スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついつい…

昨晩、レコードの整理を少ししまして、ガサガサとやっていると二年ほど前に購入した三浦しをんさんの『黄金の丘で君と転げまわりたいのだ』を発見しました。
購入してから二年近く寝かせていたわけですが(苦笑)、無事発見することができたので、昨晩寝る前に少し読み始めました。秋ですし、最近全く本読んでないしね。
内容は、まあエッセイみたいな感じなんですけど、ワインの話。僕はどちらかと言うとビールを好んで飲んでいまして、家でワインなど飲むことはないです(というか、買おうと思うこともない)。というかワインを飲むなんて、年に何回しかないんですけど(そのうちの殆どが山岡さん宅と言う。いつもお世話になっています。)。

で、今日。
朝起きて、
この三連休は予定が全くないし、遠出をするようなお金もない。となれば、せめてワインを飲むしかなかろう。
と思い立ちまして、飯田へワインを買いに行ってきました。笑
僕の中でワインと言うとどうしてもスペインワインになってしまいまして(スペインでは全然飲んでないんだけど)、購入したのはスペインワイン。よく行くスペイン料理屋のカウンターで見たことのあるMATSUというワインを。これ、山岡さん宅に遊びに行く時に持参したいなあ、と思っていたワインの一つなんですよね。あの…飲んだことないんですけど。笑
それが飯田に売っているのを先週発見しまして、これはちょっと飲んでみたいなあ、と思っていたわけです。そんな僕の背中を押してくれたのが、昨晩み見つけた本。ありがとう。飲んでいたいなあ、と思っていたいくつかのワインの中で一番安かったこれ(1,700円。ビールのロング缶6本の方がいいなあ、と思ってしまう僕はやはりビール党なのだろう。)を買うことができたよ。
el picaro
↑MATSUのエル・ピカロときっかけとなった本。
せっかく買ったんだけど、急に寒くなってきたのであんまり飲む気にならないという…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5274-9de33867

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。