LEMURIAのデモ


これ、とてもいいんだよ。
皆に聴いてほしいな。
スポンサーサイト

もう揺るがない


決めた。
もう、決めたぞ。
優柔不断な自分には抗う、と。
良かった。AGAINST ME!好きで。はは。

まいったな…

まいった。
今年度、一番まいった。
どうしたらいいのか、もうわからないぞ。
寝て起きたところで、僕には結論出せないぞ。
まいった。
マジでさ、まいったよ。
もう寝るよ。寝れないけど、寝るよ。

年に一度は読んでいるな

水田さんが我が家に来たので、僕の中で永遠のおススメ漫画である『最強伝説黒沢』を勧めました。
勧めたところ、「読んだことある」とのこと。更に、「人におススメの漫画を訊かれたら、『最強伝説黒沢』を進めている。」と嘘か本当かよくわからないことを言っていました。今回は、ビール飲みまくっていて酔いまくっていたので読んでくれなかったんですけどね。
で、代わりに僕が昨晩から読み始めています。もう何度読んだのかわかりませんが、やっぱり面白いんですよ。落ち込んでいる時には特にいいんじゃないかな。更に落ち込むか、馬鹿馬鹿し過ぎて元気出るか、どっちかだと思うので。僕は断然後者。幸せなことに後者。えへへ。

で、今日たまたまなんですけど、ヤフーで『最強伝説黒沢』を調べたら、出てきました衝撃の事実。
『新黒沢最強伝説』!
マジかよー!
興奮しているのでもう一回書きましょう。
『新黒沢最強伝説』!!
マジかよーーーー!!!
週刊誌とか一切読まないので(別冊チャンピオンは買ってるな)全く知りませんでしたが、これはマジで嬉し過ぎます。楽しみができて、本当に嬉しいです。えへへ。早く一巻出ないかしら。

わかってきた、というのはとても嘘臭いただの嘘だった

日曜日、水田さんを送りがてら駒ヶ根市で昼食を食べた。
本当はローメンの本場である伊那市へ行きたかったのだが、14時を超えるとランチタイムが終わる店が多いような気がして(時間の関係で)駒ヶ根市で食べることにした。
駒ヶ根市と言えばソースカツ丼なのだが、伊那市の隣ということもあってか(?)ローメンを食べることのできる店が結構あるような気がする(知らないけど)。
水田さんは当然ローメンで、僕はソースカツ丼(豚肉好きじゃないけど)を食べることにした。
しばらくして水田さんの前にローメンが運ばれてきて、一口。そして首をかしげる水田さん。
「こんなんだっけ?」と。というのも、何年か前に水田さんと二人で伊那市へローメンを食べに行ったことがあるのだ。あの時は、水田さんがあまりにも熱望するものだからわざわざ伊那市へ行き、ローメンを食べたのだ。そして、あの時に二人で確認したのだ。また食べたい物ではないな、と。
そのローメン(あの時食べた店とは違うが)を、何故か(というか半ば強制的に)水田さんは食べている。
「やっぱり麺がそもそも好きじゃないんだよな…」などと小言を言いながら。
ところが、ローメンに酢やらソース(シャバシャバしたやつ)やらをかけているうちに、「わかってきたぞ。」と不可解なことを言い出す水田さん。
もしかしたらローメンは、一度食べただけではわからないけど食べているうちに癖になる、そういうやつなのかもしれない。
水田さんは再び酢とソースをかけローメンを口へと運んだ。そして、決まり文句のように一言。
「わかってきた!」と。
結局、水田さんは7回程「わかってきた」と言って、目の前のローメンを完食した。その水田さんの姿を見て、好きな食べ物ができてよかった。これでまた何度も来てくれるね。と思った。

