スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々続々・海を渡ったかつのちから

~前回のあらすじ~
何だか新京亭に皆集まりそうな、そんな気がするのだ!

14時30分過ぎ。
ようやく飯田に到着することができた。
そんなタイミングで山岡さんからメールが入った。
「いまたべはじめた!ちか!」と。
これすなわち、「新京亭に結構な人数で入ったため地下に案内され、そこでラーメンを食べている」ということである。
そのメールを見て、何故僕は昼飯を食べてきてしまったのだろうか、と後悔したのは言うまでもない。というわけで、店に入ったところで何も食べられないのだが、行かないわけにはいかないだろう。そこに皆がいるのだから。
近くのコンビニに車を停め、新京亭へ。
入口の扉を開け、「下にいる人たちと一緒です。」とお店の方に伝え、階段を下った。そして、無事に合流。
いたぞ!
does it floatとFOURTOMORROWの面々。それから、タクヤさんにゆんちゃん。いると思っていたショーンくんとFFEECOWOMANの面々はいなかった。結局、彼らが昼飯に何を食べたのかわからないが、食べたものが柔らかいラーメンだといいな。
さておき、ここで特筆すべきはやはり「裸の大将@新京亭」だろう。
僕も店に入った瞬間に違和感を感じずにはいられなかった。まさかいると思わないだろう。あの裸の大将がその場にいるなんてこと。
バカウケだなこれは
山岡さん「目の前に完全なる裸の大将がいるな。ずずうっ、ずずうっ、はふはふ。あちち。しかし、麺がやわらかいな。こういうのもあるのか。」


続く!!
スポンサーサイト

続続々・海を渡ったかつのちから

~前回のあらすじ~
皆、続々と飯田市に集結し始めているのだ!!

13時26分52秒。
今度はFOURTOMORROWの山岡さんからメールが入った。
「あと30分ぐらいでつきそうなんだが、どんな?」
「昼飯おすすめある?」
と。
こうして企画に関係のある人達からの連絡が重なると、段々と実感が湧いてくる。
数時間後には飯田でパンクショウが始まるのだ!と。
企画が始まるまでまだ何時間もあるというのに、僕はもはや最高潮と言ってしまってもいいくらいあがりにあがっていた。
BGMをFOURTOMORROWの『to somewhere not here』に変え、山岡さんにメールを返した。
「しんきょうてい新京亭で飯田のラアメン食べてください。ありゃ。笑」
正確に言うと、僕は運転していたので、ショウコさんが僕の携帯で打ったものなのだが、あまりの不慣れさ加減により訳の分からない文章になってしまったのだ。
はっきり言って、僕は飯田の食文化にそこまで(というかほとんど)精通はしていないのだが、「飯田の柔らかいラーメン」は飯田近辺で育ったT.V.not januaryの本島くんに教わった食文化だったため、そこだけは絶対に外したくないな、と思い、僕が思う柔らかいラーメンの最高峰である新京亭を紹介したのだった(ショーンくんにもね)。
もしかすると、新京亭に今日の企画に関係ある人が大勢集まるのではないだろうか。むふむふ、むふふ。
なんてことを考えながら聴く『to somewhere not here』が最高だったのは言うまでもない。
早いところ辿り着きたかった。普段の飯田ではない飯田へ。そう『to somewhere not here』!だ!!


続く!!

続々・海を渡ったかつのちから

~前回のあらすじ~
長野県に上陸した台風を前に、僕は現実逃避。

does it floatのまつもとさんのメールを読んで、僕は慌てて用意を済ませ、飯田市へと向かった。
飯田市にdoes it floatが来ていると思うとワクワクが止まらない。たまらず僕は車中のBGMをdoes it floatに変えた。
うふふふふ、この曲が今日飯田で聴けるのか。いいぞお、うふふふふ。
あの瞬間、たぶんこの世でもっともだらけた顔でハンドルを握っていたのは僕であろう。それ程までのワクワクとニヤニヤが止まらなかったのだ。
そんな僕を我に返らせたのは、やはり携帯電話だった。
携帯を観るとショーンくんからの電話だった。
ショーンくんは、東京からわざわざ僕の企画に遊びに来てくれたのだ。
「そろそろ飯田に着くんだけど、僕らが前ラーメン食べたお店ってどこだっけ?」とショーンくん(ショーンくんは昨年の9月に我が家に遊びに来てくれている。あの時も台風来てたな。笑)。
「僕らがラーメンを食べたお店」と言えば、一軒しかない。飯田の柔らかいラーメン界を牽引していると言ってもいい(?)上海楼、そこだ!
電話から察するにショーンくんは、ffeecowomanの面々とこちらへ来ているらしく、昼飯を食べるところを探しているようだった。
僕は、「僕らがラーメンを食べたお店」は上海楼であることを伝えるとともに、駅前の新京亭の方が僕が好きだよ、なんてことを話して電話を切った。
東京から来てくれている人が飯田の食に触れるのか。
そう考えただけで、僕のワクワクは更なる高みへと達し、思わずアクセルを踏んでしまった。
ああ、早く皆に会いたい。
そう思いながら、僕は法定速度ギリギリのラインですっ飛ばすのだった。


続く!!

続・海を渡ったかつのちから

~前回のあらすじ~
台風のくそやらうが長野県に上陸したのだ!


