スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつのLOVE IS ALL

今日は上田市へ出張でした。
僕の住んでいる町から高速使って三時間。同じ長野県内なのに、高速使って三時間かかるって凄いよね。
上田までの道中、車で一人だったので、4月19日の転換BGMを聴きながら、上田を目指しました。
4月19日の翌朝、アキヒロさんがこんなことを言ってくれました。
「SE最高やったね。あれ狙ってたでしょ。」と。
そうなんです。狙ってたんです。というか、個人的にクソ盛り上がるポイントを随所に散りばめておいたのですが、それに気づくなんて、さすがアキヒロさんです。嬉しいなあ。うふふ。
なんて事を、今日の車中で思いながらニヤニヤしていました。
せっかくなので、個人的にクソ盛り上がるポイントでも紹介しておきましょう。あの日、BGMを聴いていた人がいるのか謎ですが。

This bike is a pipe bomb『What I want』で幕開け(幕開けにふさわしいでしょ)、American stell『Long day』へと続いていく流れ。これは完全に山岡さんに向けたものだったんですけど、わかってくれたかなあ。というのも、僕がこういう音楽を好むようになったのは山岡さんからいただいたMixCDRによるところが大きくて、山岡さんから貰ったCDRのうちの一枚がこの流れを汲んでいたのではなかったかな、と。とにかく、山岡さんへの感謝から始まる僕の転換BGM。これを最高と言わず、何と言おうか。
その後数曲は、個人的に好きな曲を選んで、オープンからスタートの30分間の内の個人的山場が8曲目からやってくるのです。
8曲目、皆聴いてたかな。FIFTEENの『Punk Song』。超名曲。当初考えていたものには入っていなかったのだけれど、ホリイさんが飯田に来るということを知って急遽入れることに。そうなんです、この8曲目は完全にホリイさんに向けたものだったのです。そんな僕の想いが届いたのか、「Punk Songじゃん。最高だよね。」なんてホリイさんは言ってくれました。さすがホリイさんです。気付いてくれて嬉しいなあ、えへへ。
ちなみになんですが、山場は8曲目で終わりではないのです。続く9曲目、10曲目が超山場。FOUR TOMORROWのライブを目前に流れていたBGM。皆、気づいてたかな?DILLINGER FOURからのCrimpshrine『TOMORROW』への流れに!FOUR TOMORROWのFOURはDILLINGER FOURのFOURで、FOUR TOMORROWのTOMORROWはCrimpshrine『TOMORROW』だって、皆知ってるよな?それ、僕がFOUR TOMORROWのライブ前に実践したから。FOUR TOMORROWの皆さん、気づいてくれたかな。Crimpshrine『TOMORROW』が終わるのと同時にFOUR TOMORROWが『TOMORROW』を始めるんじゃないかって、ソワソワしてたけど、さすがにそれは実現しませんでした(笑)。

他にもいっぱいあるんですよね。PUNKの中にあえてタテさんの曲入れたり(飯田だしね)、WORTHWHILE WAYが始める前にMADISON BLOODBATH、The Ones To Blameを流したり、絶対に流そうと思っていたONSINDの曲は、RVIVRのエリカがゲストボーカルやってる曲選んだり(その曲に合せて歌っているエリカの姿を僕は見逃していないぜ。えへへ。)。
とにかく、そのBGMを聴いているだけでニヤニヤしちゃうんだけど、一番嬉しかったのは、ホリイさんのこの一言。
「IRON CHIC流れた時に、エリカが準備やめて歌い出したの見て、俺超興奮したもん。」
その時僕はトイレの列に並んでいて、その姿を見ることができなかったんだけど(shit!)、同じ列にマッティが並んでいて、ステージに向かって拳をあげた後に、僕に向かって「IRON CHICは最高だ!俺が今日来ているTシャツも、君が服に縫い付けているパッチもIRON CHICだ!!」みたいなことを言ってくれて(過大になっている可能性はあるけれど、絶対にそうだ!)、僕も超興奮してたんですよ、ホリイさん!!