昼食から30分後。
僕は急激な腹痛に見舞われ(shit)、伊那市のアピタへ寄り、トイレへと駆け込んだ。
無事に用を足し(マジで危なかった)、アピタをフラフラとしていたのがだ、その時に水田さんがこんなことを言った。
「俺、ローメン好きじゃないわ。」と。
「わかってきた!」って「好きじゃない」ってことがわかってきたってことだったのか…。

だけど、僕は諦めない。次来た時もローメンを食べさせる。その次も、その次の次も、その次の次の次も…とにかく、好きになるまでずっと、だ!!
水田さん、早いところ好きになってください。伊那市行くのも結構時間かかるので。笑

久しぶりに竹原ピストルさんを観ました

6月23日に、ワカメさんが企画をしたりしている廃校で竹原ピストルさんのライブがあるというので行ってきました。
というか、あると知った瞬間にメール予約して、この日を楽しみにしていたんですけど。そんなタイミングで水田さんが我が家に来たので、無理矢理水田さんも連れて行きました。
水田さんを連れて行くことには若干の不安がありましたが(いきなり連れて行って楽しめるのだろうかという)、YOU TUBEで予習をしてきた、とのことだったので、大丈夫であるということにしました。まあ、ビール飲ませておけば大丈夫でしょうし。そんなことないか(笑)。
この日は、竹原ピストルさんの他に二組出演していたのですが、僕はと言えば、最初はライブを観ていたのですが、途中から隣の部屋で出店していたカンボジア料理のお店で、カンボジアビール買って飲んで「わはは」なんてやっていました。美味かったんだよなー。カレーもビールも。
さておき、そこそこ飲んだ状態で竹原ピストルさんのライブへ。ショウコさん念願のライブだったため、最前列に座って観ました。
僕、竹原ピストルさんは好きで音源はほとんど(全部に近いかな)持っているんですけど、やっぱり絶対にライブの方がいいよなあ、と確信しました。
竹原ピストルさんのブログ見たことある方なら知っていると思いますが、ライブの量が半端じゃないんですよ。今回も信州銃弾(縦断とかけてるのかな?縦断とは言えない行程だったけど。笑)ツアーということだったのですが、長野県内で12日連続でライブしてましたから。冗談抜きで年間300本くらいやってるんじゃないかなあ。というわけかは知りませんが、曲を作るペースが早いのか(?)、ライブでやった曲の半分くらいが知らない曲でした。それでもすげえ良かったんですけどね。というか、シングルでこまめに出してほしい!なんて贅沢なこと思ったりして。
個人的には『リョウジ』が聴けたので大満足です。それから、野狐禅の曲『カモメ』もやっていたんですけど、それがまた良かった!聴き直したもんね、『カモメ』。
ぜひまた長野に来てほしいなあ。僕にも呼べるのかね?…なんてこと言うと、ワカメさんとアイカワくんに呼んでくれ、と言われるので言いませんが。笑

ライブ会場で売っていた『復興の花』を購入。その中の『Catch me if you can』がとても名曲なのです。何回も何回も聴いてる。

ライブでやってほしかったなー。

ESTA、か。

一昨日、こんなタイトルのメールが来た。
「ESTA Expiration Warning」
完全にスパムだろうと思っていたのだが、「ESTA」というやつが妙に引っかかり、メールの内容を見てみることにした。
ちなみに、その内容は、
「ATTENTION! The travel authorization submitted on July 22, 2011 via ESTA will expire within the next 30 days. It is not possible to extend or renew a current ESTA. You will need to apply for a new ESTA. Please reapply at https://esta.cbp.dhs.gov if travel to the United States is intended in the near future. If there are 30 or more days left on the old authorization you will receive a warning message during the application and be asked if you wish to proceed. 」
といったもの。

2011年の7月22日。
試しにその辺りのブログの記事を見返してみたら、7月23日に「ESTA申請完了!」なんて書いてありました。
で、ESTAって、あれか。
と。
何か、アメリカ行くために申請しないといけないやつか。
と。
わかっちゃいたんですけど、このメールを見て改めて、もう二年も経つのか…と。で、このメールが届いたけど、今の僕にはESTAなんて必要ないの。悲しいけどね。

