAINST ME!の2011年の音源ってことで、これ挙げてますけど、全部です。僕の持っているAGAINST ME!の音源全てがベストです。はい。特に『SINK,FLORIDA,SINK』ね。あのレコード聴いて、スカダンスをぶちかますのが、下半期の日課でした(笑)。あれ、超あがるんだよなー。
AGAINST ME!
たぶん一生ベストだと思います。最高だね。マジでさ。

死ぬほど飲ませたいの。

死ぬほど飲ませてあげたい。
我が家にたまに遊びに来てくれる水田さんに、ビールを死ぬほど飲ませてあげたい。
もしかすると僕は、死ぬほどビールを飲ませたいがために、水田さんを我が家に招いているのかもしれない。
もう先々週の話だけれど、先々週の土日に水田さんが遊びに来た。土曜の昼に来て、昼時だから何か食べようということになり、迷いに迷った挙句、飯田にある小汚い焼肉屋へ行くことに。
あったかね?僕が大学時分に、昼から焼肉という発想。なかったね。絶対になかった。そもそも、昼に何かを食べに行くなんてこと、あんまりなかったように思う。
僕は車の運転もあったし、地元にいるということで、ノンアルコール。ショウコさんももちろんノンアルコール。だけど、水田さんだけ生ビール。それも大ジョッキ。一杯1,000円の大ジョッキ。
あったかね?僕が大学時分に、大ジョッキなんて代物。なかったね。絶対になかった。中ジョッキの上は、ピッチャーだと思っていたものね。しかし、あのピッチャーってやつは何なのかね。あんなもんにビール入れて、「生ビールだ。」なんて言われても僕は信じないね。そんなもんよりも、瓶。絶対に瓶!
ずっしりと重い生の大ジョッキを持ち上げ、水田さんはぐびりとビールを飲んだ。表情からわかる、「くぅ~っ、うめぇ~」感。幸せ者だね。昼から焼肉食って大ジョッキ。多幸。これはもう多幸だろ!
結局、水田さんは生大と生中を飲み干し、真昼間からほとんど出来上がっていた。僕は、その姿を待っていたんだよ。体現者だね。休日の素晴らしい過ごし方の体現者。まあ、やれって言われたら、僕は嫌だけどね。

そんなわけで、昼飯に焼肉を食べ、いざ我が家へ。
と思ったのだが、帰路の途中で、天竜峡に寄り散歩をすることに。ただ散歩するんじゃない。水田さんに缶ビールを飲ませながらの散歩だ。
天竜峡には吊り橋があるんだけど、水田さんはその上で缶ビールを飲んでいた。もの凄い開放的な空間で、水田さんはユラユラと缶ビールを飲んでいたんだ。これはね、危険だから絶対にすべきじゃないと思うんだよ。僕だったら絶対にしないね。

水田さん、また飲みに来てくださいね。うふ。

思い出の


ギルマンのカード。
実家に放置していました。あぶねー!

懐かしいね。また行きたいね。

昼ビール

美味い。
あれは、美味いと思う。
昼から飲むビールは、本当に美味いと思う。
あれを覚えたのは、月曜日に閉店したモ*カッフェさんでなんだけど、最高だったね。
自分の住んでいない街っていうのが、またいいんだよね。
解放感っていうのかな。それが手伝って、昼に飲むビールを美味くするんだよ。ただでさえある、「今日は休みで、しかも小旅行だもんね。」感。だけど、心の底には「ああ、職場から電話かかってきたらどうしよう。」という不安感。昼のビールは、その不安感を消し去ってくれる。「もう飲んじゃったしさ、いいでしょ?」って、ただの休みをバカンスめいた物に変えてくれるんだよ。
その、昼ビールを許してくれたお店が無くなってしまったのはやっぱり悲しい。ハートランド飲みたいなあ。久しく飲んでないような気がするし。

