スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーシンガロンガー


たぶんスーパーシンガロンガーになると思います。
可愛いです。声でかいけど。





スポンサーサイト

西荻窪で寿司を食べたのは気のせい

先週、does it floatの企画が西荻窪で行われた。
ということで、久しぶりに西荻窪へ行った。新宿に11時過ぎに着き、とりあえずビールを飲むために昼食をとることに(ライブの後に車で茨城へ行くため、時間的に最後のビール)。
グルグルと新宿のバスターミナル近辺を歩き、いまいち食べたい物が思いつかず、路地裏にあったうどん屋へ。店に入ると、覇気のないおっさんがテーブル席に座っていた。客なのかと思いきや、覇気のない声で「いらっしゃいませ」的なことを発した。特に案内する気もなさそうだったので、カウンターに座り、店内を見渡す。僕以外に客はいない。いるのは、テーブル席に座る覇気のないおっさんと、カウンター越しの厨房に立つ覇気のないおっさんと僕。
これは完全に失敗だな、とその瞬間に思った。しかし、カウンター席に座ってしまったので、ざるうどんと生ビールを頼んだ。
しばらくするとテーブル席に座っていた覇気のないおっさんが生ビールを持ってきた。アサヒスーパードライなのだが、肝心のキレをいまいち感じることができず、覇気のないビールであった。それを口にした瞬間、その日一日を台無しにした気分であった。その日最初で最後のビールが覇気のないビールときたら、僕自身の覇気もなくなるというものだ。
そんなわけで、覇気のないビールをちびちびと飲んでいると、カウンター越しに厨房に立つ覇気のないおっさんがざるうどんを差し出してきた。見た目はまずまずであったので、少し期待してうどんを啜った。啜った瞬間、うどんに残った若干の熱が口に広がった。ざるうどんなのに生温いとは、もはや救いようがない。
こんな店、とっとと出ようと早いところうどんを食べようとするも、肝心のうどんが超絶な長さを誇り、めんつゆに入れることも容易ではない。何から何までハズレだ。この店、よく続いてるな、と思いつつ、何とか完食。完食する頃には、僕以外に2組の客がいた。そこに更にサラリーマン4人が入ってきた。昼食時だから、想定の範囲内と思いきや、「一人しかいないので勘弁してください。」的なことを発する厨房のおっさん。テーブルに座ってたおっさんどこ行ったんだよ。いても意味なさそうだったけど。
しかし、最初から最後までハズレだったな。こんなことなら西荻窪で昼食をとれば良かった。なんてことを久しぶりの新宿で思った。
西荻窪の話、最初から最後まで全然出てこなかったね。

首都高とナビに搾取された土曜日


昨日、茨城へ我が子を迎えに行きがてら西荻窪で行われたdoes it float企画に行きました。
時間の都合で、残念ながらdoes it floatを観れなかったのですが、一年ぶりに観たfourtomorrowのライブ。その中で、僕のとても好きな曲「miles」を聴くことができて大変な充実感の中、茨城へ向かおうと思っていたのですが、出だしの(車を停めていた)新宿でまずつまずき、10分のタイムロス。携帯のナビを頼ったものの、田舎者の僕には首都高の入り口がわからず、都庁周辺をぐるぐる。都庁をぐるぐるしていて、もう茨城行くの無理だわ、と何度も思いました。
が、挫折することなく何とか首都高へ入ることができました。できたのはいいのですが、やはり携帯のナビを頼っていた田舎者の僕に、首都高のは幾度となくその牙をむいてきました。
首都高って、入るのに930円かかるんですけど、僕、その930円を3回払いました。分岐の中に出口があるパターンと携帯のナビにまんまと騙され(?)、無駄に二回も首都高をでて、無駄に二回首都高に入らせていただきました。だからもう覚えるよね。首都高は930円だって。
さすがに、三回目を支払う時にはマジでブチ切れそうでしたよ。だって、二回目入って、五分もしないうちに出て、その後にまた入ってるんですから。
そんなわけで、首都高で40分近くのロス。
そうです。does it float観れたじゃん、って話。

さておき、我が子は無事に長野に着きました。
スーパーでかい声でスーパー泣きます。将来、ダズイットフロートのライブで特大シンガロングかましてくれそうです。えへへ。




ご無沙汰してます

気付いたら一ヶ月放置していましたね。ごめんなさい。
5月は色々とありまして、色々というか、引越しまして、それでドタバタとしていまして、ドタバタというかネットが使えなくなりまして、気付けば一ヶ月放置。
ちなみに、無事引越しは済んだのですが、やっぱり未だにネットが使えない状態でして、まあこの有様です。はい。
さておき、先日、ネットの回線工事をしいただきました。
当日まで時間帯がわからないとのことで、当日に工事の方から電話があったのですが、その電話の開口一番。
「フジオカ様の電話でしょうか?」
出ましたね。勝手に勝を藤にカスタマイズするパターン。草冠を付けてカスタマイズしたところで、勝が藤になることは決してないのですが、「勝岡」の場合のみ適応される特殊パターン。
考えてみてください。他に勝を藤と間違えることが、あり得ますか?
ないでしょうね。
勝負を藤負とか、優勝を優藤とか、そんなことあり得ないでしょうが。
これはもうね、言うべきなんですよ。
フジオカじゃなく、カツオカです。と。
誰がって、僕が。
なんですねけどね、フジオカと間違えられることに慣れている僕は、自然と「そうです。」と答えていましたよ。ええ。
つまり、負けたってことです。

そんなわけで、ご無沙汰していましたフジオカです。
今後ともよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。