そう言えば、シイナくんはアメリカ行くってね。
たっちゃんに会うとか言ってたっけ。
いいなあ。
シイナくんがアメリカへ行く日までにzineが出来ていたらいいんだけど、ちょっと無理っぽいなあ。
僕らの分まで楽しんで来てほしい。で、その様子の一部始終をzineにしてほしい。頼むよ、シイナくん。笑

バカンス

バカンスなどという言葉とは程遠いクソ田舎に住んでいるのですが、そのクソ田舎に大学時分の先輩がやって来ました。
水田さんって言うんですけどね。何だかんだで、我が家に来たのは四回目くらいでしょうか。
金曜日に、出張でこっちの方に来ていて、泊めてほしいというので、金曜日の夜から今日の昼過ぎまで行動を共にしていました。
一緒にいる時に、口癖のように水田さんがこう言っていました。
「バカンスだからなあー。」
ただ食べて飲んで寝てを繰り返しただけなのですが、バカンスだった、ようです。
そのバカンスですが、当初の予定では月曜日の朝に帰る予定だったのですが、月曜日に会議が入ったらしく、今日帰ることとなったのです。残念。まあ、今日も泊まっていたとしても食べて飲んで寝ただけだと思いますけど。笑
また来てくださいね。待ってます。これからは暑くなるので、あまりお勧めはしませんがと言いたいところですが、ぜひ来てください。本当にお願いします。

ちなみに、21時前くらいに無事家に着いたようです。お疲れ様です。遠くて申し訳ないのですが、そういうものひっくるめてバカンスなのです。
まあ、バカンスですから、いいですよね。
明日から頑張ります。頑張れるかなあ。楽しかったから、その反動が怖い…。

雨だし水田さん来てるし


レコード聴いてます。
Laura Stevensonの「wheel」。
ジャケからして秀逸だよね。
女性ボーカル好きは迷わずどうぞ。ジャケもお洒落だし、インテリアとしてもイケてるね。買うなら断然レコードだね。うん。

今日も雨なのでレコード聴いてます


今日はSONGS FOR MOMSのLPを。
雨なので「The Rain Song」を。この曲、とても好き。
久しぶりにSONGS FOR MOMS聴いたけど、やっぱり最高ね。レコードで聴くとなお良い。
明日は水田さんが来ます。雨だったら、レコード聴かせまくろう。
で、明後日は一緒に竹原ピストルさんを観に行きます。
今週末、音にまみれまくる。水田さんは、僕の聴くようなレコードも竹原ピストルさんのことも知らないんですけどね。笑

雨なので7インチ聴いてます


ジャケはいまいちだけど、とても良いポップパンクスプリット。
LIPSTICK HOMICIDE目当てで買ったけど、相手のTHE TURKLETONSもとても良かったのです。
ラッキーだね。だからスプリット7インチはやめられません。えへへ。

大丈夫。ゆっくりだけど、進んでるよ。

『かつのちからzine vol.4』
9月15日に間に合うよう、鋭意誤字脱字チェック中。
それが多いんだよね。いやになっちゃう。文字数も多いし、もういやになっちゃう。
だけどね、これが面白いんですよね、当事者としては。たぶんですけど、これ当事者しか面白くないんじゃないかな。笑
早いところ形にしたいです。したいのですが、まだまだ先は長そうです。9月15日に間に合うといいんだけど…。
まだ詳細は決めていませんが、作ってもいいところ100部かな。そんなに売れるのかよ、って疑問もありますけど。売れなきゃ売れないで、当事者の方々に何とかしてもらいます。笑
というか、スリルハウスレコーズに置いてもらえたら僕は満足です。クリスに送れば置いてもらえるかな?
なんてことを考えると、俄然やる気になりますね。
頑張ります。作ると決めてるんだから、いい物にします。当たり前だよねー。
ショーンくん、楽しみにしててね。絶対に面白いから!笑

