日曜日の夜に

昨晩、唐突に谷口ジロー大先生の作品を読みたくなり、棚から一冊の漫画を取り出した。
『センセイの鞄』。言わずと知れた超名作である。
それを久しぶりに手に取り、ベッドに寝転びながらページをめくった。

「先生」でもなく
「せんせい」でもなく
カタカナで「センセイ」だ

これが冒頭の文章なのだが、これを見て思わず胸を撫で下ろした。
よかった。カツオカシローセンセーが定着しなくて、と。
そして、僕は瞳を閉じ、眠りについた。
全然、読まなかったな。『センセイの鞄』。今日こそ読もうと思う。マジで超名作だからさ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5470-5bc3640b

FC2Ad