スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自負している

僕は下伊那パンク四天王である、と。
そう自負している。
下伊那という、長野県の中でもマイナーな地域に果たしてパンクスはいるのだろうか?そんなこと考えたところで答えなど出ないし、まずいないだろうな、とも僕は思っている。
それならば、僕がなればいい。そう、カツオカシローパンクスに。
いいよな。下伊那パンク四天王の一人なんだから、カツオカシローパンクスと名乗っても。名乗るぜ、今日からな。

さておき、せっかくなので下伊那パンク四天王のメンバーを紹介しようと思う。
四天王と言うくらいだから、僕を含めて四人いる。メンバー構成は下の通りだ。
・カツオカシローパンクス
・アイカワパンクス
・ワカメパンクス
・焼き芋パンクス
四人のうち二人が食物の名前というのが、パンク感を物凄く薄めてくれている気もしなくもない。
ちなみに、焼き芋パンクスは下伊那を飛び出し、高円寺あたりでデザインやら何やらをしているので、下伊那パンク四天王に入れていいものか微妙なところではある。

そんな下伊那パンク四天王の主な活動は、新年会をやる。これに尽きる、というか今のところこれ以外のことをしたことがない。
大体1月2日に飯田に集まり、主に(カツオカシローパンクスが)焼き芋パンクをいじり倒す、という内容で盛り上がっている。パンク要素はほとんどゼロに近い。可能であればもっと集まり(焼き芋パンクスをいじり倒したい)ところではあるが、焼き芋パンクスがなかなか高円寺付近から帰ってこないため、実現していない。
この高円寺かぶれ焼き芋野郎っ!嘘だよ嘘嘘。えへへ。

来年も新年会できるといいなあ。僕らは待ってるよ、高円寺かぶれ焼き芋野郎のことを。
スポンサーサイト

楽しいことになってきた

6月2日に町で行われるロードレース大会があるのですが、それにエントリーしました。まあ5キロだけですけど。
5月中旬、同僚と池の周りをノロノロと走ったのですが、果たして5キロも走れるのか…と不安になるくらいの運動不足っぷりに幻滅。当初、出る気なんて全くなかったんですけど、その同僚に誘われて出ることにしたのです。ちなみに、その同僚がエントリーした理由と言うのが、「レースの後の豚汁が楽しみ」というもの。
エントリー料かかってるから…なんて野暮なことは言いませんが、僕としては、豚汁か…という感じ。豚肉、好きじゃないんですよ。豚肉の何が嫌かって、脂身が嫌なんですよ。豚汁って、脂身だけが浮いてたりするじゃないですか。あれを思うだけで、寒気すらします。で、豚汁って皆が好き、みたいなイメージあるじゃないですか。だから、豪快に盛る。具だくさんの方がいいだろう、ととにかく盛る。僕、見ちゃうんですよね。「ああ、豚肉がすげえ入ってるわ…」って、豚汁の具が乗っているおたまを。豚肉単体で食べるのは辛いので、どうしてもお供が必要なんですよね。じゃがいもとか、人参とか、たまねぎとか。とにかく、何かで豚肉感を薄めたい。けど、豚肉の量がとんでもない量だと、計算が狂うんですよね(計算とかしている時点で食べたくないよね)。
レースの後に旨い鮨が待っている、というのなら僕も迷わず出るんですけどね(走った直後に鮨というのも辛いものがあるけどね)。
まあ、いいでしょう。飲みに行こうじゃないですか、その豚汁を。
豚汁と言えば、僕の住んでいる地域では豚汁に生姜が入ってるんですけど、あれはとてもいいよね。生姜が入っていれば、豚嫌いを帳消しにできなくもないかな。脂身が浮いていたり、豚肉が多量に入っていたら話は別だけどさ。

しかし、誰が考えたんだろうね。大勢の人が集まるところには豚汁だ、っていうやつ。豚抜いてさ、味噌汁でいいじゃん。豆腐とかワカメとか大根とかの、シンプルな味噌汁でいいじゃん。
大勢の人が集まるってことは、好き嫌いが増えるってことだ。好き嫌いが増えるってことは、極力シンプルな方がいいってことだ。だからさ、味噌汁でいいじゃん。タイムマシンができたなら、僕はそれを正しに行きたい。一番最初に豚汁にしようと考えたやつから、豚を奪ってやりたい。
ちなみに、ロードレース後はおにぎりも貰えます。そう考えるとさ、絶対に味噌汁だよなあ。そう思うのって、僕だけかね?
(好き嫌い多くてごめんなさい。)

楽しいことをしたい

早くも梅雨っぽいですね。
嫌いだわ。基本的に四季の良さをあまり感じられない人間なのですが(主にアレルギーが原因)、やっぱこの時季が一番嫌いだわ(春も夏も秋も冬も言ってそうだけど)。
ジメジメするよねー。やる気出ないよねー。
早いところ突き抜けて、夏になって欲しい。夏になったところで、暑いんだけど。田舎でさ、すげえ山なんだけどさ、暑いから。もう、いいとこないよね。笑

さておき、昨年は我が家に友人がたくさん来てくれたなあ、とふと思いました。
よく来たよね。また来ようと思うかは疑問だけど…。何もないんだもんなあ。せっかく来てくれても、芳しいスポットがないんだもんなあ。僕は友人に会えればそれでいいけど。いや、案外そんなもんかもね。
そう言えば、昨年は野間さん達を祭に連れて行ったな。祭だけはたくさんあるんだよ。
夜遅いし、うるさいし、熱いけどさ、まあ一回くらいは体験してもいいかもしれない。僕はもううんざりしているけど…はは。
祭りはたくさんあるね
最初から最後までうるさかったよねー。笑

