あの当時、必死に覚えた文法とは一体何だったんだろうか

今日、英会話の飲み会に誘われて、その飲み会に参加しました。
二年前のアメリカへ行こうと決める前。アメリカから来ているAETが週1で英会話教室をやっている、という情報をキャッチし、何の気なしに英会話教室に顔を出した。当時は、そこそこ行っていたのだけれど、結婚と同時にパタリと行かなくなった。
そんな英会話教室に全く顔を出さなくなった僕ですが、飲み会があると必ず声をかけてもらっています。と言っても、年に1、2回しかないわけですが。
もはや全く行っていない者として、飲み会にだけ顔を出すのはいかがなものか、と常に思っているのですが、せっかくの機会なので今回も参加させていただきました。
と言っても、僕が座った席はAETから離れていたので、ほとんど英語なんて話さずに済んだのですが、AETの発言には常に聞き耳を立てていました(いやらしいやつだな!笑)。
で、印象的な発言が二つありまして、それを思い出す度に今日は「うふふ」と思い出し笑いをしています。
一つ目が、ハンバーグの上に乗ったマッシュポテトを見て放った「Amazing mashed potato!」。それを聞いて僕は、心の中で「Amazing!」を連呼していました。
二つ目は、僕の住む街で合コンが行われたのですが、それに参加している話を聞いているAETが放った「No good people」。なるほど「No good people」でいいのか!と。笑
良い人がいなかった、ってことだと思うんですけどね。笑
こういうのを聞いていると、中学とか高校で勉強していた英語って何だったんだろうな、と思うわけです。
まあ、中学とか高校とかで勉強した殆どを失念している時分に何言ってんだ!って話ではあるわけですが…。

というわけで、久しぶりに英会話に顔を出そうかな、なんて思いました。
そんな火曜日。悪くないよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5270-35aed980

FC2Ad