結婚してから、昼ビールをする機会がめっきり減った。
いや、たまにはあるよ。ただ、そのたまにの主が、地元の集まりとかそういうもの。あの昼ビールはいけない。飲んでいても、「早く帰りたい。」感しか生まれない。長いんだよな。キリが悪いんだよな。昼ビールはさ、一杯くらいがちょうどいいんだよ。行っても二杯。それ以上飲んだら、終わり。僕なんかは一日の終わりだよ。眠くなるし、寝ちゃうしさ。つーか、本当に長すぎる。
昼ビールはさ、ほろ酔いなのにまだ外はガンガンに明るい、それも醍醐味の一つなんだよ。だのに、一つの場所でダラダラと夜までなんて…台無しだよ。

ああ、東京へ行きたい。東京じゃなくてもいいか。長距離バスで何処かへ行きたい。車でなんて行かねえよ。バスビールができないじゃないか。まだ2回くらいしかしたことないけど、バスビールもいいんだよね。まあ、またそれは別の機会に。笑

2011年度ベスト⑧

もうここまで来たので、10枚はやりたいですね。やります。何せ、特筆すべきことがないので…くぅーっ

2011年度ベスト⑧
TACOCAT『Woman's Day』(7インチ)
三月に山岡さん宅でパンクパーティをやりました。各々が好きなレコードを持ち寄って、それを聴きながら飲んだり食べたり…と言ったパーティ。
レコードは大変にかさばりますし、結構な重量があるので、東京へ行く際にレコードを持って行くなんてことは今までしたことがありませんでした(一回だけあるな。なぐもさんのイベントでDJやるっつってレコード持って行って、結局怖気づいてやらなかった時。笑)。だから、その日も当然持っているはずもなく…。
ただ、パンクパーティに参加するのにレコード一枚も持って行かないのはその趣に反するだろう、と急遽BASEで購入したわけです。その一枚が、これ。
部長とショーン君とで、なかなかいいね、なんて聴いていたのですが、帰宅して改めて聴いてみたところ、とてもいいぞ!と思い直したわけです。
わかる人はわかると思いますが、ghost miceともsplit7インチを出しています。が、その時よりも良いです。というか、その時の印象が全くないです。ごめんなさい。
ショボ過ぎず、うるさ過ぎず、可愛すぎず、とってもいい塩梅のガールズポップパンクなのです。
ちなみにアルバムも出ていますね。ただ、僕はこれがダントツで好きです。とってもいい塩梅です。ええ。
tacocat
ちなみにホワイトカラーです。そんでもって、何故かクレヨンが付いており、塗り絵ができる仕様になっていますので、自分だけのジャケにすることもできる優れものです。やる人がいるのかかなり疑問ですが…。僕はやりません。ショウコさんがやりたいと言ったのですが、阻止しました。本当にやめてください。

調子いいね

結婚してから毎日ビール飲んでいたのですが、最近控えています。
控えてわかったんですけど、調子がいいんですよ。
あの、お腹のね。
ビールを飲んでいた日々は、昼飯食べて小一時間後に必ずと言っていいほどお腹が痛くなっていましたから。まあ、お腹が痛くなったらトイレへ駆け込めばいいだけの話なのですが、嫌じゃないですか。腹痛に負けるのって。だから、勝負しちゃう。腹痛と僕のどっちが上か、勝負しちゃう。その間、全身鳥肌状態になったり、脂汗かいたりするんですけど、僕はそれでもやめません。その、勝負を。信じてますから。腹痛に勝てると、信じてますから。信じているんですけど、結局はトイレに駆け込むんですけどね。ただ、それは僕が負けたわけじゃない。僕の体の一部、本当に局地的な局部、そこが負けただけだから。
だから、負けていないんですよ。今のところずっと、腹痛とは引き分けなんですよ。

と言う、無駄な駆け引き。
これをやらなくて済むんです。
いいよ。凄く調子いいんだから!別に飲みたくなんてないんだから!!