無情にも降り注ぐ雨を前に、僕はただただ茫然とすることしかできなかった。
これはもう東京へ行くのは無理なのではなかろうか…。そう思わざるを得ないほど、雨のやつは強烈だったのだ。
そんな状況下、僕は現実逃避すべく、前日のことばかり思い出していた。

9月15日、日曜日。
待ちに待った僕の企画の日だ。
長かった。4月末にやると決めて、9月15日を迎えるまで。本当に長かった。
何故長かったのか。それはもしかすると、もはや為す術もなく頭を抱えることしかできなかった日々が続いていた、からかもしれない。
本当ならば企画一週間前くらいは、諦めの境地と言った心境になるのではないか、と思っていたのだが、突如として発生した台風のせいで、僕は更に頭を抱えることになったのだ。
ところが、蓋を開けてみれば晴れ。これはひょっとすると台風が消えたのではないか、と思ってしまうほど、晴れ。
これはもう企画は成功したも同然だ。お昼も食べたし、早いところ用意しようかな。なんてのんびりしていると、携帯に一件のメールが入った。
それはdoes it float松本さんからのメールだった。
そのメールが届いた瞬間、僕は嫌な予感がした。例えば台風の影響で高速が通行止めになっている、とかそんな類の。というのも、東京辺りは結構な雨に見舞われていたらしいのである(ミッチーさんのツイッターで確認するに)。「かつのちからの奇跡」により、飯田近辺は晴れているのだが、肝心の東京から来る面々が台風の被害に遭っていたのでは元も子もない。
とにかく、嫌な予感しかしなかったので、松本さんのメールの内容をなかなか確認できずにいたのだが、意を決しメールを確認することにした。そして、その直後に僕はとんでもなく慌てることになる。
「着いちゃった」
それが、9月15日12時39分34秒に僕の元に届いたメールの内容であった。
ちなみに僕はその時にまだ家でごろごろしていたのだが、それは誰にも言えないここだけの秘密である。


続く!!

海を渡ったかつのちから

9月16日。
風の音と雨の音で目が覚める。
台風のやつがきやがったんだ。一週間もの間、気象庁のホームページを10分おきに見ては「来るな来るな」と念じていた台風のやつが。
僕が地元で企画をやった9月15日は、奇跡的に晴れ渡っていた。僕は職場では晴れ男で通っているのだが、まさか台風が迫り来る中であんなにも晴れるとは。自分の晴れ男ぶりに惚れ惚れしたね。あの日晴れ間を、僕は「かつのちからの奇跡」そう呼んでいるんだ。もしかするとFOURTOMORROWのスーパー晴れ男である山岡部長が来たことも「かつのちからの奇跡」に繋がったのかもしれない。

とにかく、前日の晴れが嘘だったかのような風と雨。正確に言うと、企画から帰った深夜にテレビをつけ、京都だとかがとんでもないことになっていることを知っていたのだが。
確か8時前に目が覚めたのだが、テレビをつけた瞬間、飯田市のとある地域に避難勧告が出されていた。それを見て、これはちょっとヤバい状況なのではないか、そう思い立ち、僕は職場へと車を走らせた。
職場まで車を走らせる道中、僕は「shit!」と繰り返し繰り返し、合計150回は言ったのではないだろうか。何故なら僕は翌日の17日に最後の夏休みをあて、アメリカから日本に来ているJOYCE MANORを観に東京へ行くつもりだったからだ(それから、色々とあって10万円程のお金をショーンくんに預けたままだったので、何としても東京へ行く必要があったのだ)。
企画の翌日に東京へ行く、という僕のサマーヴァケーション(というには短すぎるが)が、台風により流されていく…そう考えると「shit!」と言わずにはいられなかったのだ。
ただ、職場までの間に車の中で体感した雨のあまりの激しさに、これはもう行けないだろうな、と思っていたのだが。はっきり言ってしまえば、もう諦めていた。それ程までに台風のやつは無情にも牙を剥き出してきやがったんだ。
思えば前日の企画もめちゃくちゃにしやがって。台風のくそやらうっ!!!
そんなこんなで、僕は東京へ行けるのだろうか!?


続く!!

すぐに忘れちゃう

昨晩、ワカメさんの企画のことをちょこっと(中途半端に)書きました。
消防がありまして、その後の慰労会でビールやら何やらを飲んで頭がぼうっとしていたのであんな感じですが(まあ、酔っ払ってなくても変わらないけど)、当初書きたいなと思っていたこととだいぶ違うじゃないか!と今になって思っています。まあ、そんなもんだよね。笑
本当は、ノギオさんがライブに来ていた人と話をしている時に「PUNKあがりですから」なんてことを言っていまして、ノギオさんあなたはまだPUNKの最中ですよ、ってなことを書きたかったのですが…そんなこと1ミリも書いてませんでしたね。酔っ払うと頭の中が色々で散漫になっていけませんね。
なんて言いながら、ビール飲みながらそんなことをキーボードで叩いてパソコンの画面に映し出してるんですけど。たぶん、当初ブログに載せようと思っていたことはもう忘れているのではないか、と。そもそもそんなもんなかった気もしますが。
しかし、久しぶりに聴いた『不安とアルコール』は本当に本当に最高だったよなあ。昨日と同じこと言ってるけどさ。
『不安とアルコール』を初めて聴いたのは、というかノギオさんと初めて会ったのは(ライブハウスでは何度も見たことあったけど)、今はもう無いノギオパンクロックハウスでのライブ。ノギオパンクロックハウスっていうのはライブハウスとかそういった類のものではなく、当時ノギオさん達(何人かでシェアしていた)が住んでいた方南町にあった家のことだ。その家で、ノギオさんはアコースティックのライブ企画を何度か行っていた。そこに僕が遊び行った、それが出会いだった(ノギオさん以外にも、山岡部長や超くんも出ると言うので遊びに行ったわけだが。でなければ、初対面の方の家遊び行くなどと言うことは僕にはできないだろう。)。
そう言えば、あそこには松本さんもいたなあ、とか。
ササヤくんと少しだけ話をしている時にトイレの水が勝手に流れて怖かったなあ、とか。
そんなことを思い出したりして。
ふふ。
ヤバいね。ビール飲んでるからとっ散らかってきた。はは。
もうやめよ。