そんなわけで、上田までの道中はとても楽しかったです。笑
スポンサーサイト

食べるものが何もない

昨日からショウコさんが茨城へ帰っており、一人暮らしのようなことをしています。
車のバッテリーがあがってしまい、車での通勤ができず、約30分かけて職場から家まで歩いて帰ったのですが、一昨日の駅伝による筋肉痛にさらに筋肉痛を上塗りする行為をしてしまい、本日が筋肉痛のピークの模様。
お尻が痛い。何故かお尻が超筋肉痛。

筋肉痛はさておき、ヒイヒイ言いながら帰宅し、何か夕食をとることに。
が、何もないのです。驚くくらい何もない。卵すらない。それくらいにすっからかんの冷蔵庫を前に、どうしたもんか、と頭を抱えかけたのですが、駅伝+帰宅の疲労により頭を抱える気力もなく、いつだったか届いたソーキそば(潤の結婚式の引き出物で僕が選んだ。ありがとう)をソーキ抜きで食べることに。何故、ソーキ抜きなのかと言えば、ソーキが先に尽きてしまっていたから。と言うわけで、ソーキ抜きソーキそばをズルズルとすすり、夕食終了。
その後、風呂に入り、ビールでも飲もうかと冷蔵庫を開けたのだが、つまみになるような物がなにもなかったので、さばの水煮缶にマヨネーズと七味をかけてそれを肴にビールを飲むことに。
何なんでしょうか、この堕落した生活ぶり。学生時分にも一人暮らしをしていたのですが、あの頃はもっとちゃんとしていたよなあ、と思いつつも、どうちゃんとしていたか微塵も思い出すことができないでいる30歳の僕。
って、学生時分ってもう10年も前なのかよ。なんて思ったり思わなかったり。
そんな風にしてビールを飲んで、寝ました。

で、今日。
今日もショウコさんがいません。いないし、冷蔵庫に殆どなにも入っていません。
先ほどから部屋の片づけをちょこっとし始めているのですが、どうしても気がかりなことが一つ。
今晩、何食べようか。
先ほど、ドライブがてら車を走らせコンビニへ行きビールを買ったのですが、冷蔵庫に何も入っていないことをすっかり忘れており、冷蔵庫に入れるべきそれらを一つも買ってきていません。今から買いに行けばいいのですが、堕落した僕にはもう家から出る気力がないのです。
仕方ないので、冷蔵庫に入ってた納豆もしくはレトルトカレー(妹の結婚式の引き出物で僕が選んだ。ありがとう)のどちらか、もしくは両方を夕食にしようと思います。
そうだな、ご飯は土鍋で炊こう。それくらい、やった方がいいよな。うん。
土鍋でご飯炊く気力あるなら買い物行けよって、話だよな全く。

◎追記
昨晩のさばの水煮缶の残りを土鍋に入れて炊き込みご飯にしようと思います。果たして美味くいくのか。美味くなかったらどうしよう。

◎追記2
蒸らすところまできてしまいました。水煮缶の汁も控え目に入れたけど、しょっぱくて食べられなかったらどうしよう。

◎追記3
ヤバいな。匂いは美味そうだぞ。いいぞ。

◎追記4
匂いがあまりにも美味そうなので、僕もうビール飲んじゃいます。匂いだけでいける!

◎追記5
さばごはん
ちょっと薄味だけど美味い!炊き加減抜群!!最高!!!
野間さん、土鍋ありがとう。そして、おめでとう。末永くお幸せに!!

日曜日の夜に

昨晩、唐突に谷口ジロー大先生の作品を読みたくなり、棚から一冊の漫画を取り出した。
『センセイの鞄』。言わずと知れた超名作である。
それを久しぶりに手に取り、ベッドに寝転びながらページをめくった。

「先生」でもなく
「せんせい」でもなく
カタカナで「センセイ」だ

これが冒頭の文章なのだが、これを見て思わず胸を撫で下ろした。
よかった。カツオカシローセンセーが定着しなくて、と。
そして、僕は瞳を閉じ、眠りについた。
全然、読まなかったな。『センセイの鞄』。今日こそ読もうと思う。マジで超名作だからさ。

何だかさみしくて


サッポロ飲んでる。
またビール奢りたいね。
また乾杯したいね。
サッポロ好きになってくれたかな。好きになってくれてたらいいな。
僕の拙すぎる、オールジャパニーズパンクス、ライク、ディス(サッポロ)、は伝わっただろうか。果たして皆がサッポロ好きなのか甚だ疑問ではあるけれど‥。
そんなわけで、僕の二週間分くらいに及ぶビールを奢ってしまったので、しばらくビールを控えることを試みようかなと思っています。