よし。6月に入ったら、あれを発信しよう。それで友達にたくさん会えるといいなあ。えへへ。

楽しいけど、悩ましい

かつのちからzine vol.4。
夏過ぎくらいには出します。もう出すしかないのです。(※FOURTOMORROWのホームページ参照。)
あの夏の日々から二年ですか。やるやる、と言い続け、ここまで引き伸ばした僕…否ッ!最後までやり遂げようとする自分を褒めてやりたい気分です。
と言っても、まだまだ全然終わっていないんですけど。アメリカツアー記の下書きの下書きしかできていないんですけど。(※FOURTOMORROWのホームページ参照。)
まあ、こうなったらやりましょう。何だかんだで比較的やるやつである、と思いたいので。笑

とりあえず、今の状況を申し上げますと、A4にびっしり36枚で何とかアメリカツアーを終えています。が、これが本当にびっしり。引くくらいびっしりしているので、製本した時に、内側読めねえんじゃねえの?という疑惑が浮上しており、僕のやる気を削いでくれています(こんチクショウめっ!)。と言うのも、このびっしり感を直すだけでも非常に手間なのです。それを考えると、もうやりたくねえ…と頭を抱えたくなるのです。笑
まあでもね。何だかんだで、こういうときが一番楽しいんですけど。…違うか。一番楽しいのは、ザクザクコピーして中綴じ用のホチキスでガシガシやっているときですね。ただ、A4を36枚となるとそれが叶わないのです。一番の楽しみなのにね。

まあ、とにかく夏過ぎくらいには出したいです。というか、出さねばならないのです!(※FOURTOMORROWのホームページ参照。)
大体、リミットは決めてるけどね。まだ言わないけど。間に合うかわからないからさ。笑

りんご音楽祭に行ったなあ、と

りんご音楽祭、という長野県松本市で行われているイベントがあります。
何年か前からやっていて、その存在は知っていたけれど、なかなか行けなかったイベント。
昨年、なぐもさんが行くと言うので、僕らも松本へ行くことにしました。目的は、りんご音楽祭ではなく、なぐもさんだったわですが。笑
その日初めてりんご音楽祭の舞台となる松本のアルプス公園へ行ったのですが、とても良い公園だな、と。
僕らはチケットを持っていなかったので(たぶん当日券買えたんですけど)、公園の遊具で遊んでいたのですが、近場にこんな公園あったら通っちゃうよね、と思わせてくれる良い公園でした。広いしさ、緑多いしさ、言うことなしだよね。
フェスをやる側としては悩ましい部分なのかもしれないけど。笑
フェスって全然行ったことないんですけど、知らないバンドや人に会えるというのが一つの魅力なのかな、と思っているのですが、それ以上に公園が魅力的。まあ、これで松本いいなあ、って思う人も出てくる可能性もありまし、どうでもいいか。いいものはいい!ってことで。
いい公園だよね
本当に近場に欲しいなあ。

ちなみに今年もやるそうです。
9月14日と9月15日だったかな。やだなあ。その近辺は皆と飲みたいのに、やだなあ。
誰が出るのかわかりませんが、やっぱり僕はライブハウスかな。もっと言うとスタジオくらい狭い場所で、バントと客の距離が近ければ近い方がいい。
誰か超でけえ公園でスタジオライブみたいな感じでやるフェスやってくれねえかなあ。スタジオでいいだろ、って話だけど。笑

free sushi for life.

いや、最近GHOST MICEの『FREE PIZZA FOR LIFE』をよく聴いているんですよ。
ただ、PIZZAなんて滅多に食べないし、宅配ピザを届けてもらえる範囲外に住んでいるので、もはやほとんど無縁と言ってしまってもいい。そんな状態なのです。ということで、PIZZAに代わる物はないだろうかとふと考えたときに、ぱっと思い付いたのです。SUSHIしかないよな、と。
というわけで、今日、鮨を食べに行きました。
節約しないとなー、とは思っているのですが、食べれるときに食べないと。鮨には旬がありますからね。などといいつつ、どれが旬なのか全くわかっていないのですが。もっと言うと、魚を見ただけではどれがどれなのか判断できないのですが…。
しかし、やっぱり本当に鮨って本当にいいものですね。
個人的に、よく行く鮨屋で『バンキシャ』を見ながらサッポロを飲む、というのが日曜日の一番の贅沢だったりします。別に『バンキシャ』を毎週見ているとかそういうわけではないのですが、そのお店では毎週日曜の18時からは『バンキシャ』なのです。何故だか合うんだよなあ。バンキシャとサッポロと鮨。
これで明日も頑張れそうです。
よーし、クラッシクラガー飲んで寝よう。

五月も終わりが見えてきている

早いなー。
楽しかったゴールデンウィーク前半からそろそろ一ヶ月が経過するなんてね。
この調子で行くと、30歳なんてもうすぐだね。ショウコさんは、二ヶ月後に30歳だし。ってことは、僕らも10年ってことですか。20歳になる歳に付き合い始めたので。早いよねー。

