レコード


買わなくなったなー。
我が息子が我が家にやって来てから、買わなくなったなー。
と、言い聞かせて、そろそろレコードを買おうかと想い巡らせる毎日を送っています。
聴かなくなったけどね。我が息子の前でパンクを聴いていいものかと思って。なんて思いながら、今日はD4の二枚目のアルバムを聴かせてあげました。最近の僕の通勤BGMですね。今更かもしれませんが、これ最高ですよ。うん。
さておき、最近の悩みは我が息子がレコードをガリガリと触るようなったことです。
そこを触っても音でないから!と教えてもわかってくれない可愛い子です。可愛いよ、可愛い可愛い。うふふふ。

スポンサーサイト

たてたかこさんをみました


シルバーウィーク中、二回タテタカコさんを観ました。
我が息子も一緒に。
一回目は、飯田市で行われた初めてのフエステイバル。
焼肉とロックを題材にした、フエステイバル。最後に屋外で演奏したタテタカコさん以外観ていませんが、タテタカコさんがとても素晴らしかったです。
飯田市の屋外で聴く「宝石」の美しさに、僕は思わずビールを一口飲んでしまいました。そんでもって、ここのところのエンディング曲と思われる「道の途中」では、息子を抱えて小躍りしてしまいました。
いやはや、素晴らしかった。
その二日後、またまた飯田市でタテタカコさんを観ました。
我が息子も一緒に。
屋内ということで、我が息子を連れて行くことに不安があったので、あまり音の大きくないトイレ付近でこっそりと聴いていました。が、キラーチューン「天地返し」で、ぐぐいっと前に出る僕。安心してください。息子はショウコさんの腕の中です。
そんなわけで、ぐぐいっと色々と前に出た僕は、終演後にタテタカコさんに「まだいけますか?」と一応確認をし、間髪入れずに「ワンモア!」とアンコール。
これには我ながらいかがなものかと思いましたが、「しあわせのうた」が聴けてとてもしあわせでした。
いつの日かタテタカコさんを呼んで企画したいです。叶うといいね。


思うところなくて

更新滞っております。
子供が生まれてから、パソコンを立ち上げる機会と時間がめっきり減りまして、ブログの存在などころっと忘れていました。僕は元気です。
パソコンの置いてある隣の部屋でショウコさんと我が息子が寝ているのでおり、パソコンのキーボードを叩くことなんてできないわけで、そりゃあ滞るよね。

さておき、土曜日に久しぶりに遠出をしました。
遠出と言っても車で2時間弱の静岡は浜松。目的はT.V.not januaryのライブ。この日に照準を合わせ、日中に息子と最新アルバムを聴き込んだのだ!とショウコさんは息巻いていたのですが、その前夜から息子が初熱…もとい発熱。鼻水もちょっと出て、何よりも苦しそうに咳をする姿がとても見るに耐えなくて、これはもう浜松やめよか…などとすっかり諦めかけていました。
が、我が息子のT.V.not januaryへの愛と底知れぬ回復力により、翌日にはほぼ平熱。とは言え、前日まで熱があり、熱は下がったとは言え鼻水と咳は相変わらずなので、これはやはり行くべきでないな、と決断を下しそうになったところ、ちょっと待ちたまえ!と言わんばかりで鼻水と咳をとめる我が息子。
そんな息子の姿を見て、瞳からこぼれ落ちそうになった涙をぐっと堪え、浜松行きを決めたのが、何を隠そうショウコさんです。で、そんなショウコさんに負けたのが、僕。という図式。

そんなこんなで、行ってきました静岡は浜松へ。
ライブ会場に着く頃にちょうどウトウトとし始めた我が息子。これを無理に起こせば、間違いなくぐずるな、と思いつつ、目の前に迫ったT.V.not januaryを見るべく心を鬼にして我が息子を叩き起こしたのが、何を隠そうショウコさん。
間違いなくぐずる、というのは僕の杞憂に過ぎず、何だかご機嫌な我が息子。そのご機嫌をしばらく維持し、ライブ中はじっとT.V.not Januaryを見つめる我が息子。
そうだぞ、これが父ちゃんと母ちゃんが好きなバンドなんだぞ!とT.V.not januaryよりも我が息子に夢中だったのが、何を隠そう僕。
そんなわけで、初めてのT.V.not januaryをお利口さんに見続けた我が息子は気付けばスヤスヤと眠っており、そんな我が息子の寝顔を見て、長野へ帰ろう、と決心した僕とショウコさんでした。
滞在時間1時間にも満たなかったけど、とても楽しい一日でした。はい。

FC2Ad