僕の縮図のようなものにしたい

昨晩、とあるメールをいただきました。
12月中に、ディストロ(とは名ばかりの中古品のフリマ)出して、ライブ転換中に僕のセレクトしたBGMが流れるかもしれません。
ディストロはさておき、BGM。僕は高校時分に今のような音に触れ、未だにそんなような音を聴き続けています。ざっと計算するともう10年は超えています。と言っても、量を聴くようになったのは社会人になってからなのですが。量を聴く、と言っても極めて狭い世界の物を聴いているので、それらを流して受け入れてもらえるのだろうか…という若干の不安はあります。自分の聴いてきたものに不安を抱いてどうすんだ、って話ですけどね。
というわけで、昨晩からレコードの棚をガサガサと漁っています。どれをかけようか、うふふ…なんて考える時間が楽しかったりするのですが、それ以上に久しく聴いていなかったレコードに針を落として、「おおっ、君はこんなに良かったのか!」という再発見がたまらなく楽しいのです。

◎久ぶりの一枚:Pipsqueak

久しぶりに聴いたけどカッコいいな!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5269-d03d9b49

FC2Ad