話は変わるけど、ゴールデンウィーク前半の特記事項と言えば、やっぱりFOURTOMORROWの新曲ですね。
川越のスタジオで新曲2曲をやったのですが、それがもうとてもとてもカッコよくて。
ちなみにFOURTOMORROWを追いかけて始めて10年目なのですが(確か20歳になる歳に初めて観た。ショウコさんと同じだね。笑)、10年だか9年だか、とにかくあの頃の気持ちが腹の底から蘇ってくるような、そんな感覚。僕はそれが口から出ないように噛み締めて、拳を握りしめて。これはひょっとして、10年だか9年だか、とにかくその当時と全く同じことを今もやっていのではないか、と。
で、その新曲2曲が入るであろうSHINOBUとのスプリット7インチを楽しみに待つ日々。
ああ、これも『reaching town, up and down, lookin' for far fuckin' sounds.ep』の発売を心待ちにしていた9年だか8年だか前と全く同じだなあ、と。
夏はあまり好きじゃないんだけど、SHINOBUとFOURTOMORROWのスプリット7インチがたぶん夏に出るような感じがするので、珍しく夏が待ち遠しいよ。夏なんてすぐ来るぜ。

話は変わりますが、6月8、9日に長野市へ行く予定です。
職場の青年部で長野市へ行って泊まるのです。僕にとって青年部での最後の活動になります。で、僕って部長でしょ。だから、ショウコさんも連れて行きます。やりたい放題だろ。更に、行先もたぶん僕が決めます。今のところ軽井沢。軽井沢のニューアートミュージアムへ行きたい、だから軽井沢です。「わたし超スキッ!!」を見に行きたいのです。他の人達には悪いけど、僕はマジだぜ。笑
これはもう再来週の話。すぐだなあ。

この調子だと9月はすぐに来ちまうね。
で、12月が来て30歳。
早いなー。

なんか飲んでばっかだよなあ

結婚してから、ビールの消費量がグンとあがりました。
結婚する前は、飲んでも金曜日か土曜日の夜だけ。金曜日もしくは土曜日の夜に、レコードプレイヤーの前でビールを飲むのが、一週間のうちで一番楽しみな瞬間でした(東京へ行っていた週は除いてね)。
平日に飲むなんてことは本当に滅多になく、珍しく飲みに誘われても「わかりました。」と言いつつも、物凄い嫌な顔をしていたのに。
今週は、月曜日から飲み会。更に火曜日も飲み会。そのせいなのか、それとも飲んだ後に走ったせいなのか、今週は体調が優れなかったなあ。
わかってるんですよね。ビール飲まない方が翌日の朝とても楽だということを。
けど、飲んじゃう。最近走ってるんですけど、走って汗かいて、風呂上りに飲むビールの美味い事。
何でこんなに飲むようになったのか。理由はわかりません。が、ショウコさんがいると飲みたくなってしまうのは事実です。何でだよ!って話ですけど、事実です。笑
というわけで、今日も飲んでます。
パソコンの前で、ブログに載せるようなこと何もねえなあ、とぼんやりしながら飲んでいました。
わかってるんですよね。一番よくないって。飲むにしても、ブログ更新するにしても、何より時間の使い方として。これ以上こんなことを続けるわけにはいかないので、レコードプレイヤーの前へ移動することにします。さようなら。

しかしよく来たもんだね

火曜日、ワカメさんが我が町にやって来ました。
発端は土曜日に会った時に、ワカメさんに合いそうな人が来る飲み会がある旨を伝え、誘ったところ快諾。
まあ、クソ酔っ払ってたし、ワカメさん忘れてんだろうな、と思っていたのですが、おぼろげながら覚えていたようで、何だよくわからないうちに我が町へ来ていました。
はっきり言ってね、僕が住んでいるところってマジで田舎なんですよ。来たことない人の想像とはかけ離れた。言ってもワカメさんが住んでいるところだって、都会に住んでいる人からすれば田舎なんでしょうけど、僕の住んでいるところに比べたらね。ワカメさんも驚いてましたから。笑
そんなわけで、飲み会に来ていただいたのですが、僕もその飲み会の趣旨をよくわかっておらず…と言うか、趣旨は愚か誰が来るのかもよくわかっていない始末の悪さ。ワカメさん、本当によく来たもんですよ。笑
結果を言えば、なかなか楽しかったです。ワカメさんも普通に溶け込んでいたし。よくあの状況下で溶け込めますね。僕は感心していましたよ。
ちなみに、ワカメさんに会わせたかった人と言うのが、僕の住んでいる町で地域おこしをしている地域おこし協力隊の人。三人いて、そのうちの一人がカンボジアによく行っている、という情報を得ており、カンボジアへ行きたいと言っていたワカメさんにはうってつけの人物ではないか!と思ったわけです。が、実際はカンボジアではなくフィリピンだったのですが…笑
間違った情報って、恐いわね。あはは。
まあ、なかなか面白い話もできたので、いいですね。その面白い話と言うのが、僕とワカメさんとアイカワくんが揃った時によくする「あのバンド地元で見たいよね」という話にそっくりな話。あの話、実現した例がないから、火曜日の話も途方もない面白い話で終わりそうだね。
祭りの日に、タテさんとか呼んで、祭りの前にライブやってもらって、そのまま祭りも楽しむっていうね。
これ、無理だよね。どう考えても現実味ないよね。はは…。