2011年度ベスト⑦

疲れました。これが度々かと思うと、ゾッとします。
さておき、7枚目です。

2011年度ベスト⑦
PEER PRECIOUS『BLESS THIS MESS』
手にしたのは2012年度に入ってからなのですが、2011年度発売なので、まあ入れてもいいよね。ってことで、これです。
今日はもう疲れたので内容に触れませんが、これ凄くいいと思いますよ。見てくださいよ、ジャケのこの…ね?ヤギ?ヤギかな?とにかくこいつの物悲しそうな顔。これだけでジャケ買い決定でしょう。違いますか。
このままだとあまりにも酷いので、音の方にも軽く触れておきましょう。イーストベイパンクです。最後にクリンプシュラインのカバーもぶち込んできていますので、その手の音が好きな人は間違いないでしょう。個人的には、久々にこの手の音でグッと来ているような、そんな気がしています。
PEER PRECIOUS
つーか、これってヤギ?いや、ロバか?ロバなのか??
わからない。誰か教えてください。
ちなみに、カラーレコードではプレスされていませんので、ショーン君は気を付けてください。

2011年度ベスト⑥

明日、仕事なのでとってもブルーです。
朝から晩までさー。超ブルーだよ。
さておき、2011年度の6枚目です。

2011年度ベスト⑥
WHISKEY&CO.『RUST COLORS』
わかってます。2010年発売ということは重々承知です。僕も、2010年に買ってますから。だけど、2011年度に入ってからだと思うんですよ。「WHISKEY&CO.の新しいやつがヤバいぞ!」と部長と話しをしたのは。もしかすると、2010年かもしれませんが…。何せ部長が持っているレコードが初回の、それも限定のカラーのやつなので。
まあ、とにかく2011年度に話をした、ということにしておきましょう。年度はともかく、これが本当に最高のアルバムなのです。
針を落とした瞬間に流れるカントリーなサウンド。それだけで、踊りながらビールを飲みたい気持ちになるのですが、その歌詞がまた最高なのです。
何せ、一曲目からいきなり『I wanna drink cold beer and sing along.』とか歌ってますから。そんなこと歌われた日にはもう、ね?「ウイスキーじゃねえのかよ!」と思わず突っ込みたくもなりますが、それは野暮と言うものです。はい。
一曲目のその歌詞で、ビールが進む名盤確定なわけですが、それ以上に進むのが2曲目なのです。タイトルの時点で缶ビール一本イケます。そのタイトルが『BEER FOR』です。ヤバいでしょ。こんなもん、タイトルで大名曲確定でしょう。ただ、ヤバいのはタイトルだけじゃないのです。歌詞。超ヤバい。いきなり『I wanna beer for breakfast』ですから。続いて、『I wanna beer for brunch-fast.』ですから。最終的に、『I wanna drink beer all day long.』とか歌ってますからね。
これは我が家に遊びに来た水田さんのためにあるような歌ですね。笑
さておき、1曲目2曲目だけでなく全編通して良いです。部長とも話したんですけど「こんなに良いと思っていなかった。」と。これを機にWHISKEY&CO.全部買おうかしら、なんて思っちゃいます。
Whiskey&Co.
あービール飲みてー!
これ聴いてると、本当にそう思うな。

