2013年ベスト8


ANGRY NERD/does it float/neko! 3way split
大好きな3バンドによる好スプリット!残念ながら、neko!は解散しますが…こんなに最高な曲入れといて解散って、悲しすぎるんですけど!
僕の手元(ディストロ)にも一枚あるので、誰か買ってください。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

2013年ベスト7


SUPERCHUNK:Me&you&Jackie Mittoo
SUPERCHUNK最高じゃねえか!と知るきっかけとなった一枚。この曲が好き過ぎて他に聴けません。最高ね。





iPhoneから送信

2013年ベスト6


MURMURS:Fly with the unkindness
今日気付いたのですが、この音源をテープで2012年に購入していました。同じ音源だったとは思っていなかったので、結構ショックでした。笑
FIFTEEN,THE BROADWAYSみたいでとてもカッコ良いです。割れながら、相変わらずこの手の音好きだよなあ。





iPhoneから送信

2013年ベスト5


LEMURIA:BRILLIANT DANCER 7"SINGLE
大名曲だよね。





iPhoneから送信

2013年ベスト4


FOURTOMORROW/SHINOBU split
今年一番聴いた7インチ。
超久しぶりとなるFOURTOMORROWの新曲は、FIFTH WHEELとのspritの時を彷彿させる音なのですが、色々あってああなっているそうです。笑
僕は好きですけどね。確かBANDCAMPではちゃんとしたテイクが聴けるはずです。何せよ名曲です。大好きだね。




iPhoneから送信

2013年ベスト3


THE SMITH STREET BAND:各種
今年存在を知り、殆どまとめ買いのような形で手に入れたオーストラリアのTHE SMITH STREET BAND各種(1st,2nd,10インチ)。
AGAINST ME!のシンガロングナンバー好きは確実に好きでしょうよ!

※レコードの色で選んでいるわけではありません。







2013年ベスト2


WORTHWHILE WAY:LOVE IS ALL
言うまでもないと思いますが、徳島&東京のメンバーからなるWORTHWHILE WAYの今までの全てが詰まった一枚目のアルバム。我が家のレコードプレイヤーに乗っている回数がとても多かった一枚。BILLY BRAGGのカバーがとても好きです。
二年前に作ったzineでインタビューさせていただいて、飯田に呼びたいなあ、と思っていたのですが、来年来てくれます。スーパー嬉しいです。えへへ。





2013年ベスト1


RATIONAL ANTHEM:WHATEVER MIND
RATIONAL ANTHEMが更なる飛躍を遂げた二枚目のアルバム。初期の泥臭さはすっかり抜け、青臭く疾走する全12曲。
ちょっとダミ声な少年のような女性ボーカルが最高ですよね。




iPhoneから送信

2013年も僅かですね


2013年を思い返してみると二年かけてようやく完成した
『かつのちからzine vol.4』とずっと呼びたかったFOURTOMORROWを飯田に呼んだこと、AGAINST ME!を観たこと、それからRVIVR来日決定。
パッと思い付くのは、これらに尽きますね。
色々と書きたいところなのですが、携帯からだと面倒なのでやめておきます。
でも、一番はやっぱりFOURTOMORROWを呼んで、無事『かつのちからzine vol.4』を売ることができた9月15日、あの日が一番だね。デカい台風来たけど、それを含めても一番。
来年も楽しいことしたいね。




大好きでした


neko!解散するって。
10月に、そんな噂を聞いていたのですが、本当に解散するんだね。残念。
長野に呼びたかったけど、叶いませんでした。残念。
今までありがとう。大好きでした。これからも聴くけどね。
ちなみに3月15日のライブが最後らしいので、まだ観るチャンスあるって。
僕は行けそうもないです。残念。