というわけで、久しぶりにタテタカコさんの音源聴いてます。
ホント、最高です。飯田でもライブやってください。

GHOST MICEの10インチが届いた

どうも、FRIEND OF PLAN-IT-Xのかつのちからです。
もしかして、日本で僕だけですか?
100ドルでPLAN-IT-X RECORDSの2013年リリース作品がたくさん届くなんてラッキー!と思って、100ドル支払ったら、「100ドルなのはアメリカだけなんだよ。日本は200ドルなんだ。あれなら100ドル返すよ。」とクリスからメールが来て、もういいんです。決めたんだから。男に二言はないんだから!
と、FRIEND OF PLAN-IT-Xに申し込んだのって?
たぶん僕だけだよなあ…笑

というわけで、昨日、家に帰るとアメリカから荷物が届いていました。きゃーっ!
中身は真っ黒なLP(ジャケも中も黒一色)とGHOST MICEの10インチとEmperor XというバンドのCDでした。
で、さっそくGHOST MICEの10インチに針を落としました。うふっ。
内容は、ここ最近の7インチを集めたもの(と言っても、ここ最近は7インチ出してないけど。ONSINDのスプリットとかTACOCATとのスプリットとかあのあたりね。なんて書いてわかる人はあんまりいないんだろうけど…)。
個人的にシングル集って、シングルの良さを殺すだけクソ盤、なんていう間違った考えを持っているんだけど(笑)、これは最高よ。何だろう、曲順なのかな?いや、GHOT MICEだからなのかな?とにかく最高です。
GHOST MICE
これね。10インチというのがまたいいよね。これがLPだったらまた違ったかもしれない。形って不思議。笑

GHOST MICE
GHOST MICEは皆に聴いてほしい。とってもいいから!

完全に飲みすぎてしまった火曜日

途方もない話を漠然とし続けることの楽しさよ。
今日は、そんな夜を過ごすことができた。
終始、ニヤニヤと爆笑が止まらなかった。
ワカメさんを我が町に無理やり連れてきて正解だったように思う。
あの途方もなく漠然とした馬鹿げた話の中の一つでも形になればとても面白いと思う。
それが都会にない強みであり、田舎にある弱みである、ということは僕は知っている。
答えは簡単なんだよな。
やるかやらないか。
その二つしかない。
どうだろう、大体がやらないんじゃないかな。
この田舎に住み続けて八年目。大体わかってきた。
僕はどうだろうか。これまで住み続けて、残念ながらやってないよな。
今に見てろ、ということはいつだって思っているんだけれど。
今に見てろよ。
田舎を、うおおっ!と言わせてやるぜ。
なんて。
何度も思っていることを今日も思っているだけ。
それだけだよ。
まあ、酔っ払ってるからね…はは。

俄然楽しくなった月曜日

ブラックマンデー。
なのですが、飲み会でした。
瓶ビールがキンキンに冷えていて、冷てえー!なんてガブガブと飲んでしまい、ご機嫌です。
楽しいねー。楽しいことを言わずにはいられない性分なので、楽しいなあ、ということを伝えることができる相手がいなくて、キィーッ!ってなってます。
でも、伝えなくてもいいか。一人で、むふむふ、むふふ。なんてニヤニヤしているだけでもいいか。むふ。むふむふ、むふふ。楽しいねー。楽しいよねー。えへへー。

明日。火曜日ですね。
ワカメさんが我が町に飲みに来てくれることになりました。はは。
カンボジアだかどっかに行っていた方が、今年度から職場に入りまして、ワカメさんに紹介しなくてどうする!と思い、誘ったらワカメさん来てくれるって。
さすがですね。
ヤバいね。楽しいね。ブラックマンデーが終わって、やれやれ…なんて思っている火曜日に、また飲めちゃう。それも下伊那PUNK四天王の一人と!これはもう、ね?
むふむふ、むふふ。でしょう。はは。
明日は僕の思いのたけをワカメさんにぶつけようと思います。何せ、楽しいからね。むふ。むふふ、むふうふ。

楽しいお酒はいいね。
どうせ飲むなら、楽しくありたい。うふ。

昨晩はしたたか飲んだ

僕、そんなにお酒は飲める方ではないのですが、ここ最近、飲むペースがグンとあがったな、と昨日痛感させられました。
アイカワくんとワカメさんと飲んだのですが、二人のペースが妙に遅いわけです。僕が二杯目を空けようというときに、二人はまだ二杯目に口をつけるかつけないかという状況。
アイカワくんもワカメさんも僕よりも確実に飲める人たちなので、これはおかしいだろう、と。ワカメさんはともかく、アイカワくんは翌日から消防地獄という状況下にあったため、ひょっとしたら思い悩んでいるのではないだろうかなどと要らぬ心配をしてみたりして。
結果、「しろーさんが早いんですよ。」とアイカワくん。
そんなにハイペースで飲んでいたつもりはなかったんだけどなあ。僕も飲むようになったもんですね。良いのか悪いのかわかりませんが。
というわけで、昨日は久しぶりにワカメさんに会えたということもあり、ビールを飲むペースがいつも以上に早く、ほとんど痛飲に近いくらい飲んだような、そんな気分です。まあ、楽しかったからいいんだけど。
しかし、ワカメさんは酔ってくると一発でわかるなあ。呂律がすぐに怪しくなるし、物忘れは激しくなるし(特にバンド名)。ギニアから帰ってきても相変わらずでした。ギニアでは二種類のビールしか見なかった。「量」か「質」か。私は「量」だね、なんて。ギニアでも呂律回ってなかったんだろうなあ。笑
そのワカメさんと火曜日に、「僕の住んでいる町で飲みましょう。紹介したい人がいます。」と約束をしました。ただ、ワカメさんめちゃくちゃ酔っていたので覚えていない気がしています。果たして来るのでしょうか。来てくれたらいいね。火曜日からギニアだとかカンボジアだとか僕の想いだとか楽しい話できそうだね。火曜日っていうのがまたいいよね。次の日辛いんだろうなあ、ということを考えなければ。笑

