神が降臨した

飯田には僕たち(下伊那パンク四天王)が「神様」と呼んでいる人がいる。
神様は、いつも突如としてライブに現れ、颯爽と去って行く。
僕が飯田で企画をやる目標の一つに、神様が来るような日を作りたい、というものがあった。あったのだが、神様はパンクなんて聴かないんだろうな、と思っていた。

4月19日。言わずと知れたRVIVR/WORTHWHILE WAYのジャパンツアー飯田の日だ。
この日はやはり特別な一日で、飯田では到底考えることのできない程の予約が入っており、当日券は出さない、ということにしていた。
18時30分過ぎにオープンし、数分後に怒濤の勢いで予約していたお客さん達が雪崩れこんできた。僕はそれに対応するのに精一杯だった。そんな時、お客さんをかき分け一人人物が僕の目の前に現れた。
推定年齢87の老人。
口からは涎がダラダラと流れている。
神様だ。
何と言うことだろうか。予約のリストに神様の名前は、ない。当たり前だ。神様はいつだって突如として現れるのだから。
神様は震える手に三千円を握り、僕に手渡した。ソールドアウトだ、と断る間も無く。
否ッ!断る理由などなかったのだ。神様は、ヨロヨロと歩を進め、フロアの中にいるお客さんの中に消えた。
神に選ばれし日。僕は神様に後押しされ、予約をしていなくて入れなかったお客さんを入れた。そのお客さんの一人が、飯田に近い方で、RVIVR周辺をよく聴いている方だったのだが、これは偶然ではないと思う。言うならば、神様の思し召し。
そのお客さんを最後に本当の本当にソールドアウトとしたのだが、僕がFOUR TOMORROWを楽しんでいる間に一人の女性をがやって来たらしいのだが、ソールドアウトということで帰してしまったのだ。これは唯一の心残り。本当にごめんなさい。またご縁があれば会いましょう。

さておき、肝心の神様であるが、一番目のFOUR TOMORROWのライブを観た後にFOUR TOMORROWの、音源ではなくRAIN MAKERの音源を購入し、颯爽と去って行った。笑
神様、来てくれてありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5467-88590e3e

FC2Ad