iPhoneから送信

年の瀬ですね


というわけで、酒飲んでます。
相変わらず日本酒は苦手なのですが、こいつは甘めで飲めます。
僕の住んでる土地の酒が辛過ぎるんですよね。

さておき、年賀状作る時って、大体CDとかレコードのジャケをまず吟味するのですが、馬ジャケがなかなか見当たらず、苦慮していました。
パッと思い付くのが、ghost miceのジャケなのですが、馬というかペガサスだし…なんて。
そんなわけで、ジャケから探し出すのを諦め、超手抜き仕様の年賀状に落ち着きました。
ところが今日。完全なる馬ジャケを発見し、非常に悔しい思いをしています。
MOD LUNGの一枚目のアルバムなんですけどね。これ、まんま使えたよなあ。残念。
しかし、このアルバムとてもいいな!!思い返してみると、学生時分の僕には早すぎた一枚であったのですが、よくぞこれを買った!と学生時分の僕を褒めてやりたいです。
とてもいいぞ!!!




iPhoneから送信

今年最後の


花金です。
ということでビール飲んでます。
今年一番聴いたであろうFOURTOMORROWの7インチのジャケを肴に。
今年の特筆事項は、やっぱりFOURTOMORROWを飯田に呼んだことですね。
台風さえ来なければ最高の一日だったのですが、今となってはいい思い出です。まあ、良くはないか。笑
20代最後の歳はとても刺激的だた!





iPhoneから送信

あと四ヶ月だね

したたか飲んで、それを承知で更新。
まあ、程ほどにね。

RVIVR来日まで、約4ヶ月。
僕は楽しみで楽しみで、RVIVRのレコードに針を落とす、ということが日課となっています。
ああ、仕事嫌だなあ、という気持ちを吹っ飛ばしてくれます。うふふ、幸せなことだよなあ。

今朝、起床するとショウコさんが興奮気味に、
「かつちか見た?クリスマスプレゼントだぞ!」
なんてことを言っていまして、それを受け寝ぼけ眼でかつのちからを確認しました。
すると、たぶん僕の住んでいる場所からそう遠くない場所に住んでいるであろう方からコメントが。しかも、RVIVRを知っている、という方からの。
起き立てで驚きました。
僕とショウコさんとアイカワくん以外にRVIVR知っている人がいるなんて!と。
その方のコメントは、何とかたくさんの人を呼びたいけどどうすればいいんだろうか難しいよなあ、などと弱気になっていた僕を勇気づけてくれました。
まだ四ヶ月あるんだぜ?弱気になるには早すぎるし、弱気になる必要なんてないよな、なんて。

何ヶ月か前に、WORTHWHILE WAYのアキヒロさんからメールがあって、そのメールを見て、もう絶対に飯田でやるんだ!とパソコンの前で、僕はとても興奮したんだ。
忘れんなよあの日の興奮を!やると決めたあの瞬間を!と自分で自分に言いたい。
絶対に楽しい一日にする。
RVIVRが、「飯田は最高だった!また来たい!」なんて言ってくれるような最高な一日にしたい。

本当にさ、皆来てくれよな。
最高の一日にするからさ。まあ、四ヶ月も先の話なんだけど。笑


BGM:MURMURS
最高だな、これ。

したたか飲んで


これから飲み直す。
パンク聴いてね。
知ってるから。
したたか飲んだときに更新してもろくなとないの。
ひとまずMURMURS聴きます。可愛らしいバンド名だけど、クソ男臭いよね。






iPhoneから送信

30歳

無事30歳になることができました。
僕も遂に30歳ですか。
今から10年前、当たり前ですが僕は20歳でした。
20歳の僕が、10年後の自分がどうなっているかなんて、1mmも考えていなかったとは思いますが、こんな田舎に住むことになっているとは、それこと1mmも考えていなかったのではないかと。
10年、パッと思い返してみると、あっという間だった気がする。まあ、パッと思い返しているのだから、あっという間じゃなきゃおかしいんだけど。

