かつのLOVE IS ALL

今日は上田市へ出張でした。
僕の住んでいる町から高速使って三時間。同じ長野県内なのに、高速使って三時間かかるって凄いよね。
上田までの道中、車で一人だったので、4月19日の転換BGMを聴きながら、上田を目指しました。
4月19日の翌朝、アキヒロさんがこんなことを言ってくれました。
「SE最高やったね。あれ狙ってたでしょ。」と。
そうなんです。狙ってたんです。というか、個人的にクソ盛り上がるポイントを随所に散りばめておいたのですが、それに気づくなんて、さすがアキヒロさんです。嬉しいなあ。うふふ。
なんて事を、今日の車中で思いながらニヤニヤしていました。
せっかくなので、個人的にクソ盛り上がるポイントでも紹介しておきましょう。あの日、BGMを聴いていた人がいるのか謎ですが。

This bike is a pipe bomb『What I want』で幕開け(幕開けにふさわしいでしょ)、American stell『Long day』へと続いていく流れ。これは完全に山岡さんに向けたものだったんですけど、わかってくれたかなあ。というのも、僕がこういう音楽を好むようになったのは山岡さんからいただいたMixCDRによるところが大きくて、山岡さんから貰ったCDRのうちの一枚がこの流れを汲んでいたのではなかったかな、と。とにかく、山岡さんへの感謝から始まる僕の転換BGM。これを最高と言わず、何と言おうか。
その後数曲は、個人的に好きな曲を選んで、オープンからスタートの30分間の内の個人的山場が8曲目からやってくるのです。
8曲目、皆聴いてたかな。FIFTEENの『Punk Song』。超名曲。当初考えていたものには入っていなかったのだけれど、ホリイさんが飯田に来るということを知って急遽入れることに。そうなんです、この8曲目は完全にホリイさんに向けたものだったのです。そんな僕の想いが届いたのか、「Punk Songじゃん。最高だよね。」なんてホリイさんは言ってくれました。さすがホリイさんです。気付いてくれて嬉しいなあ、えへへ。
ちなみになんですが、山場は8曲目で終わりではないのです。続く9曲目、10曲目が超山場。FOUR TOMORROWのライブを目前に流れていたBGM。皆、気づいてたかな?DILLINGER FOURからのCrimpshrine『TOMORROW』への流れに!FOUR TOMORROWのFOURはDILLINGER FOURのFOURで、FOUR TOMORROWのTOMORROWはCrimpshrine『TOMORROW』だって、皆知ってるよな?それ、僕がFOUR TOMORROWのライブ前に実践したから。FOUR TOMORROWの皆さん、気づいてくれたかな。Crimpshrine『TOMORROW』が終わるのと同時にFOUR TOMORROWが『TOMORROW』を始めるんじゃないかって、ソワソワしてたけど、さすがにそれは実現しませんでした(笑)。

他にもいっぱいあるんですよね。PUNKの中にあえてタテさんの曲入れたり(飯田だしね)、WORTHWHILE WAYが始める前にMADISON BLOODBATH、The Ones To Blameを流したり、絶対に流そうと思っていたONSINDの曲は、RVIVRのエリカがゲストボーカルやってる曲選んだり(その曲に合せて歌っているエリカの姿を僕は見逃していないぜ。えへへ。)。
とにかく、そのBGMを聴いているだけでニヤニヤしちゃうんだけど、一番嬉しかったのは、ホリイさんのこの一言。
「IRON CHIC流れた時に、エリカが準備やめて歌い出したの見て、俺超興奮したもん。」
その時僕はトイレの列に並んでいて、その姿を見ることができなかったんだけど(shit!)、同じ列にマッティが並んでいて、ステージに向かって拳をあげた後に、僕に向かって「IRON CHICは最高だ!俺が今日来ているTシャツも、君が服に縫い付けているパッチもIRON CHICだ!!」みたいなことを言ってくれて(過大になっている可能性はあるけれど、絶対にそうだ!)、僕も超興奮してたんですよ、ホリイさん!!

そんなわけで、上田までの道中はとても楽しかったです。笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5472-169292e8

FC2Ad