海を渡るかもしれないかつのちから

10月19日。
FOURTOMORROWが名古屋にライブに来るというので、遊びに行ってきました。
名古屋へ行く前、土日の日課と言っても過言でないネットサーフィンに勤しんでいたのですが、その時に見たとあるブログで、何だかとても嬉しいなー、という気持ちになりました。
A PAGE OF PUNKという東京を拠点に活動しているパンクバンドがいるのですが、ここ最近(ここ2年くらい?)ぺいぺいちゃんというアンダーグラウンドパンクアイドルも共に活動していまして、そのペイペイちゃんがブログをやっているのです。
僕は、たまーにそのブログを覗かせていただいているのですが、名古屋へ行く前に見たそのとあるブログこと『peipei the explorer blog!』にとても嬉しいことが書いてありました。
「かつのちからzine vol.4がとても面白いぞ!」と。
「今度お会いしたらお話ししたいです。」と。
これが本当に嬉しくて、名古屋行かなくてもとてもハッピーな日になるなあ、と思ったくらい、とにかく本当に嬉しかったのです。
で、その10月19日のライブにA PAGE OF PUNKも出ることになっており、これはひょっとするとペイペイちゃんとお話しすることができるのではないか、と。いやーどうしたもんか、とドキドキしていました。何せ、僕ときたらこちらから話しかけることができないというヘタレなので、これはもうブログを見ていないという体でスカすしかないだろう、ととにかくスカしたキャラを演じることにしました。僕がスカしたところで、ペイペイちゃんは普段の僕を知らないので、「こいつスカしてやがるな」と思われる可能性はほぼなかったのですが(笑)。

そんなこんなで、ちょっとドキドキしつつ名古屋へ行きました。
で、ペイペイちゃんに話しかけられました。
キャー、どうしようーっ!!ですよ。
ただ、ペイペイちゃんはアイドル要素を極限までこそぎ落とし、僕に接してくれました。何ならかつのちからっ子なのではないか、と思ってしまう程に。
「zine、とても面白かったです。」
きゃー、滅相もない!
「zine、とても面白かったです。」
きゃー、滅相もない!!
「zine、とても面白かったです。」
きゃー、滅相もない!!!
なんて。
仕舞には、「姉に送りたいのでzineをもう一部ください。」と。
zineを読んだ方ならご存知だと思いますが、ペイペイちゃんのお姉ちゃんはアメリカにいるのです。これすなわち、海を渡るということ。こんなに嬉しい事ありますか?ないですよね。はい。
というわけで、ペイペイちゃんに一部託しました。たぶんそのうちアメリカに渡ると思います。
そのついでに、「ハンクにも一部送りたいなー。」などと僕が言うと、「ハンクは読めないので送らなくていいと思います。」とペイペイちゃん。なかなかシビヤですね。笑

とにかく、こうやって「面白かった」なんていうコメントをいただけると作った甲斐があったなあ、と思うわけです。次の構想は全くないけど、次も作ろう!という気力にも繋がりますしね。本当にありがとうございます。また会った時はお話ししましょう。

※別に「面白かった!」って言えっていう、そういう強要じゃないからね!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5298-0500c4be

FC2Ad