この動画が好きで何度も何度も見たなあ、なんてことも思い出したりして。
この動画、最後がとても最高なのでぜひ最後まで見てください。超面白いぜ。笑

まだまだパンクの途中ですよね

昨晩、下伊那パンク四天王の一人であるワカメパンクの企画へ遊びに行ってきました。
ワカメパンクスの生まれ育った町にある廃校を舞台に行われる企画で、今回でなんと6回目!
ワカメパンクスのこの行動力には、いつだって頭の下がる思いです。先日、三年ぶり二回目の地元企画で「うおおおーっ!」などと興奮していた僕と大違いです。あれはとても楽しかったなあ…。
さておき、昨晩の個人的目当てはここをご覧の大半の方なら知っているであろうノギオさんの新グループ「わしとマチ」。ex.ICECREAMMANですね。実は、ノギオさんには三年前の僕の企画でも急遽飛び入りで何曲かやってくれたのですよね。急にやってもらったんだけど、あれは最高だったなあ。笑
そんなわけで三年ぶりの長野県下伊那郡だったわけなのですが、相変わらず最高でした。久しぶりに聴いた『不安とアルコール』は本当に最高だったよなあ、と今思い返してみても思います。
わしとマチ
また来てください。待ってます。

勢いのあった頃のかつのちからを感じさせてくれる

長野では、『そうだ旅(どっか)に行こう』という番組が土曜の昼にやっています。
それが土曜日のお昼の楽しみ。
ここ最近、バナナマンの日村が港区に280店舗あるという焼肉屋を食べ尽くす、と言った内容の放送が続いているのですが、それがなかなか面白く目が離せません。
三週連続くらいでその焼肉の話なのですが、いちいち「続く」を多用しており、何だよ全然進まねえな、とヤキモキさせられています。
この「続く」が多用される感じ、まるでいつぞやの『かつのちから』。あの当時の僕は、何故あんなにも「続く」を多用し、一度で終わらせることができるような話を細切れにさせていたのだろうか…否ッ!何故、今の僕はそれをしなくなってしまったのだろうか。あの「続く」で続かせていけば、毎日毎日「何を更新しようか…」などと考えずに済むのに…!!
ただ、いざ「続く」で待たされる立場になった時、これは果たしていいのか悪いのかわからなくなっています。
ヤキモキする、ということはダメなんだろうなあ。笑
しかし、一回の放送でほとんど一店舗しか行っていおらず、遅々として進まない様はやはり「続く」を多用していた頃の『かつのちから』を思い起こさせるよなあ。
で、今日、ようやく8店舗目。で、何だか終わりそうな雰囲気の予告。
280店舗あるのに8店舗で完結させてしまうあたり、どうしたって「続く」を多用していた頃の『かつのちから』を連想してしまうよなあ。
まあ、完結させている、ということをしないのが『かつのちから』なので、『かつのちから』にはまだほど遠いがね。

何だかよくわからないが、『かつのちから』のダメさ加減だけはよくわかりました。これからも精進します。はい。

海を渡ったな


一ヶ月前にようやくできた「かつのちからzine vol.4」。お陰様で、僕の手元には残り僅かです。
その「かつのちからzine vol.4」が海を渡り、イギリスへとたどり着きました。
発端は、先日の名古屋でのライブ。その日、イギリスからWEREWOLVES ON MOTORCYCLESが来ていたのですが、そのメンバーと話をしていた山岡さんがニヤニヤしながら「シロー!」と僕を呼びました。
WEREWOLVES ON MOTORCYCLESのメンバーとはほぼ面識がなかったので、人見知りの本領を発揮することをグッとこらえ、その場へ入りました。
どういう状況なのか把握できていなかったのですが、WEREWOLVES ON MOTORCYCLESのメンバーが「かつのちからzine vol.4」を持っていたので何となく察しが付きました。
「zineの話をしているのだな。」と。
英語が分からないなりに話を聞いていると、何やら誉めてくれているようなニュアンス。嬉しくなっちゃうよね、そういうニュアンスのアプローチは。
僕が、あはは、と喜んでいると、「デーブにあげてくれ!」と。
言わずもがな、イエスオフコース!!
他のメンバーが欲しがっていたのかわからなかったけど、全員にあげちゃうくらいイエスオフコース!!
更に、以前デーブとバンドをやっていたニール(だったかな)が今日本語の勉強をしている、という情報を得て、イエスオフコース!!
というわけで、僕のzine四冊が海を渡り、イギリスにたどり着きました。
こういうの、やっぱり嬉しいよね。えへへ。