2011年度ベスト⑤

どうも。
結婚してレコード買う量は減りましたけど、それでもコンスタントに買っています。
ショウコさん、ありがとう。

2011年度ベスト⑤
SUSPICIOUS BEASTS『USED TO BE BEAUTIFUL』
BLOTTOだとか、THREE MINUTE MOVIEだとか、YOUR PEST BANDだとか、THE URCHINだとか、BROWNTROUT。
好きな人にはたまらないバンドのメンバーによるバンドなんですけど、そんなことはどうでもいいと思います(僕もBLOTTO以外ほとんど聴いたことないです。ごめんなさい。)。
いいんです。最高なんです。ジャンル云々?そんなもん軽く飛び越えています。とりあえず、レコードプレーヤー持っている人は聴かないとダメでしょう。もしくは、レコードプレーヤー買ってでも聴くべきでしょう。
これ聴きながらビール飲むと、大変に進むので注意が必要です。何て言うんでしょうか、ビールが合いすぎるんですよね。つまみで言うと柿ピーですね。しかも、柿とピーが絶妙なバランスで食べ進められているときの、あれ。
SUSPICIOUS BEASTS
レコードっていうのが、本当に嬉しいですね。このバンドは絶対にレコード!CDじゃないんだよなあ。本当にレコードが似合いすぎる。そんな音です。ここ最近の日本のバンドで、一番レコードが似合ってるんじゃないかな?そんな持ってないけど。LPで言うと、HOLiDAYSとキセルしか持ってないけど…。

とにかく、素晴らしい音源ですので、本当に聴いてください。マジでさ、スーパーいいぜ。

雨の金曜日

昨日飲まないとか言いましたけど、雨の日はなしでお願いします。
雨の日は何だか飲みたくなっちゃうんですよね。ええ。
金曜日だしさ。
しかしさ、まったくモチベーションがあがってこないね。
更新するような内容もないし。
こうなったら、2011年度ベスト…か。別にやめてたわけじゃないから。
なんつーか、サボってただけだから。ごめんなさい。誰も待ってないでしょうけど。はは。
パーマンだ
あ~色々とサボりてぇー。

さらば家ビールよ

一昨日、遂に我が家のビールの在庫が尽きました。
当初の予定では、土曜日に在庫が尽きるはずだったのですが、水田さんが遊びに来てくれて、ビールを沢山買ってくれたのです。まあ、その7割を水田さんが呑み尽くして帰ったんですけど。笑
とにかく、一昨日ビールが尽きまして、昨日から家ビール断ちを決行しています。別になきゃないで、ね?今日ももちろん飲んでいません。
驚いたことに、昨日飲まなかっただけで、体調が良いんですよね。特に朝。一昨日までは、うわああ…って感じだったんですけど、今日は、うわあ…でしたから。朝辛くないってのは、とてもいいですね。まあ、低血圧なんで辛いは辛いんですけど、飲んだ次の日に比べたら全然です。
この調子で、体調の良い日々を過ごしまくろうと思います。
とりあえず、週末が強敵だな…。週末は飲みたいよなあ。

大トロ

食べたことなかったんです。
今まで食べようとも思わなかったんですけど。
元来、肉の脂身が嫌いですから、脂の乗りまくった大トロはたぶんダメだろうな、と。言うならば食わず嫌いしていたわけです。
日曜日に水田さんと鮨屋へ行きました。
魚の切り身を見ても何の魚なのかわからないので(鮨屋行く資格ないな)、にぎりの上をお願いしました。水田さんも同様ににぎりの上を頼んだのですが、にぎりの上を食べ終えると、「大トロ三貫ください。」などと言うではありませんか。大人ですね。完全に大人です。僕なんて、なかなか注文することもできないのに。
しばらくして、僕らの目の前に大トロが現れました。僕が今まで見てきたマグロの概念を覆す脂の乗りよう。肉で言ったら脂身。そう言って差し支えないと思います。さすがに躊躇いましたね。脂身嫌いですから。しかし、意を決し、口の中へそれを放り込みました。
僕の横では、既に大トロを食べ終えた水田さんが、「とろけるってこういうことをいうんだね。」などと言っていました。
本当に、まったくね。その通りですよ。その通りなんですけどね、赤身の方が好きでした。
水田さん、ごめんなさい。でも、また食べさせてください。笑

ガリ

気付いた。
とても美味いことに、気が付いたんだ。
大嫌いでした。
子供のころ、回る寿司屋でガリを食べて気持ち悪くなって以来、大嫌いでした。
ところが、気付いた。
とてもとても美味いことに、気が付いたんだ。