20代は、本当に色々とあったなあ。
大学卒業して、
社会人になって、
月2回のペースで東京へ通って、
友達に会って、
ライブへ行って、
カメラを手に入れて、
シャッターを切って、
秋葉原ででかく引き伸ばしたくだらない写真を展示して、
秋葉原で人前でギター弾いて歌って、
恥かいて、
三重県で企画やったり、
西荻窪で企画やったり、
西荻窪でギター弾いて歌って、
恥かいて、
飯田で企画やって、
最高だったなあって思ったり、
もう企画はやめようと思ったり、
アメリカ行って、
二人暮らし始めて、
結婚して、
秋葉原でアメリカで撮った写真展示して、
その足でスペイン行って、
風邪引いて、
もうやらないとか言いつつ、飯田でまた企画して、

何か、パッと思い浮かんだのがライブ関連のことばかりなので、ちょっともうやめようと思います。笑
30代も楽しいことが待っていそうだぜ。えへへ。

とんでもなくヤバい仕上がり

昨日、年賀状をほぼ作成し終えました。
年々、面倒くさいなあ、という気持ちが強くなっており、このままいくといつか出すことをやめてしまいそうな気もしなくもないです。まあ、出すけど。絶対に出すけど。
面倒くさい、とか関係なく、年賀状の仕上がりが非常にヤバいものとなっています。こんなものでいいのだろうか…と頭を抱えたくなるような出来。
まあ、印刷しちゃったし、いいよね?と自分とショウコさんに言い聞かせ、今日、ショウコさんが郵便局に出してくれたはずです。
この、元旦に届けたいという心意気。いいよね。
自分で言うのもなんだけど、いいよね。
もしかすると、常識的なことなのかもしれないけど、いいよね。
その、元旦に届けたいという心意気。とってもいいよね。うん。
そんなわけで、元旦に年賀状が届くはずです。限られた人に、ですが。
もしかすると、非常にシンプルなデザイン構成が逆に功を奏して、とても目を引くものになっている可能性もあるな。
そう考えると、そんなにヤバいものでもないような気がしてきたぞ。うん。

とにかく、手抜き感満載のやつ送ったので、届いた人は温かく見てやってください。

言われて気が付いた

さっき、ショウコさんにこう笑われました。
「お前は、どれだけWORTHWHILE WAYを聴くのだ。」と。
確かに、そう言われてみると、なるほどそうかもしれない、と思う。
「くりぃむナントカの『長渕剛ファン王決定戦』かと思ったぞ。」と。(※長渕剛ファン王決定戦…長渕剛が好きであると豪語する芸能人が集い、モノマネ芸人・英二による長渕剛モノマネライブを見続ける、という当時爆笑した企画。)
確かに、そう言われてみると、なるほどそうかもしれない、と思う。
この三連休を思い返してみると、確かにずっと聴いているのだ。
『WORTHWHILE WAYファン王決定戦』を一人でずっとやっていた、と言っても過言でないくらい、ずっと聴いていた。いや、正確に言うならば、ショウコさんもずっと付き合っていたので、これは事実上の『WORTHWHILE WAYファン王決定戦』と言ってもいいだろう。そして、ついさきほどショウコさんが音を上げたので、無事に僕が王になることができたというわけだ。
やったぜ。嬉しいぜ。
よし、王になることができたことを祝して、これからWORTHWHILE WAYのレコードに針を落とすことにしよう。ビールを飲みながら、ね。

どうでもいいけど、長渕剛ファン王決定戦見たくなっちゃったなあ。笑

あしたもやすみうれしいな


週末。

昨日、携帯を新しくしたのだけれど、長過ぎた待ち時間とまくし立てられる長くてわけのわからない説明に、僕の思考は完全停止。
簡潔明瞭にしてくれれば、僕の思考も停止しなくて済んだのに。
新しい携帯になったのはいいのだけれど、また色々と慣れればならないのか、ということを思うと、最低限の事ができればいいやという気持ちになってしまい、既に使いこなすことは諦めている。
しかし、この動きの早さよ。昨日まで容量不足によりメールの送受信もままならなかったことを思うと、新しくして良かったと心底思う。