実はアメリカにも渡っているのですが、その話は気が向いたら。

僕の趣味をぶつける、それだけだ

先日、ちょことここに書きましたが、12月中のあるライブの転換中に僕の選んだBGMが流れます。それから、CDを売ったりします。
その詳細が決まったようなので、貼っておきます。
かつのちからやります
本当に僕の選んだBGMでいいのか心配ではありますが、頼まれた以上、僕の2013年ベストをぶつけようと思います。別に2013年にリリースされたもので縛る、というわけではなく、2013年はこれなのだ!という楽曲で挑みたいと思います。遠慮するつもりはないです。僕の趣味を(たぶん)デカい音で飯田にぶつけてやります。笑
ディストロは3年前からほとんど変わり映えしていませんが、一応持って行きますのでよろしくお願いします。
アイカワくんとワカメさんは来てくれますよね?待ってます。僕を一人にしないでください。笑

別に宣伝ってわけじゃあなく

家でTENEMENTの7インチを聴きながら、ソフトバレーをやりに行ったショウコさんの帰りを待っていました。
21時過ぎに玄関が勢いよく開き、何やら興奮した声で、
「とんでもない百足がいるぞー!」と。
(長野における)昆虫界で、蛾に次いで嫌いな虫。噛まれるととてつもなく痛いという点を考えると、蛾とほぼ同率か。(都会界における昆虫界で嫌いな虫はダントツでゴキのブリ)
とにかく大嫌いな虫なのですが、今年は例年よりも多く百足に遭遇している気がしてならないのです。今年においては遭遇したら100%仕留めているのですが、これはもしかすると百足の呪いなのではないか…そんな気にさえなります。百足って、何か呪いかけてきそうでしょ?
さておき、百足がいるならば仕留めねばなるまい、と思い立ち、殺虫剤持ってその百足に挑むことに。何故なら僕は、百足を仕留めずにはいられない、百足ハンターだから(逃すと家に入ってくるのではないかととても心配)。
ショウコさんに導かれるまま百足の元へと向かったのですが、いざ百足を前にして足が止まりました。
今年何匹を仕留めてきた僕ですが、それらの比じゃないくらいデカいのです。わかりやすくデカさ(長さ)を説明すると、かつのちからzine vol.4くらいデカい(長い)のです(A5)。ちなみに、ショウコさん曰く「太さはカロリーメイトくらいだった」とのこと。もういいでしょう。王と言ってしまって。百足王。
さすがの僕もその場から逃げだしたい気持ちになりましたが、こんなやつが家に現れたらたまったもんじゃない!と気持ちが勝り、殺虫剤をかけまくった挙句に熱湯を注ぐ、という非情なまでの追い打ちにより百足王の息の根を止めることに成功しました。
その後に晩御飯を食べたのですが、後味が悪かったのは言うまでもありません。

そんなわけで、百足王くらいの長さを誇る『かつのちからzine vol.4』まだあります。
よろしければぜひ!

名古屋まつりでアイドルを見ました

土曜日、名古屋へ行きました。
夜まで栄の辺りをウロウロしていたのですが、土地勘のなさからウロウロすることを早々に断念しました。
で、公園でやっていた名古屋まつりなる催しに行きました。
アイドル調の曲に合わせて聞こえてくれ「オイ!オイ!!オイ!!!」という雄々しい声に釣られて…なんてことは当然なくてビールを求めて。
昼から飲むビールは何でこんなに美味いのだろうか、と名古屋まつりを楽しみながらビールを飲んでいたのですが、徐々にアイドル調の曲と雄々しい雄叫びが気になってきまして、その音が鳴る方へ。
ステージ上でアイドルとおぼしき女の子達が歌って踊って「皆で一緒に声出そう!」なんていうもんだから、その雄々しさに拍手がかかり、もう地鳴りのようでした。
ジャンルは違えど音楽は音楽。あそこで僕の好きなバンドがライブしてたら僕もああなっているんだろうなあ、なんて思ったり思わなかったり飲んだり飲まなかったり。
全く興味ないのですが、たくさんのアイドルグループがつぎつぎどコンサートを繰り広げるものだから、見たり見なかったり飲んだり飲まなかったり。
ショウコさんは「ついつい観ちゃうね!」と多少興奮しながらアイドル(か観客かは不明)を見ていました。
しかし、アイドルグループの多さには驚かされますね。十年近く前(十年近く前!?)にぞろぞろと現れた青春パンクバンドに通ずるところあると思っているのは僕だけでしょうか?