明日はワカメさんと飲みます

4月だったか5月だったか。
ワカメさんがギニアから無事日本へ帰ってきて、今のところ一度も姿を見ていません。
これは遺憾!遺憾よなあっ!!
ということで、明日飲むことになりました。場所は、僕のテカテが置いてあるeカフェです。明日もテカテ飲んじゃの。うふ。テカテを飲みながら、(たぶん)暑い暑い国での話を聞くのだ。そういうの、いいよね。
ちなみに、そろそろ消防で地獄を見るアイカワ団員も来る予定です。もしかすると既に地獄の最中と言う説もありますが…。まあ、明日は天国だよね。テカテあるし。灼熱の国で飲むテカテもきっと美味いんだろうなあ。何にせよ、暑いときはテカテなのです。
そのテカテですが、僕以外に頼む人がいるのかどうか疑問でなりません。というのも、(たぶん)僕のリクエストにより入れるようになった物なので(アンケート葉書みたいなやつに、「テカテ入れてください。」って書いたら、その年の夏に本当に入れてくれた。)。これはもう僕が飲み尽くさないとね。
というわけで、ワカメさんとアイカワ団員はテカテ飲まないでください。よろしくね。笑

これ凄く好きだったなあ。

ほぼ毎週欠かすことなく『探偵ナイトスクープ』を見ています。
ほぼ毎週欠かすことなく録画して、気に入った時は消えないようにロックかけて。
ここ最近で一番面白かった回がYOU TUBEにアップされていたので載せちゃいます。

これ、好きなんだよなあ。
「ちゃんぽんうどん」がツボ。笑

楽しいことを忘れたくない

例えば数年前はブログだったり。
例えば数年前はzineだったり。
基本的に文章に関することばかりなのですが、そういうのをやって「うおおっ!」となる感覚。
それをいつまでも忘れずにいたいな、ということは常々思っています(と言いつつ、忘れていることの方が多いけど。)。
つい最近で言えば、ゴールデンウィーク後半。
zineを作っていて、久しぶりに「うおおっ!」と。
その「うおおっ!」という気持ちに身を預けて突き進めれば良かったのですが、インターバルが長すぎて流れに乗れず。でも、良かった。久しぶりに感じたあの感じは、とてもとても良かった。
今年中にはzineを出す、なんて意気込んでいるので、今年は何度か「うおおっ!」を体験することができそうな予感。「うおおっ!」を感じている時に最後までやってしまえばいいんですけど、続かないんです。体力と集中力。
最近気づいたのは、33回転のレコード(7インチじゃなくてLPね)の片面が終わって、レコードをひっくり返して針を落とす、そのレコードをひっくり返して針を落とすということが気分転換になっていいということ。
本当かよ!?面倒くさいだけじゃねえのかよ!!と自分で自分を突っ込みたくもなりますが、これが意外や意外いいんです。笑
ちなみに、ゴールデンウィーク中に一番聴いた一枚は、『かつのちからzine vol.3』でインタビューを受けてくれていることでお馴染み(?)WORTHWHILE WAYの『LOVE IS ALL』です。
本当にこれは素晴らしい一枚なので、皆に聴いてほしいです。
LOVE IS ALL
僕はA Starry Nightが一番好きです。いいよね。マユさんのボーカルはいつ聴いても勇気づけられます。今日もありがとうございます。

WORTHWHILE WAY
これこれ!いいよねいいよね。
最近の僕は、これ聴いて「うおおっ!」ってなってますよ。

猛烈に飲みたくて

日曜日、珍しく実家の田植えを手伝いました。
なかなか脱げそうもない長靴を穿いて、いざ田んぼへ入ったのですが、脱げる脱げる。もうずるんずるん。それのせいでかなり体力を消耗しました。暑かった、というのも勿論あったのですが。
17時近くまで田植えをして、ほとんどそのまま飯田へ。
理由は一つ。猛烈にテカテが飲みたくなってしまったから。というのも、ショウコさんの友人であるのまさん達が東京のメキシコ料理屋と思われる場所でテカテを飲んでいた、という情報をフェイスブックで知ってしまったから。
僕を差し置いてテカテを飲むなんて…僕だって飲みたいんだから!!と。
テカテって、暑い日に猛烈に飲みたくなるんですよね。あと、アメリカを思い出している時にも。まあ、メキシコのビールなんですけど。
というわけで、暑くなると世界のビールをかき集めてくれるイーカフェさんへ行きました。
美味かった。とてもとても、それはもう美味かった。ライム絞って、塩振って。言うことないよね、テカテちゃん。うふ。なんて。

今日。
暑かったですよね。そんな中、久しぶりに走りました。
飲みたくなるよねー。飲んじゃうよねー。
ということでエーデルピルス飲んでます。
何だかんだと理由をつけて猛烈に飲んじゃうよね。ほぼ毎日。
暑いとまた美味いからさ、しょうがないよね。
これから風呂入ったら更に暑くなっちゃうから、風呂出たらクラッシクラガー飲もう。
何だかんだと理由をつけて、ね。えへへ。