今日、年賀状を作るショウコさんの隣で、久しぶりに読書なんぞをしながら、RAIN MAKERのアルバムを二枚聴いた。
本当は先週の事でも書こうと思っていたのだが、読書に没頭してしまい、叶わなかった。
久しぶりに観たRAIN MAKERは本当に良かったなあ(この感想だけで終わりそうだから怖い)。
夕方、地元で行われたフィリピンのチャリティーイベントへ。
なかなかこういうイベントはないので、興味があり遊びに行ったのだが、その場に偶然にも両親もやってきて、一緒にコンサートを観ることに。
コンサートには何組かでていたのだが、色々と考えさせられるものがあった。
帰宅し、フィリピンビールを飲みながら焼肉。肉はラム肉。焼肉はやっぱりラム肉に限るよね。
で、今。
natty pop chartを聴きながらサッポロを飲んでいる。やっぱり美味いね。




新しい携帯になれるため、他愛ないことをiPhoneから送信

サッポロ美味いね


色々と楽しい土曜日。
携帯新しくなりました。
いいだろ。





iPhoneから送信

もう我慢できません

明日僕は、携帯電話を新しくすることにしました。
容量の問題でメールもまともに受け取れないこいつとは、明日でお別れです。
頑丈さだけが取り柄だったけど、僕にとって頑丈さなんてそんなに重要な要素じゃなかったの。
さようなら、今までありがとう。

レインメーカーを見ました

土曜日、レインメーカーの企画『+MUSIC』に行きました。
その前段の昼食~お茶で、かなりの体力を消耗し(というか、背負っていたリュックの中身にいささか問題があったのだけれど。着替えと、なかなか分厚い本(not文庫本)、10インチレコード5,6枚にカメラにワイン1本。一泊二日としてはどう考えても重い。飲もうと思っていたワインは飲む時がなくて、結局持ち帰ってるし(笑)。)、夕方にホテルにチェックインしたんですけれど、危うく寝落ちるところでした。

僕の(わけのわからない量の荷物による)疲労はさておき、18時過ぎに高円寺へ向かいました。
ショウコさんが西荻窪に住んでいた頃は、BASE(レコードショップ)へ行くために高円寺へ行くことはあったのですが、結婚してからは全く行くことがなくなり(そもそも中央線沿いに行くことがあまりないのだが)、本当に久しぶりでした。本来であればBASEへ行くところなのでしょうが、駅を降りて、新鮮なビールを探していたら時間がなくなり、会場であるROOTSへ。初めての場所だったのですが、なかなか良い感じの広さの場所でした。中に入ると、WORTHWHILE WAYの皆さんの姿が。何年振りかわからないくらい久々の再会。再会と言っても、面と向かって話をしたことは殆どなくて、人見知り大爆発。はは、最低だよね。
変わらないなあ。この人見知りぶりは、いつまでたっても変わらない。人見知りが大爆発する瞬間に、ふざけんじゃねえよ!と、自分で自分を責めるのですが、人見知りの僕には勝てません。ホント、ダメな自分を愛せやしない、よね。
そんな僕とは対照的に物凄く友好的に接してくれるWORTHWHILE WAYの皆さん。更に、「長野よろしくお願いします。」なんて嬉しい事まで言われて、僕はもう目の前がグラグラに揺れて見えなくなるような、そんな想いでしたよ。本当にありがとうございました。次会った時は、ガシガシ話したいと思います。無口なりに…。笑