きっかけは、最近よく行く鮨屋。
ヒノキ板一枚、と思われるカウンター。そのカウンターの上に、花びらのごとく重ねられるガリ。
惚れた。
僕自身、花には全く興味のない、ロマンチックのかけらも持ち合わせていない男なんだけど、その花には惚れた。ガリの花。薄ピンク色のバラかと思った。
だけど、フラッシュバック。
子供の頃の、ガリを食べて気持ち悪くなったという記憶が蘇ってきた。
あーダメだ。ダメダメ。やっぱり食べられない。
そう思っているのに、勝手に動く箸。
惚れた。心底、惚れた。
故、勝手に動く。
故、それを箸でつまむ。
故、箸でつまんだそれを口へと運ぶ。
故、口にする。
故、気付いた。
とても美味いことに、気が付いたんだ。

コンポ買いました

土曜日に水田さんが遊びに来ました。
飯田で水田さんと合流して、まず行ったのが家電量販店。バス停のすぐそばにあるので、ついつい寄ってしまいました。というか、今のところ毎回寄っている気がします。
寄るのはいいのですが、特に何かを買おうという気はなく、ただただブラブラするだけの予定でした。が、コンポ欲しいなという想いがあったため、コンポのあたりをフラフラしていると、水田さんが「これ欲しいの?」と。
欲しいか欲しくないかと問われれば、欲しいです。使っていたのが、小学生自分から使っているラジカセだったので、ずっと欲しいなとは思っていたのです。
ただ、買うに至らない程度の欲しさ。だから、欲しいか欲しくないかと問われれば、欲しくないと答えるべき程度の欲しさだったのです。
ちなみに、そのコンポと言うのが32,500円という金額でした。年末に比べるとだいぶ下がってはいたのです。この金額なら買ってもいいかな、と思っていたのも事実と言えば事実なのです。が、その時点では買う気なんてサラサラありませんでした。
そんな(コンポの前でフラフラしている)僕らの前に、店員さんが現れ、「何かお探しですか?」と一言。
それに間髪入れずに「これ安くならないんですか?」と水田さん。
水田さんの「これ安くならないんですか?」を受けた店員さんは、「少々お待ちください。」と何処かへ姿を消してしまいました。
“これ、買わないって言えない雰囲気になっちゃうやつじゃないですか…”と僕が心の中で思っていたのは言うまでもありません。
店員さんがいなくなった途端、「逃げようか。笑」と水田さん。鬼です。オーガです。さすがに逃げることはせず、その場で待つこと数分後、店員さんが戻って、「30,000円でどうでしょうか。」と水田さんに向かって言ったのです。
僕は心が痛みました。買う気もない水田さんに向かって「30,000円」などと言っても、どうせ買わないんですから。

さておき(笑)、それならもう買います(というか、断れないので)と心に決め、購入に至りました。
購入にいたるまでにもう一悶着あったのですが、そのことについて触れるのはやめておきましょう。何て言うか、もう面倒くさいので。笑

というわけで、コンポ買いました。やったね。今日もレコード聴くぜ!

パンクのレコードを買おうと思った

久しぶりにパンクのレコードをお願いしました。

やっぱりさ、パンクだったのか、と再確認した夜。
文句なんて言わないよ。仕事終えて、ご飯食べて、お風呂入って。
その風呂の中でFOURTOMORROWだとかneko!だとかAGAINST ME!だとかLATTERMANだとか。それらを口ずさんでるうちに忘れるっての。文句なんてさ。
よかったよ。好きなものがあってさ。でもさ、そういったものを愚痴のはけ口にはしたくない。
風呂で口ずさむそれらはどうなんだろう。酔っ払った頭で考えた結果、違う。違ったよ。
はけ口なんかじゃなかった。
最高。
それだけだろ。
いいだろ。勝ったね。
そう思える僕は、完全なる勝者。チャンピオンだ。
だから、今日。パンクのレコードをお願いしようと思ったんだ。いいだろ。チャンピオンだぜ。

誰かさ、出してくれよ。
FOURTOMORROWやneko!やdoes it floatのレコードを。
出してくれなくてもいいや。誰か僕に指導してくれ。レコードの作り方を。
やっぱりさ、一回くらいは作りたいよね。好きなバンドのレコードを。となると、4way splitをLPで、ってなるのかな。でも、7吋も捨てがたいよねー。
はは、完全にチャンピオン。こういう考えが出る僕は完全にチャンピオンだ!
どうだーっ!!!

