慣れてるんだよ、僕はね。

先日、カツタさんと呼ばれました。
「岡」が「田」に見えたのかな?よくあるよね、「岡」と「田」を間違えることって。

な?ないよな?どう考えたって「岡」と「田」は別物だろうが。
ただ、返事しましたけどね。
「カツタさん?」
「はい。」
って。
もう慣れてますから、名前間違えられるの。だから訂正しない。訂正したところで、どうせ二度と会わないだろうし、僕は「岡」すら読めない馬鹿野郎と蔑んだ目で見ることのできる圧倒的な優位な立場に立つことができるからね。ふん。
まあ、指摘した後の相手との微妙な空気。あれ面倒くさいから、もうやめたんですよ。
ただね、慣れていない人にはやはり辛いものがあるんだな、と。

先日、ショウコさんが息子を1歳半健診に連れていきました。
そこで、「フジオカユウくーん」と声高らかに息子が呼ばれたそうです。
息子、号泣。
名前間違えられて、号泣。
泣くんじゃない。この先、何度もあることなのだから。

しかしだ。
「勝」を「藤」と読み間違えるやつの多さよ。
100人中35人はいるんじゃないかな。「勝」を「かつ」と読むことができないやつ。
知ってるか?「勝」に草冠つけても「藤」にならないこと。「勝」に草冠で何て読むんだよ?教えてくれよ。わからないからさ。仮にその感じがあったとしても、どうせ「ふじ」って読まれるんだろうなあ。

一生取り上げるからな。僕がこのブログを続ける限り、「藤」と間違えられた度に取り上げてやる!
今に見てろよ、藤岡!絶対に勝ってやる、藤岡に!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shirow.blog46.fc2.com/tb.php/5636-e7f58590

FC2Ad