3年前のアメリカでシムが僕らに言ってくれた「皆は遠い日本から来ている。だから俺がビールを買う。俺が日本へ行った時は、今度は君らがビールを買ってくれ。(かつのちからzine vol.4から引用)」を、僕は今も忘れられないでいる。
だから、僕はビールを買った。これからもそうだ。これから、があるのかわかんないけどさ。
つーか、ライブ後のケビン見てたらビール買いたくなっちゃうよな。
汗びっしょりで、冷蔵庫の前でビールを買おうとしているケビン見たらさ。笑

僕「Do you need beer?」
ケビン「Sure!」
僕「OK!I buy beer soon!!!」
僕は三回くらいやったあのやり取りを一生忘れない。
ケビン待ってろよ、すぐビール買ってくるからな!ってコンビニまで疾走したことを忘れない。

ケビン、ありがとう。
コンビニまで疾走したおかげで、今日の駅伝大会で早く走ることができたよ。はは。

ああ、これだったな、と。

「シローの夢は何?」
三年前、アメリカへ行った時に、クリスから唐突に放たれたその質問。
僕はそれに応えることができず、「わからない。」と答えたんだったっけ。
それに対してクリスは、
「夢はあった方がいい。」
そう言っていたっけな。

今日(正確には昨日)、東京からの帰り道(そう、僕は東京へ行ったのだ!で、さっき帰ってきた)。
RVIVRを聴きながら、ふと思った。
ちょっと待てよ。これはもしかして、夢が叶ったんじゃないか、と。
長野に帰ってから、レコードに針を落としてはずっと思い描いていたこと。
僕の好きな海外のバンドと日本のバンドが地元でライブをしてくれたらどんなに素敵なことだろう。
それ。
それが、叶ってた。
その叶ってたそれが、夢だったんじゃないか、って。

クリス、あの時は答えることができなかったけど、僕にも夢があったぜ。で、その夢が叶ってたよ。えへへ。
最高だった。本当に夢のような一週間だったよ。うふふ。
パンク好きでよかったよ。

神が降臨した

飯田には僕たち(下伊那パンク四天王)が「神様」と呼んでいる人がいる。
神様は、いつも突如としてライブに現れ、颯爽と去って行く。
僕が飯田で企画をやる目標の一つに、神様が来るような日を作りたい、というものがあった。あったのだが、神様はパンクなんて聴かないんだろうな、と思っていた。

4月19日。言わずと知れたRVIVR/WORTHWHILE WAYのジャパンツアー飯田の日だ。
この日はやはり特別な一日で、飯田では到底考えることのできない程の予約が入っており、当日券は出さない、ということにしていた。
18時30分過ぎにオープンし、数分後に怒濤の勢いで予約していたお客さん達が雪崩れこんできた。僕はそれに対応するのに精一杯だった。そんな時、お客さんをかき分け一人人物が僕の目の前に現れた。
推定年齢87の老人。
口からは涎がダラダラと流れている。
神様だ。
何と言うことだろうか。予約のリストに神様の名前は、ない。当たり前だ。神様はいつだって突如として現れるのだから。
神様は震える手に三千円を握り、僕に手渡した。ソールドアウトだ、と断る間も無く。
否ッ!断る理由などなかったのだ。神様は、ヨロヨロと歩を進め、フロアの中にいるお客さんの中に消えた。
神に選ばれし日。僕は神様に後押しされ、予約をしていなくて入れなかったお客さんを入れた。そのお客さんの一人が、飯田に近い方で、RVIVR周辺をよく聴いている方だったのだが、これは偶然ではないと思う。言うならば、神様の思し召し。
そのお客さんを最後に本当の本当にソールドアウトとしたのだが、僕がFOUR TOMORROWを楽しんでいる間に一人の女性をがやって来たらしいのだが、ソールドアウトということで帰してしまったのだ。これは唯一の心残り。本当にごめんなさい。またご縁があれば会いましょう。