サボってごめんなさい。

大丈夫です。
今日からちゃんとやります。やると言ったらやる。ブログに関してはそういう男ですよ、僕は。ええ。

先週の木曜日から土曜日まで会議~飲み会という流れが続きました。三連続。そのうち二日は飲めない。
ああいう飲みの席で、ずっとウーロン茶で場を濁し続けるのって、本当に本当に疲れますね。二時間とか時間が決まっていれば、何とか我慢もできるのですが、終わりがいつなのかわからないという状況下で、ウーロン茶で耐え忍ぶ。辛い。わかっているのですが、辛い。また全員目上の人と言うのが辛い。話すことも特にないし…。
まあ、いいんですよ。まだそういう席なだけ。
僕が一番嫌いなのは、女性が水割り作って他愛ない話をしてくれる、あの店。キャバクラとか言うんですか。
あそこで耐え忍ぶのが一番辛い。ウーロン茶とか水割りとか関係なく、とにかく辛い。人見知りの僕にとって、ただただ辛い場所。お金払ってさ、知らない人と対峙してさ、どうしろって言うのさ。
とにかく、金曜日に行ったんですよ。僕、車を駐車させてから、お店に入ったので若干遅れたのですが、入るなり一人の女性が、「あれー?見たことあるーっ!!」と僕を指さすわけです。
ないから。僕がこういう店に来ること、ないから。だから、知らないから。つーか、面倒くさいからやめてください。と素面で人見知りな僕は思っていたのですが、その人、下の妹の友人でした。
「ああ、お世話になります。」
しかも、1月の妹の式にも出席していたんですって。
「ああ、そうなんですか。それはお世話になりました。」

どうですか。嫌になりますよね。自分で自分が。
何か、もうちょい、ね?もうちょい言いようがあるよね??
あるよね??とか言って、わかんねーけど。今考えてみても、全然わかんねーけど。
さておき、妹よ。お前の友達、キャバクラみたいなところで働いてたぞ。今度、遊びに行ってやれよ。僕の代わりにさ。

と言うわけだったんですよ。僕がブログサボってたの。今日から頑張りますから。

あー、疲れたな

飲めない飲み会ってクソつまらないよね。
それが明日、明後日も続くのよ。
その反動で、今からビール飲みます。ショウコさんがバドワイザー買ってくれたので、飲みます。
いつもありがとう。
今日、明日、明後日はブログ、ダメでしょう。
RVIVR
しかしこれ、クソカッコいいぞ!!

何となくだけど、そうなんだろうなって。

ゴールデンウィーク前半の4月28日。
部長宅でパンクパーティをやったのですが、その後に、大学時分の友人である潤と会えたら会おうと目論んでいました。
潤のやつ、部長と同じ街に住んでるんですよね。
部長宅を後にしたのが、21時近くだったと思うのですが、駅までの道中、何度か潤に連絡を取ってみました。が、一向に反応がない。
考えられる理由としては、携帯電話を携帯していない。か、外出しており、バックの中で携帯が震えていることに気付いていない。まあ、ないとは思いますが寝ている。この三つかと。
30分くらい駅周辺で連絡を待っていたのですが、諦めて宿を取ってある新宿へ戻ることに。
新宿に着いた頃だったかな、潤から連絡があったのは。
「悪い、寝ていた。」と。
そんな気はしたんだよね。前日、友人の結婚式で朝までコースだったらしいので、絶対に眠いもんな。
次だな。次こそは飲もう。
というか、僕が赤羽にホテルを取れば良かったんだな。
次回からの教訓にしようと思う(たぶんバス乗り場がある新宿に泊まるんだろうけど。笑)。

そう言えば、前日の友人の結婚式の二次会に僕とショウコさんも参加しまして、二次会の後に大学の友人達だけで三次会を行いました。
恵比寿の焼き鳥屋みたいな居酒屋(そう言えば、注文した料理の中に焼き鳥の「や」の字もなかったな。)。
その時に、「ホタルイカ美味いわ」なんて潤が言い出しまして。聞くところによると、僕がやたらとホタルイカのことを書いていたので、駅前のそごうでホタルイカの沖漬けを食べたところ、それが美味かったんだと。
ということで、ホタルイカの沖漬けを注文しました。が、潤曰く、そごうのやつの方が美味いとのこと。
そごうのやつがどんなもんか知りませんが、何とかして今の時期の北陸で食べてほしいですね。マジで超美味いから。昨年の僕もホタルイカのこと舐めてたから。あの紫色いろっぽいどろっとした小さくてしょっぱいイカでしょ、と。違います。全然違います。まず、紫色じゃないでーす。笑
とにかく、美味いのです。潤、富山か金沢行った方がいいぞ。