という感じでとても楽しい一日だったのです。
続きは、またたぶんきっと明日、にはなんとかしたいという、そういう気持ちです。はい。

とにかく不便なところなんだよ

僕の住んでいる場所。
初めてのコンビニだ!なんて、沸いてしまう。そんな場所。
県庁所在地まで、高速使って三時間。そんな場所。
東京まで4時間だぜ?北海道とか、沖縄とかから来るよりも時間かかるんだぜ。そんな場所。
僕はここに住んでから、ずっとずっと「ふざけんな!」って思っていた。
親の仕事の関係で、高校卒業まで長野市に住んでいて、大学行って、卒業と同時に今の場所に住み始めて。
絶対に抜け出すんだ、と思っていた。
本当に毎日がつまらなくて、唯一の楽しみはレコードに針を落としたり、カッコいいバンドを発見することだった。そうして、大好きなレコードから放たれる音にイメージを膨らませた。そして、パンクが鳴る場所は僕の部屋以外ないんだ、と思い込んでいた。
結婚して、徐々にそう思うことはなくなって、東京へ行く回数もグンと減って、それでもレコードに針を落とす日々は続いているし、たまにはイメージしたりすることもある。
ああ、このバンドが僕の住む街に来たら最高だよなあ、なんて思いながら、青筋浮かせて、興奮したり、そんなこともたまにする。
でも、それが実現するなんてことは1mmぽっちも思っていなくて、イメージの域を出ることはなかった。イメージなんて言っていると格好いいけど、日本語で言う妄想ね。とにかく、その、妄想の域を出ることなんてあり得ないと思っていた。
それが、だ。
土曜日のWORTHWHILE WAYの発表に、僕は興奮し、我を忘れて。それでも、嘘だろ、と思い続けて、今日という日を迎えている。
今も、信じられない、という気持ちを抱きながら、RVIVRのレコードに針を落としている。
とんでもなく不便である、と言い切ってしまっていい僕の住む町から車で40分の飯田市にRVIVRが来る。
お前、飯田市まで40分もかかる場所に住んでるのかよ!!っていう、ふざけた現実はさておき(笑)、本当に来るんだよ。来るんだよ、って言いながら、やっぱり僕はまだ信じられないって気持ちの方が大きいのだけれど。
新幹線の止まる長野駅から車で高速使って2時間以上かかる不便な場所に来るんだぜ。はは(東京から来ようと思っている方には、素直に新宿から出てる高速バスで来ることをお勧めします。笑)。

RVIVRが来る、と発表された日、FOURTOMORROWの長澤さんからメールが入った。
「長野入ってるの、愛しかないでしょ!!」
僕は全く持ってその通りだと思っている。
奇跡?
違う違う。あなたが奇跡だと思っているそれは、紛れもない愛。
そのJAPAN TOURの名称知ってる?
『LOVE IS ALL VOL.2』
愛、なんだよね。
僕は楽しみで仕方ない。興奮してどうしようもないのよ!そんなことを感じながら、日々を過ごしている。
最高だよね、はは。

何かを続けるのって、難しいよね

そう考えると、僕のブログってよく続いているよね。自分で言うのもアレだけど。
FOURTOMORROWのながさわさんが、僕が始めるずっと前からブログをやっていて、「何これ超面白いんですけど。FOURTOMORROWのホームページ最高なんですけど。えへへ。」なんて大学のパソコンからチェックしていたんですけど、就職活動を機にノートパソコンを買って、それからだったかな。僕がブログなんてものを始めたのは(もっと言うと、サークルの掲示板にブログじみた投稿をしていたんだけど)。そのノートパソコンは今も家にあるんだけど、思えば就職活動では殆ど機能してなかった。あれ、もしかしたらブログ始めるために買ったのかもしれない。20万くらい?してさ、本当に馬鹿だよね。
まあ、あれがあったから今があるわけですよ。この、ていたらくぶり、がね。はは…。ああ。
いつまで続けるのか、僕にもわかりませんが、止まっているブログを見ると、僕は絶対に止めないけどね、なんて思って、管理者画面を開いています。開くのはいいんですけど、完全にフリーズしちゃうんですけど。パソコンじゃくて、僕が。
そんな感じで、今日もこんな感じです。

続けることはいいんだけど、一つの話を続けるのが苦手なのがダメだよなあ。
こんなこと書いてないで、早いところ『かつのちからzine vol.4』が海を渡った話の続きやれよ!って話ですよね。はい、僕もそう思います。
まあ、今日はもう寝ますけど。おやすみなさい。