さておき、肝心の神様であるが、一番目のFOUR TOMORROWのライブを観た後にFOUR TOMORROWの、音源ではなくRAIN MAKERの音源を購入し、颯爽と去って行った。笑
神様、来てくれてありがとう。

常識の行為らしい


レンゲに白飯乗せて、味噌煮込みの汁に浸して、そこに卵を乗せて食らう。
食いしん坊の鏡だね。





久しぶりにギネス


何と言っても僕を強くしてくれるからね。
AGAINST ME!の来日の時に、ギネスがないと絶対にダメだ!なんてAGAINST ME!始まる前に渋谷を歩き回ったのが懐かしい。
で、よく見つけたよな、ギネス。笑
あの日のことを思い出しながら、久しぶりにギネスを飲んでいる。美味いね。





最高だったな

マジで最高だったなあ。
土曜日が終わってから、ずっと土曜日の夜のことを考えている。
その土曜日の夜のRVIVRの様子がYOU TUBEにアップされています。どなたかわかりませんが、ありがとうございます。こんなことになっていたんだな、と震えております。ヤバいよなあ。

34秒くらいの長澤さんの手が最高にバカウケです。

1分22秒あたりの僕とホリイさんのシンクロ率が最高にバカウケです。

これが飯田で行われていたことだなんて、僕には信じられません。
マジでヤバいよなあ。

最後に僕がアップした動画を。

音はとても悪いのですが、59秒あたりからの長澤さんによるMATTの動きのコピーがバッチリ収められていますので、『wrong way/one way』のPVを見まくった人は、ぜひ一度ご覧ください。

というわけで、土曜日の夜のことを繰り返し繰り返し思い出している僕なのです。えへへ。

イケると思ったんだけども


昨晩、マジで最高だった。
昨晩からのテンションと空腹を引きずったまま、唐突にペヤングが食べたくなり、帰路の途中でコンビニに寄りました。
で、ペヤングを前にして、イケる。と思ったのです。
ペヤングの超大盛、今ならイケる。そんな気がするぞ!と。
夢だったのです。ペヤングの超大盛を食べることが。
が、生まれ持っての小食気質。こんなもの食えるわけねえわ、と避けて通ってきたペヤング超大盛。
昨晩のRVIVRで最高最強になった僕は、イケる。というそれを信じ、ペヤング超大盛の購入に踏み切りました。

で、今食べています。
いいな。うん。まだまだ大盛くらい残っているけど、もう、いいな。
ホント、ごめんなさい。全然イケませんでした。もう二度と買いませんから許してください。
でも、昨日の夜だったらイケてたんじゃないかな。うん。

ともあれ、昨晩は本当にありがとうございました。最高だったなあ。ふふふ。

RVIVR&WORTHWHILE WAY JAPAN TOUR長野飯田編

当日までこれが先頭に来ます。よろしくどうか!!

RVIVR&WORTHWHILE WAY JAPAN TOUR2014-LOVE IS ALL vol.2-
◎4月19日(土)@長野飯田CANVAS
◎OPEN 18:30/START 19:00
◎前売 2,300円+1D/当日 2,500円+1D
◎出演
・RVIVR(USA)
・WORTHWHILE WAY(徳島/東京)
・FOUR TOMORROW(埼玉)
・RAIN MAKER(東京)
◎予約
EAGER BEAVER RECORDS
・RVIVRを除く出演バンド
・僕の方でも受け付けています。僕の方で予約をされる方は、shit-low@mail.goo.ne.jpへメールお願いします。
※予約方法等についてはEAGER BEAVER RECORDSのホームページをご確認ください。
フライヤー
待ってます。皆さん、来てください。最高な一日にしましょう!