水田さんが来る

水田さんが我が家にやって来ます。
金曜日の夜に来て、月曜日の朝に帰るという泊まり込みぶり。泊まり歩キングなどと呼ばれていた(というか、僕が勝手に呼んでいた)時期もありましたが、あの頃の勢いはどうやら健在のようです。笑
別に遊びに来るわけじゃないですから。言っても仕事です。金曜日に、僕の住んでいる町にまあまあ近い(田舎基準ですけどね)ところで仕事があるらしく、そのついでですね。月曜日は月曜日で長野市へ行くってんだから、金曜日の夜から月曜日の朝までいるのも頷けますね。笑
今のところ、土曜日に竹原ピストルさんのライブを観る、ということしか決まっていません。水田さんも強制的に連れて行きます。一応、確認したんですけど「行くじょ!」とかなりの意気込みを感じさせる返事が返ってきたので体上部でしょう。その後、「竹原ピストルって何ですか?」という愚問もあったのですが、そこは流させていただきました。好きかどうかわかりませんが、ショウコさんが観たいと言っているので観ないわけにはいきませんよね。
その後はきっと飲むでしょう。どこで飲もうかなー。どうせなら金曜日の夜も飲みたいよねー。うふふ。日曜日は控え目に家で焼肉かなあ。勿論ラム肉食べながらラガー飲む。

何だかんだで飲むことしか考えていませんが、楽しみです。えへへ。

UFOキャッチャーが得意だったんだな

すいません、サボって。
金曜日に飲み会があったのですが、そんなに飲んだつもりはなかったのにクラクラと酔っ払ってしまい、家に着くなり寝てしまいました。ああいう良い方は遺憾ね。まあ、体調によるものなんだろうけど。

話は変わりまして、例の後輩の話でも(またかよ!って感じですが)。
ホテルで二人で飲んでいた時に、こんなことを言っていました。
「今年で24歳なんですけど、30歳までには結婚したいんです。知り合いの女の子に連絡取ったりしてるんですけど、なかなか上手くいかなくて…」
彼、もう24歳になるんですって。18歳の頃から知っているんですけど、それが本当に信じられなくて。僕の中では20歳の頃から止まってるんですよね。24歳なんて聞いて、「えっ!?つい最近成人式やったんじゃなかったんだっけ??」なんて思いながらビール飲んでましたから。まあ、6歳下なので、当たり前と言えば当たり前なんですけどね。というか、僕が24歳…つまり今の彼と同じ時の時に彼は職場に来たのか。何か、本当にどうでもいいんですけど、感慨深いものがありますね。
あの当時は、何を聞いても「…」としか返してくれなかったのに、今ではちゃんと言葉で返してくれる。素晴らしい進歩ですよ。先輩として僕は嬉しいですね。未だに「好きな女性芸能人は誰なの?」と聞くと、眉毛をグネグネに曲げて考え込んで答えが返ってこないのですが。それ、そんなに悩むことかね。ホントにさ。

全然関係ないんですけど、翌朝、ホテルを出る時に例の後輩がデカいぬいぐるみ二体を両脇に抱えていました。
わけのわからない可愛らしいアルパカだったんですけどね、ホテル帰る前にゲームセンターで取ったんですって。
UFOキャッチャー得意だったんだなあ。得意なのはいいんだけどさ、もうちょっと考えた方がいいと思うんだよ。女性にプレゼントするならさ、もっと何かなかったわけ?贅沢は言わないよ。UFOキャッチャーなんだからさ。たださ、旅行先で貰う人の身にもなってみろよ。旅行先でデカいぬいぐるみ貰って喜んでくれる人、なかなかいないぜ?次からはもっとコンパクトなやつ取ろうな。ここだけの話だけどな、貰った人全然喜んでなかったぞ。これを教訓に、次はもっと大人になろうな。もしくは、ぬいぐるみ好きな女性探せ。どっちかと言うと、君が大人になるよりもそっちの方が早いと思うぜ?