さておき、名古屋まつりでは色々な県のブースがあり、色々見たのですが、その一角に雄々しい集団が集まるブースが。
アイドルコーナーってブースだったんですけどね。
たぶんステージでコンサートを終えたばかりのアイドルと触れ合えるブースなんですけどね、チェキ一枚500円とか、メッセ(メッセージ)付チェキ1000円とか…暴利を貪る輩を見るようで、アイドルとは一体何なのかと思ったり思わなかったり飲んだり飲まなかったり。
あれは間違ってるよなあ。チェキの元を取ろうって言う魂胆が許せねえよなあ。
そう言えば僕らの結婚式二次会のためだけにチェキ買って、それを南雲さんにあげたような記憶があるんだけど、南雲さんはまだ持っているだろうか。で、まだ使ってくれいるだろうか。使ってくれていれば、元取れたような気になれるんだけどなあ。笑

そんなわけで、名古屋まつり楽しかったです。

今週はどうもクソである

ヤバいね。
今週は水曜日過ぎるまで夜遅くなりそう。そうなると真っ先に、「ブログ更新できねえな…サボっていいよね?うふ。」と思ってしまう。
うーむ。

さておき、昨晩載せた写真の音源がとてもいいです。
今日は早く家に帰って聴きたいんですけど!ってずっと思い続けていました。
仕事中に、「はあ…」とうつむきそうになった時に、不意にその音源に入っているANGRY NERDの曲が、does it floatの曲が、neko!の曲が、頭の中で流れて「はあああああっっ!!」と。ドラゴンボールばりの気合注入。
三バンドとも大好きなバンドなので、それだけでスペシャルな音源であることは間違いないのですが、収録されている曲がもう全部スペシャルなのです。本当に最高だよね。

今週はどうもクソであることは間違いないんだけど、この音源があれば僕は大丈夫です。
目の前のビール飲み干して、今日はもう寝ます。おやすみなさい。

最高です!


昨日、名古屋で手に入れたANGRY NERD/does it float/neko!の3way splitを聴いています。
これ最高です。どのバンドも最高の曲だぞ!これで明日からも頑張れます。

良かったなあ、と。


ペイペイちゃんが、僕のzine面白かった、って。
お母さんが何度も読んでる、って。
作って良かったなあ、うふふ。

舌を火傷した…

今日のお昼に鹿肉を食べました。
獣の肉ですね。個人的に獣の類の肉は獣臭くて好きではないのですが、鹿肉は全然癖がなく普通に食べることができました。
一緒に食べていた人が「脂身がないから癖がないけど、癖がないから旨味もない。これなら豚肉の方がいいな。」と言っていました。個人的に豚の脂身が大嫌いなので僕は鹿肉の方が食べやすいかな。
ただ、鉄板の上でいつまでもジュウジュウと音を立てており、終始熱かったです。癖とか旨味云々よりも、とにかく熱い。思い返してみても、熱かったことしか思い出せないので、美味かったのかどうかよくわかりません。
お肉はやっぱりラムかマトンだよね、と再確認することができたので、まあ良かったです。はい。
ラムステーキ
写真はラムステーキ。鹿じゃないよ。
(長野では普通にラムとかマトンを食べるのよ。とっても美味しいからよく家で焼肉します。)

明日朝早いので、おやすみなさい。

エンゲル係数が高いと思う

お金。
どんどんなくなってくよね。
年々苦しくなっていってる気がするのですが、気のせいでしょうか。
この現状を打開する近道を僕は知っています。
食費と僕の趣味。この二つでしょうね。僕の趣味はさておき(笑)、食費は日々の積み重ねなのでまずはこっちだろうな、と。
外食を控える。それだけでかなり変わってくると思うんですけど、外食(主に鮨とスペインとeカフェ)はショウコさんの趣味なので、そこそこ趣味を楽しんでいる僕としてはショウコさんの趣味を犠牲にするわけには遺憾だろう!と。
となると、あれ。あれしかないよね。「ビ」で始まって、「ル」で終わる。真ん中に「ー」を要する、あれ。
何だかんだで、結婚してからほぼ毎日飲んでるんですよね。いきなりやめるのは難しいので、発泡酒にするとか、そういうところかから考えて行けばいいと思うんだよね、うん。

なんてことを給料を貰った週は考えるんだけど、そんなことすぐ忘れて、また給料日前後でそれを思う。
そんな日々。
ダメだよなあ。笑

さておき、先日、飯田の酒屋(メガテン)でスペインワインのナンバーナインが売っていたので買ってしまいました(前も書いたような気がしますが)。
これは山岡さん宅へ遊びに行く時に持参したいなあ、と思っていたワインの最高峰なのですが、飯田でこれが買える、という事実に大変興奮しまして、買ってしまいました。しかも、2009年9月9日に収穫したブドウで造られたスペシャルエディションらしいです。とにかく9にこだわっていますね。これが4だったら完璧だったんですけどね。笑
2009年9月9日のブドウがどんなもんか知りませが、早いところ飲みたいです。えへへ。
ナンバーナイン

この調子だと、エンゲル係数低くなるわけないですよねー。はは。

秘境駅へ行ってきました

僕の家から徒歩4kmくらいのところに一つの駅があります。秘境駅と呼ばれる駅なんですけどね、その存在は知っていたのですが、行ったことはなかったので暇な三連休を利用して行ってみました。行ってみましたって言っても、徒歩4km程度なんですけど。
で、その辺りに住んでいる僕としてはあんまりこういうこと言いたくないのですが、それはもう秘境でした。
こんなところに駅あって乗る人いるのか…と。ちなみに車では行けません。道を間違えると軽い登山になります。笑
橋ね
橋渡って、
また橋ね
また橋渡って、
道ね
歩いて、
また道ね
歩いて、
無人駅
無人駅到着。
これ、誰が乗るのよ?って話ね。笑
夜ここで降ろされても真っ暗だし山だし、もうどうしようもないね。
今度、水田さんをここに連れて行こう。運動不足だろうし、丁度いいね。笑