何だかんだで僕は今日も食い物の話をしている。それも海の。
何故山に生まれたのだろう。
何故小食に生まれたのだろう。
なんてことは思わないけどさ。はは…。

何とかGSWになったと思う。

ゴールデン寿司ウィーク。
その名のとおり(?)、ゴールデンウィーク期間中に寿司を食べまくるという試み。
ゴールデンウィークの前半三日目で色々あって挫折したのだが、ゴールデンウィーク後半の三日目に寿司を食べた。
いつも行っている京鮨へ。
ここに行くようになったきっかけは(前も言ったかもしれないが)、スペイン料理屋へ行こうとしたが満席で入れず、たまたまその隣にあった鮨屋へ入った。そこが京鮨だったのだ。
それまで、回らない鮨屋へ行くことなどなかったので、初めて行った時は戸惑いの嵐。
「どうやって頼むのだ。」
「あれれ、注文を聞いてくれないのか?」
「目の前に見えるネタを頼むのか?握り?刺し?どっち??」
などなど。
その域から抜け出せない日々は続き、気づけば注文するものはいつも「並」と「上」。
「並」と「上」というのは、言わずもがな「握り」のだ。「並」はショウコさんで、「上」は僕。実際のところ、僕も「並」で良かったのだが、見栄と言うか何と言うか、とにかく「上」を頼んでいた。
いつからだろう。僕らが「並」と「上」を頼まなくなったのは。僕個人としては、「並」もしくは「上」でいい。注文をするのはいつも僕だから、何度も声をかけるよりは一度でたくさん出てくる「並」もしくは「上」の方がいい。しかし、最近のショウコさんはそれを許してくれない。自分でネタを選んで、僕に注文をさせるのだ。
自分で頼んでほしいものだ。まあ、いいけど。
京鮨
山岡さんが長野に来たら、ここへは行きたいと思っている。
海のない県で鮨というのも、どうなのかという気もしなくはないが、ここがいい。もしくは、この隣のスペイン料理屋へ。

何てことを書いていたら、鮨を食べたくなってしまった。
一昨日食べたばかりなのに、もう食べたい。
鮨、本当に美味いよね。

終わったね、ゴールデンウイーク

僕は今日、宿直。
ゴールデンウイーク最終日に宿直。
まあ、ボクシングやってるから楽しくていいけど。
ゴールデンウイーク後半、zine頑張りました。下書き終わりました。約10万字。もうバカですね。どんなzineだよって話です。笑
でも、ここからが問題かなあ。読み返して、なるべく誤字脱字直して。フォントサイズも大きくしようか、なんてことを考えると、写真の配置やら何やらが全て変わるので、考えたくないですね…。ただ、文字が小さいんだよなあ。苦笑
とにかく、今年こそ出します。全部読む人がいるのか疑問ですけどね。ショウコさんは、私は読まない、とできる前から宣言していますし。やりすぎるのも考え物ですね。笑

さて、ボクシング見よう。

額を買ったのです。

一昨日行ったタクラマカンで。
迷いに迷って。一昨日の時間を合わせると、都合約三時間。
どんだけ優柔不断なんだよ、って自分でも嫌になりますね。だから、優柔不断になった時にはサクッとやめる。これに徹しています。
が、今日こそは買うのだ!と意気込んでいたので、それを曲げるのはダメだね!!と思い、今日も今日で一時間以上いたのではないでしょうか。はは…。その場にいたアイカワくんに「オーダーメイドで」なんて話も聞いて、ひのき素材の額もいいなあ、と更に悩まされたりして。
まあ、僕も男ですから。買うと決めたら今日買うのです!!
というわけで、買いました。大宮のぞみさんという方の作品の入った額を。
これね。
いいよね。とってもいいよね。
当初の目的は、いつも自宅でビールとサラダをご馳走になっている山岡夫妻へのお礼に、かわゆいかわゆい息子ちゃんの写真を入れて贈ろう、と考えていたのですが、既に作品が入っているので写真を入れていいものかどうか…。というか、額に入っている作品を作った大宮さんという方が、(僕ら作品を購入したことに)とてもとても喜んでくださいまして、プレゼントするんです、ということを言うに言えず。何か、ごめんなさい。
と言いつつ、試しに写真を入れてみたんですけど、
かわいいね
合うなあ。というか、かわゆいなあ。しかし、齢0にしてパンクスだよなあ。笑
しかし、改めて家で額を見ていると自分の家にも欲しくなっちゃうね。アイカワくん、明日僕の分買っといてくれないかなあ。ダメかなあ。笑

タクラマカン
東京から友人が来たら連れて行きたい。僕の家からだと小一時間かかるけど。
大宮のぞみさん
6月1日(土)~9日(日)に下諏訪町のwawaというところで銅版画メインの個展をやるそうです。お近くに行く予定があればぜひどうぞ。

全く関係なのですが、昨日と今日『かつのちからzine vol.4』と全力で向き合いました。ギルマンでのライブまで終わって、現在89,000字。これ、ちゃんと読んでくれる人いるの?という感じなのですが…。あと少しのような気がしていますが、下書きの段階、ということを思うと気が遠くなり、来年まで何もしたくない気分です。ああ…。

二年前のことは二年前に

もうそろそろ二年経つんですよ。
FOURTOMORROWと一緒にアメリカツアーへ行ったあの日々から。

ゴールデンウィーク前半にFOURTOMORROWのナオキさんと会い、こんなことを言われました。
「zineいつ出すんだよ?」
zineというのは、僕がずっと作ると言い続けている『かつのちからzine vol.4』のことなんですけど。
たぶん未だにそれを待っているのってナオキさんくらいだと思うんですけど、協力もしてくれるというのです。
挿絵を描くぞ、と。
一応、途中まで作ってはあるのですが、ナオキさんの挿絵を入れることは考えていなかったので、これは本当なのかどうかよくわからないぞ、とその場は濁したのですが、今日改めて聞いてみたら本当のようです。
まず手始めにパソコンに向かうシローの写真をくれ、と。
僕が作っているzineなので内容のことについては誰よりも把握しているんですけど、僕がパソコンに向かっている様を描かれても、使いどころないんですよね。笑
まあ、手始めなので、練習台ということかもしれませんが。一体どんなことになるのか(というか、それをやるのか)とても楽しみではあります。