というわけで、陰ながら応援したりネタにしたりしています。ごめんな。ホント、ブログに書くようなことがねえんだよ…。

これが撮りたくて軽井沢に行ったようなものだ

超スキッ!!
好きだよなあ、わたし。
そう思う楽しい企画だった。
ポストカードを買ったのだけれど、それがバカウケ。誰かに送りたい。笑

やっぱり居酒屋が好き。

知らない土地へ行ったら、洒落た店よりも、赤提灯がぶら下がっているような居酒屋へ行きたい。
いつからだろうか、そんなことを思うようになったのは。
わからないけど、瓶ビールを好んで飲むようになってからなのは確かだ。
僕が瓶ビールを好むようになったのは、ショーンくんの一言による。西荻窪で飲んでいた際、ショーン君は瓶ビールをチョイスしていた。理由を聞いてみると、
「生ビールは店によって差が出るけど、瓶ビールはほとんど差が出ない。」
とのこと。
田舎で飲む生ビールの不味さに悶えていた僕の頭上に雷が落ちた、そんな感覚。そうか、それがあったか!と。
以来、瓶ビールを頼むようになった(田舎では特に)。(なったのだが、田舎ではとにかく注いでくるので、油断は禁物だ)

先日の長野市。
僕が夜の店を予約した。行きたかった居酒屋があったのだが、17人もとても入れそうもなかったため泣く泣く諦め、以前行ったことのある洒落た店を予約した。まあ、スペインっぽい店だったので、それはそれでよかったのだが(ただ、ビールがレーベンブロイだったのがちょっと…。スペインのビールが良かった。)。
その店で三時間程飲み食いした後、僕とショウコさん二人で行きたかった居酒屋へ行った。
ボロボロな外見なのだが、たくさんのお客が入っていた。間違いなく名店である、と確信した。
カウンターに座り、とりあえず瓶ビールを頼んだ。銘柄はキリンラガー。いいね。これはとてもいい調子だ。
それから、コロッケと漬物と、隣の客が美味そうに啜っていたたけのこ汁を頼んだ。はっきり言って満腹ではあったのだが、三品くらいなら大丈夫だろう、と思っていた。が、コロッケを見てその思いは一瞬にして掻き消された。
ドデカいコロッケ
なんと27cm(僕の足のサイズ)はあるであろう巨大な物だったのだ。それが悲しいことい美味い。美味いのだが、とても食えない。何故なら満腹だから。そこに更に追い打ちをかけるように漬物が現れた。僕らが頼んだ漬物は「やたら漬け」というものだったのだが、その名のとおり「やたら」と量が多かった。とても食えない。何故ならコロッケすら食べることができないのだから。
ただ、頼んでおいて残すなんてことはできないので、それこそ「ふうふう」言いながら食べた。食べて食べて食べ続けたのだが、一向に減っていかないコロッケとやたら漬け。
量が多すぎた
食べても食べてもとにかく減らないのである。笑
満腹だから仕方ないと言えば仕方ないのだが…。
コロッケとやたら漬けを睨みつけること数分、僕らは一つの決断に至った。
「申し訳ないけど、帰ろうではないか。」と。勿論、完食などできていない。