この台風野郎っ

早いもので、飯田での企画から一ヶ月経ちます。
とても楽しい一日だった…台風さえ来なければ!と未だに思っています。
で、今日。
一ヶ月前と同じようなシチュエーション。企画はないけどさ、台風来てるから。
今年よく台風来るよね。大嫌いだよ、あいつ。
とにかく、一ヵ月前とても楽しかったなあ。全然企画のこと書いてないけど、気が向いたら記録として残しておきたい。気が向いたら、ね。

さておき、昨日天気が良かったので、家の周りを散歩しました。
そこで珍しくショウコさんが写真を撮ってくれました。
脚

なにこれ?
一体何を撮りたかったのだろうか…その点については聞いてません。
ちなみに、一枚目の僕の下半身は、ショウコさん曰く「上手に撮れた」そうです。
いいね。この調子でカメラどんどん使ってください。笑

今だから思うのかもしれないが

大学時分、大学が近いという理由で埼玉の鶴ヶ島市(最寄駅は坂戸駅)で二年間を過ごした。
思い返してみると、「新聞の勧誘のやつらがクソ過ぎて今思い返してもはらわたが煮えくり返る」、「住んでいたアパートがとんでもなく狭い上に、携帯の圏外と言うわけのわからない物件であった」、「アパートの近くのドラッグストアで710円と言う時給で働いていたのだが(時給が安いのはまあいいのだが)、バイト先の人と全く仲良くなれなかった」、「今はもう全く繋がりのない俊ちゃんという友人とよくビリヤードをしたな」、「潤と花きゃべつという店に行って、そのあまりの量の多さに潤がひれ伏した」…とまあ、思い返してみてもあんまり思い消せないわけだが(まあ、10年も経ってるしね)。

今日の夕食が麻婆豆腐だったのだが、麻婆豆腐とご飯を食べている時にふと北坂戸駅の近くにある龍門という中華料理屋を思い出した。
この龍門というお店で大学時分に(主に)最強伝説黒沢などを分かち合った友人聡くんと瑛ちゃんに出会ったのだが、そのお店で僕は必ず麻婆丼(麻婆豆腐の丼)を注文していた。で、翌日腹を下していた(辛くて)。
そんなことを思い出し、「ああ、懐かしいなあ。とても懐かしいなあ。」と何だか唐突に大学1~2年のことを思い出し、「坂戸 食べログ」で検索して当時行った店を検索したりしてしまった。何をやっているんだかな。笑
当時の僕は「食べログ」なんてものもしらなかったし(あったのか知らないけど)、家にパソコンもなかったので、大体決まった飲食店にしか行っていなかった。サークルでよく行く店とか、先輩に連れて行ってもらった店とか。とにかく、いわゆる「初めての店」にトライすることはまずしなかった。
それなんだよな。考えてみると、それが大学時分一番の後悔なんだよな。
埼玉にはたった2年しか住んでいなかったわけだけれど、もっと色んなお店に行きたかった、と今だから思う。あの当時の僕はそんなこと微塵も思わなかったのにね。
何でそんなこと思うのだろうか。そう考えた時、家の周りに全く飲食店がない、からなのではなかろうかという結論に達した。
何だ、ただ羨ましいだけじゃねえか。
羨ましい云々抜きにして、やっぱり色んな店に行きたかったよ。たくさん店があるんだからさ。

さて、お風呂入ってビール飲んで寝よう。明日仕事だしね。

MATSU

秋葉原で行われているMATSURIに行きたかった…と日曜日の夕飯時に思った。
遅いよ!って話なわけだけど、MATSUを飲んでいたら…と言うかMATSUのコルクを見て、ふと思っただけなのが。
アイカワくんは日帰りで、明日仕事だからって、19時を前に帰ったみたいだけど、アイカワくんも好きだよねえ。笑
結婚してなかなか行けなくなったので、アイカワくんには僕らの分まで色々と楽しんできてほしいと思います。
MATSU
しかし、MATSU美味しいよ。好きなワインに会えた良い三連休だね。明日の分も残しておこう。うふふ。

ついつい…

昨晩、レコードの整理を少ししまして、ガサガサとやっていると二年ほど前に購入した三浦しをんさんの『黄金の丘で君と転げまわりたいのだ』を発見しました。
購入してから二年近く寝かせていたわけですが(苦笑)、無事発見することができたので、昨晩寝る前に少し読み始めました。秋ですし、最近全く本読んでないしね。
内容は、まあエッセイみたいな感じなんですけど、ワインの話。僕はどちらかと言うとビールを好んで飲んでいまして、家でワインなど飲むことはないです(というか、買おうと思うこともない)。というかワインを飲むなんて、年に何回しかないんですけど(そのうちの殆どが山岡さん宅と言う。いつもお世話になっています。)。

で、今日。
朝起きて、
この三連休は予定が全くないし、遠出をするようなお金もない。となれば、せめてワインを飲むしかなかろう。
と思い立ちまして、飯田へワインを買いに行ってきました。笑
僕の中でワインと言うとどうしてもスペインワインになってしまいまして(スペインでは全然飲んでないんだけど)、購入したのはスペインワイン。よく行くスペイン料理屋のカウンターで見たことのあるMATSUというワインを。これ、山岡さん宅に遊びに行く時に持参したいなあ、と思っていたワインの一つなんですよね。あの…飲んだことないんですけど。笑
それが飯田に売っているのを先週発見しまして、これはちょっと飲んでみたいなあ、と思っていたわけです。そんな僕の背中を押してくれたのが、昨晩み見つけた本。ありがとう。飲んでいたいなあ、と思っていたいくつかのワインの中で一番安かったこれ(1,700円。ビールのロング缶6本の方がいいなあ、と思ってしまう僕はやはりビール党なのだろう。)を買うことができたよ。
el picaro
↑MATSUのエル・ピカロときっかけとなった本。
せっかく買ったんだけど、急に寒くなってきたのであんまり飲む気にならないという…

