別に宣伝ってわけじゃあなく

家でTENEMENTの7インチを聴きながら、ソフトバレーをやりに行ったショウコさんの帰りを待っていました。
21時過ぎに玄関が勢いよく開き、何やら興奮した声で、
「とんでもない百足がいるぞー!」と。
(長野における)昆虫界で、蛾に次いで嫌いな虫。噛まれるととてつもなく痛いという点を考えると、蛾とほぼ同率か。(都会界における昆虫界で嫌いな虫はダントツでゴキのブリ)
とにかく大嫌いな虫なのですが、今年は例年よりも多く百足に遭遇している気がしてならないのです。今年においては遭遇したら100%仕留めているのですが、これはもしかすると百足の呪いなのではないか…そんな気にさえなります。百足って、何か呪いかけてきそうでしょ?
さておき、百足がいるならば仕留めねばなるまい、と思い立ち、殺虫剤持ってその百足に挑むことに。何故なら僕は、百足を仕留めずにはいられない、百足ハンターだから(逃すと家に入ってくるのではないかととても心配)。
ショウコさんに導かれるまま百足の元へと向かったのですが、いざ百足を前にして足が止まりました。
今年何匹を仕留めてきた僕ですが、それらの比じゃないくらいデカいのです。わかりやすくデカさ(長さ)を説明すると、かつのちからzine vol.4くらいデカい(長い)のです(A5)。ちなみに、ショウコさん曰く「太さはカロリーメイトくらいだった」とのこと。もういいでしょう。王と言ってしまって。百足王。
さすがの僕もその場から逃げだしたい気持ちになりましたが、こんなやつが家に現れたらたまったもんじゃない!と気持ちが勝り、殺虫剤をかけまくった挙句に熱湯を注ぐ、という非情なまでの追い打ちにより百足王の息の根を止めることに成功しました。
その後に晩御飯を食べたのですが、後味が悪かったのは言うまでもありません。

そんなわけで、百足王くらいの長さを誇る『かつのちからzine vol.4』まだあります。
よろしければぜひ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5285-447795e2

FC2Ad