次行く時は一軒目にします。というか、やっぱりこの店で皆と飲みたかったぞ!!
とくべえ

僕が歳をとるように、あいつも歳をとる。それだけのこと。

土曜、日曜と職場の若い方々と長野市へ行ってきました。
若い方々ということで、当然例の後輩もいました。どう扱ったらいいのか未だにわからない後輩。わかっていることは、飲みの席でカクテル系の飲み物があるとわかるとやたらと飲みまくり手に負えなくなる(というか、負いたくない)ということだけ。だから、夜の飲み会では例の後輩の動向をいちいち気にしながら飲んでいたのですが、まあ飲む飲む。
いいんですけどね。飲み放題でやってもらっていたので、飲む分にはいいのですが、いかんせんピッチが速すぎるのです。飲み物が来たと思ったら、一瞬でそれを干し、また注文する。
はっきり言いましょう。嫌いです。僕は、その飲み方、本当に嫌いだな。もっとさ、ゆっくり飲んでくれよ。マジで。
あまりにもペースが速いので、例の後輩が「カンパリオレンジください。」などとのたまったので、店員さんに「カンパリ薄めにしてください。」って耳打ちして薄めにしてもらったんですけど、その薄いカンパリオレンジを飲んだ後輩が一言。
「これ、薄いなあ。」
それを聞いて、僕は感心しましたよ。例の後輩も酒の濃さがわかる歳になったのか、と。
聞くところによると24歳になるそうです。信じられません。僕の中で彼はいつまでも二十歳。未だに酒をしたたか飲んで、わざとらしいまでの千鳥足を見せつけてくるやつ、と思っていたのです。が、そんなことありませんでした。多少のウザさはあるものの(笑)、あのわざとらしい千鳥足をしないだけで、意外と普通。お酒も僕が思っていたような感じでグイグイと飲まないし、いつのまにか大人になっていたんだなあ。

その後、僕とショウコさんとで二軒目の居酒屋へ行き、ホテルへ帰ったのですが、ホテルのロビーのようなところで例の後輩が一人で座っていました。
これはサシで飲むチャンスだな、とすぐ側にあった自動販売機でチューハイを購入し、彼に渡しました。
「飲もうよ。」って言ったら、「あ…ああ、はい…」ですって。
で、まさかのサシ飲み(途中からもう一人来たのですが。)。まさか例の後輩と二人で酒を飲む日が来るとは、僕は思いもしませんでした。ただ、他愛ない話しかしなかったので、内容は殆ど記憶に残っていませんが…笑
三十分ほど飲んでいると、ホテルの人に「そろそろ部屋でやってもらえませんか。」なんて言われてしまい、解散しました。
短い間だったけど、例の後輩と飲めて良かったな、土曜日はそんなことを思ったのです。

で、月曜日。信じたくない話を聞かされました。
「部屋に缶チューハイあって、誰のかわからなかったので片付けようと思って持ったら、中身すげえ入ってたんですよね。ホント、5mlくらいしか飲んでなくて…」

何て言うか…あいつとはもう二度と飲みたくない。

宿直で眠れません


なので、FOURTOMORROW聴いてます。
もっと寝れなくなるね、これは。

老けたのかな


【“老けたのかな”の続きを読む】

竹の子汁


美味いよね。
サバ缶の、消えきらない生臭さが、いいよね。

長野にて


ラガー飲んでる。
場末感がたまらない居酒屋でラガー飲んでる。
いいよね。

明日は軽井沢へ行きます

職場の青年部の面々で軽井沢~長野市へ行きます。
軽井沢へ行って、長野市に泊まる。それ以外は何も決めていません。
自由時間が大好きな僕に全てを任せたのが、そもそもの間違いだよね。
というわけで、明日は軽井沢ニューアートミュージアムへ行く予定です。たぶん行くのは僕とショウコさんくらいでしょう。笑
目的は、「わたし超スキッ!!草間彌生―世界を感動させた自己愛―」。以前も書きましたが、これが見たくて軽井沢を選んだのです。職権乱用万歳。わはは。
そうじゃなきゃ、3時間30分もかけて軽井沢なんて行かないっての。遠いよね。同じ長野県内とはとても思えない。
楽しいといいな
↑は昨年の松本市美術館。
昨年の松本市美術館くらいの規模だったら楽しいね。どうなんだかよく知らないけどさ。

僕は静かに暮らしたい

地元では、極力静かに暮らしていたい、と思っています。
だから、9月にやる企画のことは町の人々には知られたくない。
ひねくれてるよね。わかってるわかってる。
でも、やっぱり、なんつーか、素性を隠していたい。何なんだろうね。