驚くほど思い出さなくなった

9月末の日曜日、大学時分のサークルの友人やら先輩やら後輩やらが東京に集まったらしい。
どれだけ集まったのか、行っていないのでわからないが、僕も行けるものならば行きたいと考えていたが、行けなかった。まあ、日曜日という時点で諦めていたのだけれど。
潤からそんな話を聞いてから、行けないけど皆が集まるなら大学時分のあれこれをまとめてzineにして渡したい、と思った。思ったのだけれど、『かつのちからzine vol.4』という超大作(笑)を作り終えたばかりの僕には、それを作る余力などなかった。どうやら、『かつのちからzine vol.4』という超大作(笑)に思いの外力を注いでいたようだ。
が、もしかするとやる気が復活するかもしれないため、念のため昔を思い出すことにした。思い出すと言っても、あれから既に10年近く経っているので、脳にあの当時のことを問いただしたところで、『かつのちからzine vol.4』という超大作(笑)のことしか浮かばない。何と言う余韻の強さであろうか、、『かつのちからzine vol.4』という超大作(笑)!!
というわけで、頼るべきは『かつのちから』。過去の記事を読んでみたのですが、出るわ出るわ大学時分の(クソくだらない)記録。笑
それを読んで、「ふふふ、面白いなあ。これ、本当に僕が書いたのだろうか?それにしても、ふふふ、面白いぞ。えへへ」などとニヤニヤして、結局それで終わってしまった。
今回は失敗に終わったが、いつか作ろう。いつか作ろう、とはもうずっと思っていることなのだけれど…。

というわけで、、『かつのちからzine vol.4』という超大作(笑)はEAGER BEAVERさんで買えますので、よろしくどうか!マジでお願いしますから!!

予約しました

タテタカコさん久しぶりのアルバム『人』を。
今日、山岡さんからメールが来まして、よし予約するぞ!と予約をしたのです。
ちょっと迷ってたんですよね。3,000円と言う値段に躊躇していたんですよね。
だけど、やっぱりファンとしてはマストでしょうが!!
11月3日に届くらしいです。楽しみだなー。初回限定で7インチジャケ。7インチジャケ作るなら7インチも作って欲しいなあ、とは贅沢な願いでしょうか。7インチ付だったら迷わず予約してたんですけどね。なかなか7インチに収まる曲がないというのもあると思いますが、ぜひ7インチ作って欲しいです。まあ、こんなブログに書いたところで意味はないと思いますが。笑
↓アルバムの一曲目!

タテさんの速い曲は無条件であがりますね。最高です。

僕の手元には残りわずか

先日、ショーン君の自宅に『かつのちからzine vol.4』を10部ほど送らせていただきました。
ショーンくんが10月12日に栃木県へライブへ行くようなので、栃木県の皆さん、よろしくどうかお願いします。ここ見ている人がいるのか謎ですが。
というわけで、僕の手元には残り13部となりました。EAGER BEAVER RECORDSさん、FOURTOMORROWの物販&通販、ショーンくん物販の三か所で買うことができます。
最近ショウコさんも寝る前に『かつのちからzine vol.4』を読んでいるのですが、ショウコさんがたまにニヤッとする瞬間を見ては、僕はニヤッとしています。で、どこでニヤッとしたのか問いただします。何しろ殆どが山岡さんとなおきさんのネタであるため、どこでニヤッとしたのか気になって仕方ないのです。笑
何度も書いてますけど、面白いと思うので、どうか買って読んでください。お願いしますから!

さて、グリーンラベル飲んで寝よ。

あの当時、必死に覚えた文法とは一体何だったんだろうか

今日、英会話の飲み会に誘われて、その飲み会に参加しました。
二年前のアメリカへ行こうと決める前。アメリカから来ているAETが週1で英会話教室をやっている、という情報をキャッチし、何の気なしに英会話教室に顔を出した。当時は、そこそこ行っていたのだけれど、結婚と同時にパタリと行かなくなった。
そんな英会話教室に全く顔を出さなくなった僕ですが、飲み会があると必ず声をかけてもらっています。と言っても、年に1、2回しかないわけですが。
もはや全く行っていない者として、飲み会にだけ顔を出すのはいかがなものか、と常に思っているのですが、せっかくの機会なので今回も参加させていただきました。
と言っても、僕が座った席はAETから離れていたので、ほとんど英語なんて話さずに済んだのですが、AETの発言には常に聞き耳を立てていました(いやらしいやつだな!笑)。
で、印象的な発言が二つありまして、それを思い出す度に今日は「うふふ」と思い出し笑いをしています。
一つ目が、ハンバーグの上に乗ったマッシュポテトを見て放った「Amazing mashed potato!」。それを聞いて僕は、心の中で「Amazing!」を連呼していました。
二つ目は、僕の住む街で合コンが行われたのですが、それに参加している話を聞いているAETが放った「No good people」。なるほど「No good people」でいいのか!と。笑
良い人がいなかった、ってことだと思うんですけどね。笑
こういうのを聞いていると、中学とか高校で勉強していた英語って何だったんだろうな、と思うわけです。
まあ、中学とか高校とかで勉強した殆どを失念している時分に何言ってんだ!って話ではあるわけですが…。