親子だなあ、と

土曜日に、山岡さんの息子はるきちゃんに会いました。
たぶん、長野に在住している者の中で、一番はるきちゃんに会っているのが僕なのですが、(昨日も同じようなこと言っていますが)どんどん成長するなあ、と会う度に関心させれます。またすぐに会いたいです。
さておき、土曜日に会ったはるきちゃんの姿を見て、何故か懐かしい気持ちがこみ上げてきました。
はるきちゃん!
↑が、土曜日のはるきちゃんなんですけど。
ね?
懐かしいでしょ?
極一部の人と(いるのかどうか知りませんが)とんでもなくコアなかつのちからファンであれば、絶対に「ああ、懐かしいなあ」となるはずです。
「そう言えば、部長もこれ着てたなあ。」と。
DSC_0227.jpg
ね(笑)?
着てたでしょ(笑)??
そんなはるきちゃんを見て、やっぱり親子なんだなあ、と思いましたよ。ええ。
上の写真は五年位前の年末年始@綱島。山岡さんが来ている水色のアウターは、翼さんの物だったと記憶しています。もしかして、はるきちゃんが着ている水色のアウターって、翼さんのお下がりなのか!?
(そんなわけねえだろ!)

どんどん成長していくね

昨日は、久しぶりにかおちゃんとはるきちゃんに会いました。
かおちゃんは喋れるようになっていて、はるきちゃんは歩き回れるようになっていました。
月日の経つスピードと、成長のスピードに、会う度に驚かされます。
昨日のハイライトは、かおちゃんの発した、出川哲朗もビックリな「ヤバいよヤバいよ」ですね。僕や山岡さんは会話の中で割と「ヤバい」を使うのですが、かおちゃんがそれを真似して何故か「ヤバいよ、ヤバいよ」と。
僕:「ヤバいよヤバいよ」はヤバいですねー笑
山岡さん:「ヤバいよヤバいよ」はヤバいな。笑
かおちゃん:ヤバいね!
というやり取りは、今思い出しても笑ってしまいます。
かおちゃんの「ヤバいよヤバいよ」はヤバいよなあ(笑)、なんて。
また遊ぼうね
また遊んでね。

とても興奮している

興奮と不安の入り混じった土曜日の夜。
でも、断然興奮が勝ってるけどな!
とても楽しい一日にしたい。むふふ。

ああ、久しぶりだな、と思っていたけれど

明日は東京へ行きます。
久しぶりに行くなあ、などと思っていたのですが、よくよく思い返してみると、11月末にAGAINST ME!を観に行って、すげえ興奮していたことをすっかり忘れていた。笑
日帰りで東京という強行スケジュールだったんだけど、その翌日の昼過ぎ頃にも実は東京にいて、夜にはショーンくんとカナさんと飲んでたし。その翌日には、東京ドームでAKB48をすげえ遠くから観てたし(東京ドームで観るコンサートって楽しいのかね、とずっと疑問を抱きつつ)。
これって、全然久しぶりじゃないね。笑
明日はたくさんの人に会う予定です。楽しみだなあ。
大きくなったかな
この人たちにも会います。えへへ。
大きくなったかなあ。なったよなあ。うん。
ちなみに、宿泊場所は荻窪の予定(笑)。新宿が空いてなくて荻窪なんだけど、これまたとても久しぶり。だけど、西荻窪へはどうも行けそうもない。新宿から近いようで遠い西荻窪。やっぱりあそこにショウコさんの家があったことは大きかったよなあ。何年か前の金曜日のあと数時間後。僕は西荻窪の駅に降り立って、そこにはショウコさんが待っていてくれて。
なんてことを、ついつい思いだしちゃう荻窪。西荻窪の隣の荻窪には何の思い入れもないけど、隣が西荻窪っていうだけで、何かワクワクしちゃうね。