今年度から我が町に新しい地域おこし協力隊の方がやってきました。男女一名ずつ。
超アグレッシブ。
有言を実行しようとする。
先日、その方々と飲む機会があったのですが(ワカメさんを我が町に連れてきた日。)、その時に酔っ払って盛り上がって、祭りの日にライブ企画するのとか面白いですよねー、なんて僕が言ったら、音楽祭をやりたい!と。
で、翌日だったかな。ある人と連絡を取ってくれ、と頼まれました。何と言う決断力。僕も断れない性質なので、連絡を取ってみたのですが、予定が合わずダメでした。残念。それでも音楽祭はやるようですが。
僕もどちらかと言うと、最終的に勢いで決めてしまいがちの性格なのですが(優柔不断で、悩んだ挙句面倒になってね)、あの勢いにはとても勝てません。だから、下手なことは言わないでおこうと、心に決めました。僕の素性を隠し通すにはそれしかないだろうな、と。

まあ、時間の問題のような気もしますが。
チラシばら撒いてたらさ、どうしたってバレるよね。
バレたらバレたで、客として呼ぶまでですが。笑

とにかく、頑張ってください。影ながら応援しています。

夏が楽しみだね

先週梅雨入りとか言ってましたが、もうすっかり夏っぽい感じ。
というわけで、PLAN-IT-X RECORDSでTシャツを購入しました。
ghost mice&free pizza for life
いいよね。とってもいいよね。
特にFREE PIZZA FOR LIFEの方はとても欲しくて、絶対に買おうと決めていたので、届いて嬉しいです。ちょっと派手な色だけど、土曜日に早速着よう。というか、今年の夏は、この二枚しか着ない!そんな勢い。笑
まあ、他のやつも当然着ますけどね。たぶんFOUTOMORROWとneko!のTシャツが多いかな。
しかし、今年はPLAN-IT-Xから荷物がたくさん届くいい一年です。いいだろ。えへへ。

走ること目覚めた

僕じゃあなく、同僚が。
僕をロードレースに誘ってくれた、同僚が。
その同僚、恰幅がなかなか良くて、それでかどうかわからないんですけど、5月中くらいから走り始めたんですよ。
僕もそれに付き合ってたまに走ったりしたのですが、「走るの楽しいな。」と同僚。ただ恰幅が恰幅なだけに、なかなか苦しそうに走るのです。勿論、走り始めたばかりというのもあるのですが。なんて、人のこと言えないほど僕も苦しさ全開で走っていたのですが。

日曜日、ロードレースに出ました。
その、同僚が誘ってくれたロードレースに。
5kmと10kmのコースがあって、僕らは5kmにエントリーしました。一ヶ月も走っていないのに、10kmはちょっと無理かなと思ったからなんですけど。だけど、考えは人それぞれだな、とその日に痛感させられました。
昨年まで消防でお世話になっていた先輩もロードレースにエントリーしていまして、話を聞いてみると全く走っていない状態で10kmを走る、と。その先輩、「ぶっつけ本番で10kmだよ。うふふ。」なんて笑顔で答える程の余裕を見せてくれていたのですが、10kmにした理由を聞いたところ、「どうせ同じ金額払うなら10kmの方が得かな、と思って。えへへ。」とのこと。
そうですよね。人それぞれですからね。「得」という概念も人それぞれですよね。でも、どうなんだろうか。ぶっつけ本番で走れ!って言われたら、絶対に5kmの方が得だよな。だって、10kmって、5km走った地点から更に5kmあるんですよ。それって、得なのか?…でも、考えようによっては得なのか。5より10の方が多いしな。

その先輩はさておき(笑)、僕も同僚も無事完走しました。タイムとか順位なんてどうでもいいんです。完走する。まずはそこでしょう。
と言いつつ、あと1分ちょっと早く走っていれば8位に入賞できていたので、最初から頑張ればよかったな、と後悔しているのが僕なのですが。笑