※ツアー詳細については、WORTHWHILE WAYでチェックしてください。

遂に明日ですね

楽しみ過ぎて、今夜眠れるのか不安です。笑

お陰様で、前売りソールドアウトとなりました。ご予約いただいた皆様、本当にありがとうございます。
前売りは2,300円+1ドリンク(500円)の計2,800円となります。
こんなに人が来ることを予想していなかったので、僕の手持ちの100円玉では対応できない可能性大なので、小銭いっぱい持ってきてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

今週に入ってから、僕宛ての予約がドドッと増えまして、フライヤーを配って良かったなあ、と思っています。
僕宛てに予約をくれた人は全員長野の人だと勝手に思っていますので。ええ。
嬉しいなあ、長野の人がたくさん来てくれるような、そんな感じがして。笑

とにかく、もう明日なのです。
もう楽しむしかないよな。うん。

楽しみでなかなか寝付けないのです

今週、なかなか寝付けない夜が続いております。
寝ても、2時間後くらいに目が覚めてしまいます。
それこそ、バチッ!と瞳が開いて目が覚めて、すぐに携帯で日付を確認。
「ああ、まだ4月19日ではなかったか。もう少し寝ることにしよう。」
なんて事を、日に三度は繰り返しています。
病かもしれない。
4月19日のRVIVR&WORTHWHILE WAY JAPAN TOUR長野編が楽しみすぎて寝付けない病かもしれない。
こんなのはいつぶりだろうか。
小学生自分のクリスマスイブぶりなのではなかろうか。
サンタさんが来るその日は、なかなか寝付けず、サンタさんは何を持ってきてくれるのだろうかワクワク、などと語尾が「ワクワク」になってしまう程にワクワクして、本当に全然眠ることができなかった。眠ることはできなかったのだが、いつの間にか眠っており、朝起きると枕元にプレゼントが置かれていた。たぶん枕元にプレゼントを置いていたのは母親だと思われるが、よくぞあんなにもワクワクしてなかなか眠らない僕の眠った隙にプレゼントを置いたものだ、と今考えると感心してしまう。

とにかく、子供の頃のクリスマスイブくらいワクワクしている日々が、月曜日からずっと続いている。
このままワクワクし続けていったら、4月19日当日、僕は一体どうなってしまうのだろうか。下手したら当日、睡魔に襲われて寝てるかもしれない。むうっ…それは遺憾ぞ!
遺憾ぞ!とは思うのだが、遺憾ぞ!と思ったところでなかなか寝付けないのが事実。
仕方がないので、今夜もワクワクしながら眠ることにしようと思う。
あと二日。楽しみだなあワクワク。

あと約4日!

約4日後に、飯田にRVIVRとWORTHWHILE WAYがやって来ます。
しかも一緒に来るのがRAIN MAKERとFOUR TOMORROW。
約4日後に迫る現実ではあるのですが、その現実を前にしても、これは夢なのではないか、と思ってしまいます。それくらいの大事件である!と僕は思っています。

今、水曜日の仕事のことを全く考えず、当日流す予定の転換BGMを聴きながらニヤリとしています。
昨年の9月。
僕はずっと呼びたかったFOUR TOMORROWを飯田に呼びました。7年だか8年だか、とにかく結構な年数越しの願いが実現して、とにかく最高の一日だったと思っている。台風と飯田の反応を除いては。
4月19日はどうなるんだろう。考えると、不安と楽しみが湧き上がってくるのだけれど、今週は、「楽しみ」の方が圧勝している。
待ってます。飯田の皆さん、マジでお願いします。
残念なのは、このブログを飯田で見てる人がほとんどいないという事実か。

BGM:FIFTEEN『PUNK SONG』~DILLINGER FOUR『Minimum Wage Is A Gateway Drug』

100件もいらないよな

今のブログ、一日の更新回数の上限が30回なんですよ。
以前は、100回も可能だったんですけど、いつからか上限回数が30回となったのです。

もう何年も前の話なんですけど、僕やったんですよ。
一日に100回更新する、っていう馬鹿げたやつ。
馬鹿げたやつなことだけあって、普段から内容のないブログがその日は更に内容がない更新で、これは果たして意味があるのだろうか、と考えながら腱鞘炎になる危険性も顧みずチャレンジしたわけですが。
やったところで、これと言って特に何もなく、むしろその日以降に更新することがなくて地獄を見る、という最悪の結果だったんですけど。
まあ、若気の至りということで、今はもうやろうなんてこと微塵も思いません。100回は勿論のこと30回だって。3回も考えちゃうくらいだなあ。

