牛山さん、ありがとう。

RVIVR/WORTHWHILE WAYの日本ツアー。
僕は、飯田、名古屋、西荻窪の三か所へ行ったのですが、個人的に一番弾けてしまったのが、名古屋でした。
名古屋の日は平日も平日の、それも水曜日。
普段であれば絶対に働いている水曜日。祝日がそこに当たると、何だか損した気分になる水曜日。OUT OF STYLeも歌ってますよね、ウェンズデーロングモーニング、って。
そんな水曜日の午後から休みを取り、名古屋へライブを観に行く、という非日常感が僕を弾けさせたのかもしれません。いや、単純にANGRY NERDのやごさんと飲みすぎた、という可能性も無きにしも非ず。
とにかく、終わりが来なければいいのに、と思うくらい楽しかったのです。
が、どうしたってやって来るの終わり。RVIVRとWORTHWHILE WAYが車で去って行くところを見ている時、僕は寂しくなってしまい、この先どうやって生きていけばいいのだろうか、なんて思ってしまう程でした。
そんな僕を救ってくれたのが、やごさんとegotrunk牛山さんでした。やごさんはさておき(笑)、牛山さんとはその日が初対面で、初めて話をしたのですが、とても親切な方で、車で僕らをホテルまで送り届けてくれたのです。
ただ、そのままホテルへ行くのも味気ないよね、ということで名古屋近辺によくある(?)藤一というラーメン屋でラーメンを食べて行くことに。
せっかく名古屋に来ていたので、これは嬉しい計らいだなあ、などと酔った頭で考えていると、「あれ、RVIVRの車じゃない?」と牛山さん。
いやいや、RVIVRとWORTHWHILE WAYはだいぶ前に出ているのだからそれはないのではなかろうか、などと酔った頭で考えていると、グングンとスピードをあげる牛山さん。
そして、その車に追いつき、並走する形となった。
二台連なって走っており、後ろの車には機材やら何やらが積まれており、アダチくんが運転をし、助手席にWORTHWHILE WAYのチェゲさんが乗っていた。ということは、その前の車は紛れもなくRVIVRとWORTHWHILE WAYが乗っているもの!
それを確認し、一気にテンションのあがった僕とやごさんは車の窓を開け、言葉にならない叫び声をあげ、猛アピール。
そんな僕らにRVIVRとWORTHWHILE WAYが乗る車が気付いてくれた。それで、嬉しくなって更にテンションがあがり、「RVIVR、最高!サイサーイ!!」などと叫ぶ僕ら。
本当に、最高で、サイサーイだった。まさか名古屋でまた会えるなんて、思ってもいなかった。
と、車の窓から一本の手が伸びてきた。サッポロのロング缶を持っている。間違いない。僕が買ったサッポロのロング缶だ。サッポロのロング缶を持って手を伸ばしていたのは、ドラムのケビンだった。その時、奇しくも僕もサッポロのロング缶を持っていたため、僕も手を伸ばした。そして、缶と缶がわずかに触れ、その瞬間に僕はまた叫んでいた。「カンパーイ!」って。車越しの乾杯だ。たぶん、日本で僕だけだろうな。ケビンと車越しに乾杯したの。へへ、いいだろ。うふふ。

とにかく、そんな感じで牛山さんの車中で興奮した結果、カメラのレンズカバーを牛山さんの車に忘れるという失態をしていましました。
本当にすいませんでした。
で、そのレンズカバーを牛山さんが送ってくれました。
本当にありがとうございます。
また藤一行きましょう。その時は、乾杯しましょう。
スポンサーサイト

コメント

こちらこそ!

rvivr来月くらいに日本来ないかなー
また藤一行きましょう!
飯田もまた行きたい!

本当に来てほしいですねー!相変わらず、RVIVR来日名古屋編のことばかり思い出しています。藤一大好きになりました。
飯田にはぜひ来てください!!お願いします!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5484-3c8f5dcc

FC2Ad