ショウコさんのイマジン

先日、長野市に行ったのですが、その時にレコード屋に寄りました。
僕は特に目当てもなく、適当に眺めていたのですが、店内で暇そうにしていたショウコさんが突如「ビートルズが聴きたい。」と言い出し、レコードを漁り始めたのです。
個人的にビートルズ辺りは手を出したらヤバそうな雰囲気があったので避けていたのですが、ショウコさんが漁っている横でビートルズのレコードを眺めていました。勿論、買う気なんてなかったわけですが。
ところが、ショウコさんの「これカラービニールだぞ。」という言葉についつい乗せられてしまいました。売り文句を見ると、輸入盤2ndプレスのピンクビニール1000枚限定、とのこと。ちなみに値段は1,890円。
「輸入盤」と「ピンクビニール」と「1000枚限定」という言葉に心が揺らいだのは言うまでもありません。以前までの僕ならば、1,890円高いなーと言った塩梅だったでしょうに、ショーン君のカラーヴァイナルの話を聞いてからと言うもの、傾倒しつつあったのです。カラーというやつに。何より、ショーン君に鑑定してもらえますからね。どんなピンク色だか知りませんが、「このピンク、いい仕事してますね。」と言わせることができるかもしれないのです。
だから、欲しくなってしまったのです。笑
ところが、ショウコさんが「これは高すぎる!」と反対をするのです。ビートルズ聴きたいって言ってたのに。ショーン君に見てほしかったのですが、そういうわけで購入は見送りました。もう、あのピンクビニールには会えないんだろうなあ。

ちなみにショウコさんは迷いに迷った挙句、ジョン・レノン『イマジン』の7吋を200円で購入していました。それならビートルズが良かったなあ。
というわけで、次回ショウコさんに会ったときはこう訊いてあげてください。
「初めて買ったレコードは?」と。
きっと、イマジンのジャケのジョン・レノンみたいな顔でこう言うと思います。
「ジョン・レノンの『イマジン』です。」と。
なんかちょっといいな。笑

来るぞ!

イガビバさんがアナウンスしましたが、THE SLOW DEATHが日本に来るそうです。
eager beaver redords
時期は7月!7月のいつなのか、とても気になります(7月と言うと、消防にかぶる可能性があるので…)。
絶対に行きたいですね。2011年度ベストの一枚に挙げたくらい好きですから。
詳細はよくわかりませんが、今からレコード聴きまくって待とうと思います。うふふ。

くしゃみに蓋をするな

花粉きてますね。
暴風雨ということで、花粉飛んでないだろうと思っていたのですが、意外と飛んでたっぽいです。鼻がムズムズする。
花粉症の方ならばおわかりだと思うんですけど、花粉症って辛いんですよ。
花粉症じゃない方はわからないと思いますが、上あごの裏が痒くなるんですよ。痒くて痒くて、何とかして掻き毟ろうとするんですけど、上あごを掻き毟ることのできる一番の部位が舌なんですよ。勿論、口の中に指を入れてそれで掻くという方法もありますけど、人前じゃできないでしょ。だから、舌で掻くしかない。ところが、皆さんご存知のように舌って柔らかいんですよ。だから、当然掻き毟ることなんかてきるわけもなく、むしろやさしく上あごに触れることで、痒さを増幅させている気もしなくもないんですけど…。
わかんないだろうなあ。花粉症じゃないショウコさんには、絶対にわかんないだろうなあ。

