スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だから思うのかもしれないが

大学時分、大学が近いという理由で埼玉の鶴ヶ島市(最寄駅は坂戸駅)で二年間を過ごした。
思い返してみると、「新聞の勧誘のやつらがクソ過ぎて今思い返してもはらわたが煮えくり返る」、「住んでいたアパートがとんでもなく狭い上に、携帯の圏外と言うわけのわからない物件であった」、「アパートの近くのドラッグストアで710円と言う時給で働いていたのだが(時給が安いのはまあいいのだが)、バイト先の人と全く仲良くなれなかった」、「今はもう全く繋がりのない俊ちゃんという友人とよくビリヤードをしたな」、「潤と花きゃべつという店に行って、そのあまりの量の多さに潤がひれ伏した」…とまあ、思い返してみてもあんまり思い消せないわけだが(まあ、10年も経ってるしね)。

今日の夕食が麻婆豆腐だったのだが、麻婆豆腐とご飯を食べている時にふと北坂戸駅の近くにある龍門という中華料理屋を思い出した。
この龍門というお店で大学時分に(主に)最強伝説黒沢などを分かち合った友人聡くんと瑛ちゃんに出会ったのだが、そのお店で僕は必ず麻婆丼(麻婆豆腐の丼)を注文していた。で、翌日腹を下していた(辛くて)。
そんなことを思い出し、「ああ、懐かしいなあ。とても懐かしいなあ。」と何だか唐突に大学1~2年のことを思い出し、「坂戸 食べログ」で検索して当時行った店を検索したりしてしまった。何をやっているんだかな。笑
当時の僕は「食べログ」なんてものもしらなかったし(あったのか知らないけど)、家にパソコンもなかったので、大体決まった飲食店にしか行っていなかった。サークルでよく行く店とか、先輩に連れて行ってもらった店とか。とにかく、いわゆる「初めての店」にトライすることはまずしなかった。
それなんだよな。考えてみると、それが大学時分一番の後悔なんだよな。
埼玉にはたった2年しか住んでいなかったわけだけれど、もっと色んなお店に行きたかった、と今だから思う。あの当時の僕はそんなこと微塵も思わなかったのにね。
何でそんなこと思うのだろうか。そう考えた時、家の周りに全く飲食店がない、からなのではなかろうかという結論に達した。
何だ、ただ羨ましいだけじゃねえか。
羨ましい云々抜きにして、やっぱり色んな店に行きたかったよ。たくさん店があるんだからさ。

さて、お風呂入ってビール飲んで寝よう。明日仕事だしね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5276-75258929

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。