というわけで、一日に一回更新することにヒイヒイ言っている僕には日に何度も更新するなんてことはもはや無縁なのですが、ふと目にした文字に思わず反応してしまいました。
「PR1日上限30件の投稿件数を100件にする方法」
むう、そんな方法があるのか!と。
それを目にするなりクリックしてしまう僕。やはり僕の中の獣はまだ死んではいませんでした。今尚、牙(ネタ)を研ぎ、機を狙っているのです。
まだやれる、僕はまだブログをやれるぞ。
そう確信した、火曜日の夜。
明日も更新できるといいな。
(ちなみに、100回に増やすには、月額300円払えばいいそうです。簡単ですね。まあ、僕は月額300円もらえたとしても日に100回も更新したくありませんけど。)

最近、走り始めました

4月19日に向けて。
4月19日に短パンを穿くために。
ある程度仕上げておかないとな。
19日まであと数日しかないので、間に合いそうもないけれど、仕上げられるところまで仕上げないとな。
4月19日に短パンを穿くために、脚を仕上げておかないとな。
今日も走ったんだけど、ちょっと走ったら横っ腹が痛くなっちゃって、走るのをやめたぜ。
へへ、間に合うかな。

つーか、この気温で短パンいけるかな。
長野へお越しになる皆さん、夜はまだ寒いです。

仕出しをお願いした

金曜日、よく行く鮨屋へ久しぶりに行きました。
季節柄、ホタルイカと鰹が入荷されていたので、迷わず注文。
美味い。
ホタルイカの沖漬けも、鰹の刺身も、サッポロも。
海のない長野県でこうも美味い魚を食べることのできる僕は何と幸せなやつなのだろうか、ということと一緒に旬のネタを噛み締めました。
寿司友である山岡さんとは、いつかこの店へ行きたいな、と思っているのですが、なかなか長野へ来る機会がないので、それが叶わないでいます。
4月19日にFOURTOMORROWが長野に来るので、必然的に山岡さんも来るのですが、どう考えてもその鮨屋へ行っている暇はないのです。
やはり無理なのか…そう諦めたその時、妙案が浮かんだのです。
仕出しを頼めばいいじゃないか!と。
そうと決まれば話が早いわけで、お会計のついでに仕出しをお願いしました。
鮨5、6人前。
ライブ始まる前に、その鮨を取りに行って、乾杯…否ッ!幹鮨したいと思っています。えへへ。
RVIVRがその場にいるかわかりませんが、そこにいたならばカッパ巻きを勧めようと思っています。えへへ。

来週楽しみだなあ、鮨。笑

先週、髪を切りました

昨年の9月から髪を切っておらず、ボサボサがどうにもならなくなったため、先週、一念発起(?)して髪を切りに行きました。
ショウコさんが髪を切りに行くというので、それに便乗しただけなのですが。僕、もう30歳なんですけど、未だに美容院だとか床屋だとかへ行くということに慣れておらず…そもそも電話して予約しなきゃいけないという点が個人的に非常に敷居が高くて、できることならば行きたくない場所ナンバーワンなのです。が、髪の毛がボサボサして邪魔なのも事実。というか、髪の毛が邪魔であるという事実が、美容院やら床屋へやらへ行きたくないという事実に勝った、というだけなのですが。

とにかく、先週、髪を切りに行きました。
行くのはいいのですが、こと髪の毛に関しては、何も手入れをしないような男なので(もちろん、髪の毛は洗いますよ)、髪をどのようにしたいという明確なビジョンもあるわけもなく、ただただぼんやりと「短くしてほしい」などと思いながら行くものですから、「本日はどのようにしましょうか」とお店の人が言いつつあまたの髪型が載った雑誌を渡された時のあのやるせなさ。本当にどうしたらいいのでしょうか。髪型だけでよくこれだけのページ数を稼げるな、と感心する部分もあるのですが、モデルみたいなやつらがビシッと決めた髪型を眺めたところで、こんな風になりたい、というものがないわけです。そもそも髪の毛にワックスだとかそういうものを全くつけない男なので、イメージができないのです。ビシッと決めていない時はどんなことになっているのだ、このイケメン野郎は、と。
そんなわけで、ページをパラリとめくり、「とにかく短くしてください」とお店の方に伝えると、「奥様からかなり短くしてくれ」と言われております、とお店の方。
いらねえじゃん。僕に渡したこの髪型の雑誌、いらねえじゃん。
ただ、「短い」というカテゴリーの中にもあまたの種類があるようで、お店の方がいくつか指をさしたうちの4番目の髪型くらいの短さにしてもらうことにしました。しました、と言っても、僕にとって肝心なのは「4」という数字だけで、その髪型がどんなものだったのか、よく見ていなかったのですが…。
ようやく髪型も決まり(僕はよく把握していなかったけど)、バシバシと切っていくお店の方。
お店の方がバシバシとやっているうちに、みるみるうちに毛の固まりができあがりまして、みるみるうちに僕の髪の毛が短くなっていきました。
眼鏡を外していたため、鏡に映る自分の姿はぼんやりとしか見ることができなかったのですが、「これはちょっとやりすぎなのではなかろうか…」と不安になるような自分のシルエット。
それに追い打ちをかけるように、「後ろは刈上げときますね。」とお店の方。
「刈上げ」というワードを聴いた瞬間に、「4」番目の髪型はとんでもなく短いやつだったのか…でもまあ、「4」番目だから仕方ないよね、と落ち込みそうになりながらも前向きに「4」番目を受け止める僕。
何と言う「4」への愛!