明日のために寝ます。WORTHWHILE WAY聴きながら。えへへ。

みんな


もっとTHE SMITH STREET BAND聴いた方がいいよ。
マジで。

今日スタッドレスタイヤにしました

まだ雪降ってないんですけどね、早めに変えておいて損はないので。
前にも書きましたが、11月末頃に白馬村へ遊びに行ってきました。目的は、jaaja最後のライブ。ライブへ行く感覚で白馬村へ行ったのですが、白馬村に入った瞬間から世界が変わりました。
白馬は雪が降る場所であるということは当然知っていたのですが、白馬村全体がそういう感じだった、ということを恥ずかしながら初めて知りまして。とにかく雪が凄くて、誘ってくれた南雲さんには悪いけど、これはもう帰った方がいいな。うん、帰ろう。と思った程でした。笑
雪が凄い
ね?
雪遊びできるくらい積もってるから。
あと、完璧にアイスバーンだから。
しかも、ライブ会場が、比較的ゲレンデに近そうな立地だったから。

まあ、今となっては僕の車もショウコさんの車スタッドレスタイヤなので、恐いものなしです。唯一一つだけ恐い点をあげるとするならば、僕のスタッドレスタイヤ、購入してから少なくとも八年は経過してるんですよね。
恐いっていうか、ヤバいよね。はは…。

神様は聴いているだろうか

日曜日、宮沢さんの企画でBGMをやらせてもらいました。
ちょうどCDR一枚の時間くらいだったので、好きな曲をCDRにぶち込んで、それを大きな音で流しただけなんですけど。
一曲目から、たぶん今年一番聴いているであろうLEMURIAの『Brilliant Dancer』。もう完璧だよね、うふふ。なんて。
続く二曲目は、11月に初めて観ることのできた念願のAGAINST ME!。そのライブの中でも「うおおーっ!」ととても興奮した『I Was A Teenage Anarchist』。勝った。圧勝だろう!えへへ。なんて。
途中、大学の頃にとても好きだったレーベルSTIFFEEN RECORDSのコンピ『BEAT KONZART COMPILATION』に収録されているRUSHELIC80の曲を入れて、遊び心を見せたりして。うふふ。なんて。(本当に久しぶりにRUSHELIC80を聴いたのですが、とてもいいぞ!!)

そんな感じの28曲76分のCDRで、僕は闘いましたよ、ええ。
「今流れてる曲とってもいいですね。」なんて声をかけられてもいいように、三枚くらいそのCDR焼いて行ったんですけど、なかなかの厳しい闘いでした。ええ。

話は少し変わるのですが、飯田には、僕ら(僕とアイカワくんとワカメさん)が「神様」と呼んでいる人がいるのです。
飯田のライブ会場に、ふらりと現れる年齢不詳(かなりの高齢)のお爺さん。そのお爺さんのことを、僕らは神様と呼んでいるのです。
その神様が、日曜日にふらりと現れました。
僕はかなり久しぶりに見たのですが、高齢化が更に進んでおりまして、「こんなところに来て大丈夫なのだろうか…」と不安になるレベル。口をずっともごもごさせて、涎がダラダラ垂れて、片手は完全に震えていて。
そんな状態でもライブに来る。そんなお爺さんを見て、神様の名に相応しい爺さんである、と確信しました。
その神様が、僕の元へやって来ました(BGMだけでなく、ディストロでCDも売っていたので)。
震える手で5千円を掴み、声にならない声で僕に何かを伝えてくるのですが、どうしたらいいのかわからずそのCDRを一枚渡しました。
「お金はいらないから!あげるから!!」なんて。
すると神様はそのCDRを受け取り、去って行きました(正確には、その日出ていた人のCDを一枚買って(というか、どうしてもお金を使いたかったようなのですが笑)から帰っていましたが。)。
神様、聴いてくれるかな。『V.A.seishiをかけたかつのちからうどん』聴いてくれるといいな。

FC2Ad