そんな同僚ですが、今日こんなことを言っていました。
「友達に夏フェス誘われてるんだけど、夏フェス行けなかったらどこかのロードレース出ようよ。」と。
「ロードレースの方が安く上がるしなあ。」とも。
比べようもないのですが、僕だったらロードレースの方がいいかなあ。夏フェス行っても、ライブほとんど観ずに走り回っている姿が目に浮かぶしね。
と言うわけで、最近走り始めています。同僚からロードレースにいつ誘われてもいいように。笑

間に合うか間に合うか間に合うのか

間に合わせるしかなくなりましたね。
かつのちからzine vol.4を、何としても9月15日に間に合わせなければ!
詳しくは、FOUR TOMORROWのホームページをご覧ください。
自分で言ったことですから。というか、企画までには間に合わせる、と決めていたんですけど。
まあ、まだ三ヶ月ありますからね。なんて言っていると、三ヶ月なんてあっという間なんですよねー。
かつのちからによる企画でかつのちからzineを出す。
いいね。かつのちから一色でいいね。今のところ100部くらいしか作らないつもりなので、その日に全部売り切りたいです。そんな意気込み。
やるからな!今日はもうアレだけど、明日か明後日か…とにかくやるんだから!!
だから、アイカワくんのねーちゃんはお客さんを44人連れてきてください。お願いします。

Break our fucking miles!

僕の重すぎた腰がようやくあがりました。
9月15日に僕の好きなバンドを呼んでライブしてもらいます。
僕たちのfucking milesをぶっ壊す!!

下伊那パンク四天王カツオカシローパンクス企画『Break our fucking miles!』
@飯田CANVAS 9月15日(日)
・does it float(東京)
・ffeeco woman(東京)
・FOUR TOMORROW(東京)
・springwater(松本)

その他詳細は、決まり次第!
Break our fucking miles!
下伊那パンク四天王全員集合よろしく。
高円寺かぶれ焼き芋野郎もね。待ってるから!

なるほど、合点。

「下伊那にも長澤くんのブログのファンができたから、早くFOURTOMORROWを呼びなさい。」
いつからだったか、ワカメさんからそんなような内容のメールが来た。
それを見て、僕はとても驚いた。遂に下伊那にもFOURTOMORROWの…というか、長澤さんのブログを読んでいる人が現れたのか、と。

ワカメさんがギニアから帰国し、飯田で飲んだ時にもその話になった。
「いったい誰なんですか?その、長澤さんのブログのファンって。」
「カズミだよ。」
はっきり言って、ワカメさんの知り合いの名前を出されたところでピンと来ないのだが、その名前だけは知っていた。
「もしかして…アイカワくんのねーちゃんですか?」
「そうよ。」
なんだ、それなら納得だわ、と思った。
僕が言えることじゃないんですけど、アイカワくんのねーちゃんって、話を聞く限りちょっと変わってるんですよね。
LIKE BATSのステッカーが欲しいだとか、TRAFFIC STREET RECORDSのパッチが可愛いだとか。僕が言えたことじゃないんですけど、どういう趣味してるんですか?って話なんですよ。一歩道を踏み外せば、一気に下伊那パンク四天王になれるのは間違いないでしょう。
仮にアイカワくんのねーちゃんが下伊那パンク四天王入りしそうになったら、真っ先にヤバいのが焼き芋パンクスだよなあ。焼き芋パンクスが陥落してただの高円寺かぶれ焼き芋野郎になるのも時間の問題かもしれない。で、アイカワくんのねーちゃんが、アイカワくんのねーちゃんパンクスになる、と。

やべえぞ、高円寺かぶれ焼き芋野郎!たまには帰ってきて、いじり倒させてくれよ(それが言いたかっただけです。笑)。

FC2Ad