と、言うわけで、昨年の9月ぶりに髪を切ったのです。
4月19日はコボちゃんのような僕とハイタッチもしくは握手しましょう。

ホタルイカと鰹と


美味い季節になりましたね。
久しぶりに鮨を食べに来ていますが、それらがとんでもなく美味く、ここは本当に海なし県なのだろうか、僕は何故山しかない長野に生まれたのか、と思ってます。
美味いぜ。
最高だぜ。






BGM:What I want

サボってごめんなさい。
下伊那パンク四天王のカツオカシローです。
土曜日、下伊那パンク四天王としてのプライドを傷つけられたというか、自信を失ったというか、とにかくそういう出来事がありました。
ギニアから帰国したワカメさんと飲んだのですが、その帰りの道すがら、キャンバスの前を通りかかると、ライブを終えたばかりの方が店の外にたむろしていました。
これはフライヤーを配るチャンスであろう、と何枚かフライヤーを渡したのですが、その中の一人がこう言ったのを、僕は聞き逃しませんでした。
「下伊那パンク四天王って…」
その人は何の気なしに放った言葉なのかもしれませんが、その言葉が僕の自尊心やら自信やらを傷つけ、ぶっ壊したのです。

それ以来、自問自答の日々が続いております。
下伊那パンク四天王などという大そうな肩書を名乗り続けていいものか。
下伊那パンク四天王とはそもそも何なのか。
下伊那パンク四天王というネーミングはやはりクソダサいのではなかろうか。

…こうして自問の羅列しようとしてみたところ、大して自問することがないことに今朝方気づきまして、何と言いますかとどのつまり僕は今日も元気にplan-it-xのコンピを聴いております。
久しぶりに聴いたthis bike is a pipe bombがとてもよくて、これは転換BGMに外せないよな、なんて思いながらビールを飲んでいます。rosaもmatty pop chartも外せないよな。もちろん、ghost miceもone reasonも他にもいっぱいね。
plan-it-xの『if it ain't cheap,it ain't punk』を初めて手にして聴いた時の、「何なんだろうかこれは」感とからの「でもとてもいいじゃないか。僕は大好きだぞ。」感を経ての「もう後には戻れないよね」感、その三つがごちゃ混ぜになった今聴く『if it ain't cheap,it ain't punk』。これがなかなかどうして悪くないのよ。うん。

僕に追いついてから言って欲しいね。
その、
「下伊那パンク四天王って…」
って台詞は。
まあ、追いつきたかないか。笑

no title


なんてまったく言いたかないね。





明日、雨降りそうだな


RAIN MAKERとても楽しみです。
長野には何度か来ていますが、長野のしたの方は初めてなのではないか、と。
かっこいいぜー!
RAIN MAKERと言うと、僕がまだ二十歳前の夏。今は無き渋谷のギグアンで、ショウコさんとユキの三人で最前列でライブを観た記憶。それが一番強い。
スーパーカッコよかった、とにかくそう思った。
嬉しいなあ。楽しみだなあ。皆に観てほしいなあ。

4月19日、本当によろしくお願いします。
最近こればっかだけどさ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。