というわけで、久しぶりに英会話に顔を出そうかな、なんて思いました。
そんな火曜日。悪くないよね。

僕の縮図のようなものにしたい

昨晩、とあるメールをいただきました。
12月中に、ディストロ(とは名ばかりの中古品のフリマ)出して、ライブ転換中に僕のセレクトしたBGMが流れるかもしれません。
ディストロはさておき、BGM。僕は高校時分に今のような音に触れ、未だにそんなような音を聴き続けています。ざっと計算するともう10年は超えています。と言っても、量を聴くようになったのは社会人になってからなのですが。量を聴く、と言っても極めて狭い世界の物を聴いているので、それらを流して受け入れてもらえるのだろうか…という若干の不安はあります。自分の聴いてきたものに不安を抱いてどうすんだ、って話ですけどね。
というわけで、昨晩からレコードの棚をガサガサと漁っています。どれをかけようか、うふふ…なんて考える時間が楽しかったりするのですが、それ以上に久しく聴いていなかったレコードに針を落として、「おおっ、君はこんなに良かったのか!」という再発見がたまらなく楽しいのです。

◎久ぶりの一枚:Pipsqueak

久しぶりに聴いたけどカッコいいな!!

秋なのにこう暑いと何もやる気が起きない

休日だと尚更ね。
というわけで、今日はほとんど何もせずに過ごしてしまいました。
9時過ぎに起床して、アニメ『トリコ』を鑑賞。漫画にはないアニメオリジナルの内容なので見逃せませんね。はい、そうです。先月だったか先々月だったか、『トリコ』にえらいハマってしまいまして、単行本を新しい方から購入しています。今のところ9巻から26巻まで揃えたのですが、早いところ続きを読みたいのです。もちろん1巻から8巻もなんだけど。何と言うか、ストーリーがサクサク進むので、読んでいて飽きないんですよね。はい。
その後、惰性でアニメ『ワンピース』を鑑賞。アニメの『ワンピース』もここ最近は見ているのですが、内容が全くわかりません。一見さんお断り、みたいな?まあ、来週もたぶん見ると思いますけど。
その後もゴロゴロして『トリコ』読んだり、昼寝したりしているうちに、気づけば夕方。
完全にダメな日曜日。思えば、先週も同じような日曜日だったな。先週も台風の影響で暑かったしね。

さておき、夕方に夕食の買い出しに出たのですが、途中で寄った酒屋で結構いい値段のワインを買ってしまいました。
昨晩スペイン料理屋へ行ったので、スペインづいてついついスペインワインを。
パンクパーティをやる時に持参しようと思っています。えへへ。
美味いといいな~。

そんな日曜日。
明日から頑張ります。はい。

久しぶりにスペイン料理を

アメリカに行ってからハンバーガーを、ハネムーンにスペインに行ってからスペイン料理全般を、それぞれ贔屓にしています。
今日は、久しぶりに飯田で唯一無二と言って過言ないスペイン料理屋へ行きました。なけなしの生活費を切り崩して(?)1、2ヶ月に1回は必ず行っています。
何と言っても、バルセロナのエストレージャダムを飲むことができるのが嬉しいですね。肝心のハネムーンでは体調が悪くてほとんどビールを飲めなかったわけですが…。
エストレージャダム
これね。美味いです。
今日は、springwaterのドラムの方が美味いと言っていた、ホームセンター駐車場で展開されているたこ焼きを食べてからのスペイン料理だったので、あまりお腹が空いておらず料理三品とビール二杯でフィニッシュ。
タパス三種盛りと野菜のグリルとスペインのおじや「オジャ」。
タパス三種盛りは、タコのガリシア風と生ハムともう一つはちょっともう忘れてしまいましたが(笑)、エストレージャダムに合って最高でした。えへへ。
それから野菜のグリルね。美味いよねー、グリルした野菜って。
野菜のフラン
単焦点持ってくとどうしてもボカしたくなっちゃうあれ、どうにかならないもんですかね。まあ、店内が暗いから仕方ないよね、って自分に言い聞かせてるんですけど。
さておき、中でもネギがとても美味しかった。最高ね。ねぎまのネギもそうですけど、焼いたネギってなんであんなに美味いんでしょうか。昔はわからなかったんだけどなあ。
で、最後にスペインのおじや「オジャ」。
オジャ!
今日の今日までこの存在を知りませんでしたが、これまた最高でした。パエリア好きな人は絶対に好きですね。わかりやすく言うと、パエリア風味のするおじやです。今後パエリアにするかオジャにするか迷っちゃうなー。うふふ。

というわけで、贅沢しました。たまにはいいよね。うん。

ぐんぐんと

どんどん大きくなるね!
君はぐんぐん大きくなっていくね。
そんなことを考えながら、昼間からビールを飲んでいた僕。
早いよなあ。もう10月だぜ?
ぐんぐん成長して、なかなか写真撮らせてくれなくなっちゃうかもしれないけど、これからもたくさん撮らせてね。うふっ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。