ちなみに、花粉症で一番辛いのが(個人的に)くしゃみが出そうで出ないところ。
相当に焦らしてくるんです。花粉ってやつは。くしゃみをする準備をしているのに、花粉のやつは花のくしゃみが出そうで出ない絶妙な部分をくすぐってくるんですよ。だから、こっちも何とかして出してやろう!という気持ちになるんですよね。と言っても、太陽を見上げながら口を開けている、ことくらいしかできないんですけど。
とにかく、日々悪戦苦闘しているわけなのですが、先日、ショウコさんがとんでもない暴挙に出てきたのです。
完全にくしゃみが出るぞ、という時に僕の口を手で塞いできたのです。
不思議なもので、そこまで来ていたはずのくしゃみが引っ込んでしまいまして、代わりに怒りが腹の底から沸上がってきました。
冗談抜きでね、これやられるとマジで腹立つから。久しぶりに怒り狂いそうでしたよ。ええ。

ショウコさんも花粉症になればいいのに。

いざ口にしようとするととても恥ずかしい

一昨日、ワカメさんとアイカワくんとで長野へ行ってきました。
目的は、バラッドメンとノギオさんがやっているクラシックスのライブ。
そこでノギオさんがやたらと「アイカワくんとワカメちゃんとシローくんの三人で、あれなんだよね。あれあれ。」と言ってきたのです。
言いたいことは痛いほどわかりました。なぜなら、僕がそのあれを考案した者ですから。ただ、いざそれを口にしようとすると何故だかとても恥ずかしくて、声を出して言うことができませんでした。
そのあれって言うのが、下伊那PUNK三銃士、なんですけどね。そこにルルドくんが加わると下伊那PUNK四天王になるわけです。
なるわけなんですけどね、これって、ネーミング的には非常にダサいんですよ。まあ、ダサいから採用したってのもあるんですけど、いざそれを口にしようとしてもなかなかできない、ということに一昨日気づきまして。
何かもう超恥ずかしくて。「下伊那PUNK三銃士(または四天王)。」というのが。考えてみてください。いますか?ここ最近で、三銃士って。三銃士はおろか、四天王すらそういませんよ。大体からして、ストリートファイター2の四天王か、もしくはロマンシング・サガ3の四天王以降、記憶に残る四天王っていませんからね。ちなみになんですが、どちらかと問われれば、断然ロマンシング・サガ3の四天王でありたいですね。はい。笑

まあ、恥ずかしい恥ずかしいと言ってますけどね、下伊那にPUNK好きなやつが7人集まったその時には、僕はもうその集団のネーミングを考えているんですけどね。
「下伊那PUNK七英雄」って。
超カッコいいでしょ。ただ、いざ口に出そうとするとダサいから、文字で留めておきたいところなんですけどね。

さておき、一昨日のバラッドメン!

7吋買えばよかった!!

今までありがとうございました

4月16日(月)をもって、西荻窪のモ*カッフェさんがお店を閉めるそうです。

僕はそのことを、三月中旬のちょうど東京にいる時に知りまして、その時にお店に行ってきました。
閉店までにもう一回行くぞ!と思っていたのですが、どうやらそれも叶いそうにありません。西荻窪へ行く目的の一つでしたので、これでまた西荻窪へ行く機会が減ってしまいそうです。
当初は、ショウコさん宅までの道中にあるということで行っていたのですが、何度か通ううちに顔見知りになり、更に同郷であることも判明しまして(笑)。今考えるとバカウケですね。長野からわざわざ東京に行って、その度に長野出身の方に会う、って。そう言えば、昼ビールを覚えたのもこの店ですね(笑)。
ちなみに、個人的に二回程企画なんぞをやらせていただきまして、そういった点からもやっぱりかなり思い入れがあったお店なのです。二回ともとても楽しかったし、それがきっかけで西荻窪に知り合いもできたりして。



どちらも今見てもバカウケです。

今まで本当にありがとうございました。またどこかでお会いしましょう!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。