駅の中の凄さ

ショーンくんとカナさんの結婚式の翌日、すぐに長野へ帰る予定でいたのですが、予定を変更して山岡さんと上野動物園へ行きました。
年に片手で数えられるくらいしか東京へ行っていないのですが、東京へ行けば必ず会っているのではないかと言ってしまっても過言ないくらい会っているのが山岡さん。愛しのはるきちゃんが生まれてから、会う頻度は本当に増えたような気がします。
日曜日ももちろん男二人で上野動物園と言うわけでなく、山岡家と僕という組み合わせ。しかも僕ときたら、前日同様にスーツを着ているという異様さ。笑
平日はどうなのか知りませんが、日曜日の上野動物園にスーツを着ている者など僕以外にいませんでした。明らかに異質。その異質さ故か(?)、何度も会っているはずのはるきちゃんに人見知りされまくりました。もしかするとショウコさんがいなかったからかもしれませんが。

上野動物園でスーツの話はさておき、上野駅構内で待ち合わせをしたのですが、合流するなり山岡さんが一言。
「蕎麦食いに行こうぜ。」
山岡さんのスーパーお嫁さんは遅れて来る上に主役であるはるきちゃんがベビーカーで爆睡している。
そんな状況下で上野動物園へ行くというのは賢明な判断でなかったため、蕎麦を食べるため駅構内を散策することに。
大学時分以来、東京で生活をしていない僕にとって、駅構内の商業施設の発展は目まぐるしいものがあり、上野駅構内の店舗数にただただ驚くばかりでした。
もうああいう駅から外へ出る必要ないよね。
そんなわけで、散策する事数分、蕎麦屋を発見しました。そのまま蕎麦屋へ入るのかと思いきや、何と隣には寿司屋があるではありませんか。
寿司が好きな友達、通称、寿司友である僕らにとって、迷うなという方が無理なシチュエーション。
「蕎麦もいいけど、寿司もいいな。」
当然、迷い始める山岡さん。
蕎麦と決めていたはずなのに、僕らを惑わせる寿司。何という魅力でしょうか。
蕎麦か寿司か、などと悩むこと数十秒。悩みながらも徐々に寿司屋へと歩を進め、やはり入ったのは寿司屋でした。
入るなりビールで乾杯。前日、「めでたいめでたい」としこたま飲んだはずなのに、前日とは違った趣でこれまた美味し。何なんでしょうか、昼前から飲むビールの美味さは。
次いで、寿司を注文。
赤身にアジ。エンガワに真鯛。駅構内なのに、美味い。
何て誘惑の多い街、上野!
僕は朝飯を食べていたので、5貫程でフィニッシュ。山岡さんも控え目に7貫程でフィニッシュ。が、山岡さんが恐ろしいことを、そろりと言い放ちました。
「俺、蕎麦も食べるわ。」
何て誘惑の多い街、上野!と思ったのは言うまでもありません。

前述通り、山岡さんはペロリと蕎麦を平らげました。
父、強し。
ですね。

ともあれ、ショーンくん、カナさん、おめでとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5395-7f204ada

FC2Ad