さておき、ゴールデンウィーク後半に久しぶりに取り掛かろうと思うんです、なんてことをナオキさんに言ってしまったので、今日はほとんど一日をzineに費やしました。
少し前の僕ならばほとんど完成までこぎつけることができたのですが、今の僕はどうもダメですね。ナオキさんと話している時は、5月4日に全てを終わらせるような勢いでいたのですが、全く終わりませんでした。というか、終わりすら見えてきません。
やっぱり、鉄は熱いうちに打て、ってことですよ。約二年前のことを思い出して書けって言われても、すらすらと出てこないのです。まあ、僕のせいだよなあ。引き伸ばせるだけ引き伸ばして、引き伸ばしたままほったらかしにする、ということを繰り返してきた僕のせいだよなあ。
そんな自分を変えるべく、明日も適度にやろうと思います。目標は年内!なんて甘い事言ってると、たぶんやらないんだよなあ。
ダメな自分、愛せない!なんてね…はは。

明後日、額縁を買いに行くだろう

友人のアイカワくんが中川村で何かやっている、というので遊びに行ってきました。
どうも、中川村にいるアーティスト、工芸家によるアトリエ開放展というものがゴールデンウィーク中開催されていて、そこでアイカワくんが何かをやっている、ようなのです。
一体何をやっているのか…期待に胸を膨らませ、アイカワくんが何かをやっているという会場へ。
その会場と言うのが、タクラマカンという額縁を作って、売っている場所。
タクラマカン
なかなかよさそうな場所である。うむ。
アイカワくんはここで何をやっているのだろうか、と思いつつ車を停める場所を探していると、赤い誘導棒を持ったアイカワくんが現れました。
って、君がやっていることって、交通整理だったの?笑(大丈夫です。ちゃんと作品展示してます。)

さておき、僕はこの場所に初めて来たのです、良い額縁があるではないですか。
そう、部長と画伯の息子ちゃんの写真を入れたくなる額縁がそれはたくさん。
これは買って、すぐに額縁に息子ちゃんを入れねば!と思い立ち、額縁を睨み続けること一時間弱。一度迷うともうダメな僕は、日を改めることに。そう言えば、写真のサイズもよくわからないしね(現像はするけど、正確にサイズを把握していない)。
というわけで、アイカワくんに明後日こそ買う旨を伝え、帰りました。
さて、これから現像した息子ちゃんの写真を見ようかな。見るのは当然写真のサイズじゃあない。一番入れたい一枚を選ぶのだ。
むふ、むふ、むふふ。

さて、

今日は職場の歓送迎会でした。
日本酒をグイグイ飲まされて、もう限界寸前です。
わかりません。日本酒の良さが、未だに全くわかりません。
口に含んで、喉に流し込む瞬間に、胃の底から湧き上がってくる不快感。それを日本酒で流し込む。
何が嬉しくて、飲むのか…理解できないのです。
大学三年の頃、ゼミというものに所属していたのですが、その中に二人ほどロックンロールが好きそうな男がいました。近寄りがたくて(音楽の趣味的にもね)一切話したことはないのですが、そのうちの一人がこんなことを言っていました。
「酒(日本酒)は男を磨く水だ。」と。
順当に行けば齢21になる若造が言う台詞ですか?
僕は未だにその発言が信じられませんし、その発言を聞いたからこそ、近寄るのはよそうと思ったわけです。
あの人は、今も男を磨くべく日本酒を飲んでいるのでしょうか?僕には知るよしもありませんが。

さておき、ゴールデンウィーク前半における(個人的)RVIVRの興奮冷めやらぬ中、僕らの愛すべきEAGER BEAVER RECORDSさんがRVIVRの新譜を入荷しています!
これはすぐだ!聴く前からわかる、名盤である!と。
すぐに!すぐに!すぐに!
EAGER BEAVER RECORDS

たぶん一生思い出すんだろうなあ

月曜日、山岡さん宅へ行ってきました。
会う度に成長しているお子さんの姿を見ると、思わず抱きしめたくなります。
その日は、なおきさん家族も来ていて、なおきさんとは久しぶりにまともに話したような気がするのですが、最終的に辿り着くのはやっぱり↓
なおきさん、何やってるんですか。笑
わかる人にしかわからない絵で申し訳ないのですが、OPERATION IVYというアメリカのバンドを知っていてCDを持っている人ならば絶対にわかるアレです。
一昨年、アメリカへ行った際は、本場である(?)ギルマンストリートでなおきさんは↑を連発していました。
すげー面白かった。面白かったんだけど、アメリカの人は誰一人として↑をやっている人はいませんでした。ひょっとして、やってるのって、僕らとDUCK MISSILE(日本のバンドで、確実にOPERATION IVYに影響を受けているバンド。)だけ?笑
ちなみに↑の絵は、「子供が寝てるから静かにしてね」というものなのですが、OPERATION IVYっぽくやるとこうも格好良くなるのか!と。静かにしろと言われてもバカウケな図なので、爆笑してしまいましたが。笑
たぶん、僕となおきさんにとってアメリカで一番印象に残っているのが↑なんだろうなあ。
それってどうなんだよ…って話なんだけど。

FOURTOMORROWもSHINOBUとスプリット7インチ出すって言うし、僕もそろそろ重い腰をあげないとね。やれー!!
なんてゴールデンウィークを前に自分を鼓舞してみたりして。えへへ。
さて、お風呂入ろ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。